【細美武士】「MONOEYESをヘッドライナーに呼んでくれるフェスもあって、楽しい夏だった」

細美武士『Hedgehog Diaries』
デミさん
デミさん

パンク大好きデミさんです。

Twitter:@Takenoco0803

Instagram:@demisansan

プロフィール:デミさんはこんな人

 

2019年9月4日24時30分から放送の細美武士のラジオ、『Hedgehog Diaries』は収録でした。

 

ヘッドライナーで呼んでくれたフェスもあったりして、今年の夏は(も?)充実していたそうですね。

 

それでは今回も長いですが、どうぞ。

 

ネットラジオはこちらから:

BAY FM Hedgehog Diaries

 

2019年9月12日、昼1200までの期間限定公開です。

スポンサーリンク

『Hedgehog Diaries』OP

こんばんは、bay fmHedgehog Diaries細美武士です。

 

今週も収録でお送りしまーす。

収録している現在はですね、2日前、9月2日の月曜日、午後2時55分を回ったところです。

 

えーっと、収録している今日か明日えーっと、昨日、大阪のRUSH BALLってフェスティバルに出演して、えーっと今日はこの番組を収録した後名古屋に車で移動して、明日からハイエイタスツアーのZepp Nagoya 2DAYSという工程で(笑)、えー、なんと、大阪のレコーディングスタジオで収録しています。

 

初めて来るスタジオなんですけど、ラジオ局じゃなくてレコスタでラジオ録るのもなかなかないので、楽しんでやってけれたらなと思っています。

 

MONOEYES 沖縄レコーディングの話

最後まで宜しくお願いします。

まずはメール一通紹介しましょう。

ユウイチから頂きました。

細美さんこんばんは、ユウイチといいます。

(こんばんは)

 

昨日はRUSH BALLお疲れ様でした。

(お疲れ様でした)

 

MONOEYESの新曲を沖縄で制作したということで。

 

3年前の『Get Up』以来ですね。

また、レコーディングそっちのけで海に行ったりしましたか?

 

沖縄でのエピソードも聞かせてください。

秋にはツアーもやるとのことで、エルレエイタスもライブあるのを忘れてるんじゃないかとい思うくらい忙しいですが、お体に気をつけてください。

 

と頂きました。ありがとうー!

まあライブは楽しいだけなんで、バンドが3つあるのは全然楽しいですよ。

 

うんとねー、今回は1週間位行ったのかな?5泊だったか6泊だったかで行ったんですけど、あのー、一日を除いて毎日泳いでましたね。

 

で、毎晩飲みには行ってたんで(笑)結構ね、胃腸が疲れてきてますね。

 

今日は名古屋に移動したら呑みに出ずにゆっくり寝ようかな、と思ってるところです!はい。

 

ただねえ、出来てるEPはまあ、かなりの自信作なんで、まだまだね、みんなのところに届くまでは時間かかると思いますが、楽しみにしていてください!



1曲目 The 1975『Sincerity is Scary』

えーっと、まずは一曲聴いてほしいんですが。

ルマからリクエスト頂きました。

The 1975で『Sincerity is Scary』。


ネット上の人間関係についての簡単な調査

 

細美武士 海外のファンに向けてのコメント

さて、メール、バンバン紹介していきましょう。

韓国から、セリーヌからメール頂いてますね。

英語なので、ちょっと訳しながら紹介しましょう。

細美さん、こんにちは。

ELLEGARDENが出演する「NANA-IRO ELECTRIC TOUR」のチケットを韓国から取ることは出来ないのでしょうか?

 

ライジングサンロックフェスティバルのようなシステムを導入してくれると嬉しいです。

 

彼らは英語のブッキングシステムのサイトなども利用しているので、ぜひご検討ください。

 

(笑)えーっと、すでに航空券だけは取ってしまいました。

 

ので、なんとかご検討ください。

 

とメール頂きました!

まあ今回ナナイロはね、アジカン主催なので、ゴッチにちょっと連絡してみようとは思ってるんだけど、もうすでにチケットの発売されちゃってるから、ま、今回は難しいかもしれないけれど、たしかに日本はこの辺が弱いところなので、これから色々検討していかないとな、と思ってます。

 

で、韓国のセリーヌからメールを貰ったついでに…ついでにって言ったら変なんですけど前回、なんだっけな、中国で、ネットファンクラブみたいなのやってくれてる方から、(笑)あの、「中国でもライブしに来てー!」って。俺行ったこと無いんだけど、みんなで呼びかけようって日があったみたいで。

 

すごいたくさんメール頂いた時に、ほんとはその時に読みたかったんだけど、ちょうどその時に香港のデモのニュースがあっ、タイミング的にハッピーなニュースだけ取り上げるのはどうなのかなー、と思って読めなかった、けど、ちゃんと目を通してるからね。

 

あの、メールありがとうございました。

 

細美武士 曲作りにおける「客観性」について

もう一通いきましょう。ラジオネーム・ユウから頂きました。

細美さんこんにちは、ユウです。

(こんにちは)

 

初めてメールを送らせてもらいます。

 

僕は今年受験生で、細美さんの曲に元気をもらいながら頑張っています。

 

早速質問なのですが、僕は息抜きに作曲を始めたのですがなかなか納得できるものが出来ません。

 

始めたばかりなので質を気にせずたくさん作っているのですが、やはり納得したものが作りたいです。

 

なので作曲のコツ・やり方などがあれば教えて頂きたいです。

 

長文失礼しました。

これからも体調に気をつけて頑張ってください。

 

と頂きました。なるほど。

うーん、作曲のやり方ってやっぱ人それぞれだし、最終的には自分の経験の中から身につけていくべきものだから。

 

俺のアドバイスがユウに役立つかどうかはわかんないけど、俺がその、高校生とか、中学だったかな?俺が最初に曲作った時のことを思い返して、その時の自分に今アドバイスすると、なんだろ、ラブレター書いたことあるかな、ユウは?

 

あのー、夜中にラブレター書いて、翌朝読むとさ、自分でもこっ恥ずかしくて読めないかった記憶、ない?

 

渡しちゃった後、「なんてこと書いてしまったんだ!」みたいな(笑)ああいう感覚、歌とかも思いが、強い思いがあって作るものなんだけど、その、自分の思いが全部溢れすぎた曲ってわりとね、行き過ぎてることが多いので。

 

その、「夜に書くな」って意味じゃないんだけど、ある程度の客観性というか、自分の思いを一歩離れたところから、その言葉の選びとか?を見つめられるような目線をちょっと持ってた方が、あのー、自分で後で聴いたときもすごい良い曲だなって思えるものが出来る、よ、って昔の自分にアドバイスしたいですね、はい、そんな感じです。



2曲目 OAU『Where have you gone』

さて、OAUのアルバムが、9月の4日にリリースになりました!

 

えーっと、その中から、俺もゲストボーカルで参加している曲、それを聴いてください。

 

OAUで『Where have you gone』。


【メーカー特典あり】 OAU (初回限定盤)(CD+DVD)

 

細美武士 細美武士「孤独」の時に聴く音楽とは?

さあ、後半もメール紹介していきましょう。

ヒロシから頂きました。

ヒロシです。Webエンジニアをやってます。

 

池袋で一人暮らしをして3年目になります。

 

1年目の時は一人暮らしは楽しかったのですが、2年目からとても孤独を感じるようになりました。

 

寂しさを感じないために趣味でもプログラムを書いたり、音楽を聴いたり、映画を観たり、友達と電話したり、ウォーキング・ランニング、時には友達と飲んだりして寂しさを感じないようにしているのですが、細美さんは孤独で寂しい時はどういうことをしていますか?

 

何かに集中して没頭している時の一人の時間は好きなんですが、何もしないでいる一人の時がとても奇妙に感じ、寂しくなります。

 

寝ればどうってこと無いのですが、このモードに入るとなかなか寝付けません。

 

と頂きました。なーるほどねー。

なんか、昔は俺、一人でいるのすごい好きだったから。

 

あのー、なんだろ、人といる時のほうが疲れる感じだったけど、最近はその、ほんとにいい仲間がたくさんできて、こう、一緒にいて疲れないっていうか、一緒に、一分一秒でも長くいたいな、って人達といるようになったので、あんまり、こう、孤独を感じる瞬間ってね、実は一人旅の最中くらいしか無いんだよ。

 

で、一人旅行ってる時ってその、生まれて初めて見る、見たことがない景色を見ながらの孤独だから、全く知らない景色を、例えば座って何時間とか眺める時に、わりと孤独とのミクスチャーって最高に心地よくて

 

なんていうのかな、あんまり困ったことがないので(笑)上手いアドバイスができないかもしれないけど、でもね、そういう時はポップミュージックよりもこう、なんていうの、マイノリティの気持ちに寄り添うような音楽を歌ってるようなものを聴くと、すごいなんか、「ああ、こういうことを感じてるのは一人じゃねえんだな」って感じていいと思いますよ。

 

おすすめはねー、何だな、何だろうな、90年代のグランジミュージックとか、あとはね、エモ系の音楽はいいんじゃないんかなと。オススメです。

 

細美武士 アメリカから帰国する時の話

さあもう一通いきましょう。

ジュンから頂きました。

細美さんこんばんは、ジュンと申します。

(こんばんは)

 

私事ですが、8月31日で8年5ヶ月間の東京生活を終えて、韓国に帰ります。

 

留学後、夢の仕事に就き、フリーランスになり、エルレのライブも観ることが出来て、目標は全部やり遂げました。

(すごい)

 

しかし、2003年から年に日本に旅行をするたび、あのドキドキが、今はその気になればいつでも旅行できるようになり、少しずつ薄くなっていくのを感じました。

 

今は東京はもはや夢ではなく、生活になってしまいました。

 

これからは次の目標のカリブ海クルーズに向かって頑張っていきます。

 

日本での最後の夜は、お別れのお酒を呑みたいですね。

 

多分号泣しながらも、美味しく飲んでいると思います。

 

と言いながら、ちょくちょく細美さんのライブを観に行きますが。

 

細美さんはアメリカから日本に戻ってくる時どんな気持ちでしたか?

 

空っぽになった部屋を見ながらどんな感情になったのか、よろしければお聞かせください。

 

今年のFar East Unionは韓国で参戦します。

 

韓国でのMONOEYESのは初めてなので、どういうライブになるか楽しみです。

 

長くなってしまいましたが、お体にはお気をつけて、近づいてくる夏の終わりを楽しみましょう。

 

と頂きました。ありがとう、ジュン!

そうですねえ、その、向こう…その海外でね、出張して、いたところの会社のマネージャーに、「転職しないか?」って誘われたことがあって。

 

「こっちに来るんだったら、グリーンカード(外国人永住権)取れるように頑張ってみるよ」なんて言ってもらったことがあって。

 

「あー、それもありだよな」と思ったのね、アメリカ文化すごい好きだったから、音楽も映画も。

 

で、同僚に、もう説得されて、俺は国に、そいつ、スペイン系の奴だったんだけど、

「国に、家族も恋人もいたけど、この、サンフランシスコの青空に、恋をしてしまって。それで俺はここに残ることに決めたんだ。お前もこっち来いよ」

って言われた時があって。

 

すげえ考えたんだけど、そこで残ってたらもちろん、ELLEGARDENは無いわけで。

 

あのー、今のミュージシャンの自分もないんだけどさ(笑)。

 

そん時俺は、「うーん、次の人生ではそっちの選択をしてみるよ」って言って、帰ってきたことがある。

 

から、わりと帰って来る時はすごい前向きにポジティブな気持ちだった、のと、「まあ行こうと思えばいつでも行けるからな」って。

 

例えばさ、このあと俺が、「じゃあ終の棲家どこにしようかな?」って思った時に、「やっぱり西海岸気持ちいいから引っ越しちゃおうかな」って思ったら、引っ越せるわけじゃん?

 

なので、なんだろう、今が、今の決断が全てじゃないな、と思って生きてるところが、あるからねあんまりそんな、悲しくなかった。

 

いつでもジュンも帰って来ればいいんじゃない?と思いました。



3曲目 MONOEYES『Two Little Fishes』弾き語り

さて、えーっと、先週出来なかった弾き語りを、やろうと思うんだけどちょっとここんところライブ続きでね、えー、新しい曲を練習する、余裕が無かったので、よくやってる曲、富山県のヤスエからリクエスト頂きました、MONOEYESの『Two Little Fishes』をやります。


Dim The Lights Tour 2017 at Studio Coast[Blu-ray]

 

ED曲 Taylor Swift『Lover』

細美武士がお送りしてきましたbay fm『Hedgehog Diaries』

 

今日はTaylor Swiftの『Lover』を聴きながらのお別れです。


ラヴァー

 

いやー、テイラー・スウィフトのルーツの、自分のね、テイラー・スウィフトのルーツであるカントリーミュージックの要素が出た曲って俺、すごい好きでね、良い曲だなって思いますね。

 

細美武士 今年の夏を振り返る

最後に一通メールを紹介しましょう。

熊本のナツミから頂きました。

細美さん、こんばんは。

先日山口県で開催されたワイルドバンチに子供と2人で行ってきました。

 

MONOEYESが大トリの2日目になんとか仕事の休みが取れたので、学校の課外授業やアルバイトで夏休みを満喫できていない子供にささやかなプレゼントになればと、深夜から車を走らせ、早朝から楽しみました。

 

熊本の「阿蘇大復興祭」でthe LOW-ATUSを体感し、細美さんとTOSHI-LOWさんのファンになり、初めてBRAHMANMONOEYESのライブが観ることが出来た我が子。

 

「かっこいい!」と感動し、興奮してキラキラした瞳で、帰り道はずっと感想を語ってくれました。

 

細美さんがMCで、「人の一生は花火みたいなもの。その一瞬に一緒にいてくれてありがとう」と話してくれたこと、そこに大事な我が子といて、きれいな花火をみんなで見たことを忘れません。

 

長くなりましたが読んでくださってありがとうございます。

 

MONOEYESのツアーと新曲を心から楽しみにしています。

 

と頂きました。ありがとう、ナツミ!

参照:

【南阿蘇大復興祭2018】TOSHI-LOW・細美武士・片平里菜だけでなく、参加者全員で作るイベント!
どうも、パンク大好きデミさん(@Takenoco0803)です。 2018年10月28日(日)、道の駅「あそ望の郷くぎの」(南阿蘇村久石2807)で南阿蘇大復興祭2018が開催されました。 このイベントは、2016年の熊...

 

いやー、夏が終わりましたね。

まだ残暑は相当厳しいのでお昼はたまにまだミンミンゼミとか鳴いてて、「あー、まだ夏なのかな」って思うけどやっぱりちょっと、ほんとの真夏は過ぎ去ったなっていう感じがしていて。

 

でも今年の夏はほんとに、なんだろう、MONOEYESをヘッドライナーに呼んでくれるフェスもあったりして、うーん、とても、楽しい、夏でした。

 

いっぱい海でも泳いだし、わりと思い残すことなく秋を迎えられそうです。

 

えー、秋が来る前、残暑が厳しい中、再来週ね、例の『怖い話特集』やろう。

 

なので来週の放送、このあと録っちゃうんだけど、そんなかでもまた「再来週やろうね」って言うので、皆さん、怖い話の準備を宜しくお願いします。

 

それじゃあ皆さんまた来週、さようなら。



細美武士 「今見えていることが全てじゃない」

はい、今週も始まりました、FAKE TALES OF CHIBA Zのコーナーです。

 

最後にメールを一通紹介しましょう。

福島県のアピから頂きました。

細美さんこんばんは、アピです。

(こんばんは)

 

久しぶりにメールを送らせていただきます。

 

私は現在21歳で、来年からは社会人です。

 

小さい頃は仲が良かった両親も、私が高校生の頃から仲が悪くなり、最近は離婚寸前です。

 

きっともう元に戻すことが出来ないほどのところまでいってしまい、毎日ピリピリしています。

 

現在は4兄弟の末っ子の私が実家暮らしで大学に通っていますが、私が家を出たらどうなるのか不安で仕方ありません。

 

両親とも私にとっては大切で、最低だと感じた父親も心の底からは嫌いになれず、はっきりしない自分にもイライラしてしまいます。

 

小さい頃は自分の好きなものに囲まれて、「嫌なことは嫌」と当たり前に言えて、家族の仲が良いのが当たり前だと思ってましたが、大きくなるにつれて父親も母親も一人の人間であり、偶然結婚したのであって夫婦は赤の他人だと思い知りました。

 

誰かに話を聞いてもらいたくても、家族の話は重いように感じて話をする気になりません。

 

細美さんは自分の家族の話を周りにしたりしますか?

 

何を書きたいのか途中で自分でもわからなくなり、ごちゃごちゃな上、長文失礼しました。

 

追伸。明日のハイエイタス・仙台、楽しみにしてまーす。

 

と頂きました。ありがとう、アピ。

うーん、そうですねえ、わかるなあ。

まあ、その、両親がずっと仲良くて、その、家族がずっと仲良いまま大人になった人もいるだろうけど、たぶんねえ、そうじゃない人達もすごいたくさんいて。

 

まあ、離婚率とかを見るとね、そうじゃない家庭もまあ、おんなじくらいあるのかなと思うんですけど。

 

その、俺もまあ、ちょっと家庭がわりとややこしかった時期があって。

 

それ、いくつくらいの時だったかなあ…中学の、まあ中学くらいの時だったかなあ、やっぱりその、すごい仲が良い家族の話をされるとそこにいて無性に腹が立ったりしてたんだよなあ。

 

なんか、友達の間でそういう会話になってる時にさあ、「いや、そういう奴ばっかりじゃねえんだよ」って胸ぐら掴んで押し倒しちゃったこととかあって。

 

なので、その気持ちは…うん、わかるんですけど、言えない感じもよく分かる(笑)なんかアドバイスの仕様がすごく無いんだけど。

 

なんだろ、うーんと、その、今見えてることが全てじゃないっていうかさ、その、もし、ご両親が離婚されてしまったとしても、その先、もっと関係が良くなるパターンとかもきっとあるかもしれないし。

 

その、今、「うわっ、これはもうどん底だ、最低だ」って思った出来事がそうじゃなくなる、代わる?またなんか新しいきっかけを作って、そこからまた良いものが生まれたりすることももちろんたくさんあるので。

 

その一点だけ見ると悲しくなるかもしれないけど、うん…まあ先はどうなるかわかんないな、くらいの余裕って言うかな?ちょっとだけ心のどこかにあったほうがいいんじゃない?

 

難しいとは思うけどね、そんな、感じです。

 

ありがとう、メールくれて。

またいつでもメールください。

話せなければ、ここに送ってくれれば、メール読んでなくても、あの、ラジオでね、オンエアで俺が読んでなくても、メール自体は読んでるんで、いつでも送ってください。

 

ということで、来週の分はこの後収録です。

 

引き続き大阪のレコーディングスタジオで(笑)収録しています。

 

それでは皆さんまた来週、さようなら。

コメント