【細美武士】「やっぱり俺はバンドが向いてるんだということを学んだ」

細美武士『Hedgehog Diaries』
デミさん
デミさん

パンク大好きデミさんです。

Twitter:@takenoco080352

Instagram:@demisansan

プロフィール:デミさんはこんな人

 

2020年3月25日24時30分から放送の細美武士のラジオ、『Hedgehog Diaries』は久しぶりの生放送でした。

 

今回も長いですがどうぞ。

 

ネットラジオはこちらから:

BAY FM Hedgehog Diaries

 

2020年4月2、昼1200までの期間限定公開です。

スポンサーリンク

細美武士『Hedgehog Diaries』OP

こんばんは!

bay fm『Hedgehog Diaries』細美武士です。

 

今週は久しぶりの生放送でお送りします。

なんとですね、最後に生放送をお送りしたのは2019年の11月6日ということで、ほぼ3か月4か月ぶりの生放送になりました!

 

えー、最後までお付き合い宜しくお願いします!

 

今日月末の放送ということで恒例の弾き語りの週なんですが、まあ今週はどうなることかと…まあ楽しみにしていてください。

 

細美武士 ランニングでのプレイリスト曲

まずは一通メールを紹介しましょう。

アヤナから頂きました。

こんばんは、アヤナと申します。

(こんばんは)

私が住んでいるところは田舎です。

21時とかに閉まってしまうジムばかりで、仕事の関係上なかなか入会できなかったのですが最近やっと24時間のジムができました。

1時間ほど筋トレをして、最後に1時間6㎞くらいのペースでやっと40分くらい走れるようになりました。

ペースが乱れぬようにプレイリストを組んで音楽を聴きながら走っているのですが、最近のマイブームでラストの曲はエアロスミスの『I Don’t Want to Miss a Thing』 を聴きながら走ってます。

(最後にこの…壮大だね(笑))

最後にこの曲を流してランニングを終えると、とてつもなく重要な任務を終えたような、家族や友人を守ったような、壮大な達成感を味わうことができてとても気持ちいいです。

細美さんも「この曲でランニングを終えると気持ちいい」や「必ずこの曲はプレイリストに入れている」という曲はありますか?

もしあれば教えて頂けると嬉しいです。

今日もMONOEYESの『Run Run』を聴きながらランニング頑張ってきます。

 

と頂きました。

ありがとう、アヤナ。

えー、そうですね、必ずこの曲をプレイリストに入れている、というやつじゃないですけど、次、ランニングのプレイリスト作るんだったらこれ入れるだろうな、と思ってる曲があるので。

 

最近ね、ちょっとコロナウイルスの影響でジムもね、あの、ちょっと、あんまり、距離置いた方がいいんじゃないか、みたいな話もありますが、今度プレイリスト作るんだったらこれ入れたいな、と思ってます。

 

1曲目 Molotov『Apocalypshit』

聴いてください。

Molotovで『Apocalypshit』。


Apocalypshit

 

これなんか、あのー、日本語で、カタカナでなんて書いてるのかサイトを検索したりすると、曲紹介の時に言ったみたいに『アポカリシット』って書いてあったりするらしいんですけど、どう考えたって『アポカリプシット』だと思うんですよね。

 

細美武士 来年は1曲も書かない?

はい、じゃあ引き続きメールを紹介していきましょう。

 

ナットウから頂きました。

細美さん、こんばんわんこそば、ナットウです。

(こんばんわんこそば)

今週は久々の生放送とのことでとても楽しみです。

弾き語りは何をやるのかなあとワクワクしています。

先日、the HIATUS東京国際フォーラム公演のBlu-ray&DVDのリリースが決定しましたね。

しかもリハーサルやバックステージの模様なども盛り込まれているとのこと。

チケットが取れなくて映像化を切望していたのですごく嬉しいです。

MONOEYESのアルバム制作は順調でしょうか?

体調に気をつけて頑張ってください。

 

と頂きました。

ありがとう!

えー、そうですね、the HIATUSの10周年ライブを収めたライブ映像作品「10th Anniversary Show at Tokyo International Forum」が、4月15日の水曜日にリリース決定しました!(拍手)


10th Anniversary Show at Tokyo International Forum[Blu-ray]

 

えー、そうですね、全曲入ってるんでね、うん、結構それは、いいと思います、はい。

 

あと、まあ、ちょっと気が早いけど今年はMONOEYESのアルバムも夏前くらいに出るんじゃないかな、出せるんじゃないかなと思って今制作してるんですけど、なんだろ、ずっと色々作ってて、しかもほら、まだDVDが出る前の俺は次の作品の制作をやってたりして。

 

その、色々転がっていくな、と思うと同時に、来年はまた1曲も書かない1年にしたいな、なんてことをね、考えてますね(笑)。

 

今あの、メーカーの担当が目が点になってましたけど(笑)、はい。

 

まあでも3年に1枚くらいが結構いいペースだと思うんだけどね、バンドにとってね。

 

細美武士 願掛けはしない

そんな感じでもう一通いきましょう。

ラジオネームありません。

細美さんこんばんは。

(こんばんは)

私は今、ハイエイタスJive Turkeyにどうしても行きたいので願掛けとして、友達と一緒に大好きなマカダミアナッツのチョコ断ちを頑張ってます。

(おー)

まだ一度も行ったことがないのでどうしても今年は行きたいです。

今年もし行けることになったら、行きの新幹線でマカダミアのチョコを思いっきり食べようと思います。

細美さんは何か願掛けしたりしますか?

 

と頂きました。


「Jive Turkey vol.1 Live at Blue Note Tokyo 2016 and Tour Documentary」 [Blu-ray]

 

えーっとねえ、いや、食べてもいいんじゃないか?マカダミアナッツ。

 

なんかね、俺はね、願掛けはしてたことはあるんですよ。

 

特にね、レコーディングの時とか、その、なんかこう願掛けをして、例えば髭を一切剃らない、とかね。

 

昔のエルレの時とかの、その、レコーディング中の写真とかで髭がわりと伸び放題のやつとかはそういうことでやってたんだけど。

 

あのー、願掛けした時に、なんていうのかなあ、もっと頑張れたかな、と思ったりとか、逆にほら、友達の結婚式に出る、とかで願掛けしてる途中に剃ったりした時にいいアルバムが出来たりして。

 

あんま関係ないんだなって思ったことがあって(笑)。

 

最近はだからあんまり祈らないというか、なんかあるじゃん?色々状況的にさ、こう祈ってしまいたくなる時、何にかわかんないけどさ、その時に、「待てよ、祈る…祈んじゃねえよ、祈るな」みたいに思うようになった。

 

その、他にまだやれることがあるだろ、って。

 

だから全部やって、もうほんと何もなかった時だけ祈ろうかな、みたいな。

 

だから願掛けはそういう時にするんじゃないのかな、と思います、はい。




2曲目 OAU『Where have you gone』

意外と時間が無くなっちゃったなあ…。

じゃあもう一曲聴いてもらって、その次このメールを紹介しましょう。

 

あのー、映画のね、OAUが主題歌やってた「新聞記者」が日本アカデミー賞を取ったということで、おめでとうございます!

参照:

権力中枢の“闇”を描いた映画「新聞記者」が日本アカデミー賞3冠を獲得した意味

 

聴いてください。

OAUで『Where have you gone』。


OAU (初回限定盤)(CD+DVD)

 

細美武士 友達が賞を取って嬉しい

えー、モリヤダイブツからのメールを紹介します。

新聞記者日本アカデミー賞おめでとうございます。

細美さんの声をスクリーンで聴きたいと思って観た映画。

世にも怖い映画だなあと思いましたが、ストーリーに引き込まれて面白かったです。

エンディングにOAUの『Where have you gone』が静かに流れ、どっぷり余韻に浸れるいい映画でした。

そして、昨日、日本アカデミー賞を取ったのを観て、改めていい映画に出会えたんだなと思いました。

OAUの皆さん、TOSHI-LOWさんにおめでとうございます、とお伝えください。

細美さん、感謝です。

MONOEYESのアルバムを楽しみに待っています。

 

と頂きました。

ありがとう、モリヤダイブツ。

ね。えっと、日本アカデミー賞3部門、作品賞・主演男優賞・主演女優賞で最優秀賞を獲得したと。

 

なんかその、友だちが主題歌をやっている映画が、こう、賞を取るってすげえ嬉しいな、と思って。

 

初、初ですね。

あんまり俺、その、賞とかにそもそも興味が無いんですけど、でもこれは嬉しいですね、すごい。

 

おめでとう!と思いますね。

 

細美武士 自分の使用済みのピックは価値がない

さあ、後半戦もメール紹介していきましょう。

うーんと、ラジオネームがマサ・アキヤマから頂きました。

細美さん、こんばんは。

1年ぶりにメール送ります。

(こんばんは)

去年の3月に浪人が決まってからライブに行くのを我慢して勉強し、細美さんのラジオを息抜きに聴きながら、今年やっと行きたい大学に合格できました。

(おめでとう!)

しかし、新型ウイルスの影響は大きく、大学の入学式が中止となったりオリンピック延期が検討されたりなど、思いもよらない事が続いてます。

ライブにも行けず、どうしてもマイナス面が多く気が沈む毎日ですが、こうした騒動を通して正しい情報を自分で選択する力が必要だと身にしみて感じました。

早く新型ウイルスの流行が収まって、活発に活動できるようになることを願うばかりです。

ライブ活動が再開したら、1年間溜め込んだライブ行きたい欲をぶつけまくるので宜しくお願いします。

追伸。

受験が終わったご褒美にピックなどを頂けないでしょうか?

厚かましくてすいません。

 

受験お疲れ様。

合格おめでとう。

だけどね、ピックはねえ、俺のピックは楽器屋さんで全く同じものが100円で売ってるので、なんていうのかな(笑)、全く…あの、しかも俺が使って角が削れてるということは価値が下がってるだけなので、あのー、楽器屋さんで買うのがいいんじゃないかなと思うのと、このなんか、正しい情報を自分で選択する力?

 

今は特にね、まあ情報源がすごく多くてたくさんの情報があるから、そうそう、なんていうの?そうそう調べようにも何がほんとかわからない。

 

特にコロナウイルスなんてね、ウイルス自体が未知のものだから、なにがわからないけどその中でこういうことを自覚するのはすごくいいことだなあと俺は思いましたね。

 

あのー、もしかしたらNetflixのオリジナルの映画だったのかもしれないんだけど、その、(ザ)グレート・ハックっていう映画があって。

 

それがSNSで集積されたビッグデータがどういうことに使われているか?っていう映画で2時間俺はあっという間に観ちゃった面白かった映画があるので、マサ・アキヤマなんかにはオススメかなと思いますね、はい。

 

細美武士 作詞で気をつけてること

もう一通いきましょう。

宮城県のカエデから頂きました。

細美さんこんばんは。

(こんばんは)

1月の石巻BLUE RESISTANCE弾き語りツアー、有難うございました。

(こちらこそありがとう)

「お前だけライダースを着ていてカッコイイぞ」と言われてとても嬉しかったです。

(うん、覚えてる覚えてる(笑))

自分は細美さんに憧れてギターを始めました。

将来的に作詞・作曲もしてみたいと思ってるのですが、細美さんは作詞をする上で気をつけてることはありますか?

教えてくださると嬉しいです。

 

と頂きました。

なるほど、作詞を…うーん、気をつけてるってことはあんまないんだけど、気をつけてるってことじゃないとは思うけれども、あのー、歌詞ってこうだよな、って思うのは、その、思ってもないことってやっぱ書けないよね。

 

その、たとえばすごい、かっこいい、激しい、攻撃的な曲を作りたいから、と思って過激な歌詞を書こうと思っても、思ってもない過激なことって書いても空回りするだけだしさ、歌ってもさ。

 

逆になんていうの、悪い人ぶろうと思ってもさ、悪ぶれないし、なんていうの、ほんとの自分よりいい人っぽいことを書こうと思ってもさ、それこそ上滑りするっていうか(笑)。

 

だからやっぱり歌詞は、いずれにせよ、思ってないことは書けないんだな、っていうのは最近思いますね、はい。

 

3曲目 『仰げば尊し』

さて、で、今日のね、弾き語りなんだけど、実はここんとこずっと、あの、MONOEYESの作曲で、えっとー、まあ一日中ずっと歌いながら曲を作ったり。

 

で、今バンドアレンジがもう始まってて、スタジオ入ってみんなでその、ギターのアレンジ考えたり、展開を作ろうとしたりやってる中で、なんていうの、歌もいっぱい歌ってるから、今日はちょっと、お休みしようかな、と思って、スタジオにギター置いたまま来たんですよ、今、ラジオに。

 

でもみんなのメール読んでたら、すごいなんか、あのー、弾き語りをめちゃ楽しみにしてるのに気がついたので(笑)、ギター無いけどなんか歌えないかと思って。

 

あのー、ちょうど作曲に使ってるパソコンがあるので、ちょっとMIDIで、あのー、カラオケっていうかそれを再生しながら、1曲歌ってみようかな、っていう。

 

ほんとにおかしなことになると思うんで、皆さん、お腹を抱えて笑ってもらって大丈夫です、はい。

 

やってみよう。

まあシーズン的にいいのかなと思って。

 

ってことで、お送りしたのは、作曲者がまあ明確じゃないらしいんですけど、H.N.Dという方で作詞はどうやらT.H.ブロスナンという方らしいですね、『仰げば尊し』でしたー!

 

ED曲 The Chainsmokers『The One』

細美武士がお送りしてきました、bay fm『Hedgehog Diaries』

 

今日は、The Chainsmokersの『The One』を聴きながらのお別れです。


メモリーズ…ドゥー・ノット・オープン

 

細美武士 エイプリルフールに嘘はつかない

さて、最後に一通メールを紹介しましょう。

茨城県のユカエルから頂きました。

細美さん、こんばんは。

3月も終わり近づき、エイプリルフールが近いですね。

例年ならお花見や新しい生活環境に移っていく忙しい時期なだけあって、この、普通のようで普通じゃない日常が嘘ならいいのになと思ってしまいます。

エイプリルフールと言えば嘘をついてもいい日ですが、細美さんが過去についたエイプリルフールの嘘や、こんな嘘言った、または言ってみたい、みたいな事があったら教えてください。

私は高校受験のとき受験勉強をしたくなくてほとんどしなかったので、落ちても仕方ないという気持ちで試験を受けました。

母からも「そんな感じで大丈夫なの?」と言われてました。

結果はなんとか合格していたのですが、電話で母に「試験落ちた」と連絡したことがあります。

その後に「嘘だよ」と報告したらびっくりしていました。

エイプリルフールよりだいぶフライングした、私にとっては人生で初の大きめの嘘でした。

 

なるほどねー。

俺はねえ、無くはないんだろうけど、小学校の時とか、大人になってからは無いんですよ。

 

なんか、プラスになることがなんにもない気がしてしまって。

 

ほら、ちょっとこう、「こんなことがあった!」とか、「誰かが事故に遭っちゃった」とか、いうさ、嘘ついたらやっぱり一回悲しい思いをするじゃない?

 

「嘘でした」「何だよエイプリルフールかよ!」って言うにしたって別に、なんかびっくりさせる必要はないよなと思ってしまうのと、あとはなんか逆もすごい嫌じゃん?

 

「すごいいいことあったよ!」「嘘でした」って言っても、それもなんか…すごいプラスになることばっかりなのが思いつけば(笑)、言ってみたいなと思うこともありますけどね、はい。

 

えー、どうやらコロナウイルスはエイプリルフールではないようですが、そうですねえ、まあ今は、この、うーん、何が本当なのかわかんない中ですけど一生懸命ね、自分にできることをやって、うーん、日頃、自分がそういう人間じゃないことはよくわかっているだけにですねえ、まあ出来る限り、こういう時は、なるべく誇らしく生きていければいいなあ、と思っていますね。

 

えーっと今日の…(笑)、弾き語りじゃなかったね、全然。

 

弾き語りじゃないんですけど、ギター弾かないとこんなにも楽なのか、っていうのと、あと、途中で一拍ずれたかなと思って。

 

その、拍入れてなかったからさ、一拍ずれたんじゃねえかってずっとドキドキしながら歌ってたんで上手く歌えたのかさっぱりわからなかったですけど、まあ今日はこれで勘弁してください。

 

ってことで、来週の分は、今日この後収録です。

 

飛び込みで、メール送ってくれたら読めるかもよ。

 

ということで、それじゃあ皆さん、頑張ろうね!

また来週、さようならー。




細美武士 自分はソロよりバンドが向いている

はい、今週も始まりましたFAKE TALES OF CHIBA Zのコーナーです。

 

えーっと、本編でね、『仰げば尊し』をね、打ち込みで、歌って、歌ってる最中も、ずれてるんじゃねえのかと、一拍ね、思ってたんですけど、今聴き直したらね、俺歌ってる最中にさ、この、リズム感がずれて、ずれたのかなと思ったらもういきなり、入るところから間違ってて。

 

ちょっと(笑)ミュージシャンとしてこれを、1週間みんなに聴いてもらうわけには、さすがにいかないと。

 

まあもしかしたらね、それ聴いてみんなが面白くて、元気になるみたいな、そういう効果はあるかもしれないけど、これ、俺の仕事じゃないな、って思うので、あのー、ここで今日はもう一度弾き語りをやって、で、今度間違えたら大丈夫、そのまんま、このコーナーそのまんま残しますから。

 

えー、やってみましょう、はい。

 

はー、練習の時はさあ、一回も間違えないのに、まあこんなもんだよね。

 

まだまだね、精進しないといけないな、と。

 

参照:

『仰げば尊し』(ネット放送 16:10頃から)

 

ということで。

今回は合ってたと思うんだよな。

 

ただね、思いました。

あのー、バンドで良かったなと、俺(笑)。

 

その、ほら、さっきくらいのミスは、もうしょっちゅうやってるわけ。

 

なんならさ、もっとどデカいさ、なんていうの?ここのメロディを飛ばしたとか、サビをなぜか2回繰り返したとかさ、やったときにこの、ほら、やっぱりコンピューターだとさ、全く気を遣ってくれないというか、気を遣って…まあ気を遣ってるわけじゃないんだろうけどさ、MONOEYESのメンバーとかも(笑)、あのー、なんていうの、おっと!っていうのをぐっとこう、なるじゃない?

 

まあもちろんその、俺以外の誰かが間違えてもぐっといくわけだけどさ。

 

なんかそういう世界で生きてきたからやっぱりこう、これはやっぱり俺には向いてないんだなー。

 

やっぱりこう、あれだね、失敗から人は学んでいくんだな、はい。

 

やっぱり俺はバンドが向いてるんだということを学んだ、はい、今日の弾き語りじゃないけど、生歌でした。

 

ってことで、来週の分はこの後収録です。

それじゃあ皆さんまた来週、さようなら。

コメント