【Dizzy Sunfist】あやぺたの結婚&妊娠発表といやまについて思うこと。

音楽・コラム
デミさん
デミさん

パンク大好きデミさんです。

Twitter:@Takenoco0803

Instagram:@demisansan

プロフィール:デミさんはこんな人

5月24日、Dizzy Sunfistあやぺたが結婚と妊娠の発表を行った。

 

8月までは座ってライブ、9月からのライブは延期ということだが、とりあえず無理せずお腹の子供を労ってほしいと思う。

 

ところが、少し気になったことがある。

相方いやまのツイートだ。

スポンサーリンク

いやまの今の思いとは?

 

殆どの人があやぺたの結婚・出産に祝福のコメントを贈る中、その日の夜中に「申し訳ない」と謝るいやまのコメントに、ほんの少しの違和感を感じた人もいるのではないか。

 

バンド内で話し合いが行われて今後の活動方針は決まったとのことである。

が、新しい命を授かったということで決まっていたスケジュールを変更せざるを得なかったとも言えるのだ。

それを、素直に「悔しい」と表現したいやまに俺は人間臭さを感じた。

 

当たり前だ、あやぺたいやまも同じ女性である。

ひょっとしたらいやまも結婚をしてるかもしれない(してないとは誰もわからない)。

でもバンドはいま上り調子だし、そのことを考えて子供を作ることに躊躇してたかもしれない。

 

そんな中であやぺたが妊娠した。

結果、バンドの活動に支障が出る。

そのことに対して悶々としてコメントしてしまった。

 

なんて考えすぎだとは思いますが、いやまはバンドの今の勢いが止まってしまうことに対して危惧しているのかなあと思いました。

 

でも、それについては言いたいことがある。

計画的に物事をすすめる、それはたしかに理想である。

 

でも、子供は授かりものです。

ほしいと思っててもやってきてはくれないことがある。

というか、やってきてくれないことの方が今は多いのではないだろうか。

 

だからめでたいことだし喜ぶべきことなのは間違いない。

少子高齢化と言われて久しい現代である。

そもそも結婚をしない人も増えてるし、結婚しても子供を産まない選択をする人もいる時代である。

 

キャリアを選ぶか子供を選ぶか?

キャリアを選んだ結果、ほしい時に子供が授かれないなんてこともよくあるのだ。

 

以前、マキシマム ザ ホルモンナヲが妊活のためにバンド活動を休止したことがあった。

参照:

[妊活] マキシマム ザ ホルモン ナヲさん インタビュー<前編> 人気絶頂のロックバンドが妊活休業!?

 

結果子供を授かったから良かったものの、これがうまくいかなかったとしたら…

 

いやまを気にしてあげてほしい

これは当事者でないとわからないことかもしれない。

あやぺたいやまの二人の間に何かあったのかもしれない。(何もないと信じたいけど)

「悔しいな」という言葉には、「ライブができなくなって悔しい」というだけでなく「女として悔しい」という思いもあるかもしれない。

 

すぐには消化できない思いを持ちながら、Dizzy Sunfistというバンドは今後どうなってくのだろう。

いやまも結婚して子供を授からないと、本当の意味で今後のあやぺたの苦労は理解し合えない。

そういえば先日解散したチャットモンチーもメンバーは既婚者子持ちと独身だった。

 

女性メンバーが居るバンドは、妊娠・出産の時期は必ずその活動を止めなければならない。

仮に、あやぺたが出産して、さあいざ活動を開始しようとしたところでいやまも妊娠で活動休止、ということも考えられない話ではない。

というか、そうならないようにせざるを得ないのだ、いやまは。

 

それが不公平といえば不公平にも思えるし、すごく難しい問題だなあと思いました。

もちろんいやまが結婚・出産に対して全く興味がなかったとしたらそれまでですけどね。

 

とりあえずあやぺたは元気な赤ちゃんを産んでほしいですね。

 

いやまはどうかなあ…2人は高校からの同級生だけに、色んな思いを抱えてることだけは確かだと思います。

 

ファンは素直にあやぺたおめでとう!ということだけではなく、いやまのことも気遣ってやってほしいなと思います。

 

ちなみに俺は前からいやま派です!(笑)

コメント