【細美武士】エルレ活動休止時の秘話やメンバー脱退について語る!

細美武士『Hedgehog Diaries』
デミさん
デミさん

パンク大好きデミさんです。

Twitter:@Takenoco0803

Instagram:@demisansan

プロフィール:デミさんはこんな人

 

2020年2月12日24時30分から放送の細美武士のラジオ、『Hedgehog Diaries』は収録でした。

 

今回も長いですがどうぞ。

 

ネットラジオはこちらから:

BAY FM Hedgehog Diaries

 

2020年2月20、昼1200までの期間限定公開です。

スポンサーリンク

細美武士『Hedgehog Diaries』OP

こんばんは!

bay fm『Hedgehog Diaries』細美武士です。

 

今週も収録でお送りします。

 

収録している現在は2月10日月曜日、午後5時24分を回ったところですが、一昨日の夕方に収録しています。

 

最後までお付き合い宜しくお願いします。

 

細美武士 ハヤシ(POLYSICS)とのキスについて語る

まずは一通メールを紹介します。

コマツナミドリから頂きました。

こんばんは。

(こんばんは)

 

トイス!

(トイス!)

 

最近巷では細美さんとポリ(POLYSICS)ハヤシくんのチューが話題になってますね。

 

あのハヤシくんの顎に添えられた手に萌えました。

 

あれはハヤシくんがおねだりしたって噂ですが、おねだりしたら細美さんのチューを頂けるんですか?

 

あのアルバムを見てSuede(スエード)のアルバムジャケットを思い出しました。

 

ですので『Animal Nitrate』をリクエストさせてください。

 

まだ寒い日がありますので、お体に気をつけて日々をお過ごしください。

 

と頂きましたー。

そう、巷では噂…話題なんですかね?

そんなに感じてないですけど(笑)。

 

あれでしょ?PUFFY亜美ちゃんが何に上げた?インスタかなんかに上げたんだよね?たぶんね。

View this post on Instagram

お待たせいたしました。お待たせしすぎたかもしれません。細美おじさんとハヤシおじさんの閲覧注意画像です👼 2枚目の、少し寄ってるやつを1枚目にしてと細美パイセン(ゴキゲン無双状態)からの指定がありましたが、見ていたわたしが耐えられなくなった&クレーム対策として独断でお楽しみ加工させていただきました♡ さぁ!目を細めながらスライドという名の禁断の扉を開けてごらん💕 ビックリするほど得るものがない世界が広がっているよ…!! #細美武士 #ellegarden #thehiatus #monoeyes #ハヤシヒロユキ #polysics #2020年の初カオス #猪狩会 #誰が来るかは誰も知らない #今年もおかしな人いっぱいの新年会 #そんな中隣同士になった二人の男子 #細美パイセンの腕の筋肉の話をしながら #見つめるハヤシくん #そしておねだり #躊躇う事なく快諾するパイセンの男らしさ #うっとりするハヤシくんの感想は #柔らかい…♡ #すごい普通の感想すぎて亜美の中の内なる腐女子萌えず #そもそもおじとおじ設定では萌えず #でも細美パイセンの手の添え方がジェントル #右手は添えるだけ

A post shared by PUFFY 大貫亜美 (@ami_onuki) on

 

新年会の時に、ハヤシと俺がチューしてる写真を亜美ちゃんが撮ってSNSに上げたってやつですね。

 

まあ、うん、おじさん二人がキスしてるところを見ても別に何にもないんじゃないのかな(笑)と思います!はい!

 

1曲目 Suede『Animal Nitrate』

じゃあ、ミドリのリクエストにお答えして。

Suedeで『Animal Nitrate』。


Suede (Remastered) [Clean]

 

細美武士 2月に一人旅は行かないかもしれない

さて、今日もたくさんメール頂いてますんで、紹介していきましょう!

 

モリヤダイブツから頂きました。

細美さんこんばんは、モリヤダイブツです。

(こんばんは)

 

恋しくて』…

(ああ、BEGINの『恋しくて』ですね。あのー、弾き語り、先月末にやったやつですね)

 

素敵でした。

 

radikoでもYouTubeでも何回も聴きました。

 

泣きました、切なくて。

(ありがとう)

 

今月は一人旅に行かれるんですよね?

 

せっかく旅に出るのに新型コロナウイルス大流行は凹みますね。

 

香港とかも言われてましたが、どこに行かれるにせよお気をつけて。

 

土産話楽しみにしております。

 

それがですね…そうなんですよね、あのー、まあなるべく自分で「これやるよ」って言ったことはやりたいタイプなんですけど、まあみんなそうだろうけど。

 

まあでも一人旅に関して言えば、正直誰かに約束してるわけでもないから、ちょっとほんとに自分は今どんな感覚なんだろうみたいなことを考えてみて。

 

今回はね、もちろんコロナウイルスのこともあるんだど、あのー、ずーっと考えてても旅先が「ここだ!」っていうのが心に思い浮かばなくて。

 

うーん、でもこうやってラジオとかで「2月に一人旅に出ます!」って言ったから一人旅に行く、っていうのもそれもなんかどうなのかな…って思ってるうちにですね、航空券がもはや取れなくなってきちゃって(笑)。

 

今年は一人旅はあのー、ちょっとねえ、タイミング外しましたね、行けないかもしれないです。

 

まあ秋口にまた、一週間くらい休めるタイミングがあるかもしれないんで、ちょっとそっちにずらしつつ、まあちょっと様子を見ようかなと思っています、はい。

 

細美武士 ブレアフェスについて語る

もう一通いきましょう。

札幌のヒカリから頂きました。

細美さんこんばんは、ヒカリと言います。

(こんばんは)

 

私は今、名古屋で行われたcoldrain主催のBLARE FEST.2日目に参加し、帰路についているところです。

 

雪で飛行機が遅れに遅れ、予定より3時間ほど遅れて新千歳空港に着き、なかなかのお疲れモードです。

 

私がブレアフェスへの参加を決めたのはPay money To my Painの参加が決まったからです。

 

Zepp Tokyoでの最後のライブ以来のPTPでした。

 

今回のブレアフェスcoldrainの思いはもちろん、それぞれの出演バンドの皆さんからのcoldrainに対する思いもひしひしと感じ、そして出演されていた方や参加されていたお客さん、スタッフの皆さん、あそこにいた全ての方々からのKさんに対する思いが溢れていたなあと思いました。

 

細美さんもMCでPTPのことに触れていましたが、ブレアフェスに出演してどんなことを感じましたか?

 

もし良かったら聞かせて頂けると嬉しいです。

 

また近々北海道でライブして頂けるのをお待ちしております。

 

最後まで読んで頂いて有難うございました。

 

と頂きました。

ありがとう、ヒカリ。

そうですねえ、まあPTPのライブに思うこともたくさんあるんですけど、その、coldrainブレアフェス全体でやっぱ一番俺が、「ああ、良いものを見せてもらえたな」って思ったのは、うーんと、例えばSiMとか、coldrainとかONE OK ROCKとか、まあヘイスミとか、あの辺の、なんていうの、あの世代の連中の絆の強さみたいなものをすごい感じられて。

 

coldrainのギターの機材がトラブってた時の、その、仲間の行動とか、なんかああいうのを見てて、すごいジーンと来たんですよね。

 

それが何より見れて一番良かったし、その、coldrainの今の自分たちのバンドにかける熱量とかもすげえな、と思って。

 

良いライブしてたし、かっこよかったですね。

感動しました。

PTPの話はまたどこかで出来ればな、と思います。

 

すごく、だから正直、並びでね、「うわっ、PTPすごい良いライブやったからこの後coldrainどんなライブやるんだろう」って思ったけど、まあ素晴らしいものを見せてもらえたな、と思いました。

 

その、なんていうんだろ、coldrainとはこう、出会いもちょっと特殊だったし、まだ、サシで飯食いに行ったこともなければ人生の話とかもしたことないんで、先輩・後輩の間柄もなければ友達でもないんだけど、その、知り合い…ちょっと知り合いがだんだんこう、なんていうの、回数が、話す機会が多くなって深くなってきたかな、ぐらいのタイミングで、その、横の繋がりみたいなのを見れたのはすごく良かったですね。

 

感動しました。

 

2曲目 Lizzo『Cuz I Love You』

じゃあこのへんで、ソフィーからリクエスト頂いてます。

 

Lizzoで『Cuz I Love You』。


コズ・アイ・ラヴ・ユー

 

細美武士 一人旅の旅先が浮かばない

ちょっと話戻っちゃうけど、まあ去年インド行ったでしょ?一人旅で。

 

一昨年はキューバに行ったでしょ?

 

その前がどこだっけ?ネパールか。

 

毎年一人旅に出れてるので多分今年一人旅に出ずに夏を迎えると、多分なにか…何かが足りないなって気分になりそうな気もするんですけど。

 

でもこんなにね、旅先が浮かばないこともあんまなくて。

 

だいたい突発的に、「あ、あそこに行きたい」みたいな、その、アンコールワットに吸い寄せられるようにカンボジアに行った時とか。

 

なんか、ピラミッドの夢ばっかり見るようになってエジプトに行ったりとか。

 

なんかそういうのがね、今回ないんですね。

 

だからタイミングじゃないのかもしれないね、はい。

 

細美武士 「細美くん、変化っていいものよ」(by矢野顕子)

メール紹介していきましょう。

福岡県のドンから頂きました。

細美さんこんばんは。

(こんばんは)

 

いつも楽しく拝聴しています。

(ありがとう)

 

先日、名古屋でのブレアフェス福岡でのlocofrankとの対バンに参加させて頂きました。

 

どちらもすごく楽しかったのですが、特に福岡のライブは最高でした。

 

今まで観たライブの中でも一番、と言っていいくらい楽しかったです。

 

やっぱりライブハウスで観るMONOEYESは格別ですね。

 

細美さんが、「MONOEYESで来るのは初めてのライブハウスだ」と仰ってましたが、細美さん自身も楽しんで頂けたでしょうか?

 

そして、locofrank(笹原)達也さんとの最後の対バンとのことでしたが、長くバンドをやっていると、仲の良いバンドの解散やメンバーの脱退などを経験することも多いと思います。

 

そういう時にやるライブは、やはりいつもとは違う特別な感情が湧くものでしょうか?

 

バンドマンとの別れ、というものに対してしての細美さんの思いを聞いてみたいです。

 

と頂きました。

なるほどー。

なるほどですね。

 

俺は自分が、11年前?12年前?その、ELLEGARDENの突然の活動休止、無期限活動休止っていうのを経験してるので、そこに向かっていく時の、あの、不安、っていうの?どうなっちゃうんだろう…みたいな気分はよく分かるんだけど。

 

まあ俺は、ねえ、すごいラッキーだっただけなのかもしれないけど、その後の10年間はほんとに、なんていうの、もちろん大変なこともあったけど、振り返ってみるとすごい大事な10年だったし、なんていうの、素敵な10年だったので。

 

なんかね、実はその、達也が辞めることに関しても、まあグッドフォー(GOOD4NOTHING)谷口(TANNY)が辞めた時にしても、いつも同じ話をしてて。

 

その、このラジオでも何度か話したことあるんだけど、俺が前エルレが休止して、前の事務所を辞めて、どこにも所属してない、仕事も何もない状態にポカーンとなった時に、こう、やっぱり日々落ち込んでたタイミングでさ、アパートに帰ってきて、郵便受けに大きなサイズのエアメールが届いてて。

 

誰からだろ?と思ってたら矢野顕子さんから届いてた、その、手紙があってね。

 

なんだろう?と思ってフタを開けてみると、雑誌の切り抜き、ピッて破っただけのページね、で、ニューヨークの大渋滞してる、その、イエローキャブとかが詰まって並んでる時の歩道に、犬がちょこんと座ってこっち向いてる、って写真の、犬の頭の右上に、マジックで吹き出しが書いてあって、あの、漫画のセリフみたいなやつ、が書いてあって。

 

で、そこにすごい短く、「Hey Man!Change is Good!」って書かれてたの。

 

それだけ。後は表も裏もなんにも書いてないの。

 

その…「ねえ、細美くん。変化って良いものよ」って言う、矢野さんの声も聞こえてくるような感じで。

 

俺はその、尊敬する友人でもあり大先輩でもある矢野さんが、「変化って良いことよ」って言ってくれたその、言葉だけで俺は信じてみようと思ったことがあるのよ。

 

「そうか、これは良いことなんだ。楽しいことなんだ」って信じるって決めて、その後の今に至る道のりがあるから、なんか、その話をそのままするの(笑)。

 

したら(木下)正之locofrank)は、「たった2分位の今の話で、ものすごい気持ちが軽くなった」って言ってくれたりしてて。

 

ただ、ほんとにねえ、思うんですよ。

だから昔は、バンドとかも絶対メンバー変わらないで続いてるのがベストだと思ってたし、その、2つバンドが解散してこう、なんていうの、メンバーが何人か集まって一個になったりとか、なんかそういうのってこう、やっぱり、初期のあの美しさって無くなるんだろうな、みたいに思ってたんだけど。

 

今はね、全然考えが変わってて、どんどん変化したらいいんじゃない?って。

 

そこから生まれてくる新しいもの?だってどうせ前にしかないんだからさ、道は、って俺は考えるようになりましたね。

 

だからそれは自分…バンドだけじゃなくてそう、周りにいる人達も、なんか、寂しいな?って思うことがあったり、例えば離れていく人がいたりしても、うん、「いってらっしゃい」みたいな、逆に、なんか「おめでとう」みたいな気分も(笑)感じるようになってます、はい。

 

3曲目 MONOEYES『Interstate 46』

えーっと、今日は熊本のナツミからリクエスト頂いてます。

 

MONOEYESで『Interstate 46』。


Interstate 46 E.P.

 

ED曲 Snow Patrol『Chasing Cars』

細美武士がお送りしてきました、bay fm『Hedgehog Diaries』。

 

今日はナミヘイタスからリクエスト頂きました、Snow Patrolで『Chasing Cars』を聴きながらのお別れです。


Chasing Cars

 

細美武士 dustbox20周年ライブについて語る

この曲俺ねえ、どこか海外を一人旅してる時に、長距離バスで移動してる、まだ昼間、みたいな、太陽がけっこう高い位置にある時に、窓の外ボケーっと見ながら、iPodで聴いてた記憶があるんだよね。

 

それがどこだったのかは忘れちゃったんだけど(笑)うん。

 

でもこの曲聴くとやっぱりあの時その、見えてた、窓の外にあった綺麗な色の花の印象とかはやっぱ蘇るからすごいなと思うんだよね、音楽って。

 

最後に一通メールを紹介しましょう。

大阪のナホから頂きました。

細美くんこんばんは。

ナホと申します。

はじめまして。

(こんばんは、はじめまして)

 

毎週楽しく拝聴させて頂いております。

(ありがとう)

 

リスナーからのメールにとても丁寧に答えておられる細美さんに、深さと温かさを感じ、ますます細美さん愛が深まる今日この頃です。

 

話し方、話し声も大好きです。

 

入眠する時に、録音したものを聴かせて頂いてます。

 

お忙しい中毎週の放送、有難うございます。

(いえいえ、こちらこそ有難うございます)

 

私は1月24日、Zepp Osaka Baysideで行われたdustboxの20周年ライブに参加しました。

 

ゲストで出演されていたMONOEYESのライブが、私にとっての初・MONOEYESでした。

 

夢にまで観たMONOEYESのライブ、最高にかっこよくて、すべてを忘れてしまうほど夢中になれる、楽しくて幸せな最高の時間でした。

 

また絶対に参加したいです。

 

MCで細美さんが、「エルレが活動休止して何もしていなかった頃、チケットを買ってdustboxのライブを観に行って、『絶対あのステージに戻りたい』と強く思った」と話しておられた一方で、SUGAさんが、バンドが上手くいっていなかった時、「バイト中に優先から『SURFRIDER ASSOCIATION』が流れてきて悔しかった」と話されていて、お互いが刺激し合って今この時があるんだなと感じました。

 

dustboxのライブも初めてで、SUGAさんがライブ中に涙を流されていて心が熱くなりましたし、ほんとに感動的なライブで大好きになりました。

 

そしてMONOEYESもどうか長く続いてほしい、と心から思いました。

 

細美さんはあの日どんな気持ちで、20周年のdustboxのライブを観てどんなことを感じられましたか?

 

宜しければ聞かせて頂けたら、同じライブを観れた者として嬉しいです。

 

と頂きました。

ありがとう、ナホ!

うーん、そうだなあ…、まあcoldrainのフェスのときにも感じたような、なんていうの、横の繋がりがやっぱり、ハワイアン(HAWAIIAN6)ダストと、まあMONOEYESの中にもある、それは、すごく幸せなことだな、って思う。

 

で、その(笑)、須賀の有線の話を聞いて俺が思い出してたのは、俺は一時期ずっーとパチスロばっかやってた時期があって。

 

で、もうその頃エルレはもうレコード出したりしてたんだよね。

 

で、ある日、えっとー、開店するパチンコ屋さんのドアの前で並んで、30分位並んで、列で待ってる間に、流れてた有線から自分の曲がかかってきたことがあって。

 

俺、それ聴いて、いや、こんなことしてる場合じゃないんじゃないかな、ってすごい、思ったことがあるんだよね。

 

それが『SURFRIDER〜 』か『ジターバグ』だったか忘れたけど、聴いた時に、こんなとこ…うーん、こんなとこ並んでねえで…って別に、バカにしてる訳じゃないんだけど、パチンコファンの皆さん、ね、こういうことしてないで俺は家帰ってギター弾いたほうがいいんじゃねえかなって気分、に俺はなりましたね。

 

で、実際その日どうしたのか?というと、その日は閉店までパチスロを打ってた気がします(笑)、はい。

 

そんなことを思い出しました、はい。

 

さあ今日も素敵なメールたくさん、どうもありがとう。

 

来週の分はこの後収録です。

それじゃあ皆さんまた来週、さようなら。

 

細美武士 怪我したリスナーへのエール

はい、今週も始まりましたFAKE TALES OF CHIBA Zのコーナーです。

 

えー、コウヘイから頂きましたメールを紹介しましょう。

 

細美さんこんばんは、コウヘイといいます。

(こんばんは)

 

今年年明け早々にスノーボードにて、右膝前十字靭帯断裂という大怪我をしてしまいました。

(これは…痛いやつですね)

 

人生初の全身麻酔をして、術後は寒気と吐き気、さらに膝の激痛で3日間ほど眠れず、入院当初は「可愛い看護師さん見つけよう」とか考えてた自分がアホでした。

 

少し楽になったところでリハビリが始まり、これがまた地獄でした。

 

膝が全然曲がらない、力が入らない、これがほんとに自分の足か?と思うくらい言うこと聞きませんでした。

 

今はやっと90度位に曲がり、徐々にですが力が入るようになりました。

 

怪我をした当初はもう一度スノーボードができるのかなあ…と不安で仕方ありませんでした。

 

ネットでいろいろ調べては勝手に元気になったり落ち込んだりを繰り返し、会社の上司や同僚からは「プロスポーツ選手でもないのに本気でやりすぎなんだよ」と怒られ、まあ社会人として怪我して申し訳ない気持ちはあります。

 

でもそれくらい好きなことなので「絶対に復活してやるぞ」っていう気持ちで今はリハビリを頑張ってます。

 

むしろ、鍛えに鍛えて怪我する前よりレベルアップしてやろうという気持ちです。

 

細美さんばりの筋肉を付けてやる気持ちでリハビリ・筋トレ頑張ります。

 

最後になりますが、可愛い看護師さんはちゃんといました。

 

長文失礼しました。

 

と頂きました。

ありがとう、コウヘイ(笑)。

良かったね、可愛い看護師さんいて。

 

うん、靭帯は痛いからねー。

俺も2回やってるんだよね。

左膝は横側、あと右足の踵の右側、をまあ断裂まではいってないんだけど痛めたことがあって。

 

ギブスしながらライブやってたよな、たしか、どっか、フジロックだったか(ロックイン)ジャパンだったか、うん。

 

だけど、なんていうの、こういう時ってさ、その、普段見えなかったものがやっぱ色々見えると思うんだよ。

 

その、全身麻酔してみないとわかんないこともあるし、その、気軽にこう、なんか高いとこにあるものが取れなくなったりした時に、初めてその立場の人の気持ちがわかったりすると思うから。

 

まあいっつも言ってる話だけど、その、すごい学ぶことたくさんあると思うから(笑)、その怪我から。

 

リハビリして、筋肉付けて、きっとまたスノーボードはできるんだと思うけど、その間に手に入る物はたくさん手に入れて、これだけは忘れてはいけないな、ってことはメモとかしておくといいと思うよ、って思います。

 

まあリハビリ頑張ってください(笑)。

あと、「プロスポーツ選手でもないのに本気でやり過ぎなんだよ」っていうのは余計なお世話だよね、ほんとに。

 

はい、そう思いました。

来週の分はこの後収録です。

それじゃあ皆さんまた来週、さようなら。

コメント