【細美武士】禁止されているライブ中の撮影について持論を語る!

細美武士『Hedgehog Diaries』
デミさん
デミさん

パンク大好きデミさんです。

Twitter:@Takenoco0803

Instagram:@demisansan

プロフィール:デミさんはこんな人

2019年8月15日放送、細美武士のラジオ『Hedgehog Diaries』は収録でした。

 

最後のコーナーで、禁止されているフジロックでのライブ撮影について意見をしています。

 

それでは今回も長いですが、どうぞ。

 

ネットラジオはこちらから:

BAY FM Hedgehog Diaries

 

2019年8月22日、昼1200までの期間限定公開です。

スポンサーリンク

OP・終戦記念日について

こんばんは、bay fmHedgehog Diaries細美武士です。

 

今週も収録でお送りしております。

 

収録してる現在はですね、えーっと未だ8月4日日曜日の午後8時位なんですが、放送されている現在は日付が変わり8月15日、74回目の終戦記念日を迎えました。

 

74年前のあの大戦がこの、今の世界にも大きく遺恨を残して、影を落としていることを考えるとですね、なんていうんだろ…新たな戦争がそれを何か解決に導いたりするようなことは絶対に無いと言い切れると、思います。

 

えー、この終戦記念日に、まあ色んな、式典とかをね、目にする中で、もう一度、平和とは一体どういうものなのか、みんなで考えていければな、と思います、はい。

 

細美武士 2019年後半MONOEYES動きます

さて、早速メールを紹介していきましょう。

アヤから頂きました。

細美さんこんばんは、アヤです。

(こんばんは)

 

先週の放送での、『Our Secret Spot』のお話を聴いて、「私の秘密の場所ってどこだろう…」って考えた時に出てきた答えがMONOEYESでした。

 

人生17年目にして周りの友人との付き合い方がわからなくなったり、これから数年間同じクラスになるであろう人が苦手だなあと思ったり、なんだか最近自分の居場所がないなあと思うことが多くなりました。

 

でもMONOEYESを聴いている時、ライブを観ている時、その時だけ「ここが私の居場所だ」と思います。

 

ライブは知らない人と肩を組んで一緒に歌ってダイブして、みたいに、唯一自分が自分らしく居れる場所です。

 

秘密ではないけど私の居場所だな、って思います。

 

細美さん、私みたいな人間の居場所を作ってくれて、元気をくれて、本当に本当に有難うございます。

 

長くなってしまいすいません。

最近とても暑いので、お体には気をつけてくださいね。

 

と頂きました。ありがとうー!

そうですね、今年も後半に向けMONOEYESの活動、活発になっていくんでお楽しみに!

 

1曲目 Sam Feldt『Post Malone feat.RANI』

まずは一曲聴いてください。

Sam Feldtで『Post Malone feat.RANI』。

 

これめっちゃわかりづらいな、サム・フェルドなのかポスト・マローンなのかラニなのか…

 

まあ混乱する人たくさんいると思いますが、サム・フェルドラニをフィーチャリングして、ポスト・マローンという曲でした、はい。



細美武士 TOSHI-LOWとチバユウスケのチューについて

さ、引き続きメールを紹介していきましょう。

トントンから頂きました。

こんばんは、トントンです。

暑中お見舞い申し上げます。

(ありがとう、トントン)

 

先日のハイエイタスZepp Tokyo2日目に遊びに行きました。

 

音源とはまた違った聴こえ方で、重低音が心地よかったです。

 

音楽の感動を言葉にするのは私にとってすごく難しいのですが、ステージ上で生み出されて重なった一音一音のエネルギーが、ハメハメハみたいに突き刺さってくる感じでした。

 

こんなすごい音楽はハイエイタスでしか味わえないと思ったし、ハイエイタスという音楽のジャンルをこれからも肌身で感じたいです。

 

それと、最後の細美さんの「もし今まだ売れてない若いバンドマンがいたら…」というMCに背中を押されました。

 

私はバンドをしているわけではありませんが、今年は大学受験が控えていて、個人的なけじめとして最後のライブにしようと思っていたので、最後まで頑張ろうと思いました。

 

無事に受験が終わったら報告させてください。

 

また笑顔でライブハウスに遊びに行けるように頑張ります。

 

追伸。

TOSHI-LOWさんがチバ(ユウスケ)さんにめちゃくちゃチューしてる動画が(横山)健さんのインスタから流出していますが、ご覧になりましたか?

 

TOSHI-LOWさんは恋人がいるのに大丈夫なのか?」「細美さんはショックを受けないか「」という声がファンの間で上がっています。

 

これもまあ2週間も前の話だからね、みんな忘れてると思うけど、あのね、そんなね、浅い愛じゃないんだよ、俺達の愛情は

 

(笑)だから、なんていうんだ?「Save The Last Dance For Me」だよ。

 

あの、最後のダンスをね、俺のためにとっておいてくれてらそれでいいよ。

 

どんだけチバさんとチューしても大丈夫です、はい。

 

細美武士 新譜リリースは受け取る側も特別なこと

さあ、次のメールいきましょう。

ノンから頂きました(笑)。

細美さんこんばんは、ノンです。

(こんばんは)

 

アルバム発売おめでとうございます。

(ありがとう)

 

待ちきれずフラゲしていたのですが、受験生の私にとって唯一の楽しみは音楽だけなので、「毎日2曲ずつだけ解禁していくんだ」と決めていました。

 

初日に『Servant』が来た時は早くも史上最高を更新してきて焦りましたが、約1週間かけて『Moonlight』に辿り着いた時は旅を終えた気分でした。

 

私は音楽的な技術のことはわからないけど、それぞれの音一つ一つが気持ちよく体に染み込んで広がる感覚はハイエイタスがダントツです。

 

個人的には『Firefly』がすごくお気に入りで、一葉さんのピアノと細美さんの歌詞が合わさると自然と悩みが吹き飛んで前向きになれてます。

 

毎日ウズウズしながら勉強して、夜、一人真っ暗な部屋でハイエイタスを聴いてる時間は、本当に私のSecret Spotです。

 

一つのアルバムをこんな丁寧に聴いたのは初めてだったし、高校生でハイエイタスに出会えたことはこれからの人生の中でも大きな意味があるような気がしています。

 

でもなんとなく他の同級生には教えたくない気分です。

 

今年はライブには行けないけど、絶対第一志望の大学に合格して、いつかライブハウスに感謝を伝えに行きます。

 

皆さんお体には気をつけて、これからのツアー頑張ってください。

 

いつも本当に有難うございます。

 

と頂きました。ありがとう、ノン。

うーん、なんかそんな丁寧に聴いて貰えると、嬉しいですねえ。

 

まあ先週ちょっと触れたと思うけど、その、ハワード・ジョーンズさんと話したりした時に、その、レコードを受け取る側にとってもとても特別な出来事なんだな、リリースって、と思うと、まあこれからのミュージシャン人生、さらに、気合が入りますね。

 

参照:

【細美武士】 the HIATUS『Life in Technicolor』に隠されたエピソードを語る。
あんまりにも夕日が綺麗で、「ダメだ、走りてえあれに向かって」って思った衝動に従える人生で俺は良かったな、って俺は思うのよ。なんかそれを抑えなきゃいけないシーンにしかいない、いれない人達もたくさんいるじゃない?だからそういう、走り出したいって思った時に走り出せるあの喜びみたいなものを曲に詰め込みたくて作ったのが、『Life In Technicolor』。

 

いいメールありがとう!

 

2曲目 Red Hot Chilli Pipers『Wake Me Up』

本日はサラからリクエスト頂きました。

Red Hot Chilli Pipers(レッド・ホット・チリ・パイパーズ)で『Wake Me Up』。


Wake Me Up

 

そう、エルレのドラムの高橋の、地元の友達がさ、フジロック、チケット買って、来てたんだって。

 

で、チケットを取った時にさ、「いやー、だってエルレも出るしさ、レッチリも出るから観に行くよ!」って(笑)。

 

レッド・ホット・チリ・ペッパーズだと思ってたらしくて、高橋は「気の毒でね、ほんとのことが言えなかった」って言ってましたね(笑)。

 

「言ってやれよ!」って思ったけど(笑)。

 

細美武士 蝉の鳴き声が好き

はい、後半戦もメール紹介していきましょう。

ラジオネームありません。

こんばんは。

(こんばんは)

 

細美さんは暑い夏に幸せって感じる時はどんな時ですか?

 

おすすめの食べ物とか飲み物を教えてください。

 

と頂きました。

そうですね、俺やっぱ蝉の鳴き声がすごい好きで。

 

ミンミンミンミン言って、「暑っちいー!」みたいなのがすごい好きなんだけど、なんでそれがそんなに好きなんだろう?って思ったら、まあその、いくつも理由があるんだけど。

 

そのうちの一つが、俺の行ってた小学校ではね、地元のすごいちっちゃな、こう、コミュニティで集まって、毎朝ラジオ体操をやって。

 

俺達の世代はみんなやってたと思うんだけど、朝6時とか6時半、涼しい頃にやるんだよ。

 

で、俺達の場合はお寺の境内だったんだけど、お寺の境内に行ってラジオ体操をやるとハンコを貰えるわけ。

 

で、そのハンコがひと月全部付くと、特別なんか貰えたわけでもなんだけど、なんかすごい嬉しかった気がするんだよな。

 

その、家からめっちゃ近いから、もう、もちろん一人で行くのね、小学校低学年でも。

 

あの、お寺に向かって、家を出て、こう、走ってる時の、記憶なんだね、あの、蝉がミンミンミンミン鳴いてて。

 

「暑っちー!」って言いながらもちょっとでも日陰を多く通ろうとしてた、なんかあの頃を思い出して、すごい、なんか嬉しくなるんだよな、はい。

 

細美武士 「約束」は未来を確定させる唯一のもの

もう一通行きましょう。

マサから頂きました。

こんばんは、マサと申します。

多分初めてメールします。

(こんばんは)

 

ちょっと身の上話をさせてください。

先日はじめてフジロックフェスに参戦しました。

 

小学校の時に出会ったELLEGARDEN

当時は幼かったため、遠くのライブに行くことも叶わず。

 

中学校の時に活動が休止。

ずっとずっと細美さんの「いつか再開する」のような言葉をただただ信じ、ずっとエルレのそれぞれの曲を文字通り何百回・何千回と聴いてきました。

 

そんな僕にとって、最も大事で一番のバンドのライブを観られる時が来たんです。

 

始まる前は夢見心地で、でも泣きそうでなんとかこらえていたのですが、本物の4人のパフォーマンスを観て、今までの11年の我慢していた何かが崩壊して、涙が止まりませんでした。

 

齢27にして、ずっと止まらないんです。

今もこのメールを書いて、やっぱり泣いてしまいます。

 

僕の周りの友人はエルレの話をすると、「ああ、解散したあのバンド?」というスタンスで言ってきていました。

 

その都度訂正して、ずっと信じ続けてきました。

 

信じてきて良かったです。

ありがとうございます。

そしてこれからも大好きです。

 

出てくる言葉を書き殴ってるのでめちゃめちゃかもしれません。

 

別に放送で読まれたいわけじゃないんです。

 

この、ありのままの気持ちが伝わればと思います。

 

長文失礼しました。

 

ありがとう、マサ!

読んじゃったけど、ラジオで(笑)。

うーん、まあほんとに、今更ながら、ハワード・ジョーンズのライブに行った時にすごいこの気持ちがわかったので。

 

長い間待たせちゃったな、って気持ちもあると同時に、約束を違えずにすんだこと、本当に良かったなあと、思いますね。

 

昔から思うんだけどやっぱりさ、こう、人間って未来が不確定だからものすごい不安じゃない?

 

明日のことがわからない、もっと先のことはもっとわからないからやっぱり不安なんだけど、でも約束ってのはその、まあ人間が作り出した数々の、文化の中でも、本来の機能はとても素晴らしいものであって。

 

唯一、未来を確定させることが出来るものだなと思うから、やっぱり、破っちゃいけないものなんだろうな。

 

だから簡単に約束もしちゃいけないんだろうな、って感じは、うーん、最近特に思いますね。

 

素敵なメールをありがとう。

 

3曲目 ELLEGARDEN『スターフィッシュ』

今日はね、リクエストを頂いてまーす。

えー、カズハから頂きました。

細美さん、こんばんは。

(こんばんは)

 

先日開催されたフジロック、毎年行きたいと思っててもなかなか行動できずにいたのですが、11年ぶりELLEGARDENの出演を知って、すぐに申し込みに行ってきました。

 

レインコートを自分の椅子に置いたままステージの方に向かってしまったため、ライブ直前に降り出した雨で全身ずぶ濡れになりました。

 

でもライブが始まったら本当にそんなことどうでも良くなりました。

 

スクリーンに映るメンバーの顔やお客さんの顔が素敵で、本当に感動しました。

 

一曲一曲、一瞬も聴き逃したくない、全身全霊をかけてELLEGARDENを観てきました。

 

私にとって宝物の思い出がまた一つ増えました。

 

ありがとうございます。

フジロックの最後の曲だった『スターフィッシュ』、リクエストさせてください。

 

と頂きましたー。

もちろんです。

じゃあ今日はこの曲を聴いてください。

 

ELLEGARDENで『スターフィッシュ』。


2008.09.07 STUDIO COAST [DVD]



ED曲 Chris Brown 『Don’t Check On Mefeat. Justin Bieber & Ink』

細美武士がお送りしてきました、bay fmHedgehog Diaries』。

 

今日は、Chris BrownDon’t Check On Mefeat. Justin Bieber & Ink』を聴きながらのお別れです。

細美武士 「借金」についての意見

最後に一通メールを紹介しましょう。

宮城のダーナカから頂きました。

こんばんは、宮城のダーナカです。

(こんばんは)

 

細美さんは、利用されるとわかっていてもその人達が好きなら利用されますか?

 

利用されることは私にとってとてもリスクの高いことです。

 

具体的にはコンサルを受けるお金が学生で無いから、借金してお金を作ってね、って話です。

 

受けた方が、今後の人生が輝くと言われています。

 

その方たちは東日本大震災の復興支援チャリティ活動をしています。

 

その活動を応援して手伝っているうちに、「実はコンサルをしていて、お客になってみない?」と誘われました。

 

殆どが女性で親しみやすくて楽しくて、その人達は大好きです。

 

このままみんなと一緒にいたいです。

しかし、お金で繋がる関係性でもあります。

 

離れたくなくて借金するのか、借金するだけの価値がコンサルにあるのか、決断できずに迷っています。

 

やるもやらないも自由ですが、やらないといけない圧はあります。

 

騙されているのでしょうか?

好きな人達であんな風になりたいです。

 

学生はまず卒業することが先ですか?

細美さんはどうしますか?

 

と頂きました(笑)。

この短いメールで具体的なことはわかんないけど、俺の個人的な感想だけ言うね。

 

こんなことで借金、絶対しないほうがいいと思うよ、ほんとに。

 

あのー(笑)、うん、働き始めて、返せるアテがあってからじゃねえか?借金するっていうのは順番的にも。

 

で、そもそも、まあ俺は昔、借金で痛い目を観てるのでおんなじ目にはあってほしくないから言いますが、あのね、持ってないお金で買い物って出来ないからね。

 

で、借りるっていうのは、今、生み出せないお金、だから借りるわけで。

 

それはきっとその先も返せないからね、よっぽどのことがない限り。

 

だから、諦めなさい。

 

はい、ということで来週の放送はどういう…いつ収録するとかは、えっとー、ネットでチェックしてください。

 

それでは皆さんまた来週、さようなら。

 

細美武士 ライブ中の撮影者について

はい、今週も始まりました、FAKE TALES OF CHIBA Zのコーナーです。

 

なんだろ、2週分の収録を終えてこのコーナーになってようやく声が出だした気がするんですけどまあ今さら(笑)だよね(笑)。

 

最後にメールを一通紹介しましょう。

マリコから頂きました。

細美さんこんばんは、マリコと申します。

(こんばんは)

 

初めてメールさせて頂きます。

フジロックお疲れ様でした。

 

私自身人生初のフジロック参戦でしたがとても貴重な経験となりました。

 

エルレのライブももちろん最高だったのですが、禁止されているのにもかかわらず撮影してる人を多く見かけました。

 

注意をしても無視され、挙げ句の果てには逆ギレされて殴られて…

(マジか!)

 

「そんな奴らは気にせずに楽しめばいい」と言われてしまえばそれまでなのですが、撮影が横行している光景を見て悔しくて泣けてきました。

 

ステージからは無断撮影が行われていることを把握されていましたでしょうか?

 

細美さんはこのことについてどうお考えなのかお聞かせ願いたいです。

乱文失礼しました。

 

一部のファンがどうであろうとエルレが大好きなのは変わりありません。

 

これからも大好きでいさせてください。

 

ハイエイタスのツアーも楽しみにしてますねー。

 

と頂きました。ありがとうー。

大丈夫だったのかな、殴られて…

まずは暴行を受けたんだったらちゃんと被害届を出して、傷害で訴えるくらい動きたいなと思ったら動いていいんじゃない?

 

まあそれは、なんていうんだろ、犯罪だからね。

 

うん、あとはね、どこへ行ったってバカはいるよ、っていうのが俺の考え方。

 

で、人が多く集まれば集まるほどバカ増えるんで、絶対数が増えちゃうから。

 

俺があんまり大きいことをやりたくないのは昔からそういう理由なんですけど。

 

ただ、みんなの、よく知ってる通り俺は自分が我慢できなかったら黙ってる性格じゃないんで、どんな状況のライブだろうが。

 

なので、俺が黙ってるってことは(笑)あいつも我慢できてんだな、って思って。

 

その、みんなが危険な目に遭うくらいだったら、そんくらいに受け取ってたほうがいいんじゃないですか。

 

で、本来そこを頑張るべきなのは、みんなじゃなくて、あのー、フジロックだからね。

 

うん(笑)、あんまり、その、危険な目に遭うことはしないでほしいけど、でも、言いたいな、と思ったのをこらえなかったのは、すごい、かっこいいと思いますよ。

 

はい、気をつけてね、これからも宜しくお願いします。

 

それじゃあ皆さんまた来週、さようなら。

コメント