【サタニックカーニバル】第1弾アーティストに心躍らない理由とは?

音楽・コラム
デミさん
デミさん

どうも、パンク大好きデミさんです。

Twitter:@Takenoco0803

Instagram:@demisansan

プロフィール:デミさんとはこんな人

今回は2019年も開催が発表になったSATANIC CARNIVALについて。

 

今年も例年通り2日間開催で、日程は5月15日(土)・16日(日)。

場所も幕張メッセ国際展示場9-11で同じである。

 

第1弾アーティストも発表になったけど、皆さんはどう思いましたか?

 

俺は…今ひとつだなあという印象でした。

今回はそんな、サタニックカーニバル第1弾アーティストについての雑感を述べたいと思います。

スポンサーリンク

サタニック 第1弾は全16組

第一弾アーティストはこちらの16組。(ステージ割は予想)

 

  • 04 Limited SazabysSATAN STAGE
  • 10-FEETSATAN STAGE
  • ENTHEVIL STAGE
  • Dizzy SunfistSATAN STAGE
  • HAWAIIAN6EVIL STAGE
  • ハルカミライEVIL STAGE
  • バックドロップシンデレラEVIL STAGE
  • HEY-SMITHSATAN STAGE
  • HOTSQUALLEVIL STAGE
  • Ken YokoyamaSATAN STAGE
  • NAMBA69EVIL STAGE
  • OVER ARM THROWEVIL STAGE
  • ROTTENGRAFFTYSATAN STAGE
  • SHANKSATAN STAGE
  • Survive Said The ProphetEVIL STAGE
  • Track’sEVIL STAGE

 

トリ候補はフォーリミか?

ステージは予想ですが、おそらく当たってるかと。

初年度のEVILから順調にステップアップしてる04 Limited Sazabysは、今年あたりトリもありえそう。

 

すでにホールツアーも経験してる彼らは昨年のAIR JAM 2018にも出演。

しかもハイスタの前で、だ。

参照:

【AIR JAM 2018】ハイスタ先輩がいるから今も頑張れてるバンドマン達。それは俺たちも同じなのだ。
どうも、パンク大好きデミさん(@Takenoco0803)です。 行ってきました、人生初のAIR JAM! 思い起こせば2000年までの3回はミッシェル・ガン・エレファントしか追ってなかったので目もくれず。 201...

 

シーンを牽引する覚悟も託されてる彼らがトリになったとしても、もはや誰も文句は言わないでしょう。

 

昨年両日のトリを務めたHEY-SMITH10-FEETは順調に選出されている。

 

ヘッドライナー枠3組に入ってくるのは間違いないでしょう。

 

Dizzy Sunfist SATAN STAGEへ

目新しいのは、Dizzy SunfistのEVILからの昇格。

 

去年2日目のトリを務めたし、去年悪天候で中止になった京都大作戦でも源氏ノ舞台に出る予定だったので、まあ間違いないでしょう。

 

ちなみにフォーリミSHANKもSATANに上がったのは4年目から。

 

そしてディジーは来年4年連続出場となる。

 

サタニックには「若手を引き上げる」ってテーマもあるので、どでかいステージでも暴れまわってくれるのではないだろうか。

 

なんて言いながらそう上手くいかない可能性もある。

これは嬉しいことでもあり、内心「困っちゃったなぁ〜」という感じなんですが、EVIL STAGEのトリに出演したバンドが『来年はSATAN STAGEで会いましょう』ってMCしちゃうんで、それに対してどうアンサーするか悩んでしまいますね(笑)。

これはイベントプロデューサーのI.S.Oの言葉である。

参照:

EVENT PRODUCER INTERVIEW

 

トントン拍子にステップアップさせるのではなく、冷静に判断してくるかもしれない。

 

そのためにも、Dizzy Sunfistは大阪(3月9日)と東京(同16日)のワンマンを完売させたいところ。

 

日程的にも両方とも土曜日なので集客力が試されます。

チケットはこちらからチケットぴあ Dizzy Sunfist



サタニック 今のところ予想通りのラインナップ…

1発目の発表は拍子抜けするくらい普通だった。

 

もちろんすごいメンバーばかりが集まってるのは間違いない。

 

しかし2016年までの1日開催と比べると、どうしてもメンツの濃さは薄まっていくんですよね。

 

先に述べたフォーリミSHANKも、2016年が2日開催じゃなければSATAN STAGEに昇格できたかはわかりません。

 

過去に、「1日しかないフェスの方が好きだ」って書いたことがある。

参照:

【ECHOES 2018】大事なのはお金か魂か?収益かロックフェスとしての価値か?
どうも、パンク大好きデミさん(@Takenoco0803)です。 10月14日(日)、新木場STUDIO COASTで開催されたHAWAIIAN6主催のフェス、ECHOES 2018に行ってきた。 このイベントはIKKINOTD...

 

サタニックカーニバルの2日間開催。

それは若手バンドをフックアップする意味合いと、収益の拡大、そしてバンドへのオファーのし易さなど、様々なメリットがある。

 

でも、一方で2014年から2016年の時のようなドキドキ感は失われてる。

 

そんな人は俺以外にもいるのではないか?

 

限られたバンドしか出れなかった時代とは違って、2日間になったことによって出演バンドが小粒になった感は否めない。

 

でもそれはサタニックが悪いというだけではなくて、新しい若手のバンドがなかなか出てこない、というかパンクバンドがあまり人気がないというシーンの現状にも原因がある。

 

あっという間に売れてったWANIMAは、PIZZA OF DEATH所属ながらもはやパンクバンドとは違うところまで行ってしまいましたからね。

 

それもあって主催のPIZZAは2日間開催に踏み込んだのであろうけど…

フェスの数も増えたっていうのもあると思うけど…

 

もちろん大好きなバンドばっかりなんですけど…

 

第1弾アーティスト発表からは目新しさが感じなくて残念です。



サタニック 第2弾発表でサプライズに期待

サタニックは第1弾・第2弾・日割り・最終アーティスト発表と4段階に渡ってバンドの発表がある。

 

次の第2弾アーティストの発表は3月20日頃と予想される。

 

ここで若手の生きのいいバンドが入ってくると予想される。

 

THE NINTH APOLLO所属の39degreestwo step glory

 

ENTHと同じTRUST RECORDS所属のKUZIRA

 

厳しいだろうが、去年のTrack’sのように彼らが若手パンク枠で入れるかに注目しています。

 

去年も出たCASTAWAYや、先日アルバムを出したNOISEMAKERのポップ・パンク勢もあるはず。

 

他にもいい意味でサタニックらしくないバンド、例えばtetoとかも入ってきそう。

 

ベテランでは今年もHi-STANDARDに期待です。(多分出ないけど)

 

次回はたしてどんなバンドが発表されますかねえ。

 

期待と不安でいっぱいですが、とりあえずその時を待ちましょう。

 

とりあえず今回のバンドだったら、ENTHとTrack’sは観たいぜ!

コメント