【細美武士】MONOEYESの新譜は「ダメな奴のダメな歌を作りたい」

細美武士『Hedgehog Diaries』
デミさん
デミさん

パンク大好きデミさんです。

Twitter:@Takenoco0803

Instagram:@demisansan

プロフィール:デミさんはこんな人

 

2020年1月8日24時30分から放送の細美武士のラジオ、『Hedgehog Diaries』は収録でした。

 

今回も長いですがどうぞ。

 

ネットラジオはこちらから:

BAY FM Hedgehog Diaries

 

2020年1月16、昼1200までの期間限定公開です。

スポンサーリンク

細美武士『Hedgehog Diaries』OP

こんばんは!

bay fm『Hedgehog Diaries』細美武士です。

 

今週も収録でお送りします。

えー、なんとですね、収録している現在は先週に引き続きまだ昨年の、12月30日、17時半頃ですかね?収録を開始しています。

 

今回収録なのはですね、1月9日、明日がJive Turkey Vol.4BLUE NOTE 東京公演、まあ1日2回公演でわりとね、喉にきついというか、大変なところがあるので、収録でやらせてもらってます。

 

最後まで宜しくお願いします。

 

細美武士 MONOEYESのアルバムについて

さて、まずは一通メールを紹介しましょう。

細美さん、こんばんは。

(こんばんは)

 

年末年始いかがお過ごしでしょうか?

 

私は餅つきをして餅を切り、大掃除をして、お正月にお互いの実家に持って行く角煮を作り、ゴミ出しも何とか間に合い、コタツでぐうたらしているところです。

 

先日MONOEYES豊洲に参戦し、とても楽しい時間を過ごすことができました。

 

そして…

(これ、まだ30日に収録してるんで…)

 

明日のカウントダウンジャパンハイエイタスを観たらライブ納めです。

 

ハイエイタスのツアーはどこも当たらず、明日観れるのをとても楽しみにしております。

 

10周年だから昔の曲もやったりするのかな…とワクワクしてます。

 

明日楽しみましょうね。

 

それではよいお年をお過ごしください。

 

MONOEYESのアルバム、そしてツアーも楽しみにしてます。

 

と頂きました。

そうなんですよ、今年はMONOEYESの新作アルバムを作ろうと思ってるんですよ。

 

その話、この曲を聴いてもらった後、ちょっとしたいなと思ってます!

1曲目 j ember『Bargain Flights』

まずは一曲聴いてください。

j emberで『Bargain Flights』。


Bargain Flights [Explicit]

 

細美武士 ダメなやつのダメな歌を作りたい

まあオープニングでもしゃべった通り、えーっとー、今年MONOEYESの3rdアルバムを作ろうと思ってて。

 

まだね、収録してるのが12月の30日なので、方向性とかどんな感じの曲作りたいのかっていうのはあんまりこう、見えてはないんだけど。

 

まあね、見えてたところでそういう感じに仕上がるのかは全然わかんないんだけどね、俺の場合は。

 

なんだけど、なんか、こう、なんていうのかな、俺が大好きで聴いて育ってきた90年代の音楽ってさ、まあ80年代も大好きなんだけど、っていうのは、なんていうの、結構ダメな奴が、その、ダメな自分をそのまま書いてた曲が多かったなと思って。

 

歌詞の話なんだけどね、なんか、その頃はまだインターネットってあってもちょろっとくらいだし、スマホもなかったしさ、その、今ほどSNSとかもなくて。

 

その状況から今までってだいぶ人との関わり方って、やっぱり人類で最大の発明じゃないですか?インターネットって。

 

だから大きく様変わりしてってるんだけど、だけど俺はやっぱりいまだに、ダメな奴がダメな歌を歌ってるとすげえ安心すんだよね(笑)

 

だからそういうものがやっぱり作れたらいいなあっていう気分ではいますね、いくら自分が日々ストイックに生きていようとも。

 

そっちにばっかりフォーカス当てられてると聴いてる方は疲れちゃうよね、きっとね、と思ってますね、はい。

 

細美武士 Jive Turkeyは期待してほしい

メール紹介していきましょう。

エミから頂きました。

細美さん、こんばんは。

(こんばんは)

 

いつも素敵な音楽を届けてくれて本当に有難うございます。

(いえいえ。どうも有難う、聴いててくれて)

 

MONOEYESのアルバムもめちゃくちゃ楽しみにしてます。

 

1月6日のビルボード大阪も楽しみにしてます。

 

お正月は寒いみたいなんで体調には気を付けて頑張ってください。

 

と頂きました。

ありがとう、エミ。

どうだったんだろうね、これ、放送が8日だから一昨日?ビルボード

 

なんか今年の、ハイエイタスの、Jive Turkeyシリーズ、やっぱ4年目ということがあってかなり、内容がいい意味で煮詰まってきてますね。

 

あの、濃くなってる、味がしみ込んできてる感じがするんで、まあ楽しかったんじゃないかなあ。

 

もし、何か失敗したことが起きてたとしたらそれは俺が会場で当日お酒を飲みすぎたという、ことくらいじゃないですかね、はい(笑)。

 

細美武士 ELLEGARDENはライブハウスに帰っていきたい

もう一通いきましょう。

ハルオから頂きました。

細美さん、こんにちは。

(こんにちは)

 

そして、遅ればせながらご結婚ほんとに、本当におめでとうございます。

(ありがとう)

 

久しぶりにメールを送らせてもらいます。

 

昨年は細美さんにとってどんな1年でしたか?

 

私は何といってもナナイロエレクトリックツアーで念願のELLEGAEDENを観られたことが2019年の一番の思い出です。

 

一昨年の復活ライブに行けなかった分、ステージに4人が立った姿が見えた瞬間の感動と鳥肌と涙は一生忘れないと思います。

 

初めてELLEGARDENに出会ってから5年間、ずっとずっと待ち続けてた瞬間を味わうことができて心から幸せでした。

 

多忙な日々が続いてると思いますが、くれぐれもお体を大切に。

 

今年も私たちファンに素敵な音楽を届けてください。

 

またどこかのライブハウスでお会いできる日を楽しみに私も頑張ります。

 

また静岡にも来てください。

 

と頂きました。

有難う、ハルオ。

そうだよねー、まあELLEGARDENが復活して2020年になると3年目、ということはもういい加減「復活フィーバー」言ってる場合じゃねえな、って思ってるんで。

 

まあ着実に、自分たちがいた世界に、なんだろう、帰っていきたいなって思ってますね

 

その…面白かったですけどね、あんなでかいスタジアムがパンパンになるライブをやるなんて(笑)自分の人生で思ってなかったんで。

 

うん、面白かったですけども、俺たちの生息地域…っていうのかな、は、あそこではないなっていうのも思ってます。



2曲目 YUNGBLUD『Die A Little』

それではこのへんで聴いてもらいましょう。

 

名前は気になってたんだけどね、やっと聴けました。

 

YUNGBLUDで『Die A Little』。


Die A Little

 

細美武士 好きなゲームについて

さあ、後半戦もメール紹介していきましょう。

アヤから頂きました。

細美さんこんばんは、アヤと申します。

(こんばんは)

 

MONOEYES、「Interstate46 Tour2019」お疲れ様でした。

 

豊洲PIT1日目に参戦しました。

 

楽しくてすごく元気をもらえました。

 

有難うございます。

 

ところで話は変わりますが、先週細美さんが「ゲーム実況を観る」とかあんまり印象がなかったんで意外でした。

 

私はゲームが好きで、特にアクションロールプレイングが好きなのですが、最近クリアしたゲームで久々に感動して泣きました。

 

エンディング曲を聴いていて、ぜひ細美さんにも聴いてもらいたい、と思いメールしました。

(えー、なるほど)

 

SILENT POETSという方の『Almost nothing feat. Okay Kaya』です。

 

あと細美さんがこれまでやってきたゲームで思い出に残るゲームがあれば教えてください。

 

と頂きました。

ありがとう、アヤ。

ま、その、「ゲーム実況を俺が観てる」っていう、ここだけ切り取るとなんかすごい、その、日本のユーチューバーのね、ゲーム実況者を観てるって勘違いされるのもあれなんですけど、Twitchっていうゲーム実況リアルサイトの、特にクラウドナインっていうプロのチームに昔いた人たちが好きで。

 

その人たちの、基本的にはバトルロワイヤル系のゲームの動画を観てますね。

 

まあゲームの内容を観てる、って感じでは全然なくて、実況してる人の人柄が好きとか喋ってる会話がすごい、こう、ウィットに富んでいるとか、まあおすすめはchoco Tacoってう人なんですけど(笑)。

 

まあ毎日に寝る時に観るくらい好きですね。

 

なんかああいう風な、どっしりとした、セルフエスティームっていうのかな、自己評価が高い、なんていうの、プライドがめちゃ高いっていう嫌な方向ではなくて、そもそも自分にちゃんとした自信があるので、根拠のある自信があるからその、余裕がある、いつも、喋ってることでもなんかその、あの感じがすごいいいなあと思ってるんですけどね、はい。

 

まあ長々choco Tacoの宣伝をしてしまいましたが、えっとねー、思い出に残るゲームは、まあ、古ーいゲームだから、同年代の方以外はわかんないと思いますけど、Falcomっていうメーカーが作ってた、イースっていうゲームはすごい好きでしたね。

 

アクションロールプレイングなんですけど、あれは3部作全部やって、うん、感動した覚えがありますね。

 

オープニングテーマもすごい好きでした。

 

あとちなみにゲーム音楽で、すごい、心に残ってるっていうかすげえいい曲だな(笑)と思ったのは、あのー、Steamで販売されてるPotalっていうゲームの、Potalの1作目のエンディング?GLaDOSっていう敵のコンピュータが最後エンディングを歌ってるんですけど(笑)、それはすごいいい曲でしたね、はい。



3曲目 the HIATUS『Moonlight』(リスナーのリクエスト)

もう一通いきましょう。

島根県のパトから頂きました。

年内最後のメールと思い先日送りましたが、今日収録されるということでまたメールしました。

 

私事ですが、実は昨日から今日にかけて人生の大きな決断をしました。

 

自分の心の思う方へ、願う方へ、自分で一歩踏み出せたこと、この自分の行動でこんなにも後悔のない気分で今過ごせていることにびっくりしています。

 

他の人にとっては全然大したことのないことかもしれませんが、私にとっては大きな大きな一歩でした。

 

細美さんの音楽を知ってから随分と経ちますが、その間ずっとずっと背中を押してもらったり寄り添ってもらってきました。

 

信じていける揺るぎないものをずっと細美さんが見せてくれていたおかげです。

 

有難うございます。

 

良ければ『Moonlight』をリクエストさせてください。

 

外国の民謡のような、シンプルで美しくて強い、そして少し悲しい、けれど少しだけ目線を上に向けられる歌だな、と思っています。

 

大好きです。

 

お体大切に。

 

2020年も細美さんにとって良い1年となりますように。

 

ありがとう、パト。

それじゃあリクエストにお答えして、聴いてください。

 

the HIATUSで『Moonlight』。


Our Secret Spot

 

ED曲 LANA DEL REY『Doin’ Time』

細美武士がお送りしてきました、bay fm『Hedgehog Diaries』

 

今日は、LANA DEL REYのDoin’ Time』を聴きながらのお別れです。


ノーマン・ファッキング・ロックウェル!

 

この曲のミュージックビデオが、2019年最大の衝撃でしたね。

 

興味のある方はYouTubeですぐ観れるんで観てみてください。

 

細美武士 最高のチームを作るには?

最後に一通メールを紹介しましょう。

エリから頂きました。

細美さん、2019年はハイエイタス国際フォーラムMONOEYES豊洲PITと行かせて頂き、細美さんのバンドは何度行っても勇気と感動と笑いで救われます。

 

いつも有難うございます。

(こちらこそ有難う)

 

おこがましいですが、細美さんにひとつだけ質問があります。

 

私は店長としてリーダー、時にはサポート側だったり臨機応変に対応してるんですが、最高のチームを作りたくて、価値観の違う人たちとの葛藤で今も自問自答の繰り返しです。

 

頑張りたいのにどう頑張ったらいいのか自分を見失いそうになる時、細美さんの声に、言葉にどれだけ励まされているか。

 

細美さんはフロントマンとしても仲間同士で心がけていることってありますか?

 

「何を言われたか?」より「何を言ったか?」で人って聞く耳を持つと思うのです。

 

細美さんの言葉は信用できます。

 

おこがましいですが本当にそう思うのです。

 

一つでもいいので何か心がけていることがあれば、教えてくだされば幸いです。

 

これからもずっと応援しています。

 

と頂きました。

ありがとう、エリ。

そうっすねえ…俺もまだ46ですからね!

 

全然完成してないし、その、リーダー…大将分だなって自覚はあって、どのバンドもやってるけど、自分がその、色んなことが出来ると思わないようにするところかなあ。

 

その、例えば俺は、自分のフィジカルを鍛えて、それでメンタルを仕上げて、人と接する時に自信を持って喋れるように?その、会話の結果が悪い方に流れていったとしても最後まで向き合うつもりで喋れるんだけど、逆に、周りの結構出来る人たくさん知ってるんだけど、なんていうのかな、ん?って思うこと言われてもスパッと流せたり切り替えられたり、その、出来る人?それを笑いに変えたり。

 

俺は出来ないのね、真正面から全部受けとめちゃうから。

 

っていう人を見るとすげえな、って思う反面、それは別に俺には出来なくていいんだろうな、って思うのよ。

 

だから、例えば、うちのチームにいる人が、俺のそういう部分を見て、でもあれはあいつがやってるから、私は違うところにいよう、みたいな気分になっててくれてればいいんじゃないのかな、みたいな、感じがしますね。

 

そうじゃないと大勢でやってる意味なんかないし、ぜんぜん価値観の違う人といるのはそれはストレスだし体力もいるけれども、それがまったく無い環境ってたぶんねえ、良くはないんじゃないのかな、って思います、はい。

 

まあそんな感じで、偉そうに言ったつもりはないんですが偉そうに聴こえてたらすいません。

 

さあ今週の放送はこんな感じでおしまいです。

 

来週の放送もお楽しみに。

それじゃあ皆さんまた来週、さようなら。



細美武士 プライベートで話しかけるのはアリ?ナシ?

はい、今週も始まりましたFAKE TALES OF CHIBA Zのコーナーです。

 

最後に一通メールを紹介しましょう。

タクヤから頂きました。

こんにちは、タクヤといいます。

(こんにちは)

 

12月17日の豊洲のライブに参加させてもらいました。

 

細美さんが言われていたようにみんなかっこよくて、ステージ上の4人、どこを観ていいかわからなくなる感じであわあわしていました。

 

最高でした。

 

充実感で溢れていい気分だったのですが、一つだけ心残りがあります。

 

ライブの前日、家の近所の風呂で…

(なんだろ、銭湯かな?サウナかな?わかんないけど)

 

一瀬さんを見かけました。

 

「ライブ頑張ってください」と言おうと思ったのですが、お風呂に入ってる時の一瀬さんは結構怖い顔でキリッとしているので、話しかけないほうがいいかな、と思ってしまい、伝えることが出来ませんでした。

 

一瀬さん含め、皆さんはプライベートで話しかけられるのってやっぱり迷惑なんでしょうか?

 

この日に限らず一瀬さんをよく見かけます。

 

いつも心の中で、「ライブ最高です。頑張ってください」と思ってます。

 

なるほどね。

これは一瀬に聞いてみないとわからないけど、うーんと、ミュージシャンであろうと何であろうと、普通の人なんで。

 

普通の人がされて嫌なことはされて嫌ですよ

 

例えば大事な会話をしてる最中にガバって入ってこられたりとか、両手に荷物山のように持ってる時に「握手してください」って言われても出来ないし(笑)。

 

普通の人に対して使う気遣いをした上でだったら、俺達は多分誰も嫌な顔をしないですね、はい。

 

そんな感じじゃないですかね、はい。

 

あのー、あと一瀬がね、「結構怖い顔でキリッとしてる」っていうけどあいつはね、笑顔すごい優しいけど、真面目な顔はいつもあんな顔よ。

 

イケメンだから。

 

まあ見かけたら、今なら話しかけたいな、伝えたいな、って気持ちがあるんでしょ?「頑張ってください。有難うございます」って。

 

それは嬉しいと思うよ、言ってもらえたら、はい。

 

ということで、来週の放送もお楽しみに。

 

いつも素晴らしいメールをたくさんありがとう。

 

それじゃあ皆さんまた来週、さようなら。

コメント