【サタニック・SHANK】改めて思う『WANDERSOUL』という作品の価値。

ライブレポ
デミさん
デミさん

パンク大好きデミさんです。

Twitter:@Takenoco0803

Instagram:@demisansan

プロフィール:デミさんはこんな人

2019年6月15日(土)、幕張メッセで行われたSATANIC CARNIVAL’19の1日目に行ってきた。

 

毎年家庭の事情で土曜日のみの参加ではあるが、幾つかは観れたのでその様子を書いてみようと思う。

 

なお、この日の午前中はまたまた家庭の事情でバタバタしていたので、会場に到着したのは14時少し前でした…。

 

ちなみに観たのは、Track’sSHANKOLEDICFOGGYENTHNAMBA69です。

スポンサーリンク

SHANK(SATAN STAGE)

SHANK SATANIC CARNIVAL’19 セトリ

  1. Set the fire
  2. Good Night Darling
  3. Hope
  4. Life is…
  5. 620
  6. Smash The Babylon
  7. Take Me Back
  8. Weather is Beautiful
  9. Wall Ride
  10. Departure
  11. #8
  12. Two sweet coffees a day
  13. Wake Up Call
  14. Love and Hate
  15. submarine

 

SHANK 寸評

昼飯休憩を挟み、くしくもTrack’sからSHANKという流れになりました。

 

最近何度も観てるSHANK

俺と一回りほど年は違うのに魅了させられっぱなしのSHANK

この日も…かっこよかったなぁあいつら。

 

色んなライブ観てるけど力の抜け方が常に一定で、狭いハコでもこの日のようなデカいフロアでもそれは同じ。

気負わないんだよなあ、どのライブでも。

 

長崎・SHANKです。よろしく〜』。

ずっと彼らが言い続けてる言葉だ。

この日池本くんが着てたBLAZE UPのTシャツを見て、ああ、彼らはもう何度も地元・長崎でフェスを主催してるんだよなって思いました。

 

長崎、俺は仕事で定期的に行くから言わせてください、けっこう田舎です(笑)。

ストレイテナー福山雅治もこの地の出身だけど、毎年フェスを主催してるのは彼らだけ。

 

去年から佐世保ハウステンボスに会場を移したけど、その前にやってたのは神の島公園ってとこでなかなかの僻地。

ここにすげえメンツを毎年集めて来る力を持ってるバンド。

そう、SHANKは俺の中では長崎のローカルヒーローなんです。

 

最近フェスでは『Set the fire』始まりが多いのかな。

この曲は以前は終盤に持ってくることが多かったけど、この曲始まりもまたいいですよね。

 

2018年初めの新木場ワンマン。

参照:

【SHANK】ハコがでかくなるのと同時にバカも増えていくのは仕方ない
どうも、パンク大好きデミさんです。 1/16(火)、SHANK presents The Heavy Clash in新木場STUDIO COAST 行って参りました。 会場18時半・開演19時半なのは社会人には助かるよ...

 

この日は40曲弱やってたんだけど、正直中だるみというか飽きちゃった部分があったんですよね。

割と同じような曲調やテンポなものが多かったから。

 

みんなワンマンをやりたがらないのは、対バンがいないとつまらないのもあると思うけど、それ以外にはライブに変化を付けにくいからっていうのもあるんだろうなあ、なんてこの時思いましたね。

 

そういうのをこれからは払拭できそうだな、って思ったのが4枚目のミニアルバム『WANDERSOUL』。


WANDERSOUL

 

このアルバムは以前のものと作り方を変えてきてる。

参照:

SHANKがたっぷり語る、曲が短いワケから新アルバムのこと、被災地への想いまで

 

その結果できたのがこの日演奏された『Smash The Babylon』であり『Wake Up Call』だ。

今までよりも真面目に作った甲斐もあり(笑)本人らも気に入ってるみたいだし、何よりセットリストに組み込むといいアクセントになるんですよね。

 

スロウな『Wake Up Call』なんかは特にそう。

SHANK / Wake Up Call


WANDERSOUL

 

テンポを変えれる良曲があると、あんなにもライブで変化が付けれるんだなあって改めて思います。

 

きっとこの日もそうだったと思う。

というのは、10曲目の『Departure』辺りでEVIL STAGEに向かってしまったので最後まで聴いていないのだ。

 

でも、全然後悔はないなあ。

フェスってそんな遊び方ができるのがいいですよね。

 

彼らの真の姿が見れるのはライブハウス。

参照:

【SHANK】「好きにやればいいけん」の真意とは?
どうも、パンク大好きデミさん(@Takenoco0803・@demisansan)です。 11/14(火)SHANKのライブを観に横浜FADまで行ってきました。 楽しかった。むちゃくちゃ楽しかった。 だって自由なんだもん。...

 

その姿を知ったら、フェスの彼らなんて…いや、この日のSHANKもカッコよかったなあ(笑)。

次はまたライブハウスで会いましょう!

 

公式のレポはこちらから:

【速レポ】<SATANIC CARNIVAL>SHANK、その俊足ぶりも凄まじいステージ

コメント