【細美武士】湯河原温泉歌謡祭でベロベロになり客に暴言!(笑)

細美武士『Hedgehog Diaries』
デミさん
デミさん

パンク大好きデミさんです。

Twitter:@Takenoco0803

Instagram:@demisansan

プロフィール:デミさんはこんな人

 

2019年5月1日放送、細美武士のラジオ『Hedgehog Diaries』は生放送でした。

 

MONOEYESで出演した湯河原温泉歌謡祭の話、むちゃくちゃ面白かったです(笑)

 

それでは今回も長いですがどうぞ。

 

ネットラジオはこちらから:

BAY FM Hedgehog Diaries

 

2019年5月9日、昼1200までの期間限定公開です。

スポンサーリンク

OP・遠藤ミチロウへのコメント

こんばんは、bay fm『Hedgehog Diaries細美武士です。

 

今週は都内某所から生放送でお送りします。

 

えー、先週4月25日ザ・スターリンのボーカル遠藤ミチロウさんが膵臓がんにより永眠されました。

 

えーっとミチロウさんとは東日本大震災以降、とくにミチロウさんの出身地である福島県でお会いする機会が結構あったんですが、いつお会いしても優しくてとても暖かい方でした。

 

心からご冥福をお祈り申し上げます。

 

1曲目 THE STALIN『ロマンチスト』

今日の一曲目はこちらです、聴いてください。

THE STALINで『ロマンチスト』。


FOR NEVER リマスター盤

 

ミチロウさん、またお会いしましょうね。

 

細美武士 令和になる瞬間は寝てた

さ、今日もたくさんメール頂いています。

上海のマオから頂きました。

英語で貰ってるんで、ちょっと訳しながら読むからたどたどしいかもしれないです。すいません。

 

細美さん、こんばんは。

 

えーっと、平成の音楽をたくさん聴いてきたので、私と友達は昨日の夜、これからやってくる令和に向けてWeChatというオンラインのサービスでカウントダウンの乾杯をしました。

 

最後に聴いていた平成の歌は『新世紀のラブソング、リミックス』でした。

 

細美さんは何を聴かれていましたか?

 

えー、昨夜は、えー、平成最後の夜はどのように過ごされましたか?

 

お体に気をつけて、えー、いつか中国でお会い出来ることを楽しみにしています。

 

と頂きました。ありがとう。

えーっとですね、そういえば「令和になる瞬間は何されてましたか?」ってメールは結構貰ってたんですけど(笑)。

 

えー、昨夜はですね、今日もうスタジオでレコーディングだったんだけど、the HIATUSの。

 

その前にジムに行って今日は足のトレーニングをしたいなと思っていて、その前に部屋をどうしても掃除したかったので、早起きしたくてですね、すっかりですね、年号が変わるのを忘れて、寝てました、はい。

 

起きてから気づきました、はい(笑)。

 

新しい、令和の時代が始まりましたね。

 

細美武士 人との違いを受け入れる時代になるといい

もう一通紹介しましょう。

宮城県のモッチニーから頂きました。

 

細美さん、こんばんは。

 

私が仕事で目の見えないちびっこと遊ぶ時、ついその子がバッチリ視力があるような錯覚をしてしまうのですが。

 

ちびっこがある日、「モッチニーさん、僕、どこか変わったと思わない?」と聞いてきたんです。

 

たしかに、何かが違い、より見えてそうな気がしたんです。

 

少年はサラリと、「義眼入れたんだ。どう?」と言って、吸盤がついた棒を義眼にぺったんしながら動かして見せてくれました。

 

たしかにいつもはなかった綺麗な黒目があるのでした。

 

まるで髪型でもイメチェンしたようなノリに、一生敵わなそうな爽快感を受けたのでメールしてみました。

 

と頂きましたー。

いやー、強いよなあ、と思いますねー。

なんかね、そういう、自分と人が違うというか、あとは、人が自分と違うみたいなそういう違いをこう、受け入れられるような時代になるといいなと思いますね、はい。

 

細美武士 鴨川の川床で飲みたい

もう一通いきましょう。

スナキチから頂きました。

 

細美さん、こんばんは。

 

突然ですが細美さんは、いよいよ夏が来るなあと感じる時はどんな時ですか?

 

外で飲むビールが一段と美味しく感じる、虫が増えてきた、風鈴の音色を聴くようになった、など夏を感じるタイミングは人によって違うのかなと思います。

 

私は京都に住んでいますが、市街地を流れる鴨川沿いに川床が出始めると、いよいよ夏が来るなあと感じます。

 

5月から9月の夏の間だけ川床が出るのですが、みんなが楽しそうにお酒を飲んで語り合う姿を見ていると、こちらもなんだか楽しい気持ちになります。

 

夏が大好きな細美さんが、「今年の夏はこれをやりたい」ということがあれば合わせて教えて頂けると嬉しいです。

 

季節の変わり目、お体ご自愛ください。

 

アルバム心から楽しみにしております。

 

と頂きました。ありがとう、スナキチ。

 

うーん、そうですね、なんかこう、春(夏?)が、もう、梅雨が開けたりしてさ、めっきりこう、全開で春(夏?)ですね、みたいになってきた時に、ふとある日の朝、こう、起きて外に出た瞬間に、「あれ、この匂いって嗅いだことあるな」っていうあの匂い。

 

何の匂いなんだかいつもわかんないんだけど(笑)あの匂いがこう、鼻をくすぐると、「来たなあ、夏」って思う瞬間はありますね。

 

毎年かならずあるんで、あれは一体何の匂いなんですかね?わかんないですけどね。

 

この、川床ってあれだよね、たぶんその、鴨川沿いのさあ、広い堤防のとこにせり出して、出る、お店の、なんていうのかな、なんていうんだろ、外、バルコニー、おっきなバルコニーみたいなやつ?座敷のバルコニー?のことなんじゃないのかなって思うんだけど。

 

あそこでね、飲んでみたいんだけど、いっつも京都行ったら、行ってライブやってすぐ帰ってくる、みたいな感じだから、実は川床で飲んだことがないんですよ。

 

一回京都でワンマンやったときかなんかに、「あそこで飲ましてくれ!」って言ったんだけど取れないんだよね、結構ね、貸し切りみたいなの、なかなか。

 

なので、ぜひ今年の夏は川床で一杯飲んでみたいなと思いますね。

 

2曲目 Birds Of Tokyo『Good Lord』

さて、日本であんまり話題になってなかったですけど大好きなバンドの新譜が、えっとね、2月26日だったかな?に、リリースになってましたんで聴いてください。

 

Birds Of Tokyoで『Good Lord』。

Birds of Tokyo – Good Lord (Official Video)

オーストラリアのバンドですね。



細美武士 若いときしか書けない曲がある

さ、後半戦もメールじゃんじゃん紹介していきましょう。

ダイキから頂きました。

 

ダイキです。21歳、長崎からギター1本持って上京してきました。

 

細美さん、こんばんは。

 

最近毎日仕事の昼休憩は、外の公園で細美さんのラジオを聴いて昼飯食べてます。

 

自分もバンドをしてるんですが、やっぱりバンドって楽しいですね。

 

それだけです。

 

悩むこともたくさんあるけど、俺は毎日ちょっとずつ成長している気がします。

 

病んで成長が止まることがあるんですが、そこで助けてくれる仲間がまだ東京にいないんです。

 

信用できる仲間がほしいですね。

 

信用ってどこからが信用?もう訳が分かんないですね。

 

ごめんなさい、長文で。

 

俺は好きな自分になります。

 

と頂きましたー。おう。

なんかね、こうね、元号が変わったりしてるけど、こういう感覚っていうのはいつの時代も変わんねえんだなって、俺もそこにいたぞ、っていう気がしますね。

 

あの、今しか書けない曲があるからね、書いといてね、って思いました。

 

細美武士 音で人と繋がりたい

さあもう一通いきましょう。

トントンから頂きました。

 

細美さんこんばんは、トントンです。

 

私事ですが、高校3年生になり、令和が幕を開ける5月1日に、定期演奏会で5年会所属した吹奏楽部を引退します。

 

今思えば、17年間生きてきた中で5年間も何かをひたむきに続けてきたのは初めてで、それが突然終わってしまうのかと思ったらなんとも言えない気持ちで、最後の部活が終わった帰りの電車でこのメールを書いています。

 

吹奏楽部で使う楽器は一回で幾重にも音を出せる楽器ではないので、その中で同ハーモニーを合わせるのか?このフレーズはどんな感情で吹くのか?何を伝えたいのか?部員と気持ちが重なったときの喜びは1ミリも忘れません。

 

そして平成最後の日に、一緒に引退する同学年の友達と喧嘩をしました。

 

一緒にいて楽しいし仲良くしたいのに、お互いの友達との付き合い方とか価値観が違ってすれ違ったり、知らないうちにお互いを傷つけ合ったりして、ついに意見が合わないのが限界になって、もやもやしたまま帰ってきてしまいました。

 

私は自分の文章に自信がなくて人に自分の思ってることを伝える時に戸惑って長々と話して困らせたり、こうしていつも細美さんにメールを打っていても簡潔にまとめることが出来ません。

 

だから喧嘩をしてしまった友達には最後に一緒に演奏をして、何か伝わるものがあればいいなと思います。

 

もしこのメールが読まれていたら、ラジオを聴いてる自分にどんな気持ちで終われたのかを聞きたいです。

 

そして、演奏する機会が無くなっても、自分が出会った大好きなパンク・ロックやクラシックの音楽を死ぬまで手放さないように伝えたいです。

 

長文で本当に失礼しました。

 

と頂きました。

 

追伸。湯河原温泉歌謡祭、最高でした。

 

TOSHI-LOWさんがプロレスラーよりも怖かったです(笑)

まだお酒は飲めないですが、来年も行きます。

 

と頂きました。ありがとう。

どうだったんですかね?今日。

あれ、今日これから?違うよね、もう終わったんだよね。

 

うん、そうですね、音で伝わるといいですね。

 

3曲目 ELLEGARDEN『Lonesome』

さあもう一通紹介しましょう。

えーっと、韓国から頂いてます。

 

細美さんこんばんは、韓国のラジオネーム・タカとします。

 

弾き語りで『Lonesome』を…

(あれ、弾き語りで?ごめんね、弾き語りの日じゃなかったなあ、今日。でもこれ結構前に貰ってて、紹介したいなと思ってて取ってたんで、はい。弾き語りじゃないですけど紹介します)

 

えー、『Lonesome』を申請したいのでメールします。

 

いい曲ですよね、『Lonesome』って。

 

この曲を聴いていると自分の中の弱さだろうか、世界の非情さ、例えば東日本大震災とか、韓国のセウォル号沈没事故とかが頭のなかに浮かび上がりますが、最後には、この世界を一番寂しくするのはやっぱり自分だろう、という思いがします。

 

たぶん細美さんもこんな気持ちで作ったのかなあと思いますが、細美さんからお返事届いたら嬉しいと思います。

 

と頂きました。ありがとう、タカ。

そうねー、そうかもしれないなと思うと同時に、まあ俺たちはそういうふうにしないようにしような、という返事をしたいな、と思ったので紹介させて頂きました。

 

それでは聴いてください。

ELLEGARDENで『Lonesome』。


DON’T TRUST ANYONE BUT US

 

ED曲 P!nk feat. Cash Cash『Can We Pretend』

細美武士がお送りしてきました、bay fm『Hedgehog Diaries』。

 

今日は、P!nk feat. Cash Cashの『Can We Pretend』を聴きながらのお別れです。

P!nk – Can We Pretend (Lyric Video) ft. Cash Cash


Hurts 2B Human [12 inch Analog]

 

細美武士 1年間旅に出たい

さて、最後に一曲…一曲じゃない(笑)最後に一通メールを紹介しましょう。

コウヘイから頂きました。

 

 

細美さん、こんばんは、コウヘイと申します。

 

僕は30歳。去年仕事を辞め出発した約1年間の海外放浪旅ももうすぐ終わろうとしています。

 

この1年で日本にいたら知りもし得なかった世界の常識やかけがえのない仲間に出会いました。

 

思い返せば僕の人生はレールの上を走る人生。

 

自分の意志を持たないうちに親のすすめで私立中学に進み、そのまま大きな努力もせず大学まで進学することが出来ました。

 

就職活動も早々に決まり、働き始めてからも順調に進むことばかりでした。

 

そんなレールの上の人生から脱線してみようと思ったのが、旅に出る大きな理由でした。

 

自分の目に映る世界は想像もできないことの連続でした。

 

特に印象的だったのが、インドで見た、物乞いとして生きていく人、キューバで社会主義国家の一員として生きる人々、生きる国を失って国外へと移り住むベネズエラの人々。

 

世界には自分で選ぶことすら出来ないことがたくさんある。そんな中で自分はなんてちっぽけなことにトラウマを感じていたんだろう。

 

そう気づきました。

 

こうやって元気に生まれ育ったことや愛を注いでくれた親への感謝、共に成長した友達や仲間への感謝、そして漠然と、旅が終われば何か大きなことがわかるような気がしていました。

 

人生とは何か?とか、自分の本当にやりたいことは何か?とか。

 

でもそんなことはまだまだわかりそうにありません。

 

しかし、自分にはまだまだ知らないことが山ほどあって、知りたいこともたくさんあることにも気づけました。

 

そして、本当に大切にしなければいけないものもそんなにたくさんないことも。

 

この旅の途中で自分の無力さに悔しかったりやりきれない夜、細美さんの歌やラジオを聴いて何度も心を落ち着かせることができました。

 

細美さんのインド旅話もとても共感でき面白かったです。

 

本当にありがとうございました。

 

完成に向かってるハイエイタスの新作、そしてこの夏のたくさんのフェスでの活躍、楽しみにしています。

 

 

と頂きました。コウヘイ!オイ!気をつけて帰ってこいよ!

 

したらまたライブに来てね。

1年とか行きたいなー!

まあそのうち行けるだろう。

 

それくらい行ったらどれくらいアレなんだろうね、一生残るんじゃないのかな、自分の中に旅のパワーって、うーん。

 

無事に帰ってきてください。

今日も素敵なメールたくさん有難うございました。

 

それじゃあ皆さん…そうだ、来週の分この後収録します。

 

それじゃあ皆さんまた来週、さようなら。



細美武士 湯河原温泉歌謡祭でベロベロになる

はい、今週も始まりました、FAKE TALES OF CHIBA Zのコーナーです。

 

最後に一通メールを紹介しましょう。

エリカから頂きました。

えーとー(笑)なんでこのタイミングなんだろ…

 

 

あけましておめでとうございます。

 

湯河原温泉歌謡祭、裸足で千鳥足の細美おばあちゃんが支えられながらこちらに向かって(爆笑)「死ねー!!!」と言って吐き捨てて去っていった姿が(爆笑)私は平成最後の最高の思い出です。

 

令和もどうぞ宜しくお願いします。

 

 

と頂きました。

こーれはね、もうどうしようもないですね。

 

あの、なんかね、今年からあの、ヤスオの部屋という、まあヤスオさんなんだけどね、雷矢のボーカルのスズキヤスオさんの特設コーナー、みたいのがあって。

 

で、「ヤスオの部屋は細美の部屋でもあるぞ」っていう指令をムツミさんから頂いてたんで。

 

何をやったもんかな?ってずっと考えてて、よくthe LOW-ATUSでね、TOSHI-LOWとダラダラくだらないことを喋ってる時に、「俺達はミュージシャンを引退したら一緒に暴力BARを経営する」っていう冗談をよく言ってるのよ。

 

で、よくあるでしょ?巷でぼったくりのね、ああいう感じのやつなんですけど、もちろん冗談ですよ。

 

で、座って一杯飲んだら、何を一杯しか飲んでなかろうが水だけしか飲まなかろうが会計は5万円だ、という話をよく(笑)冗談でしてて、「わっはっは」って笑ってるんですけど。

 

「なんならそれをやってみよう」って話になって、ワンカップ大関をね、1ケース買っていって、俺が好きななとりの焼鳥の缶詰を、おつまみのね、セットを、こう、寸劇をやるわけですよ。

 

俺がおばあさんの格好して、割烹着を着て、おばあさんの銀髪のウィッグを被って。

 

ヤスオさんにはおじいさんの格好をしてもらって、顔にもうシワッシワのメイクをしてね。

 

「おじいさん、お客さんが来たようですよ」って。

 

来てないんだけど、観てるみんなに手を挙げてもらって、お客さんのふりをして入ってもらう。

 

で、ワンカップ大関と焼鳥を食べてもらって、急いで食べてもらって飲んでもらって。

 

で、会計が5万円だという。

で、5万円(笑)まあ払うわけないじゃないですか。

 

そんな払うわけもないし払えるお金、そんなお金ライブに持ってこないじゃないですか?ライブに。

 

だから、「無いです」とか言ってたら「無いとか困ります」みたいな話をおばあさんが急に背筋をシャンとして。

 

「そういう話じゃないんですよ、だって食べたじゃないですか?」みたいな、どんどん詰めていくんだけど。

 

で「結局払えない!」みたいな話になったら、「あー、そうなの、そういう態度に出ちゃうんだったらこっちにも考えがありますよ」って、手をパーンパーンって叩いたら『仁義なき戦い』のチャララ〜っていうのが流れて、TOSHI-LOWが出てくるっていう、コーナーをやってたんですけど。

 

なんかそこでねえ、客席のコールに煽られてですね、ワンカップを一気したあたりから、もうちょっとね、記憶が定かじゃないんですけど(笑)

 

この、だからね、まさかね、最後、帰りがけに、客席に向かって(笑)そんなひどいことを言って帰ったなんて、このメールを読むまでね(笑)全くね、はい、覚えてなかったですね。

 

大変失礼いたしました。

そして放送では、コンプライアンス的に紹介できないメールでしたね、はい。

 

今年もね、令和の時代も飲み過ぎ注意でいきましょう、皆さん。

 

はい、ということで来週の放送はこの後収録です。

 

来週の放送もお楽しみに。

それでは皆さんまた来週、さようなら。

コメント