【細美武士】「NANA-IRO ELECTRIC TOUR」復活に至る秘話を語る。

細美武士『Hedgehog Diaries』
デミさん
デミさん

パンク大好きデミさんです。

Twitter:@Takenoco0803

Instagram:@demisansan

プロフィール:デミさんはこんな人

2019年8月28日24時30分から放送の細美武士のラジオ、『Hedgehog Diaries』は収録でした。

 

アジカンテナーとの「NANA-IRO ELECTRIC TOUR」、それに至る話を細美さんが語ってくれてます。

 

それでは今回も長いですが、どうぞ。

 

ネットラジオはこちらから:

BAY FM Hedgehog Diaries

 

2019年9月5日、昼1200までの期間限定公開です。

スポンサーリンク

『Hedgehog Diaries』OP

こんばんは、bay fmHedgehog Diaries細美武士です。

 

今週も収録でお送りします。

 

収録している現在は、先週に引き続き8月19日の午後7時を回ったところです。

 

今回収録なのは、多分今頃ですね、MONOEYESが沖縄で新曲のレコーディングをやってます

 

ただね、ほんとに、今日までに曲が出来ているのか?

 

そして、ほんとうに(笑)、あの日数で録り切れるのか?っていうはてなはあるんですけど…まあ出来てるといいですね、はい。

 

そんな感じでやっていきましょうー!

 

まずは一通メールを紹介しましょう。

カズハから頂きました。

細美さん、こんばんは。

(こんばんは)

 

いつも楽しくラジオを聴いてます。

(ありがとう)

 

細美さん、今年はプライベートでキャンプは行かれましたか?

 

ニューアコではキャンプしますか?

 

と頂きました。

それがね、まだ行けてないんですよ。

だからあのー、去年あんなに大量に買ったキャンプグッズが活躍してないし、ニューアコもねえ、スケジュール的にもしかしたら日帰りにになりそうで…

 

どうしようかなあ。

まあ必ずどっかで一回、秋でもキャンプ行けるからね、冬でも行けるしね、行きたいなーとは思っています、はい。

 

んな感じです。

 

1曲目 Sam Smith『How Do You Sleep?』

一曲目はこれを聴いてください。

Sam Smithで『How Do You Sleep?』。

 

細美武士 セミを語る

さあ、メール紹介していきましょう。

サラから頂きました。

細美さんこんばんは、サラです。

今週の放送を聴いててふと思ったのですが…

(これ結構前のメールなんだけど、8月10日のメールだね)

 

細美さんは好きなセミっていますか?

 

私はアブラゼミもミンミンゼミも鳴き声を聞くと「夏が来たー!」ってめちゃくちゃテンションが上がって好きなのですが、ヒグラシの鳴き声を聞くと「風情があっていいなあ、日本に生まれてよかった」と思えて好きなんです。

 

ヒグラシの鳴き声を聞くとなんとなく夏の終わりを連想して少し寂しい気持ちにもなるのですが、それも含めて趣があるというか夏の風物詩の一つっていう気がするんですよね。

 

細美さんはどんなセミが好きですか?

 

と頂きました。

そうですね、やっぱりアブラゼミとかミンミンゼミが超元気よく泣いているとやっぱり、「まだ夏だ!」と思って安心するけど。

 

今日の放送がね、流れてる頃にはだんだん元気がなくなってきてるんだろうな、と思うんだよね。

 

まあセミの話は結構尽きないんだけど。

たしかに俺ヒグラシもすごい好きだし、夕暮れのさ、ヒグラシが鳴くあの感じは、あのセミをまた「ヒグラシ」と名付ける日本人の感覚も本当に素晴らしいなと、思うので。

 

まあセミの鳴き声全部好きですね。

あとこの間スコット(MONOEYES)と話してて。

 

「俺、セミの鳴き声ってめっちゃ好きなんだけど。夏って感じがして。どう?スコットもそうなの?アメリカでもそうなの?」

 

って言ったら、

 

「いや、セミって4年に1回しか鳴かないからね」

 

って言われて、えっ!って思って。

 

そしたら、アメリカにいる種類のセミって4年に1回羽化する、っていうか成虫になるんだよ、一斉に。

 

だから、不思議だよね(笑)周期がずれたやつとかいねえのかなって思うんだけど、4年に1回だけ、わー!ってセミの声がするんだって。

 

そうなんだ、へー、って思いました。

 

で、7年に1回しか出てこないタイプのセミもいるらしくて、面白いなあって。

 

それが同じ地域にいたら結構被るのに時間がかかるよなと思って。

 

28年に1回とかしか被らないもんね?

まあそんな話(笑)は置いといて、はい、セミはなんでも好きです。

 

まだね、セミの話はあるんですけど、またいつか、はい。



細美武士 新しくファンになってくれた人へのメッセージ

もう一通いきましょう。

アンコから頂きました。

こんばんは、初めましてのアンコです。

(こんばんは)

 

3日の土曜日、人生初のフェス、初のロックインジャパンに行きました。

お友達がおすすめのハイエイタス、実は初めて観ました。聴くのも初めてでした。

 

細美さんの楽しそうに歌う姿はもちろん、夕暮れのあの暑さとみんなの熱気、音の迫力、色んなものが感動でした。

 

Regrets』の時の細美さんの歌う姿が忘れられません。

 

最高に気持ちよさそうで、その後にアルバムを毎日聴いてますが、聴くたびに泣きそうになります。

 

これまでのハイエイタスは知りません。

 

ネットで色々調べます。

でも私はロッキンのあの時の細美さんが大好きです。


Our Secret Spot

 

ありがとう、なんかとても、嬉しい、嬉しいですねそう言ってもらえると。

 

ただ、こう、色々調べていくうちに予想もしなかった感じの人間像が出てきて失望されるんじゃないかって気もまあしなくもないですけど、はい。

 

それも含めて楽しんで頂けたらいいですね、はい。

 

2曲目 Slushii『Never Let You Go (feat. Sofia Reyes)』

もう一通いきましょう。

えーっと、チヒルンから頂きました。

なんかディヒルンみたいですね。

細美さんこんばんは、チヒルンです。

(こんばんは)

 

Our Secret Spot Tour』の東京2日目、最高でした。

 

10周年おめでとうございます。

私は寝る時にイヤホンで音楽を流さないと寝れないのですが、アルバムが発売してから『Moonlight』をいつも寝る時に聴いています。

 

眠るのにピッタリの曲で、気持ちよく眠れます。

 

素敵な曲をありがとうございます。

なので、解説とリクエストをお願いしたいです。

 

宜しくお願いします。

と頂きました。

わかりました、じゃあこの曲の、今から聴いてもらう曲の次に『Moonlight』をかけて解説したいと思います。

 

まずはこの曲を聴いてください。

Slushiiで『Never Let You Go (feat. Sofia Reyes)』。

 

この曲はジョニーからもリクエスト頂いてました。

 

細美武士 ナナイロ再びの秘話を語る

さて、メール紹介していきましょう。

東京都のモカから頂きました。

細美さん、こんばんは。

(こんばんは)

 

以前、「ゴッチ(ASIAN KUNG-FU GENERATION)ホリエ(アツシ・ストレイテナー)さんとでご飯に行かれたんですねー」というメールを読んで頂いた、モモカ…あ、モカと申します。

(お久しぶりです)

 

NANA-IRO ELECTRIC TOUR』の復活、本当におめでとうございます。

 

あの3人でのご飯の時にそんな素敵な企画が持ち上がっていたとは!

 

「いつか、大好きなエルレ・テナー・アジカンの対バンが観たいなあ」とずっと願ってきたので、嬉しくて仕方ないです。

 

チケット取れるといいなあ。

 

アー写が、楽しい飲み会をそのまま切り取った写真で素敵でした。

 

何かその日のエピソードがあれば教えてください。

 

あとフジロックに行かせて頂きました。

たくさん大好きな曲をやってくださり、素敵な思い出になりました。

 

ありがとうございました。

 

と頂きましたー。ありがとう、モカ!

そうですねー、うーんとねえー、まあ、その、『NANA-IRO ELECTRIC TOUR』はエルレの復活が決まって、ツアーやってた時だったかなあ…去年の長崎のスカジャンアジカンと、ストレイテナーが出てて、俺はMONOEYESで出たんだけど。

 

参照:

【MONOEYES】Sky Jumboree インタビュー!
どうも、パンク大好きデミさん(@Takenoco0803)です。今回は8月22日ON AIRの、FM Nagasaki『Spicy voxx』。Sky Jumboree 2018に出演したMONOEYESの4人のインタビューがなかなか興...

 

その、久しぶりにゴッチホリエアツシと俺と3人とで袖で何かのバンドを見てる時に、「そういえばこの3人ってナナイロで始まったんだよな」みたいなのを思い出して。

 

で、エルレも始まったから、なんとなく?「ナナイロ、もう一回やれたら楽しいよね」なんて、まだその時はほんとに、雑談の中の思いつきで言っただけだったんだけど、なんかそれが、その時の言葉の種がなんとなく3人の心の中にあって。

 

で、モカからメールもらった時の、飯の時に、あれ、単純に飲みに行っただけなんだけどさ、「そういえばそんな話してたよね」「やる?」「やれんのかな?」みたいな。

 

「じゃあやれるかどうかちょっと調整してみようか?」とか。

 

で、会場押さえられるかどうか、とかを、結構長い間時間をかけて色々動いたら、どうやらやれそうだぞ、ということになったので、まあ実現しました。

 

「じゃあ実現するのに、初日にね、なんか楽屋で会う、っていう感じじゃ嫌だよなあ、ナナイロやるんだから。じゃあみんなで飲みに行こう」

 

って飲みに行ったのが、この写真になってる、あの時なんだけど。

 

なんだろ、わりと忙しい3バンドが全員、空いてる日があった、だけでも結構すげえなと思いつつ、もうなんか、やっぱり縁があるんだな、と思いつつ飲んでました。

 

もう正直に思ったのが、「老けたなー、みんな」っていうのが俺の、自分も含めね、撮った写真見ても(笑)ほんとに、おじさんになったなあと思って。

 

喋ってる内容もみんな角が取れちゃってさ、すごいこう、本当に、おっさんが、何人だ?4、4、4、12人のおじさんが、ただ焼鳥食って飲んでただけでしたね、はい。

 

(笑)そんな感じでした。



細美武士 BUCHi BRiGHT CARNiVAL1への意気込み

さあもう一通いきましょう。

細美さんこんばんは、コウスケと言います。

(こんばんは)

 

BUCHi BRiGHT CARNiVALへのソロ出演、ありがとうございます。

 

会場が岡山県倉敷市ということで、僕自身被害のあった倉敷市真備町にボランティアに行きましたので、細美さんが忘れずに支援してくださるのはありがたいです。

 

地元の会場で細美さんのソロライブ、西日本豪雨災害の復興支援ということで素晴らしい公演になること、今から非常に楽しみにしています。

 

長文失礼しました。

 

と頂きました。

そう、これはねえ、まあ、(降谷)建志MEGUMIちゃん?に誘われて、ぜひやりたいなと思ってた、ので。

 

最近ね、その、真備にも足を運べてなくて申し訳ないな、と思うんだけど、またこういう形で、その、西日本の豪雨災害に何らかの、まあ、関われることが出来るというのはすごく嬉しいですね、はい。

 

楽しみにしててください。良い歌歌うように頑張ります。

 

細美武士 the HIATUS『Moonlight』の解説

さて、今日はハイエイタスの新譜から、『Moonlight』を…

 

そう、先週やってなかったじゃん!って人いるかもしれないけど、先週ごめんなさい、あの、なんとなく放送で触れられずに、FAKE TALES OF CHIBAっていうネットのおまけコーナーの方でやっちゃいました。

 

えーっとですね、『Moonlight』は、なんだろうなあ…なんか、その、「どうやってこの曲生まれたんですか?」ってよく聞かれるんだけど、すごい、生まれは、わりと数学的なところで。

 

もう、いっぱい曲作ってたのね、ハイエイタスの新譜に、入れようと思って。

 

その曲で、やっぱり、バー(bar・小節)っていうかさ、あの、なんていうんだ?えーっと、小節?何小節っていうじゃない?1小節目、2小節目とかの、あのバーがね、4で回るのがなんかもうすごい耐えられない瞬間があって(笑)。

 

こう、コードも4小節でなんかこう循環するのとか、拍もなんかこう4拍で次のバーに行かないといけない感じとかにもう、なんか、「もういやだ!4ってなんだ!」って思って。

 

絶対に4じゃないけど聴いてて気持ちいい曲を絶対作りたいな、と思って。

 

もう4の支配から逃れたい、ただその一念でですね、作った曲です、はい(笑)。

 

聴いてください。

the HIATUSで『Moonlight』。


Our Secret Spot

 

ED曲 BRAHMAN『今夜』

細美武士がお送りしてきたbay fmHedgehog Diaries』。

 

今日はBRAHMANの『今夜』を聴きながらのお別れです。


梵唄 -bonbai- (初回限定盤)(CD+DVD)

 

細美武士 「人間は動物である」

さあ、最後にメール、一通紹介しましょう。

ドンタクから頂きました。

細美さん、こんばんは。

私は福島県在住の19歳、大学2年生です。

 

Our Secret Spot』をフラゲして聴きました。

 

最近私は、自分の中の変化に追いつけていないことを感じています。

 

その変化の中には好きなアーティストの曲を聴いて涙する、というような良いところもあるのですが、殆どが悪い方向に向かっていると思ってます。

 

すべてがどうでもいいと思う瞬間も増えてきたような気がします。

 

細美さんはこのような感情になったことはありますでしょうか?

 

もしあれば、どうやって乗り越えたか教えて頂きたいです。

 

長く拙い文章で申し訳ありませんが、宜しくお願いします。

 

と頂きました。なるほどねー、ドンタク。

もちろんありますよ、全てがどうでもいいって瞬間、ありましたよ。

 

まあ、最近も、無いわけじゃないんだろうな、と思うけど、付き合えられるようになってきただけかもしんない。

 

その、ただ思うのは、その、自分の中から生まれてきた感情?それはどんな感情であれ自分の心だから。

 

とりあえず、まずは否定しないで聞いてあげる?脳みそで、心の言ってることをちょっと聞いてあげるのは大事なんじゃねえのかな、って思うんだよ。

 

なんでか?っていうと、だいたいどんなことにも理由があるから。

 

で、何のせいでそうなっているのかを考えていったりとか、やって、自分の心を守ってあげたり大事にしてあげたりする?

 

だって、人間は動物だから。

感情があるし、本能があるから、理論や、その、なんていうの?筋の話だけでさ、全てが解決するわけではないと、俺は思うのね。

 

だからそこを、「いいや!」って否定せずに一度ちゃんと向き合ってあげるのがとても、大事なんじゃないのかなと、思います。

 

そして、なんだろ、小節や映画ばっかり観てるとさ、すごく、いっつも正しくて、いっつも正しい選択が出来て、ポジティブな人とか出てくるじゃん?

 

あんな奴はいないからね!

やっぱ人間誰しも、腹黒いところはあったりドロドロしたところはあったり、人に言えないことあったりするもんだから。

 

なんか、それを全部無くした無菌のロボットのような、そんな(笑)そんな動物はいないぜ、きっと、この、地球上に。

 

と俺は、思うんですけどね、どうでしょう?

 

さて、今週ほんとはね、弾き語りの週だったんですけど先週やっちゃったので。

 

えーっと来月どっかで、2回やれたらなと思っています。

 

ちょっと、色々、ズレズレになっちゃっててすいません!

 

それじゃあ皆さんまた来週、さようなら。



細美武士 「中身を見てくれる人はかならずいる」

はい、今週も始まりました、FAKE TALES OF CHIBA Zのコーナーです。

 

最後にね、一通メールを紹介しましょう。

まあセミの話でもいいかな、と思ったけど、セミの話しすぎだよね(笑)。

 

あの(笑)、あと、8月中に怖い話大会できなかったので9月にね、なんつうんだっけ?残暑、残暑を吹き飛ばす感じでやりましょう、どっかで。

 

はい、最後に一通メールを紹介します。

ショウタから頂きました。

細美さんこんばんは、ショウタです。

(こんばんは)

 

連日のライブお疲れ様です。

(はい、大丈夫ですよ)

 

突然ですが聞いて頂きたいことがあり、メールさせて頂きました。

 

細美さんはもし自分の会社のスタッフを採用するってなった時、どういう基準を持って選びますか?

 

私は今アルバイトを繋ぎながら定職を探しているのですが、採用に至りません。

 

つい先日も不採用になりました。

 

能力不足・年齢・印象・その他諸々原因はあると思います。

 

ただ、不採用の通知を受けるたびに、自分の吃音のせいにしてしまいます。

 

吃音のせいでコミュニケーションが取れないのは致命的だし、雇用する側も敬遠するのはもちろんだと思います。

 

話すことが少ない仕事を選んでも、バカにされたりして悩んでしまったり、そもそも人と接する仕事がしたいのにそれが出来ない悔しさで悩んでしまいます。

 

かっこいい大人だと思える細美さんが、このメールに目を通してくれていると思うだけでまだ頑張れます。

 

私事で本当に申し訳ありませんでしたー。

 

追伸。

次に細美さんの歌が聴けるのはECHOESになりそうです。

 

それまで頑張ります。

まだ暑い日が続きそうなので、お体ご自愛ください。

 

と頂きました。ありがとう、ショウタ!

おー、そうかー。

まあね、綺麗事ばっかり言うわけにはいかないからね。

 

その、もちろんそういう、障壁みたいなものはあるんだろうとは思うけど、でも、なんだろ、それとさあ、ショウタの人間性っていうの?その、ショウタの人間としての存在って、あんまりそこに左右されないじゃん?ぶっちゃけ。俺本気でそう思うんだけど。

 

だから、そういうところを見てくれる人?そういうことを見てくれる会社?に出会うまで時間はかかるかもしれないけど必ずあると思うよ。

 

で、なんつうのかな、まあそれくらい、しっかり中身を見てくれるところ、が決まるまで、仕事を探し続け、て、決まった暁にはなんか、なんとなく決まっちゃった人よりは、もしかしたら良かったりするかもしんないよ。

 

と思いました。

なんか、うん、本気でそう思ったのでそんな話でした。

 

じゃあ、ECHOES怪我しないでね。

けっこうね(笑)、客席派手なことになるから、気をつけてね。

 

それじゃあー、ECHOESで会いましょう。

それじゃあ皆さんまた来週、さようなら。

コメント