【細美武士】ELLEGARDENの新しい映像作品は「そう遠くない未来に」

細美武士『Hedgehog Diaries』
デミさん
デミさん

パンク大好きデミさんです。

Twitter:@takenoco080352

Instagram:@demisansan

プロフィール:デミさんはこんな人

 

2020年4月22日24時30分から放送の細美武士のラジオ、『Hedgehog Diaries』は収録でした。

 

今回も長いですがどうぞ。

 

ネットラジオはこちらから:

BAY FM Hedgehog Diaries

 

20204月30、昼1200までの期間限定公開です。

スポンサーリンク

細美武士 『Hedgehog Diaries』OP

こんばんは!

bay fm『Hedgehog Diaries』細美武士です。

 

今週も収録でお送りします。

収録している現在は4月17日の午後6時54分を回ったところで収録を開始しています。

 

えー、今回もですね、新型コロナウイルスの感染症対策で、自宅の仕事部屋で一人で収録をしています。

 

えーっと、リモートで接続して先週は録ったんですけど、よくよく考えたらその、うちはまあ、ミュージシャンなので、自分の家で録れる環境があってそっちで録ったほうがですね、音が良いんじゃないかってことで、自宅で録音自体もしてます。

 

ので、正直ディレクターのナガヤマ君は、ネットの向こうで聴いているだけという環境になってきて。

 

たぶん最終的にはナガヤマ君も自宅で聴く、みたいな感じになっていくんじゃないかと思っています。

 

細美武士 「鬼滅の刃」を語る

まずは一通メールを紹介しましょう。

サラから頂きました。

細美さんこんばんは、サラです。

(こんばんは)

私事ですが、遅ればせながらついに鬼滅の刃にハマってしまいました。

細美さんは鬼滅の刃観てますか?

前から色んな人に勧められていて、それでもまだ何となく観る気にならなかったのですが、こんなご時世なかなか外出もし辛くなって、何となく観始めたら止まりません。沼です。

子供から大人まで人気があるとは知っていましたが、この間小学生が、「鬼滅がさ~」と話していたのを聞いて、ほんとに今流行ってるんだと痛感しました。

今は作曲でお忙しいかと思いますが、もしまだ観られていなければ息抜きにぜひ観てみてください。

 

と頂きました。

ありがとう、サラ。

えーっとねえ、鬼滅はですね、実は、このコロナが今みたいな状況になるもっと全然前に、Netflixでシーズン1全部観て。

 

いやー、めちゃめちゃあのー、好きで、ハマりましたね。


鬼滅の刃 1-19巻 全巻セット コミック漫画 単行本

 

ただ漫画は読んでないで、まだ今シーズン2のアニメをずっと待ってる、そんな感じですね。

 

で、この間久々にあのー、シーズン1の第1話を見返したんだけど、あれ、全部観て、そこまでの物語を知ってから第一話を観るともう、ずーっと涙が止まんなかったですね。すごい好きです。

 

あのー、なんて言うのかな、戦いの最中に、「動け!足よ、動いてくれ!」みたいなシーンあるじゃないですか?

 

あれ、結構俺、体鍛えてる時とか、ボクシングやってる時とか同じこと考えてるんでかなり共感して観てます、はい。

 

1曲目 Fountains Of Wayne『Mexican Wine』

今日はまずこの曲を聴いてください。

ミワコからリクエスト頂いてます、Fountains Of Wayneなんですが、Fountains Of Wayneの共同創始者でベーシストのAdam Schlesingerがですね、新型コロナウイルスの合併症のため52歳で、4月1日に他界されています。

 

心からご冥福をお祈りします。

 

聴いてください。

Fountains Of Wayneで『Mexican Wine』。


ウェルカム・インターステイト・マネージャーズ(CCCD)

 

細美武士 テクノロジーがあって良かった

さて、メールを紹介していきましょう。

山形のエモンから頂きました。

就職活動中の大学院生です。

細美さんこんにちは、初めてお便り出します。

(こんにちは)

私はいま就職活動中で、明日1社Web面接してきます。

本来であればもう就活も終わってアラバキに行ってELLEGARDENを観ているはずだったんですが、もうほんとコロナのバカー!って感じです。

就職活動もコロナの影響で大幅に遅れているみたいで少し不安になることもありますが、少しづつ自分の夢に向かって頑張りたいと思います。

この状況が収まったらまたフェスやライブに行きます。

MONOEYESのレコーディングも大変だと思いますが、お体にはお気をつけて頑張ってください。

 

と頂きましたー。

ありがとう、エモン。

そうか、やっぱり面接もこうね、Web面接になったりしていくんだろうねー。

 

うーん、ただまあ、ほんとにこう、以前タクシーに乗る機会があった時に、タクシーの運転手さん、まあかなり年配の、先輩の方だったんで、「こんなこと、過去に経験ありましたか?」って聞いたら、「いや、これはないですねー」って言われてて。

 

やっぱりまあ、我々の世代とかその前の世代、その更に前の世代でもなかなか経験したことのない事態なんだなあ、と思います。

 

こういう時にね、こういうテレビ電話みたいな、ネット通信みたいなテクノロジーがあってよかったなあと思いますね。

 

エモンもちょっと大変だろうと思うけど、就職活動頑張ってね。

 

いつまでも続くわけじゃないと思うので、頑張りましょう。

 

細美武士 雄一と戸高のコラボは別に観なくてもいいかな(笑)

さあもう一通頂きました。

ナットウから頂きました。

細美さん、こんばんわんこそば、ナットウです。

(こんばんわんこそば)

ラジオの収録を自宅で出来るんですね。

リモートワークいいですね。

新型コロナウイルスで気が滅入ってしまいますが、そんな中、高橋さんの#うたつなぎと高田さん・戸高さんコラボがなんど観ても面白くて笑ってしまいます。

細美さんは観ましたか?

自粛などで色々と大変なこともありますが、体調に気をつけてお過ごしください。

 

と頂きました。

ありがとう、ナットウ。

うーんとね、実はね、俺こういうのも全然観ないんですよ。

 

観ないっていうか、そもそもSNSやってないから今このメール読んで、雄一トディがコラボしてたっていうのを初めて知りました(笑)。

 

なんかちょっと観てみたいような、わりと、うん、まあ観なくてもいいなって感じっていうか(笑)、はい、そんな感じですね。

 

なんかでもまあ、そうやって、こう、あの人元気かなあ?って思ってる人とかがこう、ね、ネットで繋がれるっていうのは、ほんとにこういう時は便利だなって思いますね。

 

細美武士 今のところモチベーションは下がってない

もう一通紹介しましょう。

サラから頂きました。

細美さんこんばんは、サラです。

(こんばんは)

アルバム制作お疲れ様です。

毎日不安になるようなニュースばかりが流れていますが、制作は順調でしょうか?

今日、都から改めて休業要請が出された施設の対象に大好きな映画館やライブハウスが含まれていて、こうなることは随分前からわかっていたのにやるせない気持ちになりました。

私の生きがいであるこの2つが自分の生活から無くなってしまうと、一体何のために生きてるのかな、と考えることが最近増えてきました。

細美さんはライブが当分出来そうにないこの状況で、どうやってモチベーションを維持したり息抜きしたりしていますか?

なかなか暗い内容になってしまいすみません。

細美さん含めメンバーの皆さん、スタッフさん、またそのご家族がどうか健康でいられるよう祈っています。

 

と頂きました。

ありがとう、サラ。

うーんとね…あのー、実は隆史柏倉隆史がドラムをやってるtoeがね、立ち上げたMUSIC UNITES AGAINST COVID-19っていう、まあそういう、ライブハウスとかを支援していこうというチャリティ企画に、MONOEYESthe HIATUSも参加していて。

 

実は2バンドで同時進行で曲を作ったのは俺は初めてだったんで、もう、何ていうのかな(笑)、どっちのメンバーともやり取りをしつつ、どっちの歌詞も書きつつ、みたいなのでわりとねえ、徹夜がこう続く、大忙しな日々を過ごしましたね。

 

だからモチベーションが下がるっていうようなタイミングも今のところまだ無いんですけど。

 

そもそも何となくそんなに、えーっと俺は、今の状況で、こうギューンと落ち込んでるのかと言ったらそうでもないんですよね。




2曲目 Franz Ferdinand『Do You Want To』

その辺に関してはこの曲を聴いてもらってからまたお話したいなと思います。

 

コマツナミドリからリクエスト頂きました。

Franz Ferdinandで『Do You Want To』。


You Could Have It So Much Better

 

細美武士 ポジティブな側面を発見したい

さて、後半戦もメール紹介していきましょう。

シホから頂きました。

細美さんおはようございます、シホです。

(おはようございます)

緊急事態宣言、全国に拡大しましたね。

連日の報道に振り回されないよう自分ができることを考え、粛々と日常を過ごしたいと思います。

私の会社でも先週から在宅勤務が始まりました。

システムの都合上出勤と在宅勤務が半々くらいでしたが、それも整い、来週から出勤することが少なくなります。

先週と今週の自宅での作業はリズムが乱れてしまい、夜はぐったりしてしまいました。

今までも自宅で仕事はしていましたが、出勤することが前提にあったので上手く切り替えができていたのだと思います。

細美さんもご自宅でのお仕事が増えているかと思いますが、ご自宅で仕事をするにあたり、何か意識していることはありますか?仕事のON・OFFの仕方というか。

この情勢、きっと長期戦になりますよね。

自分にとって良いペースをつかむために色々試したいと思います。

在宅勤務で良いところは、好きな音楽を聴きながら、歌いながら出来ることですね。

ハイエイタスのDVDを流しながらは絶対手が止まってしまうので、週末まで鑑賞自粛です。

この時期に発売して頂いたことに感謝申し上げます。

 

と頂きました。

ありがとう、シホ。

 

えーっと、そうですね、ホームワーク…基本的にはあんまないですね。

 

そもそも俺、何ていうのかな、こうライブとかで人前に出る時も、普段と同じ感じでステージに上がることができれば自分がそれが一番のこの、何ていうのかな、好きなやり方っていうか、そういう風に認識してやってたんで、このラジオ収録もあんまりON・OFFせずにやれている感じがしますね。

 

で、気づいたかもしれないけど今週からマイク替えたんですよ。

 

あのー、ダイナミックマイクからコンデンサーマイクっていう、ちょっと高音質で録れるやつで録ってみてるんですけどどうでしょうね?

 

それの感想なんかも頂けると嬉しいです。

 

で、さっきさ、あのー曲の前で言った、そんなにギュンと落ち込んでないっていうのはなんでなのかなあと思うと、うーんとまあ今、この緊急事態になって俺の生活で変わったことって、こう、なんていうの?沢山の人に観られることがない、っていうのが一番大きいんだろうね、ライブで出たりとかフェスで出たりとかがないので。

 

なんかね、そこに関してはあまり寂しさを感じてないかもしれない(笑)。

 

ライブはめちゃくちゃやりたいんだけど、その、そもそも何ていうの?こう、沢山の人に観られてイエイ!みたいな感覚ないので、意外と普通にやれてますね、はい。

 

あとは、基本的に、うーんと不謹慎に聞こえたらすごい申し訳ないんですけど、基本的にこう、毎日ずーっと同じっていうことのほうが俺は苦手なので、この、新しい環境でこれを機に何か、みたいな感覚はありますね、はい。

 

もちろんコロナは、ウイルスみたいなものは登場しなかったほうが絶対世界的にはいいんだと思いますけど、まあ、なるべくこう、ポジティブな側面を、うーん、発見したいなと思っているところです。

 

細美武士 おすすめのトレーニング方法

もう一通いきましょう。

タツキから頂きました。

細美さん、いつもライブハウスで元気をもらっています。

医療機関で働く男性看護師です。

(お疲れ様です、ほんとに、命がけの仕事。よろしくお願いします)

マスクを付けて出勤し、休みはずっと自宅にいます。

細美さんのラジオで、以前トレーニングの話を聞いて、モチベーションにして頑張っています。

自宅にはダンベルとベンチのみですが、上半身を鍛えるトレーニングでおすすめがあれば教えてください。

またライブハウスで会えるのを楽しみにしています。

 

と頂きました。

ありがとう、タツキ。

えーっとですね、そうだなあ…もしかしたらあんまり沢山の人がやってないのかな、って思う、フラットベンチとダンベルでの運動の一つに、正式名称がわかんないですけどね、海外でよくアーミープレスって呼ばれてる、ショルダープレスをやるだけなんだけど。

 

普通ショルダープレスって背中が椅子について支えられてるじゃん?で、肩にだけ刺激が入るようにこう、集中してやれるんだけど、アーミープレスって、まあフラットベンチだからね、背中に当たる支えがないので、腰から上全身でショルダープレスをやる。

 

これがね、わりと普段の背筋運動ではつかない背筋がつくような気がして、俺はけっこう、ジムとかでショルダープレス出来る時でもアーミープレスやったりしていますね、はい。

 

細美武士 また長岡花火にチームMONOEYESで行きたい

もう一通いきましょう。

新潟県長岡市のジョニー1号から頂きました。

細美さん、こんばんは。

(こんばんは)

初めてメールさせて頂きます。

以前チームMONOEYESで来てくださった私の地元の長岡花火が、今年は新型コロナウイルスの影響で中止になりました。

戦後初めて長岡から大花火が消える夏となります。

長岡=花火。

今年は花火が見れないのか、と、子どもたちも残念がっています。

今は世界中の人々が我慢の日々を送っていますが、長岡の象徴でもあるフェニックスのように、空襲からの復興、中越地震からの復興に続き、コロナウイルスとの戦いにも打ち勝って、来年またきれいな花火が夜空を彩ることを願っています。

来年は市民の2年分の祈りを込めた長岡花火になると思います。

またチームMONOEYESで観にいらしてください。

早くコロナウイルスが収束し、MONOEYESの新譜が聴けるのを楽しみにしています。

長文失礼しました。

 

と頂きました。

そうなんだね、ジョニー1号。

長岡の花火はね、本当に素晴らしいからね。

 

あの時MONOEYES全員で揃えて買った浴衣と雪駄?雪駄っていうのかな?あれを来年の長岡花火に行けることになったらまた引っ張り出して着たいな、と思います。

 

ただ、戦後一度も中止にならなかった長岡の花火が中止になったっていうくらい、今は、まあ戦後初の事態を我々は今迎えているんだな、と、うん、そういう認識は我々はしておいた方がいいんだな、と思いました、はい。

 

3曲目 ELLEGARDEN『Salamander』

ここでもう一曲聴いてもらいましょう。

ELLEGARDENで『Salamander』。


ELEVEN FIRE CRACKERS TOUR 06-07~AFTER PARTY [DVD]

 

ED曲 LUWTEN『Difference』

細美武士がお送りしてきました、bay fm『Hedgehog Diaries』

 

今日は、LUWTENの『Difference』を聴きながらお別れしましょう。


Luwten

 

細美武士 コロナは20年後も続くわけじゃない

最後に一通メールを紹介しましょう。

タカシから頂きました。

こんばんは、初めてメールを送らせて頂きます。

地方で放射線技師っていうレントゲンを撮る仕事をしている、34歳のタカシです。

(こんばんは)

昨年ナナイロの大阪公演に遊びに行きました。

ファンになって14年で初めて生エルレを観れた感動は、未だに色褪せることのない思いとして僕の中にあります。

有難うございました。

さて、世間ではコロナウイルスが蔓延して、緊急事態宣言が行われ、緊張感が高まってますね。

僕の職場でもコロナ対策会議が多くなり、実際に患者さんに感染させない、自分が感染しないための努力が徹底されています。

そしてうちの病院にも入院されてきました。

毎日、コロナ、コロナ。

現場では初めて対面する事態ばかりで混乱もしています。

そんな毎日の中、今日、癒やしが届きました。

the HIATUSの「10th Anniversary Show at Tokyo International Forum」これだけが今の唯一の癒やしを感じられるものとなりました。

映像が与えてくれるパワーに感謝です。

DVDを観てぼーっとした時に、もし復活してからのエルレの映像作品を観れたらもっと最高だなと思いました。

ライブは自粛。

ストレス発散が出来るところも少なく、毎日の業務で手一杯で休まるところがありません。

そんな時に活動を再開したエルレの映像を見れたら素直に嬉しいし、頑張れるきっかけのひとつになるなあと思いました。

検討して頂けたら幸いです。

明日も『ジターバグ』を聴きながら出勤して、患者さんと向き合ってきます。

長い間お付き合い頂きまして、有難うございました。

またライブに遊びに行きます。

視聴者の皆さんも体調には気をつけてください。

みんなでコロナの感染が収束すれば、ライブで打ち上げしましょう。

 

と頂きました。

ありがとう、タカシ。

お仕事お疲れ様です。

 

なるほど、まあ何ていうのかな、そう遠くない未来にそういうこともあるんじゃない(笑)って思うのと、あとね、今回のハイエイタスのDVD、お店で買おうと思ってたけどやっぱり地元のお店が今、こういう状況なんでお休みしてて、手に取りに行くことが出来ません、みたいな人たちも、あのー、結構メールを貰ったんだけど、大丈夫よ、って思っちゃうんだよね。


10th Anniversary Show at Tokyo International Forum[Blu-ray]

 

あのー、1年後でも2年後でも売ってるからね。

 

あのー、何ていうのかな、例えばこの、今のさあ、状況がさあ、この先20年間こうです、って言われたらたしかにズーンて落ち込むのかもしれないけど、ずっと続くわけじゃないじゃない?

 

であればね、今はね、極力自分が感染しないこととか、あのー、自分以外の誰かに感染させてしまうことっていうのを防げたらいいよなと思いますね。

 

あのー、自分の意に反して、その、感染リスクの高いところに行かざるを得ない、みたいな状況は、うーん、なるべく改善されてほしいですね。

 

今日も素敵なメールを沢山有難うございました。

 

来週の分もこのあと収録です。

なんで収録なのか?って言うと、元々こういうスケジュールで来てたんで、こう、色々スケジュールが飛んでも、まあディレクターとかみんなのリスケをするのも申し訳ないんでそのスケジュールで取ってますが、こっから先はまた新しくスケジュールを立てていくんで、お楽しみに。

 

それじゃあ皆さんまた来週、さようなら。




細美武士 今はミュージシャン本来の仕事ができている

はい、今週も始まりましたFAKE TALES OF CHIBA Zのコーナーです。

 

えーっとねえ、今週から自分の喋ってる声も録りながら、BGMも再生しながら、メールを見ながら、原稿も見ながら、っていう。

 

うん、やってみたんだけど、わりとバタバタするね、やっぱり。

 

普段はこう、喋ってることだけに集中してればいいからさ、それと比べると若干いろんなことを考えながら喋ってたので、何ていうのかな、こいつ集中してないな、みたいな瞬間があったらそれはちょっと、申し訳ありません。だんだん慣れてくると思います。

 

あのー、今日のここのコーナーでは、例の、柏倉隆史が所属するtoeの始めたですね、MUSIC UNITES AGAINST COVID-19についてちょっとお話したいなと思うんですけど。

 

音源をね、その、購入してくれて聴いてくれた人たちはもしかしたら、あれ、普段のMONOEYESとかthe HIATUSとは音の感じが違うなあ、と思ったりしてるのかなと思ったりしてますけど、やっぱり現状でレコスタでみんなで集まるっていうのはそもそもこのCOVID-19のね、趣旨にも反するだろうということで、今回はね、全員リモートワークでレコーディングしたんですよ。

 

だから、言ってみれば各々が自分の家にある宅録環境で自分の楽器を録ったやつを、最後に一つにまとめて、今回はね、toeのね、美濃くんにミックスをしてもらいました。

 

だからエンジニアも違うんだけど、そもそも、何ていうのかな、録る環境が普段とぜんぜん違う、プロユースのスタジオで録ってるんじゃなくて、俺も今このラジオを録ってるこのマイクでこの部屋で歌を録ったのね。

 

しかも、誰もいないところで一人でRecordボタンを押して、で、歌って、聴き直して、っていうのをやって録ったんだけど、なんかね、それはそれですごい楽しかったですね。

 

あのー、みんな同じこと言ってるけど、何ていうんだろ、こんな時に、ブログにも書いたけど、俺はね、みんなでライブハウスを救いたいという感覚はすごく嬉しいし素晴らしいことだと思うんだけど、そもそも俺たちミュージシャンとかバンドマンとかね、ライブハウスってものは、みんなからその、お金を頂いてそれで生きてるわけじゃないですか?

 

だからもうすでにそこから、それで俺達は生きてきたのに、何ていうの、それ以外の部分で、その、寄付、とか何となく俺はあんまり…そうじゃねえんだよな、みたいな、自分たちでまずやれるところまでやるよ、みたいな気持ちがあって。

参照:

細美武士 2020年4月6日のブログ

 

最悪、どうにもなんなくなったら別にさ、そのー、他の仕事とかアルバイトをすればいいわけじゃん?みんなで頑張って。

 

そういうのも普通のことだなと思っていたので、なんか何もせずにその、みんなに救ってもらう、みたいなのはちょっと違和感があったんですよね。

 

で、そこに、このtoeの企画を聞いた時に、まあ確かにさ、他のアルバイトをするよりも、俺達は音楽のほうが得意かもしれないから、自分たちの曲を提供するってことで、その対価を寄付できるんだったらまあ一番納得のいく形だなと思ったので喜んで参加してみようと思ってやってみた感じなんですよね。

 

で、うん、普段レコーディングできてる環境がいかに自分たちにとって最高のものなのか、素晴らしいものなのか、あと、レコーディングエンジニアと一緒に作品を作り上げていくことがどれだけ楽しくて素晴らしいことなのか(笑)をもちろん再確認しながらだけど、ただ、この全員の宅録環境で、でも絶対みんなに買ってもらって後悔させないものを作るんだ、みたいな、全員のこの、何ていうのかな、情念みたいなものがやり取りの中からも音の中からもすごいほとばしってて俺はなんか、すごいみんなのいい一面をまた見れたな、っていう、こう、すごい素敵な気持ちで曲たちを送り出せましたね。

 

だからライブとかイベントとかはみんな飛んじゃって、で、仕事もほとんどなくて暇か?というとわりと、めちゃくちゃ寝る間もなく忙しい日々が今のところは続いていて、なんだろ、うーん、東日本大震災の時も感じましたけど、やっぱり、ミュージシャンの本来の仕事ができている感覚がして俺は、すごく、はい、今はやりがいを感じています。

 

ってな感じで、来週の分も、元々組んでいたスケジュールなんでこのあと収録します。

 

が、だんだんもう少しリアルタイムな放送に近づいていけるといいなと思ってます。

 

長くなりましたがそんな感じです。

皆さん有難うございました。

それでは皆さんまた来週、さようなら。

コメント