【細美武士】「刺青(タトゥー)は全部意味があって彫ってきた」

細美武士『Hedgehog Diaries』
デミさん
デミさん

パンク大好きデミさんです。

Twitter:@Takenoco0803

Instagram:@demisansan

プロフィール:デミさんはこんな人

 

2019年12月18日24時30分から放送の細美武士のラジオ、『Hedgehog Diaries』は収録でした。

 

今回も長いですがどうぞ。

 

ネットラジオはこちらから:

BAY FM Hedgehog Diaries

 

2019年12月26日、昼1200までの期間限定公開です。

スポンサーリンク

細美武士『Hedgehog Diaries』OP

こんばんは!

bay fm『Hedgehog Diaries』細美武士です。

 

今週も収録でお送りします。

 

収録している現在は先週に引き続き、12月4日の午後7時6分を回ったところで収録を開始しています。

 

今回収録なのはですね、オンエアされている12月18日水曜日はMONOEYESの今年のニューシングルのツアー「Interstate 46 Tour 2019」のファイナル、豊洲PIT公演があるためです。

 

まあ収録している今ではちょうど折り返し?名古屋2DAYSが終わったところなんだけど。

 

今回のツアーも、なんていうのかな、やっぱり1本1本テーマをメンバーで決めて、で、1つ1つ課題をクリアして新しいものをこう、手に入れたり経験値を高めたりしながらやれてるのでめちゃめちゃ充実してます。

 

豊洲PITの頃には、うん、良いツアーだった、って思えるような何かが手に入ってるんじゃないかな、と思います。

 

お楽しみに。

 

1曲目 JAMES ARTHUR & Anne-Marie『Rewrite the Stars』

それでは今年最も感銘を受けた曲を聴いてください。

 

JAMES ARTHUR & Anne-Marieで『Rewrite the Stars』。


Rewrite The Stars

 

うーん、『THE GREATEST SHOWMAN』って映画の中で使われてる曲なんですけど。

 

インド一人旅、今年何月だったっけな?2月だったんじゃないかな?行ってる時の、タージ・マハル廟を歩きながら聴いてて、まあボロボロっと涙がこぼれたのを覚えてますね。

「タージ・マハル廟」の画像検索結果

 

この曲のテーマ、壮大じゃないですか?「自分たちの生まれた星を書き換えられるのか?どうなのか?運命に逆らうことが出来るのか?」みたいなね。

 

都会の生活ではほら、「自分たちの星」とかってあるんだろうけど、そんなに自覚してないじゃないですか?

 

でも愛する、愛した女性のお墓にあれを作っちゃう…タージ・マハル廟ってめちゃくちゃでかいんだよ!

 

その、大理石で出来てるんだけどさ、あれを作ってしまう、あの時代にはきっと普通に、感覚としてあったんだろうな、みたいなのと歌詞が頭のなかで1個になってボロボロっと涙が出てきたのを覚えてますね、はい。

 

細美武士 今読んでる本は「サピエンス全史」

さあ、今日もメールを紹介していきましょう。

名古屋のミホから頂きました。

名古屋2DAYSお疲れ様でした。

 

めちゃくちゃ楽しかったです。

(ありがとう)

 

MCで「スクリーンタイムが4時間になってて『やばい』と思って本を買った」と言っていましたがどんなジャンルの本を読みますか?

 

また、オススメはありますか?

 

私もここ数年本が好きになって(推理小説が主)、で、月に2,3冊は読んでますが、携帯をいじる時間は変わりません。

 

と頂きました。

そうなんだよね。その、最近週間レポート出るじゃない?iPhoneとか。

 

で、「iPhoneを観てるスクリーンタイムが平均1日4時間何分です」っていうのを見て、やばいな、と思って。

 

止めなきゃ止めなきゃ、もっと本読もう、と思って。

 

でも俺の「スクリーンタイム4時間」ってのは基本的にその、寝る時に(笑)入眠する時に、俺はその、Twitchっていうその、ゲームの実況者の動画を流しながらだとすぐに寝れるんですよね。

 

大好きなPUBG(パブジー)を、そのchocoTacoっていう気のいい男の放送があって。

 

声のトーンも低くて喋ってる声のトーンもすごい良くて。

 

で、ゲーム間のBGMとかも基本的にジャズだったりとかして。

 

「オッケー、じゃあchocoの試合を1試合くらい観てから寝ようかな」なんてかけ始めるとね、最初の5分位で寝ちゃってることが多いんですよ。

 

で、2時間後くらいにあっ、と、ふっ、と起きて(笑)、まだやってるわchoco、と思って止める…。

 

(その)2時間が入ってるから、基本的に2時間位携帯見ちゃってるんだな、と思って、かなり無駄だな、と思ったので本を読むようにして。

 

えっとね、今読んでる本は、すごい今更だけど『サピエンス全史』を買ってきて読んでますね、まだ上巻の途中なんだけど。


サピエンス全史 単行本 (上)(下)セット

 

俺、順番逆で、「ホモデウス」から読んじゃったんで。

 

まあ逆なんだけどほんとに面白いなと思う。

 

なんか、内容はあえて触れませんが、その、頭のなかにぼんやりと、言語化することができずに漂っていた疑念が、疑念っていうか、こういうことなのかな、って思ってたぼんやりしてたものがどんどん言語化されて自分の中に飲み込んでいける感じ?ほんとに面白いですね。

 

刺激的な本だな、と思います。

おすすめです。

 

細美武士 好きな鍋はちゃんこ鍋

もう一通いきましょう。

サヤカから頂きました。

細美さんはじめまして。

サヤカと申します。

(はじめまして)

 

寒くなってきましたが、風邪などひかれてはないですか?

 

先日実家の母から白菜をたくさんもらったんで、キムチ鍋にして食べました。

 

細美さんは鍋食べますか?

何鍋がお好きでしょうか?

よろしければ教えてください。

 

ちなみにですが、私の住む山口県にはみかんを皮を剥かずにまるごと入れる、「みかん鍋」というものがあります、私は食べたこと無いんですが。

 

お仕事お忙しいと思います。

お野菜たっぷり入れた鍋を食べて、寒い冬を乗り切ってくださいね。

 

と頂きました。ありがとう。

そうですね、一番回数食べてんのは簡単だから水炊きだと思うんですけど、一番好きな鍋はちゃんこ鍋ですね。

Nabe Kansai style.jpg

 

やっぱ野菜も何もかもちゃんこ鍋にするとほんとに美味しいなって。

 

野菜にあんまり興味が無いんですけど、俺。

 

でもちゃんこだとたくさん食べれる気がしますね、はい。



2曲目 Heart『Alone』

それではですね、やっぱりこの曲、久々に聴いたらめちゃめちゃいいな、と思ったので聴いてください。

 

Heartで『Alone』。


Greatest Hits 1985-1995

 

細美武士 タトゥー(刺青)を語る

さて、後半戦もメール紹介していきましょう。

 

えーっと、千葉県のヒロタカから頂きました。

細美さんこんばんは。

千葉県に住むヒロタカと申します。

 

いつも楽しくラジオを聴かせてもらってます。

(ありがとう)

 

早速ですが質問です。

 

細美さんはかっこいいタトゥーがたくさん入ってますが、タトゥーに対する思い入れや考え方があったらぜひ教えてください。

 

寒くなってきたのでお体に気をつけて頑張ってください。

 

これからも応援しています。

 

と頂きました。

うーん、なるほど。

そうですね、かっこいいかどうかはわからないんですけど、刺青っていう、そのもの自体はね。

 

うーんと、そもそも、文化としての刺青っていうものは結構俺は好きで。

 

その、人間が元々持ってるその、変身願望というか装飾本能みたいな。

 

部族社会で生きている頃からあるものだからね、刺青っていうのは。

 

なんかその、こう野性的な、そもそも人間が本能的にやりたがる何か、なのかなと思ってて。

 

あとまあ、もちろん、日本で独自に発展した、その、絵柄とかもすごい好きだし、技術のこともすごい面白いし好きなんだけど、それ以前にね、なんていうのかな、俺はまあ全部意味があって彫ってきたので(笑)。

 

自分にとってね、あの、見た目がどうとかではなくて。

 

それ以外ではその時の自分の精神的な苦しみから抜け出しようが思いつかなかったので彫ってた、っていうところがあるので、1個1個、その時の自分にすごい大事なものだったんだよね。

 

だから、その、ファッションとかで入れるんだったら入れなくてもいいんじゃないの?(笑)って正直思うの、あんな痛い思いしてまで。

 

うん、だから入れる必要がない人は入れる必要ないんじゃないのかな(笑)って当たり前に思いますね。

 

その、もちろんすごい制約が沢山生まれるからね、刺青を体に入れることで。

 

それわかった上で入れないと。

だから、刺青彫っといて「なんで風呂入れないんだよ!」って言うのはさ(笑)、「それわかってて彫ったんでしょ?」って俺、自分で思うから。

 

そういうのは全然、なんともないんですけど。

 

そんな感じですかね、はい。

 

細美武士 春の曲がない?

もう一通いきましょう。

チャオロから頂きました。

細美さん、こんばんは。

(こんばんは)

 

今月のMONOEYESのライブチケット当たりました。

 

楽しみにしてます。

 

話は変わりますが、12月になって本格的に冬らしくなってきましたね。

 

細美さんが作った曲の中には季節がはっきりと分かる曲も多いと思うのですが、私調べですと、春について歌ってる曲がありません。

 

春をイメージして書いた曲はありますか?

 

良かったら教えてください。

 

また、寒いのでご自愛ください。

 

と頂きました。

そういえば…無いかもしれないですね。

わかんない、あるのかもしれないけど、ぱっと考えて思いつかないですね。

 

なんでだろうね、だいたい春目前に曲書いてることが多いんだけどね、1月とか2月とか3月とか。

 

うーん、なんでだろ…春のイメージが多分、「桜」とか「卒業」とか「就職」とか(笑)あんまり自分の音楽のテーマに上がって来なそうなものだからかな(笑)。

 

俺の、春のイメージっていうのは、「もう、この過酷な製作が終わったら花見行けるぞ、みんなで!」っていう、そこがもう、なんか力点になってるので。

 

そんな曲聴きたくないよね(笑)。

「この制作終わったら花見行けるぞ、みんなで!」って曲(笑)。

 

うん、いつか書いてもいいかもしれないですけどね、はい。

 

そんな感じですかね。

 

細美武士 パチスロの話

もう一通いきましょう。

えーっと、東京都のケイから頂きました。

細美さん、こんばんは。

(こんばんは)

 

僕は細美さんの影響でELLEGARDENを初めて聴き、そこから細美さんの虜になりました。

 

現在二十歳の大学生なのですが、大学に入学してから暇な時間が増え、趣味としてパチンコに行くことが増えました。

 

ここ1年は、「月に1万負けたらその月はパチンコ禁止」というルールでやっていて、たまに買った分で外食に行き、贅沢をしています。

 

細美さんも大学在学中にパチンコにハマった、と友達から聞いたのですが、細美さんの好きだった台はなんですか?

 

そして現在もやっていますか?

 

細美さんのお返事頂けたら「激熱」です!

 

と頂きました(笑)。

「激熱」はあれかな?ミリオンゴッドかな?

「ミリオンゴッド」の画像検索結果

 

そうですね、ほんとにろくでなしな感じですよね、学生の身分でパチンコハマるっていう(笑)。

 

まあハマってましたね、特にパチスロにハマってたんですけど。

 

最近はもうめっきりやってないですね。

特に4号機の、今のみんなが憧れる、「爆裂4号機時代」「大量獲得機時代」みたいな、あの時期に打ってたので、まあ射幸性の強い、ギャンブル性のとても高い台、結構好きでやってましたね。

 

一番ハマってやってたのがサンダーV2っていう機種で。

「サンダーV2」の画像検索結果

 

ごめんなさい、この番組で、ねえ、詳しくパチンコの話してもみんなわかんないと思うから。

 

ただ、「パチスロ必勝ガイド」の伝説の登場人物のガル憎と最近仲良いんだけど。

 

ガルと話してて、「結局今までの人生で一番最高のパチスロ台って何?」って話になった時に真剣に考えてみて。

 

これはねえ、ほんとに、あんまり共感してもらえないかもしれないけど、あの、「大繁盛本舗」っていう、ものすごい、マイナーって言ったら失礼だけど、あんまり、「そんな台あったの?」ってみんな思うかも知んないけど、導入はあんまされなかったんだけど、俺の打ってた店には1台あって。

「大繁盛本舗」の画像検索結果

 

まあその台は好きでしたね。

よく出来てるな、と思いました、はい。



3曲目 the HIATUS『Back On the Ground』

そんな感じで、全曲解説最後の一曲になります、ハイエイタスの『Back On the Ground』。

 

まずは曲を聴いてください。

the HIATUSで『Back On the Ground』。


Our Secret Spot

 

 ED曲 The Seahorses『I Want You To Know』

細美武士がお送りしてきました、bay fm『Hedgehog Diaries』

 

今日はThe Seahorsesの『I Want You To Know』を聴きながらのお別れです。


Do It Yourself

 

細美武士 『Our Secret Spot』(the HIATUS)の解説

最後にメールを一通紹介しましょう。

ハルキから頂きました。

細美さん、ご結婚おめでとうございます。

(ありがとう)

 

ところで、先日地下鉄に乗った際の出来事なのですが、酔っ払った大柄な60代くらいの男性が入ってきて、空いた席にドシンと座り込み、1人で3席分を占領したまま寝始めました。

 

そこは札幌で最も混む席で、座りたい人も座れず、やむなく立っている状態でした。

 

座りたい人もいるのに迷惑な客だなあ、と思ってたところ、そこへ一人の女子高生が、その寝ている男性に近づいてきました。

 

何をするかと思ったら、その男性の足元に落ちていた切符を拾い、その男性の手元にそっと置いていきました。

 

その後その子は友人と、「この人のだよね?」みたいなことを話しながら、次の駅で降りていきました。

 

周りの方がその乗客を煙たがっている中、その子はその男性がどんな人かはさておき、「あとで切符がないと困るだろう」ということだけに目を向けていました。

 

自分はいい大人ながらその人から、「人を思いやるってこういうことなんだ」って改めて教わった気がしました。

 

そして今更ながら自分も、そのような行いが出来る人間でありたい、と思いました。

 

とてもほっこりした光景でした。

 

酔っ払って寝ていた乗客に代わり、そして自分からもその女子高生に「ありがとう」を伝えたいです。

 

と頂きました。

なるほどね。いいメール有難う、ハルキ。

ちなみにその、ハイエイタスの『Back On the Ground』ですが、描かれてる世界観は今のメールに近い感じがあって。

 

なんだろう、今俺が読んでる『サピエンス全史』にも書いてあるんだけどね、基本的に人間は、その、ありもしないものを共有する能力を使ってここまで文化を発展させてきた、と。

 

例えば宗教、国境、国家とか、その、実際目で見て触れられないものの存在を信じることで大きな共同体を作ってきたんだけど。

 

だから社会通念とか常識とか、まあ基本的には妄想なんだよね。

 

みんなが一つの方向に倣う必要はきっと無くて。

 

その、どんどんどんどん世の中が粗を探して攻め立てるようになっていったとしても、自分は別な生き方を選べたらいいな、と思って作った曲でした。

 

さあ、長らくお送りしてきましたハイエイタスのニューアルバム、『Our Secret Spot』の全曲解説、これにて終了。

 

今年中に終わって良かった(笑)。

 

それじゃあ皆さんまた来週、さようなら。



細美武士 東北の話

はい、今週も始まりました、FAKE TALES OF CHIBA Zのコーナーです。

 

えっとねえ、18日の放送でしょ?

ってことはそろそろ、東北ライブハウス大作戦大忘年会、そして南相馬クリスマスフリーライブという例年の、東北(笑)酔っぱらい行脚がやってくるわけですが。

 

ほんとにねえ、東北に行くようになって俺の人生は大きく変わったなあと思いますね。

 

2019年、もちろん悲しい思い出もたくさんあるんだけど、その、素敵な思い出もたくさん生まれてて。

 

「これからもよろしくお願いします」と、今までの感謝を含めて、楽しい忘年会が出来るといいなと思っているので、遊びに来る人はお楽しみに!

 

それじゃあ…そうか、次が最後の放送か、しかもクリスマス、残念ながら収録の放送になっちゃうんですが、皆さんに素敵なクリスマスが訪れますように。

 

寒くなく暖かく過ごせてることを願っております。

 

それじゃあ皆さん、来週の最後の放送で会いましょう。

 

また来週、さようなら。

コメント