【細美武士】『LONESOME』(ELLEGARDEN)ができた当時を振り返る。

細美武士『Hedgehog Diaries』
デミさん
デミさん

パンク大好きデミさんです。

Twitter:@Takenoco0803

Instagram:@demisansan

プロフィール:デミさんはこんな人

2019年6月12日放送、細美武士のラジオ『Hedgehog Diaries』は生放送でした。

 

今回も長いですがどうぞ。

 

ネットラジオはこちらから:

BAY FM Hedgehog Diaries

 

2019年6月20日、昼1200までの期間限定公開です。

スポンサーリンク

OP

こんばんは、bay fmHedgehog Diaries細美武士です。

今週は都内某所から生放送でお送りします。

 

えー、まずは、このラジオを聴いてくれてるみんなに報告があります。

the HIATUSの新譜のレコーディングが終わりました

 

無事、収録曲…10曲なんだけど、10曲分の歌入れが終わって、あとはその、「歌入れ終わるまでちょっと待ってて!」って言って山積みになってた仕事がどばーっ!と来てる感じですね、はい。

 

細美武士 そもそも自分が嫌いな人からは誘われない

まずはメール紹介していきましょう。

チョコタロウから頂きました。

こんばんは、チョコタロウです。

無類のお酒好きの細美さんに相談です。

 

好きでもない人や苦手な人から飲みに誘われたらどうしますか?(笑)

 

細美さんの対応方法を教えて下さい。

 

ハイエイタスの6枚目のアルバムを楽しみにしております。

と頂きました。ありがとう、チョコタロウ。

えっとねー、まず、俺はね、お酒が好きなわけではないんだよね。

あの、人…友達…好きな人たちといる時にお酒を飲むのが好きなだけで。

家では全く飲まないんで。

 

あのー、それもあるし、たぶん俺は苦手な人とかにはそれがすごい伝わるような接し方を…良くないんだけどね、してしまってるような気がするの。

だから苦手な人にはバレてると思うので、誘われることはまず無いですね、はい。

良いのか悪いのかわかんないですけどね。

 

えっとー、レコーディングにかまけて、周りの音楽あんまディグって無い時期に、クランベリーズの新譜が出てました。

聴いてください、The Cranberriesで『All Over Now』。

The Cranberries – All Over Now (Official Video)


イン・ジ・エンド

 

ほそぎ…あー、細美武士がお送りしております、bay fmHedgehog Diaries』。

お送りしたのは、The Cranberriesの、最新にして最後のアルバム、4月26日にはり…発売になりました『In the end』のオープニングトラック、『All Over Now』を聴いて頂きましたー。

 

細美武士 音楽は自分が聴きやすい方法で聴いてほしい

めっちゃ噛んでるなあ、久々の生放送ですね。

久々じゃないっけ?この間もやったっけ?

ちょっとごちゃごちゃしています。

 

さあ、メール紹介していきましょう。

ショウタから頂きました。

こんばんは、ショウタです。

 

the HIATUSの楽曲作成、お疲れ様です。

アルバムとても楽しみです。

ツアーも申し込みしたので、当選することを願ってます。

 

ところで私は、最近『Hedgehog Diaries』がきっかけで、サブスクリプションで洋楽を聴くことが増えました。

 

金銭的に、好きなアーティストの音源をすべて買うことができないのですごく助かっていますが、サブスクリプションCDと比べてアーティストへの還元率が低いことを知りました。

 

申し訳ないなあ(笑)と思いつつもサブスクは便利だしな…と複雑な気持ちです。

 

細美さんはどう考えてるんだろうとふと思い、メールしました。

 

お聞かせ願えたら嬉しいです。

 

追伸、the HIATUSCDは絶対買います。今から楽しみです。

と頂きました。ありがとう。

そうですねえ、なんだろ、この辺は何だ?ミュージシャンがあんま考えてもしょうがない部分というか。

 

なんつーんだろうな?そういうのは時代とともに変わっていくものだからどう聴いてもらっても構わないし、なんかショウタがそれで、「あ、アーティストへの還元率が低いのか、サブスクで聴いてしまって申し訳ないな」と思う必要は全く無くて。

 

自分が一番便利で聴きやすいもので聴いてもらえれば、それで全然いいんじゃないかと思います。

 

なんか俺もその辺に関して知ってはいても、うーん、もちろんお金はね、綺麗事言うつもりはないから大事ですけど、あの、稼げるから音楽やってるわけではないからね、もちろん、はい。

 

細美武士 モチベーションの上げ方

じゃあ、もう一通いきましょう。

青森県のヒイロから頂きました。

細美さんこんばんは、青森県のヒイロです。

 

先日のPOWER STOCK(in MIYAKO 2019、本当に楽しかったです。

 

私は改めてMONOEYESが大好きだな、と感じたフェスでした。

 

私の通う学校ではパワーストックの2日前まで試験がありました。

 

学年が上がって最初の試験。

勉強もかなり苦しかったのですが、これを乗り切ればフェスだ、とモチベーションを上げて乗り切りました。

 

細美さんはそういった時どんなことでモチベーションを上げているのか、を良ければ教えて頂きたいです。

 

長くなってしまいすいません。

お忙しいとは思いますが、体調に気をつけて頑張ってください。

 

またライブでMONOEYESが観れる日を楽しみにしています。

と頂きました。ありがとう、ヒイロ。

そうですねー、今回のレコーディングも、なんていうのかな、最後の1週間位?あのー、パワーストックに行くちょうど1週間くらい前は結構追い込みで、毎日朝まで作詞して翌日歌入れ、っていう風になったんだけど。

 

やっぱそこに向かうのは過酷だったので、もう最後だけは自分にアメを用意しようと思って、自分のその作業デスクの周りに。

普段はね、もう結構俺オジサンだから、お菓子とか食べるとすぐお腹がたるむ…ぽっこりしちゃうんですけど。

 

だから普段はお菓子とか食べないんですけど、普段だったら買わないような、『アーモンドチョコレート』とか『えびみりん』とか、あと大好きな『ポイフル』とか(笑)、ああいうものをどーんと買って、作詞してる間はいくら食べてもいい、ってことにしたの。

 

したら、頑張れたよ。すごい頑張れた。

こういうのすごい大事だなーって思いました。

 

2曲目 Mark Ronson ft. Camila Cabello『Find U Again』

次のメールをね、ちょっとしょ…読む時間がないので一曲紹介したあとで読んでいきましょう。

聴いてください、Mark Ronson ft. Camila Cabelloで『Find U Again』 。

Mark Ronson – Find U Again (Audio) ft. Camila Cabello


Late Night Feelings

 

細美武士がお送りしております、bay fmHedgehog Diaries』。

お送りしたのは、Mark Ronson ft. Camila Cabelloで『Find U Again』 でした。

 

細美武士 自分は先延ばしにするタイプ

さ、後半もメール紹介していきましょう。

ヨッキュンから頂きました。

こんばんは、ヨッキュンと申します。

 

突然ですが細美さんは、やらなければいけないことをいつまでも先延ばしにするタイプですか?

 

それとも早いうちに終わらせてあとで楽をするタイプですか?

 

私は大体のことを先延ばしにしてしまい、結局いつもぎりぎりになってようやく重い腰を上げるタイプです。

 

やらなきゃいけない、とわかってることは先に片付けてしまえばいいのに、なかなか面倒なことだと始めるのに時間がかかってしまいます。

 

こういうことをぱっと最初に終わらせてしまえるようになるのって、何か秘訣があったりするんでしょうか?

 

細美さんがやらなければいけないことを片付けるための心構えや気合の入れ方などがあれば、ぜひ教えて頂きたいです。

と頂きました。なるほど。

これはね、俺も、確実にやらなければいけないことをいつまでも先延ばしにするタイプですね。

いつまでも先延ばしにするっていうか、やらなければいけないけど今やらなくてもなんとかなることはほぼやらない感じですね。

 

なんかあんまりこう、コンプライアンス的に良くないのかもしれないけど、俺、学校の宿題とかほんとにやったことなかったので。

でもなんとかなりました…なんとかなってないのか、卒業できてないからね。

 

うーん、でも今回の作詞はねえ、隆史柏倉隆史toeで1週間、あの、レコーディングがぽこって空いた時があって。

そこで、「今書いとけば、めっちゃ楽になるんじゃねえかな」と思って、1週間すごい頑張って書いたの。

 

だから、歌入れ始まる前に7曲作詞が終わってる、みたいな。

「お、俺もついに大人になってこういうことが出来るようになったのかな」なんて。

 

だから周りにも、「いや、もう7曲出来てるよ」って。

TOSHI-LOWとかにも「すごいじゃん!どうしたの」みたいな。

「まあまあさすがにね、そろそろ他にやることもいっぱいあるからね」みたいな感じで言ってたのに、『7曲を書いてある』っていう油断で、残り3曲全然手を付けないで、すごい最後、めちゃめちゃ追い込まれたから。

 

結局ね、一緒だなって、終わるときは一緒だな、って思いましたね、俺の場合は、はい。

何のアドバイスにもなんなかったですね(笑)。



細美武士『LONESOME』(ELLEGARDEN)を語る

さあ、もう一通いきましょう。

チャラ…CHARAさんじゃないと思うんですが、チャラから頂きました。

細美さんこんばんは、チャラと言います。

 

私は『LONESOME』(ELLEGARDEN)の歌詞に…

(えーっと、日本語で訳すと)

 

「裏切られたって感じる時は、自分が期待したのがいけないんだと自分を責める」

 

っていう部分がありますよね?

 

今、私は19歳ですが、歌詞のように、自分が期待したからそう感じるだけなのかもしれませんが、裏切られたことが何度もあります。

 

そのたびに、「最初から期待しなきゃいいのに」と自分に対して思います。

 

でも、信じること、期待することの違いがよくわかりません。

 

「もう誰のことも信じなきゃいいんじゃないか?」と思いつつも、「最初から他人を疑ってかかりたくない」っていう信念を曲げたくないです。

 

自分の器が小さいだけかもしれませんが、よかったら『LONESOME』を書いたときの細美さんの気持ちとか、細美さんの今の考えを聞きたいです。

と頂きました。なるほど。うん。


DON’T TRUST ANYONE BUT US

 

まあ『LONESOME』を書いた時はほんとにそう、思ってましたね。

で、「今もそういう部分が完全に自分の中から消えたか?」って言ったらそんなことはないんだけど、でもやっぱり、「大人にはなったな」って思う。

 

その、じゃあその19歳の自分、あの時の自分は大好きだよ、今の俺よりすごい強いところもたくさんあるから、あいつのことは大好きだし。

 

でも大事なのはあいつが今の俺を見て、「お、いいじゃん!頑張ってんじゃん!」って言ってくれるかな?って思った時に、言ってくれそうだな、って思ってるから、まあなんとかやれてるんだろうなと思うんだけど。

 

ただ、その頃のことを思い返すと、なんだろ、まだ自分と他人の境界線が曖昧だったような気がする。

 

なんかこの短い時間で全部を喋りきれないとは思うけど、なんていうのかな、やっぱり主観のほうが強くて、自分と同じく全員が自分の人生の主人公で、誰もがね、そのしゅじ…全員主人公の中の俺だ、っていうところになかなか頭が至ってなかったような気はするよね、うん。

 

ま、繰り返しになっちゃうけど、今もそう感じる自分ももちろんいるよ、はい。

 

3曲目 MONOEYES『Free Throw』

どうしようかな、時間がすごい…とりあえず曲、いきましょう。

曲行って、最後のコーナーを迎えましょう。

 

今日はですね、悩んだんだけど、なんとなく気分的に。

MONOEYESの『Free Throw』を聴いてください。

MONOEYES – Free Throw(Music Video)


Dim The Lights Tour 2017 at Studio Coast[Blu-ray]

 

お送りしたのは、MONOEYESで『Free Throw』でした。

 

ED曲 Mike Ruby『Close』

細美武士がお送りしてきました、bay fmHedgehog Diaries』。

今日はMike Rubyの『Close』を聴きながらのお別れです。

Mike Ruby – Close (Official Lyric Video)

 

細美武士「the HIATUSの新譜は過去の自分の最高傑作」

さあ、最後に一通メールを紹介しましょう。

最後どっち読もうかな?と思ったんだけど、タイミング的に、シホから頂いたメールを読みます。

細美さんこんばんは、シホです。

突然ですが、細美さんはどのような時に自分のギター演奏や歌唱が上手くなったなあと実感されますか?

 

私は針仕事が大好きで、最近新しい技法に挑戦しています。

 

なかなか思うような仕上がりになりませんが、最初に作ったもの、次に作ったもの、ちょうど今刺していた部分など、作ったものを順に並べて眺めると、「だんだん上手くなってきてるかも」って実感できて嬉しくなります。

 

不思議なもので、最初の頃は恥ずかしいくらい下手だなあと思いつつ、後々それに一番愛着が湧いたりします。

 

音楽の場合はまさに歌っている、あるいは弾いているその時に実感するものですか?

と頂きましたー。ありがとう、シホ。

うーんとねえ、まあライブはね、年間100本くらいあるので、その、すごいこまめにやってるものだからあんまり、「お、上手くなったな!」って実感する瞬間はないんだけど。

 

アルバムは、こう、特に今回2年ぶりに作ったし、ハイエイタスのもので言ったら何年ぶりかで書いたわけで、そういうものって「お、なんか上手くなったな!」とか…

 

英語の作詞とか、やっぱり、昔のエルレ、今やってるじゃない?その時の歌詞を見ると、なんでこんな小さな英文法のミスに気付かなかったんだろう…っていうとこあったりするんだけど。

 

だけど、なんか、俺は、その、成長はすーごい遅いんだけど、でも、ずーっと成長し続けるタイプだな、って自分のことをちょっとポジティブに見てる部分があって。

 

なので、その、今までのちょっとミスしてた部分とかダメだった部分っていうのも、今、今回作ったアルバムのような歌詞が書けるようになるためには絶対に必要な道だったわけで。

 

それは否定もしたくもないし、それ…だから愛するべきものなんだよなーって思って、受け入れてます。

 

だからねえ、なんだろ、俺としては、アルバム6枚出すけど、やっぱり常に新のものから聴いてほしいなって、俺は思ってるんで。

 

初めてハイエイタスを聴く人、この6枚目を聴いて(笑)、で、「ああ、面白えじゃん」って思ったら、その過去をどういう道を辿ってここまで来たのか?っていう見方が、してもらえたりしたら嬉しいなあ、なんて思ってますね。

 

だいぶ、ちゃんと書けるようになったな、と思ってます。

出すときは毎回そう思ってるんだけど、今回も当然自信作だし、過去の自分の最高傑作だなあ、って思うのが出来てるので。

 

まだ色々ね、ラップアップ、調整して最後まで…気を抜くと、まだ発売延期の可能性もゼロじゃないなって思うタイミングなので頑張りますが、うん、早くみんなに聴いてほしいなと思いました。

 

今日、だから、このタイミングでMONOEYESの曲をかけたのは、「なんか今ハイエイタスかけるんだったら新譜の曲聴きたいなあ、聴いてほしいなあ」って思ってるところがあるので、まあ、もうちょっとの辛抱です。

お楽しみにしていてください。

 

えー、それじゃあ来週の分はこの後収録です。

それじゃあ皆さんまた来週、さようなら。



細美武士 22歳の頃は未熟だった

はい、今週も始まりました、FAKE TALES OF CHIBA Zのコーナーです。

まあ、その、クランベリーズの新譜の曲系の噛み噛みがすごかったなと思って。

この噛みっぷりはホントやばいなと思いました、はい。

 

最後一通メール紹介しましょう(笑)。

山形県のアオイ・21歳から頂きました。

こんばんは、アオイといいます。

自分は今年で22歳になります。

 

世間的には大人なのですが、子供から何も変わっていないように感じ、大人とは何なんだろうと考えることが多くあります。

 

つい先日、保育士をしている友達とバーベキューをすることになり買い出しに行ったのですが、バーベキューが始まるまで時間が2時間位余り、会場の近くで自由時間になりました。

 

自分は寝ていて、2時間すると友達が戻ってきました。

友達が笑顔で戻ってきたので、「2時間何してたの?」と尋ねたところ、「子供に読み聞かせをする絵本を図書館で借りてきた」とのことでした。

 

誰かの幸せのために自分の時間を使える人って素敵だなあ、と思い、同時に大人だなあ、と友達に思わされました。

 

細美さんは22歳位の時に同じことを考えたことありませんか?

と頂きました。ありがとう、アオイ。

そうねえ、22歳どころかねえ、あのー、ずーっと今でも思ってるよ。

 

俺はなんかこういう風な素敵な行動が全然できないので、なんかもう、大人子供っていうのは全然関係なくですね、そういうことが出来る人になりたいな、と今も強く思ってますね。

 

うーん、どうしても自分のことが先になってしまうので、なるべく、後回しに、自分のことは後回しにできる?しかもそれが無理せずに、自然とそう出来るような人にいつかなれるのかな…

 

結構急がないと間に合わねえな…みたいな感覚です、はい。

 

あと、22歳くらいの時は俺なんかもう、なんだろうな…そんなことすら考えられない、ほど未熟だったよ。

 

で、生形(真一)が、その、「じゃあどっかでライブやろうぜ」ってみんなで車で行ってさ、駐車場に止めてみんなで荷物を下ろす時とかに、必ず俺のリュックを取って先に渡してくれることとかにめっちゃ感動したの。

 

俺だったら自分の荷物を先に取っちゃうから。

今だったら当たり前にみんなに、トランクに入ってるのを何も考えずに出来るけど、その頃は最初に自分のリュック取って、からだったからね、人の渡すのは。

 

うーん、まあ人生、勉強ですね。

そんな感じです。

 

えーっと、来週の分はこの後収録です。

収録な理由はですね、来週の水曜日はうーん、このまま順調に行けば、ミュージックビデオの撮影をしてるんじゃないかなと思いますので、お楽しみにしていてください。

それじゃあ皆さんまた来週、さようなら。

コメント