30・40代のための【Dickies】「874」着こなし講座!

ファッション・コラム

どうも、パンク大好きデミさんです。

数年前からセレクトショップでも別注したりと人気のDickies

 

気付いたら直営ショップも色んな所に出来始めてますね。

ディッキーズ公式オンラインショップ

 

その出店先も、ルミネららぽーとといったいわゆるオシャレな場所なんですよね。

 

特に充実してるのがレディースやキッズのラインナップで、従来のメンズのパンツのイメージだけではなくトータル展開のアパレルとして今や注目されています。

 

そこで今回は、その中でもド定番の874の着こなしについてです。

 

しかも、最近考案した874を今時にアップデートする方法について考えてみました。

スポンサーリンク

横山健スタイル

皆さんはライブ以外にDickiesを履く機会はあるでしょうか?

 

いわゆるディッキ族と言われる人が履いている42283

 

我らが横山健がライブで着用してるモデルです。

これを普段着に落とし込むのはなかなかレベルが高い。

 

スケーターでも最近これ履いてやってる人あまり見ないし、スケーターが載ってる雑誌『Warp MAGAZINE』にも出てこない。


warp MAGAZINE JAPAN 2017 1+2月合併号

 

なので、このモデルに関しては自分もライブ用と割り切っております。

 

そこで前述の横山健

さんのインスタを見てると最近のスタイルはほぼ一緒です。

 

トップスはフード付きパーカー(最近はフーディと呼ぶことが多い)の上に革ジャン。

 

ボトムはおそらくDickiesWD874でスニーカーはVANSOLD SKOOL

 

これをまんま取り入れれば現在の横山健スタイルが完成するし、誰がやってもそれなりにハマる。

 

でも少しつまらないんです。

ちょっと前のさんは874をルーズに履いてたのが印象的でしたが、最近はちょい細身で今時のシルエットのWD874を好んでるようです。

 

ちなみにWD874とはHPにこのように説明がある。

伝統の「874」ワークパンツを現代風にリアレンジした、「WD874」。
「874」と同じく、ポリエステル65%、コットン35%のT/Cツイル生地を使用。
ワークウェアのタフさ を残しつつ、股上を浅いローライズにし、
シルエットも細くシャープなストレートに変更することで、
カジュアルはもちろん、オフィスなどでも使える1本に。

 

うん、普通だ。

普通と言ったら言葉は良くないかもしれないが、誰でも似合う仕様になってる。

 

そこでです。

前置きが長くなりましたが、今はインポートでくくられてる874の着こなしの新提案です。




874を短めに丈詰めしてワイドパンツ風に

 

874とは、この太めのクラシカルモデルのことです。

Dickiesといえばこの874ワークパンツ。創業した1920年代から作り続けている労働者のための安価でタフ、機能性を最大限考慮した無駄のないワークウェアは、南アフリカ・オーストラリア・ロシア・チリ・日本・アイスランド・カナダ・ヨーロッパ・メキシコとアメリカ全50州で愛用されている。<日本にはアメリカ西海岸の音楽やスケートなどとともに輸入されてきたイメージが強く、ストリートカルチャーをバックボーンに持つブランドの顔として揺るぎない地位を築いている。サイジングによって非常に印象の変わるアイテムなので、ジャストサイズをジャストウエストで着用するとキチっとしたワーカーのイメージに。また、昔ながらのゆったりとした股上と太めのストレートシルエットなので、ワンサイズからツーサイズアップしてややヒップハング気味に穿くとルーズなイメージが作れる。好みのスタイルに合わせてカラー、サイズをチョイスできる上にコストパフォーマンスの良さも加わった必ず一着は持っていたいアイテムだ。 ちなみに今回使った画像は、シルエットの違いがわかりやすいように全てベージュを使ってます。

 

女子の皆さんならわかると思いますが、昨今流行りのワイドパンツはみんな九分丈もしくはくるぶし丈でフルレングスよりも少し短めに履いてるはずです。

例えばこんな感じ。引用:BEAMS BOY

 

なぜか?

裾に少しの余白を作ることによって着こなしに軽さを出したいからです。

 

この原理を太い874に応用するんです。

このパンツはお店に並んでるものは丈が長いので、大抵の人が丈詰めをするはずです。

 

その際にいつもよりも少し短めに丈上げをしてみてください。

 

もっと言うならば、仕上がってきたパンツの裾を一折りするとさらに軽さが出ます。

 

丈詰めせずに履ける人は、ロールアップしてみてください。

 

そこまで計算して丈詰めをするのは少し難しいかもしれませんが、とりあえずいつもよりも短めに履くことを意識してください。

 

綿ポリエステルの丈夫な生地にセンタークリース(センタープレス)がしっかりとなされたこのパンツなら、意外と品良く仕上がります。

 

この874モデルを裾までルーズな今まで通りの長さで履いてしまうと、オールドキッズ感満載の古臭い仕上がりになってしまいます。

 

私を含めて30代以上のおっさんは体型も崩れてきてるので、その仕上がりはさらに悲惨なことに。

 

くるぶしよりちょい上の仕上がりで、歩いたらソックスがちらっと見えるくらいの丈感を目指しましょう。

 

足元にニューバランスなどボリュームのあるスニーカーを合わせる前提ではなく、今回はあくまでVANSが基本の話です。

 

VANSであればOLD SKOOLでもCLASSIC SLIP-ONでもAUTHENTICでもなんでもハマるはずです。(ERAは個人的にあまり好きではない)

 

あえて画像を載せるならばこんなイメージ。

 

このパンツにはセンタークリースがないけど、Dickiesも何回か洗ったらセンタークリースが消えて生地が柔らかくなってきます。

 

しかしこの画像ほどルーズには仕上がらず、むしろ生地の厚みを活かした上品なスケータースタイルになるはず。

 

最近の個人的なスタイルと言えば、パンツは黒デニムのテーパードかDickies874のグレーのみ。

 

ただ個人的に太いパンツの着こなしが好きなだけかもしれませんが、874の新しい着こなしの参考になれば幸いです。

 

Let’s Try!

こちらもあわせてどうぞ:30・40代のための【Dickies】着こなしアップデート講座!

コメント