【細美武士】「細美さんの言うことは絶対(byホルモン)」について語る!

細美武士『Hedgehog Diaries』
デミさん
デミさん

パンク大好きデミさんです。

Twitter:@Takenoco0803

Instagram:@demisansan

プロフィール:デミさんはこんな人

 

2019年5月15日放送、細美武士のラジオ『Hedgehog Diaries』は収録でした。

 

今回も長いですがどうぞ。

 

ネットラジオはこちらから:

BAY FM Hedgehog Diaries

 

2019年5月23日、昼1200までの期間限定公開です。

スポンサーリンク

OP・TOSHI-LOW『鬼弁』の話

こんばんは、bay fmHedgehog Diaries細美武士です。

今週は収録でお送りします。

 

なんとですね、収録している現在は先週の放送の1時間12分位前ですね。

わかりやすく言うと、たぶん、今日、2本録るんですよ、今週の分と来週の分を収録している最中に自分の番組が放送になるっていう、結構、時系列のよじれた感じです。

 

収録の理由はですね、いよいよ、収録している現在5月8日からすると明日5月9日に、the HIATUSのニューアルバムの、なんていうの?バックトラック!歌以外のレコーディングが全部終わるんですね。

 

(アルバム発売日が7月24日、その後7月30日からツアーが始まることが発表されました!)

参照:the HIATUS OFFICIAL WEBSITE

 

いよいよ、宮古島に行って、宮古島から帰ってくると作詞と歌入れが始まるので、ちょっとまあそこは、何があるかわからないので時間を空けときたいな、ということで収録しておりまーす。

 

お付き合いください。よろしくお願いします。

 

まずは一通メールを紹介しましょう。

細美さんこんばんは、ユウイチと言います。

今日収録ということは、ハイエイタスの制作がいよいよ佳境に入ったということでしょうか?

続報楽しみにしています。

 

話は変わって、今月TOSHI-LOWさんの作られたお弁当本が出るということで驚きました。

(『鬼弁』ってやつかな?)

 

今となっては鬼の姿やお茶目な姿を見せてくれるようになりましたが、20年前の自分に、あのトシロウさんがお弁当作ってるなんて言ったって信じないと思います。

それくらい、月日は人を変えていくんですね。

 

細美さんに教えてもらった矢野顕子さんの言葉、「変化って素敵なこと」がこれほど似合うことはないと思います。

と頂きました。

 

参照:

TOSHI-LOWによる弁当本『鬼弁』刊行 横山健、TAKUMA、渡辺俊美らがコメント

 

それにね、今日結構メール来てて、「細美さん、トシロウさんの手料理食べたことあるんですか?」と。

結構来てたんだけど、無いんですよ、それがね。

 

いっつも一緒に飲みに行ってどっかお店行っちゃうから、ちょっと実は食べてみたいなと思ってるんですけどね、はい。

ちょっと言ってみます、明後日会うんで。

 

1曲目 The National『Hairpin Turns』

それでは今日の1曲目聴いてください。

The Nationalで『Hairpin Turns』。

The National – 'Hairpin Turns'

 

そのね、トシロウの弁当に関して何がすごいかというと、まあ多分ほんとに美味いと思うんだよ、あいつ調理師免許も持ってるし、なんせ弁当の本を出すくらいだからそれは当然美味いんだろうけどさ。

 

あのー、なんていうの、すごいなと思うのは、朝まで一緒に飲んだ日でも子供の弁当を翌朝ちゃんと作るとこなんだよね。

 

なんかその、「あー、親になるってそういうことなんだな」と、「その覚悟がないといけないんだな」と、いっつも思いますね。

 

細美武士 韓国からのメール

さ、メール紹介していきましょう。

ユンミから頂きました。韓国の子かな?

細美さんこんばんは、ユンミです。

今度のFar East Unionはたぶん、今年の秋とか冬くらいにやってくれるかもしれないと聞きましたが…

(誰から聞いたの?(笑))

 

その頃には私が参加できないと思って湯河原温泉歌謡祭に行ってきました。

1年ぶりにMONOEYESのライブを観れて最高でした。

 

ライブで初めて『ボストーク』と『3,2,1 Go』を聴き、感動しました。

私は自分の国で色んなフェスに行ったことがありましたが、湯河原でプロレスとマグロ解体ショーとかカラオケ大会を観られて(笑)、外国人としてすごく珍しかったです。

 

一緒にライブを観た日本の人たちに、「音楽のフェスでこんなイベントが!これが日本の文化か!」と驚きながら聞いてみましたが、「違う違う!」と言われました。「普通のことじゃない!」って。面白かった経験でした。

とにかく、ライブ前にプロレスしたりするのは斬新な企画だと思いました。

 

私が住んでるソウルからは遠いけど、また時間があるのなら来たいなと思いました。

 

海外旅行をしてきた後には自分が妙に自信にあふれています。

なんでもできる気がします。

 

1年ぶりにMONOEYESのライブを観たこと、ピンクさんからキスされたこと、他の国から来たのにみんな親切だったこと、力をいっぱいもらったかもしれないと思いました。

 

細美さん、みんな、ありがとうございました!

と頂きました。ありがとう、ユンミ!

おう、いいでしょ?その、MONOEYESを好きになると、なんていうんだろうな、こう、なかなか足を踏み入れられないような空間に、どんどん連れて行ってやるからな。

 

細美武士 お寿司の話

さ、もう一通いきましょう。

カズミから頂きました。

細美さん、こんばんは。カズミと申します。

いつも細美さんのラジオを楽しく聴かせてもらっています。

今回はじめてメールを送らせて頂きました。

 

私は今GWで、実家のある富山県に帰省しています。

地元に帰って特にどこかに出かけるわけでもなく、ただ、食べて寝て飲んで、と超絶ゆるい生活を繰り返してるだけなのですが、家族と一緒に食べるご飯は大好きでいつもの倍美味しく感じるし、家族や地元の仲間に会うとやっぱり落ち着きます。

 

そんななんでもない日常が一番平和で、もしかすると一番幸せなことなんじゃないかなあと感じています。

 

細美さんにとってメンバーを含め、家族ってどんな存在ですか?

 

あと富山はお魚がすごく美味しいのですが、細美さんはお寿司好きですか?何が一番お好きですか?

と頂きました。ありがとう、カズミ。

そうね、質問が色々あるけど、お寿司はね、好きだよ。

 

お刺身はあんまり…俺、味バカだからわかんないんだけど、まあ何食べても美味しいなって思っちゃうんだけどね。醤油が美味しいし。

 

だから、お寿司好きって言っても、結局ご飯が好きなんじゃないか?ってすごい友達に…「お前、ご飯、シャリが好きで食べてるんじゃないの?」って言われると、そうなのかものなあと思うんだけど。

うーんとねえ、甘エビがいちばん好きですね、はい。あと、卵も好きですね。そんな感じですね。

 

食べられないお寿司ってあったかな…あ、SPCのね、西片先輩、俺のアニキが作るあの、西片先輩お手製の(笑)あの、なんだろうな、なんて言ってたかな、『ぱいちゃん寿司』っていうのがあるんだけど、あれはね、苦手ですね。

 

あの(笑)『ぱいちゃん寿司』、知ってる人は知ってるかもしれないけど、有名なんですよね、軍艦巻きにね、海苔をこう、軍艦の形にして、中が全部わさびなの(笑)。はい。

たまーにね、飲み会で出てきます、『ぱいちゃん寿司』。

 

えっとー、なんだっけ?質問これだけか。はい。



細美武士『細美さんの言うことは絶対』を語る

もう一通いきましょう。

サラから頂きました。

細美さんこんばんは、サラです。

アルバム制作お疲れ様です。

 

社会人になって以来最長の休みは、「忙しい」を理由に2週間ランニングをサボったつけなのか、GW前半は風邪でほぼ外出できませんでした。

 

細美さんの言うことは絶対』って身をもって知りました。

これね、ホントやめてほしい。

絶対のワケがないし、これ、(マキシマム ザ)ホルモンが勝手に言ってただけだからね。

ほんとに(笑)すごいもらい事故だと思うのよ。

 

SWEET LOVE SHOWERで…あ、ライブ再開おめでとう!

あのー、ホルモンのライブを袖で観てたらいきなりね、その、『麺カタこってり』のいつものポーズやるところで、「あ、細美さんが観てる!」って言って、いきなりこう、「今日は『麺カタこってり』やったー!じゃなくて、『細美さんの言うことは、絶対!』でいこう」っていう話になって。

「だめ!やめてくれやめてくれ!」と思ったまんま、そうなっちゃったんですけど。

 

えーっと、そういえば、ごめん話逸れていい?あのー、ホルモンのさ、2号店募集のさ、動画とかあるじゃない?YouTubeとかに上がってるやつで。

 

あれでさ、なんていうの、ホルモンの2号店に募集してきて結構いいところまで残った候補者の人たちに催眠術かけて、あの、誰でも、ほんとに会いたかった理想の人に会えるコーナーみたいのやってて。

 

いないんだけど、その本人はそこに、催眠術かかってるから、いる!ってかかっちゃうってやつやってて。

それが俺だったのね(笑)。

【#11 ガチンコ ザ ホルモン:合宿編】東海オンエアてつや、そして2次審査を合格した最後の1人が合宿に合流!さらに、りょっくんゼミナール開講!

(12分20秒過ぎからです)

 

細美さん、この中にいますかー?」「います」みたいなさ、ああいうのってさ、まあ俺は観ててめちゃめちゃ面白かったけどさ(笑)、何の話も聞いてないでいきなり観るとめちゃめちゃびっくりするから。

 

めちゃめちゃびっくりするよねー、はい。全然知りませんでした。

さて、話を戻して。

 

細美武士 喉は甘やかさない主義

私は風邪のひき始めはたいてい喉に違和感を感じるのですが、細美さんは喉に違和感を感じたらどうしてますか?

 

ボーカルとして普段から喉は大切にされてると思いますが、これさえやっとけば…みたいな奥義みたいなのがあればぜひ教えてください。

と頂きました。

それがねー、ボーカルなんですけどそんなに喉大事にしてないんですよね。

 

甘やかさない主義っていうのかな。

(笑)適当なこと言ってるけど。

 

えーっと、そうですねー、俺ほんとに風邪引かないんだよね、最近。

いつからひいてないのかわからないくらいひいてないので、日頃から運動して代謝を良くしとく、予防のほうが大事なんじゃないですか?っていう感じですね。



2曲目 Lauv『Drugs & The Internet』。

さあ、このへんで、今日の2曲目いきましょう。

Lauvで『Drugs & The Internet』。

Lauv – Drugs & The Internet [Official Video]

 

細美武士 家族と呼べる人ついて語る

なんかね、ずーっと最近スタジオにいて、こう、朝から夜中まで頭が回転してるからか、今ちょっとボケッとしてるのか、「質問これだけだったね」って言ったけど質問ありましたね、さっきのメールね。

しかもそれに答えようとして選んだのにな…

 

えーっと、さっきのカズミのメールで答えてなかったのが、「細美さんにとってメンバー含め家族ってどんな存在ですか?」っていうとこなんですけど。

 

なんだろうなあ、なんつうの、別に輪廻転生を心の底からほんとにそうなんだって信じ切ってるのかどうかっつうとまたわかんないんだけど、でもなんかやっぱり、縁があるんだろうなって思うんだよね、家族だなって思う人に。

 

それはもしかしたらもう何百年も何度も何度も出会ったり離れたりをするのかな…って思うくらいその、魂の位置が近いなあって思うから、まあきっと、今生で別れてもその先どっかで会えたりするのかな、みたいな。

 

なんか縁って言うとちょっと古臭いように聴こえるかもしれないけど結局、こう、木の根が絡み…どっちが先に伸びるのかって話は置いといて、下から上に見ていくとこう、木の根が絡みあって幹になる、みたいな、なんかそういう感覚のものなんじゃないのかな、と思ってますね、はい。

 

細美武士 不利な状況下でやることはシンプル

さあ、もう一通いきましょう。

オカケンから頂きました。

細美さん、おひさでーす。

1年ぶりのオカケンです。

 

僕はいま大学4年で、今週末に自分の進路を決める大切な試験があります。

今はその追い込みなのですがなかなか点が伸びず、出来ることより出来ないことに目が行ってしまい、もう無理かもな…ってどんどん弱気になってしまいます。

 

細美さんは自分が圧倒的に不利な状況下で弱気になったりしますか?どうやって自分を奮い立たせてますか?

ぜひ教えてください。

えー、なるほど。

あ、追伸。「親友がアラバキハイエイタスを観たそうです。めっちゃ感動したって言ってました。」

ありがとう。親友にもありがとうって言っておいて。

 

そうなあ。でも圧倒的に自分が不利な状況化っていうのはさ、実はやることシンプルだから、難しくないよね、そんなにね。

その、一日に自分が進める距離なんて決まってるんだからさ。

なんていうの、「あそこに行きたい」ってボン、ってワープできないのがわかってるんだったら、今日は今日で進める分を進むしかないんじゃない?

 

それが自分の100でしょ。今日の一歩が、こんな手を使えば5歩進めるとか、わかんない、俺はそういうやり方があんまり出来ないし好きじゃないので、自分が不利な時は、今日、強くなるしかないな、って感じでやるだけなんで逆に楽かもな、と思っております。



3曲目 the HIATUS『Unhurt』

さあもう一通いきましょう。

ワタアメから頂きました。

細美さんこんばんは、ワタアメと申します。

 

私は今年の春から大学生になりました。

始まってしまえば自分でも驚くくらいすんなり友だちができて、あっという間に新しい生活に慣れました。

 

でも、ふとした瞬間、さっきまで笑っていたのに急になんか違うなー、という思いに駆られて、その場から離れたくなってしまいます。

 

そのくせに一人になると寂しくてたまらなくて、いつもは普通に聴いてるはずの曲の歌詞が沁みて、道端で泣きそうになります。

特に夜はグワーっと寂しい気持ちが湧いてきて、一人で部屋にいると本当に耐えられないんです。

 

どうしていつの間にこんなにめんどくさい思考回路になったのか、自分でも意味がわからないです。

なんだか本当にどうしようもなくてメールを送ってしまいました。

 

ネガティブな内容を長文で失礼しました。

最近目覚ましにして朝自分を励ましているこの曲をリクエストさせてください。

と頂きました。オッケー、ワタアメのリクエストにお答えして。

聴いてください。

the HIATUSで『Unhurt』。


Keeper Of The Flame Tour 2014 Closing Night 日本武道館 2014.12.22 [Blu-ray]

 

ED曲 Tenth Avenue North『Greater Than All My Regrets』

細美武士がお送りしてきました、bay fm『Hedgehog Diaries』

今日は、Tenth Avenue Northの『Greater Than All My Regrets』を聴きながらのお別れです。

Tenth Avenue North – Greater Than All My Regrets (Visualizer)

 

細美武士 SNSについて語る

最後に一通メールを紹介しましょう。

オシバナから頂きました。

細美さんこんばんは。いつもラジオの時間を楽しみに過ごしています。

 

突然ですが、私最近Instagramをやめてみたんです。

細美さんはSNSはやっていないと言っていたので馴染みが無いかもしれませんが、今では情報を得るために一番効率良く使えるのがインスタなんじゃないかなあと思うくらい、私にとっては必要不可欠なツールとなっていました。

 

好きなアーティストの最新情報なんかも友達がシェアしてくれているし、ライブに行った人の感想を見て自分も行った気分になって楽しい気持ちになったり、世界中の素敵な写真を見ていいなあと思ったり。

 

よく使えば便利で楽しいものなんですけど、私の場合はインスタ見はじめて気づいたら2時間経ってたなんてことはザラでして…

 

そんな時はいつも決まって、あー、2時間あればあれもこれも出来たのに!と、ただベッドに座ってiPhoneをいじってただけの私を責めるのが常でした。

 

そんな日常に嫌気が差して、平成最後の日にアカウントを消してみました、スパッと。

友達もたくさんいたけど、ネット上の友達より現実の友のほうが大事、といさぎよく。

 

そうしたらやめて一日経っただけなのに、いかに今まで自分の時間を生きていなかったかということに気が付きました。

 

人の記事を見て、へー、いいね、って薄っぺらい感想を脳裏に浮かべながら過ごしてた自分と比べたら、映画を見て感動したり掃除をして疲れたけどピカピカになって達成感を得たり、なんだか生きてるって感じがします。

 

当たり前のことだと思うんだけど手軽で便利なものに依存してしまって、大切なものを忘れてしまっていました。

便利になった反面、それに身を委ねすぎてしまうのは危険だ、はっとさせられました。

 

新しい令和の時代、世の中は便利さを求めて進んでいくのだと思いますが、私はそれに身を委ねすぎず、自分はどう感じるかを考えながら生きていきたいもんだなあと思いました。

 

長くなってしまいすいません。

読んでくださりありがとうございまーす。

と頂きました。ありがとう、オシバナ。

そうですねえ、バンドのインスタとかはあるんで、たまに、「写真上げましたよ」って言われたらちょっと見てみたりはするんだけれども、自分で自分から発信する場としてやってないからわかんないんだけどさあ。

 

なんかこれだけみんながSNSをやってる中、俺なんかはこう、どんな感じなんだろうな、って思うんだよね(笑)SNSやってたら。

 

会ったことない人だけどいっつもコメントくれる人とかいるわけじゃん?わからない、でも悪いことばっかりじゃないんだろうなあとは思ってるんだけど、まあ今回の俺の人生にはあんま関係のない話だなとは思っています。

 

えーっと来週の分はこのあと収録です。

いつも素敵なメールたくさん有難う。

それでは皆さんまた来週、さようなら。



細美武士 旅で見る夕日について

はい、今週も始まりました、FAKE TALES OF CHIBA Zのコーナーです。

最後に一通メールを紹介しましょう。

ピータンから頂きました。

細美さんこんばんは、ピータンです。

 

僕はゴールデンウイークの今、アラバキからUAE・アラブ・ドバイへと旅に出ています。

海外に行くのは5年ぶりで不安もありましたが、今日が最終日でとても満喫できました。

 

移民者や出稼ぎで来ている人が多く、色んな国の人がいるので馴染みやすく、「日本から来た」と言うと「日本好き!」ととても良い対応をしてくれる暖かい国です。

 

3日目には砂漠に行って夕日を見ました。

細美さんが砂漠で寝泊まりしていた話を思い出して、ハイエイタスの曲を聴いていました。

人生のご褒美ってこういうことなんだろうなって細美さんだったら絶対言う、って思うくらい本当にきれいな夕日でした。

 

今回の旅には色んな出会いがあって、人種や宗教・文化が違っても優しく接してくれたことが本当に嬉しくて、それが実感できた旅でした。

くだらない戦争や争いがなくなる世界になったらいいなあ、って、綺麗事かもしれないけど思います。

 

明日帰国します。

細美さんもお体には気をつけて。

帰って仕事して、宮古島も行きます。

 

そんな、人生のご褒美の夕日の写真を送ります。

っていってね、貰った夕日の写真に、すごい綺麗な夕日とUAEの方なんでしょうね、ガイドさんかな?2人位夕日の方を向いて座ってる砂漠の上にですね、たぶんピータンが書いてくれた、the HIATUSってこう、砂の上にね、手で書いたであろう文字があって、すげえいい写真だなあと思って紹介しました。

 

で、夕日自体めっちゃ小さいんだけどさ、写真の中だと、点で、なんていうの?写真で撮ると絶対こうなるんだけど、見てるときってすげえでかいじゃん?夕日って。

 

だからこう、俺も旅先でこういう、ガンジス川に沈む夕日とか昇る朝日とか色々見てきたけど、そのフィルターが自然とかかってしまって、このちっちゃい点がめっちゃ大きくみえる、と思って。

 

やっぱ一回は経験しないとわかんないもんだよね、こういうの。

素敵な写真どうもありがとう、ピータン。

 

さ、来週の分はこのあと収録です。

えーっと、ちょっと収録続いてて申し訳ないですが、お付き合いください。

それじゃあ皆さんまた来週、さようなら。

コメント