【サタニック・OLEDICKFOGGY】今年のサタニック最大の発見はオールディックフォギーだ!

ライブレポ
デミさん
デミさん

パンク大好きデミさんです。

Twitter:@Takenoco0803

Instagram:@demisansan

プロフィール:デミさんはこんな人

 

2019年6月15日(土)、幕張メッセで行われたSATANIC CARNIVAL’19の1日目に行ってきた。

 

毎年家庭の事情で土曜日のみの参加ではあるが、幾つかは観れたのでその様子を書いてみようと思う。

 

なお、この日の午前中はまたまた家庭の事情でバタバタしていたので、会場に到着したのは14時少し前でした…。

 

ちなみに観たのは、Track’sSHANKOLEDICFOGGYENTHNAMBA69です。

スポンサーリンク

OLEDICFOGGY(EVIL STAGE)

OLEDICFOGGY SATANIC CARNIVAL’19 セトリ

  1. シラフのうちに
  2. 昔日
  3. 神秘
  4. mud muppets me
  5. カーテンは閉じたまま
  6. Gerato
  7. いなくなったのは俺の方だったんだ
  8. 月になんて

 

OLEDICKFOGGY 寸評

今回一番楽しみにしてたバンドです。

大好きなSHANKを途中で抜けてまでEVIL STAGEに向かいました。

 

そしたら、開演前まですげーガラガラでした。

あっさりと前から2列目に陣取れました(スピーカー前の方ですが)。

 

終わった後なんでこんなにガラガラだったんだろうって考えたら、裏がDragon Ashでしたね…。

 

ということで、始まる前はマジでどうなることかと思いました。

 

そしたらサウンドチェックでボーカルの伊藤が、「一生懸命やれば伝わるって、信じてオレたちやってきました」なんてことを言ったんです。

 

俺はその時気づいてませんでした、彼が普段のライブ中はあんまり喋らないということに。

 

なぜ伊藤はそんなことを言ったのか?

お客さんの少なさへの危機感なのか?

 

いや違う、少なくても観に来てくれた人や初めてオールディックを観る俺のような人間への決意表明だったんだと思います。

 

彼らは俺が普段観るバンドとは編成が違う。

ギター・ドラム・ウッドベース、ここまでは理解できる。

 

アコーディオン・バンジョー・マンドリン…?

 

アコーディオンはみなさんわかると思います。

バンジョーとはこんなの。

 

マンドリンとはこちら。

ちなみに彼らはラスティック・ロックバンドと呼ばれています。

 

とにかく俺はサウンドチェックの段階から、見慣れない楽器とバンド編成に虜になってました。

 

そしてついに1曲目、『シラフのうちに』が始まりました。


グッド・バイ

(ちなみにこのMVに出てるバイキング小峠は彼らの大ファンとして知られ、ライブハウスではしばしば目撃されている)

 

その聴きなれないバンドの音色はもちろん、俺が度肝を抜かれたのはボーカルの伊藤だ。

 

長い髪を振り乱しながら、高音部ではしゃがれたシャウトで絶叫するその姿がむっちゃくちゃ色気があってカッコよかったんです。

 

正直音源だけ聴いてたときはそこまで期待してなかった。

 

でも、すごいですね、ライブってやっぱり。

 

幸運にも2列目で観れたからなのか、それともガラガラのフロアがそうさせたのか、とにかく1曲目から鳥肌がぶわーって立ってしまいました。

 

2曲目の『昔日』もそう、3曲目の『神秘』もそう。

 

その音は明るいんですけど、伊藤のボーカルとその口から発せられる言葉がとても文学的で情緒があって、何とも言えないカオスな空間を作り出していくんですよ。

 

なんて思いながらフロア中央をちらっと見たら、激しいモッシュが発生したりダイバーがバンバン飛んでました。

 

自分は飛ばないんですけど、そんな様子を見ちゃうともうグワーッと感情が高ぶってきてしまってたまんなかったです。

 

Gerato』もむっちゃ良かったなあ。


Gerato(ジェラート)

 

なんだろ、親しみやすいメロディというか、歌謡曲的な要素もあるんですよね、楽曲に。

 

そこに伊藤の表現力が多彩なボーカルが華を添えてる。

 

彼らはとにかくライブがすごいです。

途中からこんなでかい空間じゃなくて狭いライブハウスで聴きたくなってました。

 

初出場ということで気負った部分もあったかもしれない。

 

本来の彼らは一体どんな感じなのかなあ。

 

なんて思ってたら、『いなくなったのは俺の方だったんだ』で涙腺緩んできてしまいました。


新世界

 

後から知ったんですが、この曲は 映画「クローズEXPLODE」の劇中歌になってたそうです。

 

サビにすぐ行きそうでなかなかたどり着かないんですけどこの曲がすごく好きで、この日はサビに至った時に涙が出てしまいました(レイザーラモンRGのあるあるネタみたいな(笑))。

 

あっという間に終わっちゃったんだけど、ガラガラだったフロアは心なしか人が増えていた気がする。

 

そりゃそうだろ、あんなにすげえライブ魅せられたら!って思いましたけどね。

 

次は汚いライブハウスでまた観たいバンドでした。

 

この年になってもまだまだ知らないバンドがこの世の中にたくさんあるんだなあ。

 

これからも貪欲に探し求めます!

 

公式のレポはこちらから:

【速レポ】<SATANIC CARNIVAL>OLEDICKFOGGY「一生懸命やれば伝わるって、信じてオレたちやってきました」

コメント