【細美武士】「ウブ(生形真一)の魅力はやっぱりぷにぷにのほっぺた」

細美武士『Hedgehog Diaries』
デミさん
デミさん

パンク大好きデミさんです。

Twitter:@takenoco080352

Instagram:@demisansan

プロフィール:デミさんはこんな人

2020年4月29日24時30分から放送の細美武士のラジオ、『Hedgehog Diaries』は収録でした。

 

今回も長いですがどうぞ。

 

ネットラジオはこちらから:

BAY FM Hedgehog Diaries

 

2020年5月7、昼1200までの期間限定公開です。

スポンサーリンク

細美武士 『Hedgehog Diaries』OP

こんばんは!

bay fm『Hedgehog Diaries』細美武士です。

 

今週も収録でお送りします。

収録している現在は、前回の収録のあと、2本録りですね、4月17日の金曜日午後7時53分を回ったところで収録を開始しております。

 

今回もですね、新型コロナウイルスの感染症対策で自宅の仕事部屋で一人で収録をしています。

 

なのでまあ若干、お聞き苦しい点もあると思いますがぜひご容赦ください。

 

細美武士 生形真一のチャームポイントはほっぺた

まずは一通メールを紹介しましょう。

モチタロウから頂きました。

細美さんこんばんは、モチタロウです。

(こんばんは)

会社に吉川晃司さんのファンがおり、最近顔を合わせるたびに「ウブちゃんギター上手いよね」とか「最近ウブちゃんが可愛くて」とかよく聞きます。

参照:

吉川晃司 デビュー35周年ツアー開幕「往生際が悪く、これからも歌っていきたいと思います」

そこで細美さんに質問です。

細美さんから見た生形真一)さんのラブリーポイントってどんなところですか?

良かったら教えて下さい。

宜しくお願いします。

 

と頂きました。

参照:

ギタリスト・生形真一(Nothing’s Carved In Stone)のギブソンES-335 【人生を変えた楽器】

 

そうですね、まあ色々あるんですけど、俺やっぱあのほっぺただと思うんだよな、生形のチャームポイントっていうのは。

 

こう、ちょっと、ぷにぷにしたくなるなるほっぺたは、魅力なんじゃないかなあと思いますね。

 

1曲目 ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA『Calling America』

はい、まずは今日の一曲目はこちらを聴いてください。

 

ELECTRIC LIGHT ORCHESTRAで『Calling America』。


Electric Light Orchestra Classic Albums Collection

 

細美武士 宮古島ロックフェスが1年で1番楽しみ

さて、メールじゃんじゃん紹介していきましょう。

 

あ、今日は月末の放送なので弾き語りもあります。

 

お楽しみに。

 

沖縄のタクミから頂きました。

細美さんこんばんは。

(こんばんは)

久しぶりにメールを送らせて頂きます。

今年は宮古ロックが残念ながらコロナの観点から中止になってしまいましたね。

毎年地元沖縄細美さんが来てくれるので、1年で一番楽しみにしてる日でしたので残念です。

今が耐え時なのでしっかり対策して、またみんなで真っ昼間から太陽の下で、笑ってお酒が飲める日が来るのを楽しみに頑張ります。

先日ブログの方でMONOEYESのレコーディングを沖縄でまたして頂けると書いてましたが、その際のリリースツアーではもちろん沖縄に来て頂けますよね?

また桜坂セントラルでみんなで乾杯したいです。

それまでウイルスなんかには負けずに僕は元気にやっていますので、細美さんもお体には気をつけて元気でいてください。

 

と頂きました。

ありがとう、タクミ。

ねー、ほんとに、まあ1年の間で楽しみにしてる日ってまあそれなりにたくさんあるんですけど、あのー、確かに宮古ロックフェスティバルっていうのはその中でもですね、五本の指、いや、三本の指…いやー、何なら一番楽しみにしてる日かもしれないな(笑)、まあ大好きな先輩にも会えるしね。

 

何ていうんだろう、うん、島の人達ともだんだん仲良くなって少しづつ受け入れられてきてるのかな、っていう感覚もとても楽しかったので楽しみにしてたんですが、まあ今年はしょうがないね。

 

ほんと、沖縄の人はあんまりこう、湯船ってお風呂に入らないけどさ、俺は湯船に浸かるのがものすごい好きで。

 

で、今日もね、熱めのお湯張って、まあ首まで入って、たまにジャポーンって頭まで入ったりしてる時に、宮古のあの、ビーチを思い浮かべて、その、こう、焼け付くような太陽とさ、外出ても暑っちいし、海入っても、「なんだこれ風呂みてえだな」、っていう感じを思い出して、浸かったら一瞬だけどね、すごい、気持ちが宮古島ロックフェスティバルに飛びましたね、はい。

 

次またみんなで集まる時をほんとに楽しみにしてます、はい。

 

細美武士 リスナーからのthe HIATUSのDVDへの感謝の言葉

もう一通いきましょう。

マッサンから頂きました。

細美さんこんばんは、マッサンです。

(こんばんは)

the HIATUSのDVD届きました。


10th Anniversary Show at Tokyo International Forum[Blu-ray]

ちょうど職場で人員を減らして働くため休みをとってた日に届きました。

ナイスタイミングでした。

気分が滅入ってましたが元気もらいました。

10年を曲で振り返ることだ出来るライブだなと思いました。

あー、この曲を聴いてた時はこんなだったな、とか、色々楽しく振り返りましたよ。

すごく今の現状が怖くて、自分のある自分がすごく不安です。

怖くてもいいから今を受け入れること、異常な事態だと受け入れること、そこから始まると、みんな不安なんだ、となにかに書いてあるのを見つけて少し安堵しました。

みんな同じですよね、受け入れて自分の出来ることを見つけていく。

こんな時だからこそ心を一つにですよね。

ともに頑張りましょう。

この状況を乗り越えてまた会えることを切に願います。

 

と頂きました。

ありがとう、マッサン。

 

細美武士 ツーリングは尾瀬がおすすめ

もう一通いきましょう。

ナツから頂きました。

細美さんこんばんは、ナツといいます。

(こんばんは)

4月になりお花見や歓迎会などの季節ですが、コロナの影響で外に出歩くことが出来ない日々が続いていて残念です。

私は最近、中型バイクの免許を取るために教習所へ通い始めました。

(これね、メール頂いてるのがまだだいぶ前のことなので、今はたぶん行かれてないと思いますが、はい)

きっかけは職場の先輩にツーリングに一緒に行かないか?と誘われたことでした。

毎日職場と家との行き来だけ、休みの日は家でDVDやYou Tubeを観ている生活から抜け出して、色んな景色を見たいな、と思い、免許を取ることを決心しました。

バイクはすごい重いし、操作が複雑で、ツーリングに行ける日が来るのかな、と不安な気持ちもありますが、今からこんなとこ行ってみたいな、と色々調べています。

細美さんもバイクを運転すると聞いたことがありますけど、絶対ここ行ったほうがいいとか、おすすめのツーリングスポットなんかがあったら教えて頂けたら嬉しいです。

 

と頂きました。

なるほど。

まあね、今ちょっと教習所とかももしかしたら状況変わってて…うーん、そうですね、上手いこと免許を取れるかどうかわからないですけど、でも、オートバイとの出会いがあったんですね。

 

それ、すごいいいなと思います。

俺たち、まあ地元でね、ほんとにガキンチョの頃つるんで走ってた連中とまあ最近、年に1回か2回集まってわーっとお酒を飲んだりするんですけど、俺たちのその当時っていうのはツーリングがどうとか、何ていうのかな、その、乗り物として乗ってたというよりは、その、あるじゃん?思春期のこの、何ていうの、社会に対する敵意みたいな、そういうものをこう、少し開放してくれるというか、自由になれる、なんか翼を手に入れたような感じだったんですよね。

 

だから乗り方もたぶん、全然大人が乗る感じとは違うと思うんですけど、だから、その、オートバイはもちろん大好きなんだけど、今、俺は持ってないんですよ。

 

まあ一回ね、大型免許取りに教習所行って、途中で忙しくなっちゃって結局行けなくなっちゃって取れなかったことがあるんですけど、今でももう一回乗ってみたいな、って思ってるところです。

 

ただ在住がね、ナツがどこに住んでるのかがわかんないんでいいアドバイスが出来ないんですけど、昔俺がその、そういう風にバイクに跨ってたにもかかわらず時々、すごい遠くに行ってみたくなって、一人でふらっと休みの日に遠出したこととかはあって。

 

そん中でも俺の中での、尾瀬に行った時のソロツーリングはやっぱり、忘れることが出来ないですね。

 

そのエピソードはもしかしたら昔の、ELLEGARDENの時のブログとかで長く書いたことがあるかもしれないので、掘り返せばどっかにあるかもしれないです(笑)。

 

今ここで話すにはちょっと長すぎるんだけど、もし尾瀬まで行けるような距離感なのであったら、暖かい季節にぜひね、ツーリングかなんかで訪れてみてほしいなと思う場所ですね、はい、尾瀬ヶ原です。




2曲目 The Weeknd『In Your Eyes』

それではこのへんでもう一回聴いてもらいましょう。

 

The Weekndで『In Your Eyes』。


After Hours [Explicit]

 

細美武士 敗北は素晴らしい教師

さて、後半戦もメール紹介していきましょう。

リクから頂きました。

細美さんこんばんは、リクです。

(こんばんは)

僕は1ヶ月ほど前に大学受験を終えました。

(お疲れさま)

結果は…、というと残念なものでした。

「自分の行きたいところに行っていい」とは言われていたのですが、両親の負担もあるので国立の大学も受験したのに、全てダメでした。

受験に絶対というものはないにしろまあ、受かるだろうと思っていたのですが、結果は不合格でした。

1年間自分が何をしたいのか、自分と向き合って来年もう一度チャレンジしようと思っています。

でも全ての結果が出揃った時、不思議と後悔とか悲しみとかは全く無く、むしろこの1年は何か意味を持って自分に与えられたんじゃないのか、なにかここですごい一生を変えるようなものと出会えるんじゃないのか、とすごくワクワクしています。

ちょうどコロナウイルスの問題で、それまで当たり前にあったものが当たり前じゃなくなり、自分がやりたいことに躊躇してる時間はないんだなと感じてます。

今すごくやってやろうという気持ちです。

長文失礼しました。

この危機をなんとか乗り越えていきましょう。

 

と頂きました。

ありがとう、リク。

ねー、あのー、この番組でもいっつも言うんだけど、その、勝利することと敗北することから学ぶことってさ、結構種類が違くて、俺はやっぱり敗北のほうが素晴らしい教師だなって思ってるんですよね。

 

まああんまり勝利したことがない、っていうのもあるけど(笑)、でもほんと、稀に手に入る勝利からは…もちろん手に入るものもありますよ、自信とかね、その、こう凛として立ってられる背筋の感じとかもあるんだけど、ただ俺の場合は元々が怠け者なので勝利してしまうと、あのー、何ていうの?努力を怠るような人間になってしまう気がするので、まあ敗北が続いていくほうがいいかなと俺は思ってますが。

 

リクもこの、まあ敗北なんて無いんだろうけどね、受験は、その中からこう、何かを学ぼうっていうのはすごい、すごい好きだな、そういう考え方、と思いました。

 

細美武士 大人はガキンチョの時のことを忘れちゃいけない

さあもう一通いきましょう。

滋賀県のヒロヤから頂きました。

細美さんこんにちは、ヒロヤと申します。

(こんにちは)

先日はメッセージを読んで頂き有難うございます。

すごく嬉しくて、細美さんのお言葉が日々頑張る糧になっています。

(あのー、お言葉とか言わなくていいよ(笑)ただのオッサンだから)

今日は相談があってメッセージを送らせて頂きました。

(はい)

僕は大人の人が苦手です。

特に今行ってる専門学校の先生が、「社会に出たらこうだ」とか、「そんなの就職したら通用しないよ」とか色んなことを言われます。

自分はそんなの知らないよ、と思ってしまいます。

大人になるのって難しいな、と感じます。

なにか大人の意見を自分のためだと思って聞き入れる方法などがあれば教えて頂きたいです。

下手な文章ですが最後まで読んで頂き有難うございます。

 

と頂きました。

ありがとう、ヒロヤ。

そうだなー、すごいなんかぶっちゃけた話したら(笑)、いや、無いんじゃないかな、そんなもん。

 

その、見えてる世界がやっぱ違うから、それを全部共有し合うことなんてできないだろうし、ただ、その、先に大人になった人は、自分たちがガキンチョの時にどうだったのかは忘れちゃいけないっていうのは俺すごく思って。

 

どっちも見たことがあるのはむしろ大人でしょ?

 

だから、何ていうのかな、ほんとにその人のためを思って役に立つことを伝えようと思うんだったら、その人が受け取れる形で渡すのがどっちかって言うと大人の役目な気がするけどね、俺はね。

 

細美武士 人に喝を入れられても頑張れなくない?

はい、もう一通いきましょう。

千葉県のサイトウから頂きました。

千葉県のサイトウ(28歳)と申します。こんばんは。

コロナの影響で7年以上勤めていたバイト先を実質クビみたいな感じになりました。

(なるほど)

とはいえずっとその環境や優しい周りの人たちに甘えてた部分もあるし、退路もないことですし、これを機にしっかりと就活をして、次の環境に向けて少しづつでも進んでいこうと思います。

こんな時だからこそ無理矢理にでも前向きに行こうと思います。

リクエストとしてMONOEYESの『Get Up』をお願いしたいです。

あとわがままになりますが、前に進むために細美さんから喝を入れてもらいたいです。

乱文ですみません。

ハイエイタスの映像作品も楽しみにしています。

お体に気をつけて。

失礼します。

 

と頂きました。

ありがとう、サイトウ。

そうねえ、いや、うん、全然ポジティブだと思うよ(笑)。

 

喝入れることなんてないし。

そのさ、わからんけど人に喝を入れられて、そんなに頑張れなくない?

 

やっぱ俺は自分の中から、こう、立ち上がる瞬間を待つほうが得策かなとちょっとお思ってたりするとこがありますね。




3曲目 細美武士弾き語り『Get Up』(MONOEYES)

さて、じゃあちょっと弾き語りやってみるんですが、そういえば#うたつなぎ、あったよね、ハワイアンHAWAIIAN6)のさ、YU-TAから回ってきたやつ。

https://twitter.com/Yasuno_No5/status/1248951452812210176

 

あれを録った環境と同じなんですけど、マイクとギターがちょっと違う感じですね。

 

はい、ということでお送りしたのは細美武士弾き語りバージョンでMONOEYESで『Get Up』でした。

 

ED曲 Halsey『You should be sad』

細美武士がお送りしてきました、bay fm『Hedgehog Diaries』

 

今日は、Halseyの『You should be sad』を聴きながらのお別れです。


Manic [Explicit]

 

細美武士 大人になっても冒険はできる

最後に一通メールを紹介しましょう。

島根県のパトから頂きました。

細美さんこんばんは、島根県のパトです。

(こんばんは)

昨日の仕事の帰り道、ふと地元の川の名前が目に止まり、小学生の頃の思い出が急に蘇りました。

確か社会の授業で、川は上流に行くほど細くなり最後は山からの湧き水になる、と習い(間違っていたらすみません)、友達と「見に行ってみよう、湧き水なら美味しい水が飲めるかも。ついでに汲んでこよう」とちょっとした探検に出かけました。

下流から歩きはじめ、元々広くない川なので程なく川幅は狭くなり、岩だらけになり、とても細い、水量の少ない小川のようになりました。

そんなところまでたどり着いたのが嬉しくて、早速水を汲んで、そこから一番近い友達の家でその水を沸かして飲んでみました。

ワクワクして飲んだその水は…くっそ不味かったです。

もう臭いし、泥の味がするし(笑)、田舎の川の上流なのに、ショックだったなあ。

全然湧き水までたどり着いてなかったのかもですが、楽しい思い出です。

よかったら細美さんの小学生の頃の思い出話を聞かせてください。

毎日健康でお過ごしくださいね。

ではでは。

と頂きました。

ありがとうー(笑)。

こういうオチが付いてるのいいよね、なんかね、すごい。

 

小学生の頃の思い出かー。

うーん、なんかまあ色々あるけど、そうだな、探検をした思い出みたいなのは、そうだなあ、まあ田舎なんで、あのー、電車の一駅、わりと遠いんですよね。

 

電車乗って、一駅行くのにどれくらいかかるのかなあ…まあ6分、7分はまあ平気でかかるようなところの3駅分?を自転車で行ってみた時かなあ…小学生何年生だったかなあ?小6か中1くらいだと思うけど。

 

うん、そんなに遠くはないのになんか、果てしない旅だったような記憶はありますね。

 

うん、この話何回かしたな…中学の時かな?なんかりんご一個だけ持っていって、で、着いた先の駅前でりんご食ってたら同級生に見つかって、「お前何してんの?何でこんなとこでりんご食ってんだよ。バカじゃねえの」みたいに言われたことがあって(笑)。

 

なんかそれもね、強烈に覚えてますね、はい。

まあ大人になってもね、冒険の旅ってのは、いつまでも道は開かれているんですよ。

 

それは人生においての冒険もそうだし、物理的に、まあ俺、バックパッカーやってるから、特にまだまだ行ったことのない国たくさんあるしね。

 

あのー、スケールはどんどん大きくなっていくけど、まあ冒険はおんなじだよね、と、思いますね。

 

早くみんなが冒険の旅に出られるように、今はとにかく、みんなでね、協力して乗り越えましょう。

 

なるべく面白いこと言えるように頑張ります。

ちょっとでも笑えるとね、なんか免疫も上がるらしいんで。

 

そんな感じです。

来週の収録はメールとかTwitterなどをチェックしてください。

 

それでは今週もメールたくさん有難うございました。

 

皆さんまた来週、さようなら。




細美武士 コロナでテクノロジーが進化する

はい、今週も始まりましたFAKE TALES OF CHIBA Zのコーナーです。

 

えー、2週連続で、何ていうんだろ、初めての、自分のDAWでナレーションをレコーディングしながらのラジオ収録、いかがだったでしょうか?

 

まあこういう風に、なんか、とある予測で、このコロナウイルスの?世界への蔓延をきっかけに、色んなテクノロジーが予想されていたのよりもかなり加速度的に発展するだろう、っていう予測があるみたいですけど、まあ確かにね、そうかもな、と思いますね。

 

ただ、足が使わないからねー、なんとか、人気のないところを選んで走ったりとかスクワットをするくらいでしかないけど、日常、いっぱい足使ってた時に比べるとどうしても足の筋肉は衰えちゃうな、っていう感じ、ありますね。

 

みんなこのコロナが明けた頃にはちょっと、お腹も出て、二重顎になり、えーっと筋肉が細くなり、みたいな(笑)感じになるんだろうな。

 

そしたらまたみんなで、「いやー、だいぶ細くなったね」「太くなったね」とか言って、そっからジム行ったりスポーツやったりとか、その、取り戻す期間とかもきっと面白いだろうなと思いますね。

 

細美武士 ネット疲れしたら知ってる人と話せばいい

最後に一通メールを紹介しましょう。

アツシから頂きました。

細美さんこんばんは、東京に住んでる大学生のアツシです。

(こんばんは)

いつもインターネットラジオで楽しく聴かせて頂いてます。

(ありがとう)

少し暗い内容になってしまうかもしれないですが、昨今のウイルスによる社会情勢について、すごくナーバスになってしまってます。

オリンピックの延期が決定してから、それまで自粛自粛の雰囲気でしたがいよいよ世の中の雰囲気がガラリと変わってしまった気がします。

僕はテレビを見ないので、情報はインターネットのニュース記事やSNSがほとんどです。

ニュース記事でのコメント欄、SNSでの言い争い、デマなど、ウイルスはたしかに怖いのですが、本当に怖いのは人間じゃないかと感じてしまいます。

9年前の東日本大震災から一体僕たちは何を学んだのか?

当時僕は中学生で、幸い地元は甚大な被害はなかったものの、出来る限りのボランティア活動に参加しました。

大変な時だからこそ手を取り合って頭と体を使ってできることをやる、というのが中学生の時に僕が得た教訓でした。

しかしいま現在、互いに罵り合ったり傷つけ合ったり言葉で攻撃したり自分と違う論調を封じ込めようとしたりとそんな雰囲気を感じ取ってしまいます。

そんなことに一体何の意味があるんだろうと思います。

僕は音楽が大好きでバンドをやっています。

こういった事態でまっさきに音楽やエンターテイメントが世間から切り離されてしまい攻撃の対象になってしまってることが、本当に悲しいし辛いし悔しいです。

まとまりのない内容になってしまってごめんなさい。

このもやもやした感情を家の中で一人で考えるのには限界が来てしまい、メールさせて頂きました。

今、私達にできることってなんだと思いますか?

暗い内容で本当にごめんなさい。

MONOEYESの新譜、本当に楽しみにしています。

健康に気をつけて、またライブハウスが…またライブハウスが来たら馬鹿騒ぎしましょう(笑)。

 

と頂きました。

ありがとう、アツシ。

なるほどねー、その、SNS上ではそんな感じなのかな?

 

なんかニュースのコメント欄くらいしか見ないので俺はわからないですけど、うーんと、そもそも本当に知り合いとか仲間内とかで話してる時と、そのニュースのコメント欄とかを第三者的に眺める時って全然その、何ていうのかな、感じ方っていうか捉え方が違くて、俺の場合は。

 

今、緊急事態宣言が出て、ずっと家にいるようになってからも、例えば会議とかは、その、アプリを使ってネット会議、みんなの顔見ながら笑い合ったり、例えばネット飲みとかも出来るわけじゃん?

 

4、5人でネット上で集まってお酒飲んだりとか家でもできるから、基本俺は話してる人たちが普段話してる人たちなんだよね、ネット上の知らない人ではなくて。

 

だからむしろみんな今すごい優しくなったな、っていうか、人生の意味についてとか、本来自分が思ってたけどそんなに表に出してなかった部分とかを、わりと真面目なテーマで語り合うことが多くなってたり。

 

今だからこそ普段感じられてなかった大事なこととかを話すことが多くなってるのね。

 

で、ネット上はそもそも二極化して、論調が違う人達を封じ込めよう合戦みたいになってるのは別にコロナに関係なく昔からそうだったんじゃないかなって気がするので、それにちょっとアツシが疲れてるんだったらあれじゃん?友達とかとばっかり喋ったほうがいいんじゃないのかな、と思いました。

 

あのー、だからそのー、昔からよく言うけどサイレントマジョリティーって言って、ネットには発言しないけどすごい色んな事考えてて、仲間と話す時とかは自分の意見を沢山言うって人ももちろんすごいたくさんいるわけで。

 

ネットの、あれって表層なんだよね、その、表面だけだから、そのやり取りを見て、まるで日本中の人たちが喋ってる言葉がネット上の全てだって勘違いは絶対俺はしないほうがいいんじゃないかな、と思いますね。

 

うん、まあそんな感じです、はい。

さて、来週以降もこういう感じの放送が続くんだと思うけど、まあスケジュールもどんどん飛んでるので、あのー、なんだろうな、もう少しリアルタイムに近い感じでやれればいいなと。

 

俺、さすがに部屋から生放送は正直、したくないですね(笑)。

 

トラブルあった時に対応できないから、スタッフが横にいてくれたりしないと。

 

なんでまあそれは出来ないと思うんですけどそんな感じでやっていければな、と思います。

 

ほんとにメールたくさんありがとう、いつも。

これからも宜しくお願いします。

それじゃあ皆さんまた来週、さようなら。

コメント