the HIATUSのチケット代に改めて思いました、「細美武士は尊い」と。

音楽・コラム
デミさん
デミさん

パンク大好きデミさんです。

Twitter:@Takenoco0803

Instagram:@demisansan

プロフィール:デミさんはこんな人

 

the HIATUSのアルバム発売日とツアーの発表があった。

 

ようやくこの日が来たか、という期待感が高まっているのだが、ここで改めて、というか相変わらず驚かされたことがある。

 

そのチケット代が2,600円に設定されていることだ。

スポンサーリンク

細美武士のチケットはずっと安い

「細美武士 エルレ」の画像検索結果

ELLEGARDEN時代から、この値段設定は概ね変わっていないはずだ。

 

最近のライブを例に出すと、2018年夏の復活ツアーの新木場STUDIO COAST2,900円。

 

同年のMONOEYESの対バンツアーは3,888円(この時はたしか「高くてごめん」と謝ってた)。

 

インディーズバンドのチケット代は概ね安い。

 

去年の行ったlocofrank3,000円だった。

最近行ったENTH2,800円だった。

 

dustbox3,300円だった。

Dizzy Sunfist3,000円だったかな。

 

これら値段に慣れている自分でも、細美武士関連のライブのチケット代の安さには未だに慣れない。

 

いつもドキッとしてしまう。

 

なぜなら先に出したインディーズバンドとは、実力はともかくレベルが違う人気なのだ、ELLEGARDENthe HIATUSMONOEYESは。

 

これらの細美バンドはツアーにかかる色々な経費(宿代や運搬費、人件費その他諸々)を削減してそれをチケット代に還元してる。

 

これはファンの間では有名な話だ。

 

今まで何度も思った、もう少しチケット代を上げてほしい、と。

 

チケット代を少々上げたところでチケットが取りやすくなるわけではないけど、キャリアを考えるとそこまでする必要があるとは思えないから。

 

細美バンドのチケットの高額転売が繰り返されてきた現実は、裏を返すと需要と供給のバランスが伴ってないこととイコールなのである。

 

それは細美武士本人もきっとわかってるはずなのに、だ。

 

仮に本人がわかって無くても周りのスタッフはきっとわかってる。

 

細美武士は尊い

「細美武士 the HIATUS」の画像検索結果

でも、これからもずっとチケット代は安いだろう。

 

自分の実力を過小評価し、ファンの懐が痛まない安いチケット代で己の生きざまを見せつけていくはずだ。

 

人気とチケット代は本来比例していく。

需要が高まればそれに応じた経費をかけざるをえないのは必然、というか当たり前のことだ。

 

でも細美武士は変えない。変えることを良しとしない。

 

だからこそ細美武士は尊いのだ。

 

こんな姿を見せられるからこそ、俺はチケットが取れなくても仕方ないなといつも思ってしまう。

 

細美バンドのライブは、バカ正直に申し込むと基本的に取れない時のほうが多いだろう。

 

俺はフェスにもほぼ行かないしチケットは自力で取る派なので、ライブハウスで観れる時なんて圧倒的に少ない。

 

でも、なんで我慢できるかって言ったら、こういうところなんですよ。

 

チケット代一つでこれだけ語れてしまうほどその値段設定には理由があって信念があって。

 

俺はそういうところに惚れてるんです。

 

頑固で不器用で、でもその生き様には嘘がなくて。

 

自ら多くを語らなくてもここまで説得力のある人間はなかなかいない。

 

しかもものすごく人気者なのに、だ。

 

しかも、今後もきっと変わらないだろうな、という絶対的な安心感も与えてくれてる。

 

なんて、たかがチケット代一つでここまで語らせてしまう男、これが細美武士のすごいところですよね。

 

参照:

【NO NUKES 2019】初めて観るthe HIATUSの素晴らしさに言葉を失った。
the HIATUSに圧倒的に打ちのめされてしまった。その根底にはもちろん音源の素晴らしさがあるのだが、ライブの素晴らしさは他の2つのバンドよりも頭一ついや、頭十個くらい抜けてると思ってしまった。ダイブ・モッシュが繰り広げられるライブだけが細美武士ではないのだ。

 

今回のツアー、申し込みました。

奇跡的に取れたらいいなあ。

また観たいんです、ハイエイタスのあの圧倒的で素晴らしいライブパフォーマンスを。

コメント

  1. まさっく より:

    このバンドかどうかはわかりませんが、学生さんが頑張って小遣いでこれる程度って言う設定してるバンドさんいましたね。