【難波章浩】NAMBA69『Love Music』出演時の裏話を語る。

『難波章浩の今夜もCLOSE TO ME』
デミさん
デミさん

パンク大好きデミさんです。

Twitter:@Takenoco0803

Instagram:@demisansan

プロフィール:デミさんはこんな人

 

今回は難波ラジオの文字起こし。

2019年5月12日放送の FM NIIGATA『難波章浩の今夜もCLOSE TO ME』です。

 

この日の夜、地上波の音楽番組『Love Music』に出演したNAMBA69

 

ご覧になった方も多いと思いますが、その裏話を話してくれてます。

 

来れなかった人のことも気遣う難波さん、どんだけ優しいんだと思いました。

 

それではどうぞ。

 

radikoの方はこちらから:

難波章浩の今夜もCLOSE TO ME5/12放送分)

スポンサーリンク

難波章浩 『Love Music』出演について語る

ま、とにかくですね、NAMBA69のですね、新曲とかが、FMとか、今日は『Love Music』ですね、なんと2曲ですよ、『MANIAC 』って曲と『CHANGES』聴いてもらうんですけど…まあ観てもらうんですけどね。


CHANGES

 

ライブでね、ああやってね、やるんだな、みたいな。ライブだとあんなになっちゃうんだな、みたいな。

 

とにかくフジテレビに集まったみんなの、もうこれたぶんほんとに、NAMBA69マジで好きな人たちだからみんな(笑)すごいのねみんな。もう300人位の熱気が。もう動きとか半端なくて。

 

俺、ほんと、うん、下手したら今までで一番すごいライブやってたんじゃないの?って思ってきちゃった。

 

あの、2曲演らせてくれるってことで2曲演ったんだけども、それじゃ足んねえなって思っちゃって。

 

ライブ2曲終わった後に、「フジテレビの皆さん、いいですか?もうあともうちょっとやっちゃっていいですか?」なんて言っちゃって。

 

勝手に「せっかく集まってもらったから」なんて言っちゃって、その後2曲やったりして。3曲かな?やって、それはそれは、トータル5曲位の、たった15分位、すごいライブでしたよ、ほんとに。

 

そのライブの模様が今日たぶん、今晩だと思うんだよね、今日の夜中、12時半からNAMBA69出ますんでね、民放。

 

民放でがっちりライブやるなんて、こんなこと無いんじゃないの?

 

ぶっちゃけすげえ緊張すんのかな…と思ったけど。

 

始まる前はね、まずフジテレビ入って、お台場のフジテレビに行くわけですよ。

 

まずその、フジテレビに行くってだけで焦っちゃうじゃない?なんか全然環境が違うじゃない?

 

受付にはきれいな女性がいて…みたいなさ、セキュリティが厳しくて…みたいなさ。

 

で、通されて、上がっていくと、もう、ほんと、カンニング竹山くんの楽屋とか、錚々たる…聞いたことあるような名前の楽屋、芸能人の方たちの名前が貼ってあるような通りの中に、俺達の、『NAMBA69様』みたいなのが貼ってあって。で、そこに行って。

 

今からライブやるのに楽屋のムードがぜんぜん違うから、そこでメンバーの空気がもうおかしいんだよね。

 

あれー、とか思って。みんなちょっとなんか、変なになっちゃってない?とか思って。

 

これは場を和ませないとな、とか思って、俺がもう、自分が持ってる携帯用の小さいスピーカーで音楽をかけて、場を和まして。

 

「全然大丈夫っしょ、いつも通りにやろうよ」みたいな感じで。

 

畳なんでね、楽屋が畳だったから寝っ転がって、ダラダラダラーみたいな感じで、「まあ、いつもと変わらずやろうよ」なんて言いながらも、自分ももう焦ってるんだけれども。

 

で、いよいよ「リハーサルです!」なんて言われて。「リハーサル場行きましょう!」なんつって。

 

リハーサルって言っても、カメラがいて色んなスタッフさんがいてね、セットなわけですよ、ライブハウスのような、感じなんだけどセットなんだよね、もうね。

 

その中でリハーサル、何回もやるんだよね、しかもね。カメリハっていうんですかね、カメラがアングルとか決めるんでしょうね、それをもう何回も何回もやるのね。

 

だから、リハーサルでもちゃんと歌わなきゃいけないんだろうなと思って、俺、何回も何回も歌って。

 

リハーサルで喉疲れちゃったりして、俺本番大丈夫かな…みたいな。

 

で、「5分後本番です!」なんつって、もう。「え、マジ!」なんつって。5分しか休めねえんだ、とか思って。「すいません、もうちょっとください。10分にしてください」なんつって。

 

そんな感じでドタバタでいきなり、ねー、「10分後客入れしまーす!」なんて言ってバーっとお客さん入れて、15分後くらいにいきなりなんか本番やんなきゃいけないみたいな。

 

そんな感じでね、俺大丈夫かな…俺、もしかしたらこれ、一番プロモーションっていうか、人に見てもらえるチャンスのこの場で、一番やっちゃうんじゃねえかと思って、下手したら出なきゃよかったって状態になんのかな…っていうのが一番怖かったから。

 

「難波、何にもできねえじゃん。NAMBA69、なんだあのボーカル!」なんて言われちゃって、そんな感じになっちゃったらやべえなとか思って。あれ、これ実は一番やべえんじゃねえの、人生最大の大一番じゃないのって思っちゃって。

 

で、ステージに上ったわけですよ。そしたらお客さんがうおー!ってなってるから、その瞬間俺もパコッと取れて、あれ、俺は何を考えてたんだろうな、何を狙っていたんだろうなって思って。

 

お客さんのその、いつもと変わらないお客さんのその、まあいつも見る顔もいるのよ。そのお客さんたちの表情を見て、あ、俺は違うなって思って。ブラウン管を通して何かメッセージするとか何か伝えたいなと思って余計なことばっか頭でっかちになってたなと思って。NAMBA69をこうね、いい感じに見せるために余計なことばっか考えてたなと思って。

 

それがスコンと取れて、抜けて、ほんとにもう、いつものようにライブが出来ましたね。ほんとに何も変わらず、カッコつけることもなく、誠実なライブがほんと出来たなと思って。

 

それはそれで、編集見せてもらったんですけどすげえ映像になってるんで、今夜マジで楽しみにしててください。

 

この曲が流れるんですけどもね、まず聴いてもらいましょうかね。

 

CHANGES』ほんと、アルバム、すげえ曲…自分で言うのもあれですけどすげえ曲ばっかりで、うん、どれがリードっていうのもないんですけども、まあこの曲、一発目のMVになってるんで。

 

すごい、話題になってたりして、すごい嬉しいんですけども。

 

聴いてください、NAMBA69で『MANIAC 』!


CHANGES



難波章浩 来れなかったファンを気遣う

Love Music』行ったよ!って人、ラジオネーム・マーニーくん(東京都新宿区)。

難波さんこんばんは、『Love Music』の観覧行きました。

 

テレビの収録ということで、どんな感じなんだろう?どこまで制限されるのだろう?と思っていたら、まさかあんなに自由に楽しんでいいとは思いませんでした。

 

そしてメンバーの皆さんはもちろん、客席の「盛り上げてやる!」といった気合と一体感が凄まじく、今までのNAMBA69のライブ映像で一番半端ないのではないかと思いますし、その映像が地上波で流れると思うとワクワクです。

 

放送楽しみにしています。

 

ねー、楽しみだな、マーニー!

そう、彼はね、いつもライブ来てくれるんですよ。

 

そういうね、やっぱり、今まで、NAMBA69をずっと応援してきてくれた人もたくさんいたのね。

 

で、私は最初から、もうほんと、私は俺は最初からNAMBA69を応援してたんだ、もうほんとにお客さんが全然いないっていうか(笑)あんまりいないときから俺は応援してたのよ!っていう人もいたんだけど、この晴れ舞台に抽選で漏れちゃった人とかもたくさんいて。

 

あー、そういうの、本当に申し訳ないな、切ない部分もあったんですけど、その人達のためにも俺たちが思いっきりライブやってきたんで、ぜひね、今日の『Love Music』の放送は、もうみんなのためにやったと言っても過言じゃないの、うん。

 

で、NAMBA69に触れたことがない人、ね、俺はね、音楽も知らないしNAMBA69を知らないぜっていう人もね、もちろんテレビ観る人なんて不特定多数なんだからもういっぱいいるわけじゃない?そういう人たちにもぶちかましたいな、っていうのもあるけど、俺はもう今回、ステージ立った瞬間、思いました、君たちのためにライブやるよ、君たちのために、ありがとうって気持ちでテレビに出て、みんなありがとう、って気持ちでした。

 

なんでね、その勇姿を、観てください。

もうこの放送を観て、NAMBA69を知った人もたくさんいると思うんですけども、俺はこの新潟からフジテレビに乗り込み、ライブかましてきたんでね、ぜひ、観てください。

 

難波章浩 アルバムのサブスク配信を語る

新曲の『CHANGES』って曲聴いてもらってね、たくさんね、メールも貰ってるんで。

 

ラジオネーム・ラブザワ69、東京都の方、中野区。

CHANGES』最高です。

個人的に『LOOK UP IN THE SKY』を超えました。

 

『Don’t let me down tomorrow〜』のところのメロディが超絶良いです。

 

油断したら泣きそうな、なんか元気が出るような癒されるメロディでぐっと来ます。

 

早くアルバム聴きたいです。

サブスクも同時公開するという挑戦的な試みもすごくかっこいいです。

 

アルバムも予約しましたけど、ジャケットや歌詞とか見ながらApple Musicで聴こうと思ってます。

 

わー、ありがとね。そう、サブスクサブスクってApple MusicとかSpotifyとか同時にね、そっちの方も(5月)15日から配信しようと思ってて。

 

実は今もう、『MANIAC Ⅲ』はApple Musicの方では聴けるようになってて。

 

なんていうのかね、事前に、予約って形なのかな?それを『DL』っていうのをポチッと押しとくと、15日に全部の曲がDLされてるよ、って状態。

 

だから1,2曲先に打ち出しておいて、15日当日に全部DLされているって状態の。

 

Apple Musicやってみます。だからあの…タイムラグ、1ヶ月後、とかは今までもやってたんですけども、同時にやってみる。

 

やっぱりね、こう検索して載ってない、「CHANGES NAMBA69」で検索して聴いてみたいな、なんかこの曲面白そうだな、聴いてみよう、ってApple Musicを聴いてる人とかが検索して、そこで無かったらそこまでなんだよね。

 

今そういう時代になってるから、そういう人たちにも聴いてもらいたいなと思って。

 

やっぱり歌詞とかジャケットを手に取ってもらえないっていうのはあるんだけども、歌詞もできるだけ、サブスクでDLした人に歌詞を見てもらうにはどうしたらいいのかな…とか。

 

それももう…でも、見れるんだよね?見れるんだけども、なんかしら別の方法を考えてみようかなと思ってて、今みんなで考えてます。

 

絵本みたいにしてみたいな、とか思ってみたり。

 

すごく今回歌詞が面白いから、歌詞を見てもらいたいんですよね。

 

またそうすると、曲も全然違って聴こえると思うから。何を言ってるのかな?みたいなね。

 

だったら日本語で歌えよ!ってことにもなっちゃうんでしょうけどもね、そこはね、まあよろしくお願いしますって感じでね。

コメント