2020-02

『難波章浩の今夜もCLOSE TO ME』

【難波章浩】脱退するSAMBU(NAMBA69)への無茶振りエピソードと愛しかないメッセージ!

改めまして、ずーとね、この番組を聞いてくれて、そしてNAMBA69を好きでいてくれて、NAMBA69を応援してくれている皆さん、三部卓真、三ちゃん、応援してくれてどうも有難うございました。僕が、この番組で、この場をお借りして、三ちゃんの気持ちになって、本当に伝えてます。有難うございました。これからのSAMBUを応援してあげてください。
細美武士『Hedgehog Diaries』

【細美武士】エルレ活動休止時の秘話やメンバー脱退について語る!

尊敬する友人でもあり大先輩でもある矢野さんが、「変化って良いことよ」って言ってくれたその言葉だけで俺は信じてみようと思ったことがあるのよ。「そうか、これは良いことなんだ。楽しいことなんだ」って信じるって決めて、その後の今に至る道のりがあるから、なんかその話をそのままするの(笑)。したら(木下)正之(locofrank)は、「たった2分位の今の話で、ものすごい気持ちが軽くなった」って言ってくれて。
『難波章浩の今夜もCLOSE TO ME』

【難波章浩】Pay money To my Pain(PTP)を語る!

Pay money To my Painは僕の、ソロをやっていた時代に(新潟)LOTSでライブやってもらったし。で、そのライブが、Kにとっての最後のライブになっちゃったり。Kとはその前からすごく仲良くしてたし、まあ一緒に飯食いに行ったりとか、意外にKと俺、仲良かったんですよね。で、「突然亡くなった」ということを聞いた時はもう、あまりにもショックで何も言えなかったけれどもお葬式に参列して。
細美武士『Hedgehog Diaries』

【細美武士】the HIATUS写真集(撮影:三吉ツカサ)を語る!

三吉ツカサは、「バンドの制作費を圧迫するのが嫌だ」という理由で、「自分の撮った写真を毎回何枚か僕にくれ」と言うので、ちなみに基本的にはバンドからはノーギャラで写真を撮ってます。で、その何枚か、俺達から貰っていった写真を集めて、定期的に写真集にして出して、それを売ったお金で、自分のスチールカメラマンとしてのギャランティーを賄っている。
2020.02.13
スポンサーリンク