難波章浩

『難波章浩の今夜もCLOSE TO ME』

【ハイスタ・難波章浩】coldrain・COUNTRY YARDについて語る。

Masato(coldrain)もね、歌上手いんだけども、彼らはね、デザインする能力もすごいみたいで。ジャケットとかグッズ、彼らのグッズ、全部Masatoがデザインしてるらしいですよ。COUNTRY YARDがPIZZA OF DEATHからリリースされるってなってから、まあ全然気負ってないですね、PIZZAから出るってなっても、今までの自分と変わらず。
『難波章浩の今夜もCLOSE TO ME』

【ハイスタ・難波章浩】「SPARK!! SOUND!! SHOW!!(スサシ)、ちょっと感覚がおかしいのよ(笑)」

「いや、難波さん、引っかかりましたね」「僕のトラップ引っかかりましたね」「いやー、俺はずーっと難波さんに声かけられるの待ってました」「俺はULTRA BRAiNの時から難波さんをマークしてました」「大阪のトライアングルってクラブでやりましたよね、ULTRA BRAiN。俺、あそこ行ってますから」
『難波章浩の今夜もCLOSE TO ME』

【難波章浩】10-FEET・HEY-SMITH級のビッグバンドとの対バンを語る。

俺ら、小さなライブハウスでやるのがぶっちゃけ俺ら大得意になってるわけ。だから1日目みんな食らっちゃうみたいなんだよね、10-FEETでさえ、HEY-SMITHでさえ、ビッグバンドなんだけど、自分達はガッチリやったつもりなんだけど、俺達に結構、やられちゃう!って気持ちになるみたいなんだよね。だから2日目のリハーサルとか明らかにみんな、めちゃめちゃ真面目になってるのよ(笑)
『難波章浩の今夜もCLOSE TO ME』

【ハイスタ・難波章浩】「NAMBA69のライブはキッズスペースを設けてます」

僕らのライブっていうのはキッズスペースを設けてですね、ほんとね、赤ちゃんはね、出来る限り難しいと思うんで、考えてほしいと思うんですけど、幼稚園児、5歳位の子だったらいいんじゃないのかなと思うんで、そういう子たちが観れるような高い台を作ってちょこんとそこに立ってもらって観てもらったりしてますね。
2019.09.30
『難波章浩の今夜もCLOSE TO ME』

【難波章浩】「報道によって、日本は韓国を過剰に意識させられているのでは?」

日本みたいに、いま韓国がどうだとかすごくネガティブな情報とかがテレビを付けると出てくるんだけども、全く無かったよ!正直言うと日本のことなんか気にしてない!だからあれ?とか思って。日本のメディアがすごい過剰に意識させ過ぎてるな、って思った。で、それによっ日本に住んでる俺達がコントロールされちゃってる部分もあるんじゃないかなあ、って思った。
『難波章浩の今夜もCLOSE TO ME』

【難波章浩】「国同士は色々あるけど、人と人は分断されてはいけない」

政治がたとえ、仲悪い、上手くいってない、だとしても、俺はそこに、政治に携わる人がいがみ合ってるのとかわかるけど、なんか経済的にどうだ、とかもあんのかも知んないけど、人同士はそこでなんかこう、分断されてはいけない、と思ってる。韓国、日本にもほんと、ナイスなヤツもいれば、おめえ何だよ?ってヤツもいるじゃない?
『難波章浩の今夜もCLOSE TO ME』

【難波章浩】感動で歌えなかった「ISHINOMAKI BUCHI ROCK」を振り返る。

で、こう、(主催の木村)美輝君との感じとか、その地元の方達…あのー、よく石巻へい輪プロジェクトとかいう名前を聞いたことがある人はいるかもしれないんですけども。その彼女たちも小渕浜の人達で、彼女達とのストーリーとか色々思い出して、とにかく、もう泣けちゃって、俺、MC中に。
2019.09.06
『難波章浩の今夜もCLOSE TO ME』

【難波章浩】逮捕されたJESSEとkenkenに対して思いの丈を語る!

何かを信じてたわけじゃん?その何かはその人にしかわかんないしその音楽、共有してたものがあってさ。「そんなことで壊れるわけねえ」っていう奴もいれば、「それでもう完全に破壊された」って人もいるわけなんだからさ。それでお前、「嫌いになりたい奴はなればいいんだ」ってそんなのもう、簡単に言うなって思うのよ。嫌いにだってなれないよねえ、そんなほんとはさ。
2019.09.06
『難波章浩の今夜もCLOSE TO ME』

【難波章浩】京都大作戦主催・10-FEETの人間力を語る!

人柄が…とかどっちかっていうといいじゃん、そんなの関係ないっしょ、くらいなタイプだったかな。音がすげえ、ライブがすげえ、それが全てじゃん。だけどもね、10-FEETと出会って大きく変わったのはそこかもしれない。なんていい奴らなんだって。その人間力でこんなにもバンドを、ライブを持っていってしまうバンドって、俺そんな記憶に無いのよ。
2019.09.10
『難波章浩の今夜もCLOSE TO ME』

【難波章浩・NAMBA69】SiM主催 DEAD POP FESTiVALを語る!

で、DEAD POPでいうとさ、自分のバンドなんてまだまだサブステージで新人、まあまだまだこれから行きますよ、って状態のバンドなんだけども、そういう、垣根っていうのかな、それが全く無くなってるね。それがやっぱり、ここ近年に無かったこと、今年すごく感じることで、すげえそれが嬉しいんですよ。
2019.09.10
スポンサーリンク