ライブハウス

コラム

「ライブ会場にいる痴漢は病気である」ということは知っておいたほうがいい

痴漢の常習犯が己を病気だと認識してる人がどれほどいるのか。仮に認識していたとしても、病院に自ら向かう人はほぼいないだろう。だから断言せざるを得ない。ライブ会場には確実に痴漢は存在する。女性はそれを頭に入れてライブに行かなければならない。おかしい。そんなの絶対におかしい。俺もそう思う。そんなの許されるわけがない。でもそれが現実なのだ、残念ながら。
音楽・コラム

乳幼児をライブハウスに連れていくことは許されるのか?

乳児を爆音にさらすことは、俺には虐待にしか見えなかったですがね。あの子の耳に何も起きてなければいいなと。今は平気でも数年後に…ってこともないとは言えないですからね。子供はケアにはケアを重ねる。子供は自分と同じだと思ってはいけない。それこそが自分で責任が取れない親の責任だと俺は思います。
『難波章浩の今夜もCLOSE TO ME』

【難波章浩】ホルモンはなぜキャパ小のクラブチッタでライブをやったのか?

例えば、この間のマキシマム ザ ホルモンなんて、川崎のクラブチッタなんて明らかにもう小さすぎるわけよ、関東圏で。なのにそれをやるっていう。もうチケット取れない人数が何人いるの?っていう、観れる人数がほんと一握り、限られてるわけじゃない?なのになぜそれをやるのか?っていう…。うん、それはねえ、その規模感が一番、ライブやってて楽しい、ってただそれだけなんだって、ほんと。
『難波章浩の今夜もCLOSE TO ME』

【ハイスタ・難波章浩】「NAMBA69のライブはキッズスペースを設けてます」

僕らのライブっていうのはキッズスペースを設けてですね、ほんとね、赤ちゃんはね、出来る限り難しいと思うんで、考えてほしいと思うんですけど、幼稚園児、5歳位の子だったらいいんじゃないのかなと思うんで、そういう子たちが観れるような高い台を作ってちょこんとそこに立ってもらって観てもらったりしてますね。
2019.09.30
音楽・コラム

子供をライブハウスに連れて行くことは悪なのか?

子供をライブハウスに連れてくるなとは言わない。俺も同じくらいの子供がいるから、連れて行きたい、自分の好きなバンドを見せてあげたい親心もよくわかります。でも、自分で自分の子を守れないなら連れてこないでくれ。何かあった時の責任を他人に委ねるような行為はやめてくれ。
2019.09.02
音楽・コラム

【痴漢・水撒き・撮影】守れる可能性があるのはもうライブハウスだけ?

諦めたくはないけど、特に沢山の人が集まるフェスでは運営側が本気を出さない限り何も解決しないと思います。逆にライブハウスでは犯人を捕まえるという事例を一つ一つ積み上げていくことで、この状況を打破出来る可能性があると思います。
音楽・コラム

【HEY-SMITH】それでもライブ中に撮影したいなら、もう撮っちゃえよ。

演者からも疎まれ、同じファンからも疎まれ、行けなかったファンからも疎まれる。それでも「撮りたい」って言うなら仕方ない。撮っちゃえ、撮っちゃえ、好きなだけ撮っちゃえばいい。そこまでして撮りたいなら撮っちゃえよ。信念持って、誰に何言われても撮り続けろよ。
2019.09.18
音楽・コラム

【ヤバT】パンクスでなくても男は女に配慮するのが当たり前なのでは?

これは断言できる。ライブハウスは演者へのリスペクトがない奴が好き勝手にやる場所ではない。しかも、ありぼぼがされたような性的被害はだめだ。論外だ。ありえない。痴漢被害も相変わらずなくならない。それどころか今回は演者に被害者まで出た。
2019.09.18
音楽・コラム

【Track’s】大なり小なり、パンクロックのライブなら怪我する人はいるよ。

きっと革靴で飛んだ側も怪我をさせようとして飛んでないのでは?怪我した側ももちろん怪我をしたくてライブハウスに行ってるわけではない。演者側のTrack'sの3人も怪我してほしくてライブをやってるわけではない。そう、みんな怪我したくないという状況が前提にある。
2019.09.18
音楽・コラム

【ENTH】おっさんだって若い子に人気のバンドのライブに行きたいのだ(笑)

そういうの聞いちゃうと、「そんな若い現場に俺みたいなアラフォーのおっさんが行っていいのか?」なんてことを思ったりするわけです。若い子が頑張ってる現場を観るのがまた楽しくなってくるんですよ。体は昔より動かなくなってきてるんだけど、ステージでキラキラしてる若い子を微笑ましく観れるようになるんですよ。
スポンサーリンク