【細美武士】「ELLEGARDENが止まってた10年って結構な時間なんだな」

細美武士『Hedgehog Diaries』
デミさん
デミさん

パンク大好きデミさんです。

Twitter:@Takenoco0803

Instagram:@demisansan

プロフィール:デミさんはこんな人

 

2019年10月30日24時30分から放送の細美武士のラジオ、『Hedgehog Diaries』は収録でした。

 

結婚の発表を聞いてから作業をしたからなのか、すごく細美さんの声が優しい気がしました。

 

素敵なメールがたくさんあった良い回でした。

 

それでは今回も長いですがどうぞ。

 

ネットラジオはこちらから:

BAY FM Hedgehog Diaries

 

2019年11月7日、昼1200までの期間限定公開です。

スポンサーリンク

細美武士『Hedgehog Diaries』OP

こんばんは。

bay fmHedgehog Diaries細美武士です。

 

今週も収録でお送りします。

収録している現在は、10月24日木曜日、午後5時3分を回ったところです。

 

昨日がですね、ASIAN KUNG-FU GENERATION・ストレイテナー・ELLEGARDENの3バンドで現在行われている、ナナイロエレクトリックツアー愛知国際展示場公演を終えて、えー、みんなで打ち上げ…みんなで結構、しこたまお酒を飲んで、名古屋から帰ってきて、その足で収録しています。

 

最後までよろしくおねがいしまーす。

 

今週はね、本当は月の最後の放送だから弾き語りをやる予定の週なんですが、来週の11月6日がMONOEYESのニューシングルリリース日で、メンバー全員登場して生放送がやれそうなので弾き語りは来週に持ち越します。

 

1曲目 ストレイテナー『ROCK STEADY』

まずは一通紹介しましょう。

てりやきビールマンから頂きました。

こんにちは、てりやきビールマンです。

(こんにちは)

 

今、名古屋駅でビールと味噌おでんの到着を待ちながらメールを送っています。

 

昨日のナナイロエレクトリックツアー名古屋公演、とにかく最高の時間でした。

 

アジカンエルレテナーのライブも自分の今までの人生の中で過去最高!と心の底から思えるほど素晴らしい時間でした。

 

いつまでも3バンドの素晴らしい関係が続いてほしいと思いました。

 

そして、横浜公演がまだ残ってはいますが、またいつかナナイロエレクトリックツアーを開催してほしいと思いました。

 

最高の思い出をありがとうございました。

 

ストレイテナーの『ROCK STEADY』をリクエストします。

 

と頂きました。ありがとう。

いやー、ほんとにね、楽しい夜でした。

もう一回やれるなんて本当に最高だな、と思ってるところです。

 

それでは聴いてください。

ストレイテナーで『ROCK STEADY』。


21st ANNIVERSARY ROCK BAND 2019.01.19 at Makuhari Event Hall [Blu-ray]

 

ちょっと、声ガラガラなんですけど、あのー(笑)、結構弾き語りライブが続いたのと、あとはナナイロ大阪公演と名古屋公演があって、6日間で5回位ライブやったんですよね。

 

まあその影響と、あとは酒焼けですね、相変わらず、はい。

 

台風被害に遭われた、栃木県佐野市のリスナーからのメール

メール紹介していきましょう。

ルリオから頂きました。

細美さんこんばんは、ルリオです。

(こんばんは)

 

あたしの住む栃木県佐野市は先週末の台風19号で、市の中心を流れる秋山川という川が氾濫して、川の西側一帯が浸水しました。

 

嵐が去った深夜、住むマンションのベランダから外を見ると、市の図書館があるはずの道が水浸しになっているのが見えました。

 

佐野市というのはあたしが学生だった頃、学校に講話に来た市役所の職員さんでさえ「この街は自然災害が少ない、本当に住みやすい街だから」と口にするほど、これまで災害という災害に遭ってこなかった街です。

 

自分の目に映る景色が全く信じられず、一人で深夜の街を歩きました。

 

私の家の一本川側の道まで水が来ていました。

 

秋山川という川はこの街に生まれ育った私にとって、地元の思いでほとんどすべてが詰まった場所です。

 

小さな頃父親とキャッチボールした河川敷も、中学生の頃友達と沿道の桜並木でお花見したのも、高校生の頃クラスの友達とバーベキューしたのも、全部全部この秋山川でした。

 

大好きだった川の橋に辿り着いた時、橋のギリギリまで迫った濁流と記憶の中にあるそことはまるで変わり果てた沿道に、涙が止まらなくなりました。

 

眠れなかった夜が明けてテレビをつけると、ニュース番組で佐野市がヘリコプターで中継されていました。

 

川の近くにあった田畑の殆どが水に浸かり、収穫前だったお米やイチゴは全部もうだめだとな泣き崩れる農家の方の映像が流れて、観ていられませんでした。

 

どうしたらいいんだろう、ずっと考えてて頭に思い浮かんだのは、2011年の東日本大震災があった時に、「今何も出来ないって思ってる若い子たちは、色んな大人が何をしてるのかよく見ておいてね。いつか自分の番が回ってくるから」とヘッジホッグで細美さんが仰っていた言葉でした。

 

あの時中学生だった私は、テレビに映るショッキングな映像と何も出来ない自分にもどかしさを抱えていました。

 

私が大好きなたくさんのバンドマンの方々があの後何度も震災の被災地に行き、復興支援する姿にずっと尊敬の念を持っていました。

 

きっと今がその時なんだと思い、出来ることからなんでもやろうと、浸水した友達の家とそのご近所さんの家へ泥掻きのお手伝いに行ってきました。

 

泥掻きをしている時に、「あー、私ってこの街のことほんとに好きなんだなあ」と改めて思いました。

 

この街のために出来るボランティアは全部やろう、と今思ってます。

 

きっと細美さんやヘッジホッグと出会っていなかったら今も何も出来ずにいたと思います。

 

勇気を頂いて本当に有難うございます。

 

子供の頃からずっと大好きだったあの桜並木は川の濁流には流されず無事でした。

 

台風が去ってから急に寒くなって冬が来るんだなって実感しますが、この冬を街のみんなと歯を食いしばって越えて、またあの桜並木で笑顔でお花見が出来る日までやったろうと思います。

 

細美さんも春にお時間がある日があったら絶景の桜並木、ぜひ観にいらしてください。

 

その日まであたし頑張ります。

 

なんだかまとまらない文章ですみません。

 

と頂きました。ルリオありがとう。

まとまらない文章どころか素晴らしい文才だなと思って読ませてもらいました。ありがとうね。

 

このルリオのメッセージを読んで、「あれがきっかけでした」って誰かのために動けるようになる人もきっといるんじゃないのかなと、思ったんで紹介させてもらいました。

 

あとね、ボランティアとか行くと、まあ日頃やっぱり、みんな忙しいじゃん?

 

俺も含めてそうなんだけど、忙しい時って自分のことだけじゃん?やってることって自分のためになることだけ?

 

だからたまーに、空いた日に自分以外の誰かのために一日を使ってみたりするとすごく生きた心地がするっていうか、なんか久々に今日は人間だった気がするな、みたいな感覚、あると思うので、はい、うん、素敵なメールありがとうございました。

 

2曲目 SHAED&ZAYN『Trampoline』

それじゃあこのへんで一曲聴いてください。

SHAED&ZAYNで『Trampoline』。

 

細美武士 夢を持つことの大切さ

後半戦もメール紹介していきましょう。

ノンから頂きました。

細美さんこんばんは、ノンです。

(こんばんは)

 

高校生最後の夏に夢が見つかりました。

 

あるテレビ番組で、ケニアのゴミ山で暮らす18歳の少年の密着取材を観ました。

 

少年は家族と離れて一人でゴミ山に住み、プラスチックや金属を売った僅かな稼ぎで暮らしていました。

 

アスベスト焼却による肺の病気を抱えながらも、「学校に行きたい。いつかここを出て家族を持つのが夢だ」と言っていました。

 

一番心に残ったのはお別れの時に見送ってくれた少年が、「あなたは今幸せですか?」という日本人スタッフの質問に対して、「今日はあなたに会えたから幸せだよ」と答えたことです。

 

毎日殺人が起きるような場所で孤独に生きているのに、純粋で優しい。

 

そんなアフリカの子供達が一瞬でも笑顔になれる場所を作りたい。

 

食料や水の供給・教育設備など私ができることは少ないかもしれないけど、同じ地球に住む一人として何かやれることをやりたくなりました。

 

そしていつかアフリカライブハウス大作戦をやってみたいです。

 

細美さんたちの音楽で被災地を救えたように、私が救われたように、音楽が国境や人種を超えて子供達を幸せにできたらちょっと楽しそう。

 

今はそれくらいの漠然とした夢ですが、色々な世界を自分の目で感じることが出来たら、臆病で大嫌いな自分も少しはマシになるような気がしています。

 

「社会にいいことをするのは偽善じゃない、当然のこと」だとTOSHI-LOWさんが話していた言葉を思い出して、ちょっとずつ頑張ってみようと思います。

 

決して簡単なことではないし、10年20年もっと時間はかかるかもしれないけど、実現できる日が来たらアフリカの小学校に細美さんを呼んでもいいですか?

 

可能なら是非the LOW-ATUSで(笑)。

 

個人的なメールですみません。

いつもありがとうございます。

 

と頂きました。東京都、17歳のノンから頂きました。ありがとう。

 

うん、すごい素敵だなあと思って。

俺はその、日本よりとても経済的に貧しい国を結構旅したことがあるのでよく目にするんだけど、あのー、こういうさあ、今ノンから貰ったメールとかをさあ、こういうことを、「これ私の夢です」って言ったら笑ったりする大人がいたりさあ、そんなだいそれたことを…みたいなことを言う人がもしかしたらいるかもしれないけど、その人達は多分知らないだけで。

 

そういう、今俺が言った、日本よりも経済的に貧しい国とかに行くと、こういうことを思って本当に実現した人が作った学校とかたっくさんあるのよ!

 

なので素晴らしい夢だなあと思って、応援していきたいなあと思いました。ありがとう。

 

細美武士 MONOEYESもサブスク解禁します

さあもう一通いきましょう。

ユッピーから頂きました。

細美さん、はじめ…はじめてこんばんは。

((笑)新しいね、これ)

 

えー、はじめてこんばんは。

 

私はハイエイタスサブスク解禁とともにサブスクというのを使い始めました。

 

たくさん曲があるので仕事の休憩中など暇さえあれば聴いています。

 

来月MONOEYESの新曲が出ますが、MONOEYESサブスク解禁はあるのでしょうか?

 

聴けるようになったら嬉しいです。

 

宜しくお願いします。

 

と頂きました。

これ多分先週の放送でも言ったんだけど、えっとー、来月11月6日に出るMONOEYESのニューEP、『Interstate 46 EP』のリリースと同時に、えーっと過去作も全部サブスク解禁になります。のでお楽しみに。はい。

 

細美武士 新譜を演奏するのが楽しみ

もう一通いきましょう。

ユウから頂きました。

細美さん、夜遅くまでお疲れ様でーす。

(いやいや、今日はね、早いんで大丈夫)

 

ラジオ聴いてました。

(ありがとう)

 

MONOEYESの新曲が聴けてとても嬉しいです。

 

MONOEYESのらしい曲だなと思いました。

 

偉そうなこと言いやがって、と思ったらごめんなさい。

 

でもこれはMONOEYESの曲だ、他のバンドには歌えない曲だなあ、と素直に思えました。

 

以前細美さんが飛行機の中で聴いて感動した、という話をしていて、どんな曲なのか早く聴きたくてウズウズして待っていました。

 

自然と体が揺れて、一緒に歌いたくなりました。

 

他の曲も早く聴きたいです。

そして生で聴けるのを楽しみにしています。

 

と頂きました。ありがとう。

俺もね、生で演奏できる日をすごい、楽しみにしています。

 

で、まあ、EPに3曲入ってるから、今日はね、そのオンエアで他の曲かけようかなとも思ったんだけど、でも2曲知らない曲があったほうが、まあ、楽しみかなあ、と思ったんで。

 

3曲目 MONOEYES『Interstate 46』

えー、繰り返しになりますが、今日も、この曲をもう一度聴いてもらいたいと思います。

 

聴いてください、MONOEYESの新曲で『Interstate 46』。


Dim The Lights Tour 2017 at Studio Coast[Blu-ray]

 

ED曲 dodie『Boys Like You』

細美武士がお送りしてきました、bay fm『Hedgehog Diaries』

 

今日は、dodieの『Boys Like You』を聴きながらのお別れです。

 

細美武士 TOSHI-LOWとの熊本の夜はいい夜だった

最後に一通メールを紹介しましょう。

ハルナから頂きました。

細美さんこんばんは、ハルナです。

(こんばんは)

 

3月まで大学生で、アパレルのアルバイトをしながらライブハウスに通っていた私は今、東京の丸の内でゴリッゴリのOL生活を送っています。

 

社会人になって半年。

明るかった髪も暗くして、履き慣れないパンプスを履きながら満員電車で通勤する毎日です。

 

仕事内容は嫌いではないし、死にそうなほどブラック企業というわけではありませんが、何となくこの半年で、私の胸の真ん中に開いた穴が少しずつ大きくなるのを感じています。

 

今日は少し良くない話をさせて頂きます。

 

ある日の日曜日、明日からまた仕事かー、なんていっちょ前に嘆いていたら友達から、「今からおいでよ。飲もうよ」と連絡が。

 

時刻は午後11時。

今から遊びに行ってしまったら完全に終電を逃して朝までコース。

 

いつもなら二つ返事で「明日仕事だから無理だわ」と返すはずなのに、その日はなぜだか「すぐ行く」と返してしまいました。

 

急いで準備をして友達に会いに行きました。

 

私とは違って、もちろん辛くて大変なことも多いだろうけど、みんな好きなことをして若さを楽しんでる友達たちと道端でお酒を飲んで、次の日には何が面白いのかわからなくなる話をして、誰かが持ってきたスケボーに乗ってみたり、お腹なんか空いてないのにカップラーメンを食べたりしました。

 

久しぶりに履いたVANSのスニーカーとスマホで流したエルレの『金星』は私にとっての若さを思い出させてくれました。

 

あー、いい夜だ、なんて思ったりもしました。

 

まだ23歳でしょ、なんて思われるかもしれませんが、最近は少し、ちゃんと大人になってしまうのが怖くて不安です。

 

始発に飛び乗って30分だけ寝て、しっかり9時から働きましたが、色んなことが頭の中でぐるぐる回って全然眠くありませんでした。

 

そして今私は悩んでいる、と思えるのが少し嬉しいことに感じました。

 

なんとなく、「大丈夫、これが正解」を求め過ぎて色んなことを諦める人生が待ってる気がした最近。

 

もう少し、「大丈夫、ちゃんと私だ」を大事にしてみようと思いました。

 

最後まで読んで頂き有難うございます。

 

簡単に言ってしまえば、「次の日仕事なのに朝まで遊んでしまいました、テヘッ」って話なんですけどね(笑)。

 

細美さんにとっての最近の、「ああ、いい夜だ」と思える夜があれば(笑)、教えてください。

 

長文失礼しました。

またライブハウスでお会いできるのを楽しみにしています。

 

と頂きました。

えーっとね、最近あった「ああ、いい夜だな」はあれですね、熊本で、ロウエイタスでライブをやったあと、熊本の先輩とツレの店に行って2軒目にカラオケのあるところに行って。

 

TOSHI-LOWがなんかの歌を歌ってたんだけど、なんか俺が、なんか違うなと思って勝手に演奏中止ボタンをピッと押して演奏がシューって終わって「おい!止めんなよ!」みたいな、あの瞬間がすごい、いい夜だなあと思いましたね。

 

あのー(笑)、うん、このハルナのメールすごいいいなと思ったんですが、大丈夫だよ、俺、46歳になってもこんな感じだから。

 

こういうのはね、ずーっとね、変える必要はないと思うよ。

 

素敵なメールありがとうございました。

 

えー、それじゃあ来週はね、冒頭でお話したとおり、メンバーが遊びに来てくれて、生放送が出来ると思うので。

 

弾き語りもやります。

それじゃあ皆さんまた来週、さようなら。

 

細美武士 止まってた10年って結構な時間なんだなあ

はい、今週も始まりました、FAKE TALES OF CHIBA Zのコーナーです。

 

えー、最後に一通メールを紹介しましょう。

エリンギから頂きました。

細美さんこんばんは、エリンギです。

(こんばんは)

 

今日初出勤を終えて、帰りの電車でメールを書いてます。

 

私は昨日4年半通った大学を卒業して、今日から社会人になりました。

 

大学生のぐうたら気分が抜けてない上に慣れない環境に踏み入ったため、心臓バクバクで手汗が止まらない一日でした。

 

行きの電車の中で聴いたネット放送で細美さんが、「辛いことは思い出せない」と仰ってたことが勤務中にふと頭に浮かびました。

 

私は今日与えられた自分のデスクにたどり着くまで、何度も何度も失敗や挫折を経験しました。

 

でもその度にたくさん泣いて傷ついたことは覚えていても、当時の胸の痛みまでは思い出せません。

 

自分も過去の辛かったことを良い思い出として消化することができたのかなあ…なんてカッコつけたことを考えていました。

 

社会人一日目、まだまだ未熟で弱い人間だけど、今まで通り自分のペースでかっこいい大人に近づいていきたいです。

 

今度は学生の頃よりもう少しだけ大人になった姿で会いに行きますね。

 

これからも細美さんの音楽が大好きな一人として、自分の選んだ道で生きていきます。

 

まずは明日の早起きと仕事頑張ります。

 

拙い文章ですみませんでした。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

追伸。

残暑に紛れて肌寒い空気が顔を出してきましたね。

 

どうかお体にお気をつけてお過ごしください。

 

と頂きました。ありがとう、エリンギ。

なんかこの時期に、「就職しましたー!」的なメールがいくつかあって、ああそういうのももちろんあるんだなあ、と思って。

 

どんどんどんどん、その、ELLEGARDENの活動を休止していた10年の間に、中学生が…えーっと、13歳が23歳になるんだから就職するわけだ(笑)。

 

まあ10年ってそう考えると結構な時間なんだな、って気がしますね、はい、うん。

 

ナナイロすごい楽しいです。

あと一回、横浜アリーナやれるのめちゃめちゃ楽しみなんで、参加される方はめちゃめちゃ楽しみにしといてください。

 

それでは皆さんまた来週、さようなら。

コメント