【細美武士】ELLEGARDEN・宮古島ロックフェスでの決意を語る。

細美武士『Hedgehog Diaries』
デミさん
デミさん

パンク大好きデミさんです。

Twitter:@Takenoco0803

Instagram:@demisansan

プロフィール:デミさんはこんな人

2019年5月29日放送、細美武士のラジオ『Hedgehog Diaries』は生放送でした。

 

今回も長いですがどうぞ。

 

ネットラジオはこちらから:

BAY FM Hedgehog Diaries

 

弾き語りも、2019年6月6日、昼1200までの期間限定公開です。

スポンサーリンク

OP・the HIATUSのチケット受付の不具合を詫びる

こんばんは、bay fmHedgehog Diaries細美武士です。

今週は都内某所から生放送でお送りします。

 

えーっとね、もうthe HIATUSのニューアルバムの発売日とか告知されたんですけどまだ実は歌録りの途中で。

今日6曲目の歌録りを終えて、そのままスタジオ来て今ラジオやってます。

 

ハイエイタスでいえばオフィシャル先行の受付でちょっと不具合が起きてしまって。

実際には存在しないね、2階席が無い会場で2階席を受け付けちゃったりとかちょっと問題が起きていて。

 

それ、対応はちゃんとできたと思うんですけど、その情報をオフィシャルのHPに告知するのがすごく遅くなっちゃって、ほんとに申し訳ありませんでした。

 

えー、今日は月末恒例の弾き語りもやります。

最後までお楽しみください。

 

1曲目 Sam Smith & Nomani『Dancing with a Stranger』

どうしよっかなー、まあ、まず曲いってみよう。

この曲聴いてください。

Sam Smith & Nomaniで『Dancing with a Stranger』。

Sam Smith, Normani – Dancing With A Stranger

 

細美武士 差し入れの『鬼弁』にテンションが上がる

さあ、今週もたくさんメール頂いています。

お?お?(笑)今ね、スタッフから差し入れが来たんだけどね、TOSHI-LOWの『鬼弁』の本が届きましたね。


鬼弁~強面パンクロッカーの弁当奮闘記~

 

一昨日の夜一緒に飲んでて(笑)。

「そういえば『鬼弁』の本出たの?」って言ったら、「出たよ」って言ってて。「あ、ごめんごめん、持ってくよ」って。「いいよ、買う買う」って言ったんだけど、今日届いてますね。

 

で、the LOW-ATUSTOSHI-LOWのサインが入ってて、「ラジオ頑張ってね」って書いてある!(爆笑)「2019年5月29日」。

鬼弁』ね、これ見てるとこればっかりになっちゃうから、これ家帰ってゆっくり読みましょうね、はい。

 

え?え?お弁当、あ、お弁当もある!?ちょっと待って…あ、そうだ俺ラジオで「トシロウの弁当食ったこと無い」って言ってたから、弁当の差し入れだー。

えっと、「牛・豚・鶏…」これ先に言っといてくれてもいいじゃん!

「牛・豚・鶏全部入り・タンパク質でもいい、たくましく育ってほしい弁当」、はい。

 

ちょっと待って…おーーーーー!すげえ!これすごいよ、メニュー。

 

これ言っていったら次の曲までこれだけになっちゃうけど、まあいいか。

  • にんにくバター醤油牛ステーキ
  • 豚バラ肉巻オクラカレー風味(渡辺俊美インスパイア)
  • 鶏そぼろ
  • 小松菜のシーチキン梅肉和え
  • 冷蔵庫にあったいつのだかわからないゆで卵サラダ(俺食べてお腹痛くなってないから大丈夫なはず)
  • のはら農研の玄米に南阿蘇の黒米
  • ちくわウインナーのマークは何でしょう?

 

ちくわウインナー?ちくわウインナーのマーク?なんだこれ?まじでこれで終わっちゃう…まあいいか。

えっとなー、なんだろう、切れ込み入ってるな…あ!これハイエイタスのロゴね!ありがとう!

 

「ちなみに弁当本のサイン会や至る所で「細美さんに手料理作ってあげてください」って死ぬほど言われました(笑)。晩酌してだいぶ酔っ払って作ってるのでもう味がわからんのでよろしく。」

 

おー!ありがとう、トシロウ。あとでゆっくりと頂きます。ありがとうございまーす。

 

細美武士 the HIATUSのアルバムの進捗状況を語る

えーっとね、何の話だったかな?何の話しようと思ってたんだったかな…うーんとね…まあいいや、あのー、ハイエイタスのレコーディングですけど、今、オケは全て録り終わってて、で、6曲の歌入れが終わって、ミックスも3曲終わってます。

 

だからこのまま順調に行けば、予定通り7月の24日に発売になる予定です。

すごい気に入ってるよ、今回。お楽しみに。



細美武士 一度きりの出会いで印象に残ってる人とは?

さあ、ってことでメールどこまで読めるんだろうな…

えーっとこっち、これいきましょう。

えっと、ミオから頂きました、16歳。

細美さん、おはようございます。お疲れ様です。はじめまして。

 

私は宮古島に住んでて、大好きなこの島を大好きな細美さんが好きでいてくれてとても嬉しいです。

 

そして、年に一度のフェスは私にとって生きがいです。

 

小学生の頃からバンドが好きな私は3年前に初めて宮ロックに行って、それから生活の中心が宮ロックです。

 

1000%楽しめるように部活に入って体力をつけて、部活のない日はフェスの日にお金の余裕ができるようにバイトをしています。

 

おかげで今年は全バンド最前列で楽しむことができました。

 

特にMONOEYESと初ELLEGARDENを一日で両方観ることが出来てとても幸せでした。

 

ありがとうございます。忘れられない記憶となりました。

 

私は性格上一人でフェスに行くことが好きで、一人で行くとその場で会った人と話すことがたまにあります。

 

普段沢山の人と話さない私にはとても印象に残り、大切な存在になります。

 

細美さんはその時だけ会話した人で一番印象に残ってる人はいますか?教えてください。

 

来年の宮ロックも楽しみにしています。

ハイエイタスのアルバム待ち遠しいです。

これからも頑張ってください。

と頂きました。ありがとう、ミオ

なるほど。うんとねー、そうだ、ミオ、俺も実はあれだよ、結構1年の、特にフィジカルコンディションに関しては、宮ロックを中心に、それを目標に1年やってますね。

 

あのー、宮ロックから遠ざかれば遠ざかるほど体重を増やして筋肉量を増やして、宮ロックに向けて体を絞っていって、完成させた体で上裸でうろつく、っていうのがテーマですね、はい。

 

えーっと、1回しか会わないでめちゃくちゃ印象に残ってる奴はね…ま、たくさんいるけど、ベトナムのハノイに一人旅行ったときの、ヨーロッパから来てた奴。

なんかそいつもちょっと音楽やってるって話になって、あ、俺もバンドやってるよ、ってなって、一緒に一晩飲んだんだけど。

 

そいつが、「お前はデビューしてるの?」「一応レコード出してるよ」ってなって。

「まさかお前すごい人気なんじゃないだろうな?」「いやいや全然そんなんじゃないよ」「お前まさか自分のジェット機なんて持ってないだろうな?」って言われて(笑)。

 

「持ってねーよ、そんなの」って言ったら、「お前が『自分のジェット機を持ってる』なんて言ったら、俺はお前をぶん殴るところだったよ」って言われたことがあって、すごいそいつと過ごした夜が楽しかったですね、はい。

 

2曲目 Halsey『Nightmare』

それでは今日の2曲目を聴いてください。

Halseyで『Nightmare』でした。

Halsey – Nightmare

 

細美武士 『鬼弁』を食レポ

今ね、曲聴きながらちょっとトシロウの弁当食ってたんだけど、すごいよ。

これはねえ、その…複雑。

美味しいんだよ、すごい。

 

なんていうの?色んな味が一品一品入ってて、俺食レポ超苦手なんだけど(笑)。あのー、なんていうのかな、「何味」っていうんじゃなくて大人がすごい楽しめる、余韻でまた味が変わるような、すごい、本当に料理上手いんだなー。

 

細美武士 ウォークインフェスを語る

さ、えっとー(笑)メール紹介していきましょう。

熊本のナツミから頂きました。

細美さんこんばんは。

毎年チケットを購入して観に行っていた鹿児島のウォークインフェスティバルに、今年はじめてボランティアとして参加しました。

 

緊張と不安でうまく眠れないまま出発し、到着した桜島。

 

天候は風、雨も強い、どうやら火山灰も降っている状況でしたが、お客さんは協力的に会場を綺麗にしてくださり、ボランティアやスタッフさんたちは細かい部分をしっかりサポートしている、まさに、「僕らで創る」フェスのお手伝いができ、とても爽快な2日間。

 

大トリのMONOEYESはみんなで観て歌って飛び跳ねてめちゃくちゃ楽しくて、細美さんの「お前らは良い大将を持ったね」のひと言に胸が熱くなりました。

 

すごく楽しいと天気とか環境って全然関係ない、問題ないんだなあ、と経験できたことを大事にします。

 

長くなりましたが読んでくださって有難うございました。

 

帰りのフェリーの中で細美さんたちとお会い出来たことも忘れません。

と頂きました。

俺の記憶ではね、帰りのフェリーの中の俺達はすげえ、結構激しかった記憶がありますね(笑)はい。

 

迷惑かけてないといいのですが。

来てくれてどうも有難うございました。

 

細美武士 ライジングサンロックフェスを語る

えーっとね、メールの順番がガチャガチャになっちゃったんだけど(笑)どうしようかな…えーっと、これいきましょう。

埼玉県のカズマから頂きました。

細美さん、こんばんは。

最近一気に暑くなりましたが、夏が近づいていることを感じて少しテンションが上っています。

 

(わかる。今日ちょっと都内涼しいけどね。最近ずっと半ズボンでいたら今日寒かったな(笑))

 

暑くなりすぎるのは嫌ですが。

 

話は変わり、今年初めてライジングサンロックフェスティバルに行ってみようと思うのですが、細美さんから見てライジングサンの良さってどういうところですか?

 

過ごしやすい気候とは聞いているのですが、夏の北海道自体行ったことがないのでよくわからなくて質問してみました。

 

去年はスカジャンで最高の夏の思い出が出来たので、今年はライジングサンで最高の思い出が作れることを楽しみにしています。

 

長文失礼しました。

と頂きました。ありがとう。なるほどー。

 

あのねえ、年によるんだけど、すごい寒い時は夜めちゃくちゃ寒くて、あのー、1回ダウンジャケット着ててちょうど良かった時とかがあったから。

防寒は山用のものとかがいいんじゃない?薄くて折り畳めて、みたいなものを持ってきたほうがいいと思うけど。

 

俺が思うね、ライジングサンの良さってね、やっぱこう、オールナイトのフェス独特の、夜中に、その、何ていうのかな、こう、普段はそこにはない街が丸々出現した感じ

 

その、ロールプレイングゲームでさ、こう、長い冒険の旅の後にたどり着いた、初めて来た街、みたいな、旅人がいっぱいいて、みんな思い思いの時間を過ごしてる、ああいうとこが俺すごい好きですね。

 

ステージもいいけどそれ以外もすごい楽しいフェスなので、楽しみにしていてください。



細美武士 フェスにおける環境・社会問題を語る

もう一通いきましょう。

ユリピーから頂きました。

細美さんこんばんは。

私には世界中を飛び回ってる叔母がいます。

ミャンマーやネパール、最近ではケニアなど、主に発展途上国に滞在して支援などを行っています。

 

そんな彼女も昔バンドをやっていたこともあり、フェスに誘ってみたのですが、断られてしまいました。

 

というのも環境破壊、汚染や気候変動に加担する今の社会構造に嫌気が差しているから、そういうイベントの裏の大量に出るゴミが気になるし、水や電気の無駄遣いだし、食べ物が満足に食べられない子供たちのことが頭にちらつくし…

 

ってなこともあり、自分が感じることの逆な行為は自分を裏切ることになるからしたくない、とのことでした。

 

私はハッとしました。

自分はただ純粋に音楽が好きで、たくさんの音楽が楽しめるフェスは叔母さんも楽しめるはず、と決めてかかっていたけれど、見方が違えば善悪の考え方が違っていて当たり前ですよね。

 

それでも私はフェスが悪いものだとは思わないし、実際環境に配慮したイベントもあったりしますよね。

 

ただこれからは、自分が楽しければいい、じゃなくて、もっと社会全体のことを考えれるようにしたいです。

 

そして叔母さんのように、自分の信念を持った大人になりたいです。

 

なんだかまとまらずすみません。

 

フェスに行ったり関わってる人たちに少しでも考えてほしくてメールしました。

 

またネパールなどに行かれてる細美さんはどう感じてるのかをよかったらお聞かせください。

と頂きました。なるほどね。

うーん、でも演ってる側もすごいそういう、どっちかというと環境とか社会のことに意識が高い人、ま、俺達が特に出てるフェスなんかはそういう人が多い、一生懸命考えてくれてるけどまあ至らないところがたくさんあるんだろうなと思うね、こういう話を聞くとね。

 

もっともっとやれることをやっていこうかなと、このメールを読んで思いました。

ありがとう。

 

細美武士弾き語り MONOEYES『Two Little Fishes』

じゃあそろそろ弾き語りをやりますか。

なんか生放送で弾き語りやるの超久しぶり。

なんかさ、トシロウ…寝てるかもしんないけども…もしかしたら聴いてんのかなあ?ってことで急遽曲変えていい?(笑)

 

ホントはリクエストがあった『Get Up』をやろうかなと思ってたんだけども、まあトシロウが聴いてるかもしんないからな…

YouTube


Dim The Lights Tour 2017 at Studio Coast[Blu-ray]

 

ED曲 Lewis Capaldi『Someone You Loved』

細美武士がお送りしてきました、 bay fmHedgehog Diaries』。

今日はLewis Capaldiの『Someone You Loved』を聴きながらのお別れです。

Lewis Capaldi – Someone You Loved


BREACH

 

細美武士 ELLEGARDENでの決意を語る

うーん、(笑) 俺こういうのにめちゃめちゃ弱いんですよ、手作り弁当を差し入れてもらうとかね。

なんかさあ、こんなに、なんもやってねえのに、すごい嬉しいこと起きてさ、ありがたいなっていうかいいのかな?って気分にすごい最近なってて。

 

宮古島のさ、エルレのライブの時に、物販はさ、速攻売り切れちゃって、それでさ、申し訳ないなと思いつつも二箱、Tシャツ、バックヤードに、仲間に配りたいからさ、置いといて。

 

で、みんなに、持って帰ってもらいたくて、で、あげたのね。

したらさ、その場で全員がそれを着て。

だから俺、「宗教みたいだから気持ち悪いからやめろ」って言ったんだけど、BRAHMANとか全員着て、袖で観ててね。

 

うーん、MCでも言ったんだけど、俺はこう、本当に、うーん、なんつうのかな、自分のことを心の底から信用したことが、たぶん、そんなに無かったんだと思うんだよね、信じてるつもりではいたんだけど。

 

で、どっかで俺はダメだから、俺は出来ないから、って思ってたのが、その光景を観た時に、これはそんなこと言ってる場合じゃねえぞ、と。

 

この光景に応えるには、うーん、出来なくてもいいから、少なくとも俺はね、こいつらにこう思ってもらえる人間なんだ、ってことを信じてやっていこうと思います。

 

 

えっとー、トシロウ、お弁当ありがとう。

みんなも素敵なメールたくさんありがとう。

 

来週の分はこの後収録です。

それじゃあ皆さんまた来週、さようなら。



細美武士 音開き2019(猪苗代野外音楽堂)を語る

はい、今週も始まりました、FAKE TALES OF CHIBA Zのコーナーです。

えっとねー、最後に一通メールを紹介しましょう。

群馬県のリュウノスケから頂きました。

 

細美さん、こんばんは。二十歳のリュウノスケといいます。

 

このメールを書いている今は大学の授業中で、今日はどうしてもやる気が出なくて教室を飛び出して書いてます。

 

先週の土曜日、福島県の猪苗代野外音楽堂で行われた音開きに参加させてもらいました。

 

猪苗代湖の雄大で開放的な景色と、MONOEYESのゆるくて暖かいステージはほんとうに最高で、嫌なことをすべて忘れて心から笑顔になれました。

 

夜のキャンプファイヤーではすっかり酔ったホリアイズの皆さんや、片平里菜ちゃんの生歌を満天の星空の中聴くことが出来て、本当に忘れられない思い出ができました。

 

そしてイベントが終わったあと、細美さんが地元・東北の仲間たちと熱く語っているのを見かけて、自分も人生という旅の中でいつかこんな本当の仲間と呼べる人達と出会うことが出来たらいいな、と思いました。

 

自分も細美さんに負けないように、足が言うことを聞いてくれるうちに走りまくりたいと思います。

 

追伸。酔っ払った細美さんのオーラがめっちゃ怖かったです(笑)。

お体に気をつけて頑張ってください(笑)。

 

と頂きました。はい、ごめんね、怖がらせて(笑)。

まあやっぱ日本酒を飲むとダメですね。

暴れなかったよ今回は、全然(笑)。

 

いやあ、猪苗代楽しかったなあ。

今年は泳がなかったんだけど、ちょっと、うーんと、なんだろう、膝下くらいまでしか入んなかったですけど、湖はまた独特だよね、泳ぐとね。

 

なんか久しぶりに行った、猪苗代野外音楽堂はちょっとずつ新しいことが増えてて、少しずつ良くなってて、なんか、あー、たまには時間空けるのもいいなあと思いましたけど。

 

まあ、暖かいうちにまたすぐ行きたいなあと思ってます。

来てくれたみんなほんとにどうもありがとう。

 

ただねー、リュウノスケ。

ホリアイズじゃねえからな、モノアツシだからな。

そっちのほうが面白いから、名前(笑)、モノアツシでよろしくお願いします!

 

それじゃあ、来週の分はこの後収録です。

それじゃあ皆さんまた来週、さようなら。

コメント