bay fmのラジオ、細美武士『Hedgehog Diaries』文字起こし

細美武士『Hedgehog Diaries』

【細美武士】自分のバンドのギタリストが使用するギターについて語る

339っていうセミアコ、今回トディ弾いてたけど、エルレのウブもね、335弾いたりしてるので。でも俺がね、ギタリストにあんまりギター自体に注文つけるってことはないんですよ。それは彼らの聖域なので、まあ好きなギターを弾いてくれるのが一番いいと思ってるので何も言ったことないけど、もしかしたら多分俺がレスポールを弾いてるので、レスポールとツインギターで前に出しつつきちんと混ざり合うのを探していくと、シングルコイルとかよりもセミアコとかにいっちゃうのかもしれないね。
細美武士『Hedgehog Diaries』

【細美武士】スコットがいたALLiSTERが国境を超えた出会いの中で一番印象的!

うーん、一番印象的な出会い…まあやっぱりALLiSTERとの出会いは一番印象的だよね。今こうやって同じバンドでベース弾いてくれてくれてるんだもんね、スコット・マーフィーが。シカゴのパンクバンドのベーシストだった彼がさ、今俺と一緒にバンドやってるなんてさ、結構運命的だよね。
細美武士『Hedgehog Diaries』

【細美武士】人気絶頂のELLEGARDENの活動休止当時を振り返る!

LLEGARDENっていうバンドが…何ていうんだろう、あのバンドの中では一番その、人気があるというか、安っぽい言葉で言うと絶頂の時に急に止まったじゃない?止まった、っていうのが正しいのかどうかわかんないけど、そういう印象なんですよね。それでなんか俺の中ではその、そういう、わっと…何ていうのかな、広がっていくことに対する抵抗感みたいな、アンチテーゼみたいなのがやっぱあって。
細美武士『Hedgehog Diaries』

【細美武士】再開したMONOEYES 3rdアルバムレコーディング、その現状を語る!

6月1日からMONOEYESの3rdフルアルバムのレコーディングが始まりました。いつもはね、レコーディングってなると最初から最後までメンバーずっと一緒にいるんですが、今はまあコロナウイルスの感染拡大を防止するために、当日作業がない人はスタジオに来ないような状況でやってます。だから今はリズム録りなので基本的には一瀬(正和)と俺がいて、あとエンジニアの子とレコーディングしてる感じですね。
細美武士『Hedgehog Diaries』

【細美武士】「この歳になってもライブより楽しいことはない。絶対に戻りましょう」

ライブのあり方どうなんだろうねー。いずれは元に戻ると俺は思ってるんだけどね。っていうかまあ(笑)、そうだなあ、楽しそうにやってるっていうか、本当に楽しいんだよね。で、正直あの、この歳になってもあれより楽しいことはないので、あのー、あそこにね、絶対、戻ろう、戻りましょう。っていう感じですかねえ。
細美武士『Hedgehog Diaries』

【細美武士『Hedgehog Diaries』2020年5月】オンエア曲まとめ!

今回は2020年5月放送分の中から、細美武士が選曲した曲をまとめました。ざわめく心が落ち着くような曲ばかりです。ぜひ聴いてみてください。
細美武士『Hedgehog Diaries』

【細美武士『Hedgehog Diaries』2020年5月】ありがたいお言葉のまとめ!

ELLEGARDENにしてもMONOEYESにしても、まあもちろんthe HIATUSにしてもそうなんだけど、あんまり損得で物事は選ばない、動かないようにしてて。どっちかと言うと「惚れた腫れた」を大事にしたいなという感じだったんで、テレビのお話だったんだけどINORANさんからのお誘いだったんで喜んで、参加させてもらうことにしました。結構ね、あのー、なんだろ、歌録りながらの映像を撮りながらだから、ライブとレコーディングの中間みたいな、なかなか見たことがない面白い映像になってると思います。楽しみにしていてください。
細美武士『Hedgehog Diaries』

【MONOEYES】「(ニューアルバムは)気持ちが込もってるんで。今、ずっと曲をアレンジしてて」

今どうなんだろうなあ…その、等価交換には全然出来ないんだろうけど、まあ、やっぱり気持ちが込もるんで、今、ずっとMONOEYESの曲をアレンジしてて。で、ここ一週間くらいもう徹夜続きで、いよいよレコーディングに入るって時に、最高のものができるように頑張ってやってることが、まあ何ヶ月か遅れてみんなの元に届くんだろうけど、まあそれが届いた時に、「あの時大変だったなあ」とか、「その頃こんなふうに曲を作っていたんだなあ」と思ってもらえるようなものができるように頑張りますんで、楽しみにしていてください。
2020.06.04
細美武士『Hedgehog Diaries』

【細美武士】MONOEYESのライブは三密どころではない→年内は厳しいと覚悟

果たしてライブがほんとに今年中(笑)?に再開できるのか、みたいな。どうなんだろうねえ。その、少しづつ、自粛要請の緩和、みたいな、休業要請の緩和みたいになってるけど、まあ巷の話ではライブハウスなんて最後の最後じゃない?みたいな、のとか、あとは特にさあ、まあMONOEYESのライブなんて三密とかを通り越してるじゃない?その、体液の交換の仕合みたいなライブだから、まあそれは最後の最後だろうなあって。まあ今年中どころかもうちょっとだめかもな、みたいな気分、気分っていうか、まあじゃあそうなった時にどうするんだい?みたいなこともやっぱり、さっき言ったさ、大人が考えていかなきゃいけないことだから、考えつつはあります、はい。
2020.05.29
細美武士『Hedgehog Diaries』

【細美武士】LINE飲み会では満たされないTOSHI-LOW愛を語る!

突然電話して、「ちょっと話聞いてほしいからさ、今日、今から会えないか?」みたいな、で、用事があったりとか忙しそうだったりとか急に電話したにもかかわらず、しかも夜遅かったりするのにも関わらず、「どうしたの?いいよ、今から行くよ」って、なんかああいう、なんかもう、その一言だけでさあ、なんか救われちゃう感じって言うの?なんか色々あるんだろうけど心配して出てきてくれるんだ、って思っただけで会った瞬間に「どうしたの?」って言われたら、「いいよ、なんか会えただけで大丈夫になっちゃった」みたいなああいう時間はやっぱりその、LINE飲み会では、そうはならないですよね。
スポンサーリンク