【細美武士】「エルレガーデンでやっと宮古島に帰れる!」

細美武士『Hedgehog Diaries』
デミさん
デミさん

パンク大好きデミさんです。

Twitter:@Takenoco0803

Instagram:@demisansan

プロフィール:デミさんはこんな人

 

2019年4月24日放送、細美武士のラジオ『Hedgehog Diaries』は収録でした。

 

途中のゲームの話はさっぱりわかりませんでした(笑)。

 

月末恒例の弾き語りは、ELLEGARDENの『BBQ Riot Song』です。

 

2018年の夏の復活ツアーが終わった後も、確か弾き語りしてくれた記憶があります。

 

来月エルレで出演する、宮古島ロックフェスに思いを馳せて弾き語りしてくれました。

 

それでは今回も長いですがどうぞ。

 

ネットラジオはこちらから:

BAY FM Hedgehog Diaries

 

2019年5月2日、昼1200までの期間限定公開です。

スポンサーリンク

細美武士 感じが悪い人に思うこと

こんばんは、bay fm『Hedgehog Diaries細美武士です。

 

今週は収録でお送りします。

収録してる現在は先週の生放送の後、午前1時19分を回った後収録を開始しています。

 

えーとですね、収録の理由はですね、18日何やってるかな…多分ぶっ通しでレコーディングをやっていて、まあわりと何か1個トラブルが起きるとすごい遅くまでなっちゃうんで、生放送しとくと危ないかな、って思いもあって収録しています。すいません。

 

それでは一通メールを紹介しましょう。

オンから頂きました。

細美さんこんばんは、オンと申します。

 

今日仕事中にMONOEYESの『My Instant Song』が流れてきて上機嫌でした。

 

しかしその後、仕事上のトラブルに巻き込まれて落ち込んでいるところです。

 

いわゆるクレーマーといいましょうか、こちらは何も悪くないのに立場上何も言い返すことが出来ない状況。

 

まだ問題は解決しておらず、頭の中はモヤモヤモヤモヤ…本当に生き辛い世の中だなあと実感しているところです。

 

細美さんもこんな気持ちになることありますか?

 

なるほど。

ちょっと話はズレるかもしれないけど、うんとねえ、今日はちょっとタクシーに乗るタイミングがあったんですよ、午前中に。

 

したらそのタクシーの運転手さんがまー、嫌な感じで(笑)。

 

あれ?って、乗る時も「あ、よろしくお願いします」って普通に乗ったつもりだったんだけどなあ、って思って。

 

えらい嫌な感じでどうしたものかと、本当にどうしたものかなと思ったんですけど、単純に俺の心に去来したのは、「いや、ここで喧嘩してるほど俺の人生暇じゃねえ」と思って(笑)すっとスタジオに来ました(笑)はい。

 

まあそんな感じですね。

 

1曲目 Alok, Felix Jaehn & The Vamps『All the Lies』

まず1曲聴いてください。

Alok, Felix Jaehn & The Vampsで『All the Lies』。

 

最近こういうシンガーが何人も曲すごい出すじゃない?みんな。

 

だからこう、バンド界で言ったらさ、「細美・TOSHI-LOW・Gotchで曲を出す」みたいなさ、ことなのかな?

 

だいぶ違うな…って思ったけどね、今言ってて(笑)

 

細美武士 『ユージュアル・サスペクツ』について語る

さ、メール紹介していきましょう。

カズハから頂きました。

細美さん、こんばんは。

いつもラジオ楽しみにしています。

 

細美さん、今年は何か映画を観ましたか?

 

最近観た映画でよかったものがあったら教えてください。

 

と頂きました。

あー、結構観てるよ、映画は。

色んなインスピレーションを探したりもするんだけど。

 

実はねー、まあとにかく「最後、物語の最後が、どんでん返しがすごいよ、あれ以上のどんでん返しは観たことがない」って俺の友達が口を揃えて言う、『ユージュアル・サスペクツ』をね、ようやく観たんですよ。


ユージュアル・サスペクツ [Blu-ray]

 

ただもうみんなが、「え!お前『ユージュアル・サスペクツ』観てないの!?」みたいな、アメリカの友達とかによく言われて、「いや、待って待って何も言わないで!観てないから!絶対観るから!」って言ってから何年も経ってようやく観たんだけど。

 

もうさ、みんなから「すごい結末が待ってる」って言われてたからもう逆に、観てる最初から「いや、犯人はこいつだろ」みたいな多分一番ありえないところをずっと探していったから、見事に当たりまして(笑)。

 

なんか先入観があると俺にとっては全然、どんでん返しでも何でもなかったな、っていう、はい、ことになりました。

 

面白いね人間って。

そういう目で見てるとちゃんと見えるんだなって(笑)思いました、はい。

 

細美武士 ゲームについて語る

さあもう一通いきましょう。

ハラタクから頂きました。

細美さんこんばんは、ハラタクです。

 

突然ですが、エーペックスというゲームはご存知でしょうか?

 

元々ずっとパブジー(PUBG)をやっていたのですが、プレイステーション4で無料で出来るゲームが出ており、今では毎日エーペックスをやっています。

 

ゲームの概要はおおよそパブジーと同じですが、正直かなり面白いです。

 

唯一プレステなので外出先で出来ないのが欠点ですが。

 

先週のラジオの時でもちらっとパブジーと仰られていたのでぜひ、と思いメールさせて頂きました。

 

引き続きアルバム制作頑張ってくださーい。

 

と頂きました。

ありがとう、ハラタク。

もうちょっとここはもう、バトロワ系のゲームをやってない人にはしばらく全く何の話かわからないと思うんですけど。

 

俺はね、もともとクラウドナインのまあジャスティンとか、チョコタコとかシュラウドのストリーミングで結構癒やされるタイプなの。

 

作詞して、あー疲れた、休憩しよう、って時はだいたいトゥイッチを開いて、まず最初にシュラウド検索して、で、やってないなと思ったらチョコタコ見て、あ、チョコやってんじゃんなんて、ずっと、チョコタコのやってるパブジーをこう、見て、上手えなー、とか思って、っていう風に息抜きしてるんです。

 

だからシュラウドがエイペックスにハマってるとかって聞いてエイペックス見てたけど、連絡先がチーターが増えて大変らしいですねー。

 

なんてさあ、あんまりこの話ばっかりしてても意味分かんないだろうから次いきますけど、勘違いしてほしくないのは、俺はね、バトロワ系ゲームが好きなんじゃなくてパブジーだけが好きなの。

 

だから、どんどんどんどん新しいゲームが出ていって、バトルフィールドのバトロワが出たりとかしてどんどんパブジーのプレイ人口が減って、そのうちサーバーが過疎ってマッチングされなくなる瞬間が来たらですね、俺は多分他のゲームに行くとかじゃなくてゲーム自体止めると思うの。

 

まあそういう感じです、はい。

 

2曲目 Dido『Give You Up』

ダイドーの新譜です。

相変わらず素晴らしい歌声ですね。

 

聴いてください。

Didoで『Give You Up』。


Still On My Mind

 

細美武士 インドで出会った強い女性について語る

それではメール紹介していきましょう。

ラジオネーム・タコから頂きました。

細美さん、こんばんは。

今日は新潟にスノボに行ってきました。

 

(おー、4月17日だからもう結構、終盤ですね)

 

ポカポカ陽気で春の訪れを感じ嬉しい半面、大好きな雪山としばらくお別れの季節でもあるので寂しい気持ちもあります。

 

今日一緒のリフトに乗り合わせた台湾から来た男性に話しかけられました。

 

台湾人男性は拙い日本語で一生懸命話しかけてきて、私も日本語とジェスチャーを交えてコミュニケーションを取りました。

 

話した内容は他愛のないことで、乗り合わせてる間の短い時間でしたが、なんだか楽しい気持ちになりました。

 

こういう時にいつも感じるのが海外の方の積極性です。

 

私だったら言葉が通じなかったら一人で話しかける勇気はありません。

 

でも台湾人男性との関わり合いを通して、言葉がちゃんと話せなくても話しかけられた方は一生懸命聞こうとするし伝えよう思うことに気づいたのと、ちょっとした時間でも思い出になるのは素敵なことだなあと思いました。

 

海外に行く機会はあまりないですが、自分も勇気を出して話しかけていきたいと思います。

 

細美さんは毎年海外に行かれてますが、自分から話しかけるほうですか?

 

万国共通、酒の席があればすぐに仲良くなるとはいいますが、私はあまりお酒が強くないので、現地の人と仲良くなれる方法とかもしあったら教えてください。

 

ハイエイタスのアルバム作成お疲れ様です。

 

早く聴ける日を楽しみにしています。

 

と頂きました。

ありがとう、タコ。

うーん、そうだなあ、俺は結構、ほら、バックパッカー的な旅をするので、そもそも宿に似たような人種が集まってるというところはあるかもしれないなあ。

 

その、普通に街なかのレストランに入って隣の席に座った人に話しかけるとか、俺もほとんどしたことはないですね。

 

ただねえ、この、まあきっかけがあったから紹介しようとしたエピソードがあって。

 

あのー、今年のね、インドに行った時の話なんだけど、まあ、結構安宿に泊まっててさ、ガンジス川のすぐ近くのね。

 

で、そこは、一応朝食が付いてて。

で、夕食も望めば食べれるんだけどさ、メニューはいくつかあってね。

 

朝食はコンプリメンタリーっていって、会計の中に入ってるからお金出さないで食べれるんだけど。

 

そこの朝食が、えっとねー、オムレツとソーセージとトーストとホットコーヒーか紅茶が選べるよ、みたいな、まあ普通のアメリカンブレックファーストが出たんだけどさ。

 

その、なんていうのかな、俺のテーブルが4個あって、で、それぞれのテーブルに椅子が4脚あって、で、俺が座ってる席は、なんていうのかな、上から見たら右下だと思って、わかりやすく言うと。

 

で、右下のさらに下の方、一番下の方、だから端っこに座ってたのね。

 

端っこに座って朝食食べてて、俺から向いた正面の席、うんとー、右上の席には、歳は俺と同じくらいかなあ?もう少しいってたかもしれないけど女性の一人旅の、長いこと一人旅してる感じの人がいて、その人がなんか書き物をしながらご飯を食べてたの。

 

で、俺の左斜め向かいには、なんかものすごい苦虫を噛み潰したような不満満載の顔した、どこだろうなー?国籍は、多分俺の予想では8割方日本人、もしかしたら韓国の方かもしれないし中国の方かもしれないけど多分日本人だろうな、っていう方が座ってて。

 

その人が朝食を運んできた、そこで働いている若い男の子を怒鳴り始めたのね、「昨日の朝食とメニューが全く一緒じゃないか!」と。

 

「もうこれしかないのか?」「もうこれしかないよ」って、向こうの働いてる若い子が言ってて。

 

「なんでこれしかないんだ?昨日もこれだったじゃないか、オムレツとソーセージとパンじゃないか?なんで同じなんだ?」「いやー、なんで同じって言われてもこれしかないんだよ」って言ってて。

 

で、俺も結構耐えてたんだけど、自分の国の価値観でこの人いるんだろうな、今ここに、って思ってて。

 

で、だんだんイライラしてきて(笑)、その子も可哀想だったし、あーもう我慢ならん!って思って、「おい!」って言った瞬間と全く同じタイミングで、俺の前に座った、ヨーロッパから来てた白人の女性だったと思うんだけど、英語でね、書き物をしてるノートから目も離さずに、その、下向いて、書きながらだよ、「一番楽だからだよ」って言ったの、英語でだよ、その人に。

 

それは、なんていうの、彼らのことも考えろ、って言う意味でね、俺の「おい!」と全く同じに言われて(笑)。

 

俺、すごい、うわー、この人めっちゃかっこいいな、って思って。

 

もう何も言い返せなくなっちゃって、その、文句言ってた人も。

 

で、真っ赤な顔して、ギューッとした顔でそれを食べ始めたんだけど、その、目の前でそれを言ったその女性が、俺が全く同じタイミングで「おい!」って言ったのも聞こえてたんだろうね、立ち上がって自室に戻る時にこっち見てすごい優しい顔でニコッと笑ってペコって頭を下げて通っていったわけ。

 

なんかそれが、そういう経験がこうね、旅を続けてると、それこそ数え切れないくらいあって。

 

そうなっていくとね、国籍がどう?じゃないっていうか、その人がどうなんだ?っていう話なんじゃないのかなーっていう。

 

全然今のメールとは関係ないんだけどさ、そんな感じに思いましたね、はい。

 

さ、まとまりはつかないんですが、ちょっと思い出したので。

 

かっこよかったんだよなあ。

「楽だからよ」って言い方、別に全然かっこよくねえって思われたら申し訳ないんだけど。

 

ただねえ、うまいこと演技ができないんだけど、再現できないんだけどめちゃくちゃかっこよかったのよ!

 

その、落ち着いてんのね、俺なんかカッとなってるから「おらー!」みたいな感じで言っちゃったんだけど、その人はすんごい落ち着き払って、もう、その書き物黙々と続けながらまるでその会話なんか聞こえてないふうに見えてたのが、「それが一番楽だからよ」ってボソッて言ったのがもうね、強えな、って思いました。

 

3曲目 『BBQ Riot Song』細美武士弾き語り

さ、弾き語りの時間がやってきましたね。

 

5月11日の宮古島フェスティバルMONOEYESELLEGARDEN、まあダブルヘッダーで出るんですけど。

 

巷の話では、「もうエルレの頃には細美はベロベロなんじゃないか」という(笑)心配の声が結構聞こえてて(笑)。

 

まあ無くはないけどさすがに俺だってそうはしたくないよ。

 

やっと宮古(島)にエルレが帰れるっていうのがあるからね。

 

なのであの美しい海を思い描きながら。


RIOT ON THE GRILL

 

はい(笑)お送りしたのは、『BBQ Riot Song細美武士弾き語りバージョンでした。

 

ED曲 The Beaches『Snake Tongue』

細美武士がお送りしてきました、bay fm『Hedgehog Diaries』。

 

今日はThe Beachesの『Snake Tongue』を聴きながらのお別れです。

 

細美武士 嫌な記憶が蘇るものは無理して聴かなくていい

さて、最後にメールを一通紹介しましょう。

あー、先週も読んだけどこれいいメールだったから。

細美さんこんばんは、サラです。

さっきラジオから流れてくるのを耳にして、久しぶりに『Sunset Off The Coastline』を聴いた気がします。

 

というのも、極めて個人的なことなんですが、『Keeper Of The Flame』がリリースされた当時私は社会人1年生で、限りなく黒に近いグレーな会社で働き、毎日このアルバムを聴きながらいやいや出勤してたことを思い出すのです。

 

その会社はすぐに辞め今は全く別の会社で働いていますが、このアルバムを聴くとどうしても当時の嫌な記憶が蘇り、大好きなthe HIATUSの作品なのにリリース時以来自分から聴きたいとは思えません。

 

細美さんも以前から何度か、記憶と音楽に関することをお話されていますが、嫌な記憶と結びついてる音楽ってありませんか?

 

もし細美さんにもそんな音楽があって、過去の嫌な記憶から脱することが出来たのなら、ぜひどんなふうに克服されたのか教えてほしいです。

 

と頂きました。なるほどねー!

あのねー、俺はほんとにバカなんだろうなって思うんだけど、あんまり嫌なことずーっと覚えてらんないんだよね、逆に。

 

だから、多分あるんだと思うんだよね、その曲を聴くと思い出しちゃうことみたいなのあるんだろうけどうーん、今、ぱっ、と言われて、「あー、この曲あんま聴きたくないな」っていうのはないんですよね。

 

ただ、そういう、なんていうのかな…、うーんと家族の中にそういう人がいて、テレビでそれがかかると何があっても絶対チャンネルを変えないとダメだ、っていう人も知ってるから、まあそういうのはよくあるんだろうな、っていうのは思う。

 

だけど、なんていうのかな…それが流れるとこう、テレビを変えなきゃ耐えられない、っていうのは正直さ、うーん、弱点でもあるわけじゃん?自分の。

 

だったら簡単に攻撃できちゃうっていうか、その曲かけちゃえばいいんだから、みたいな、そういう弱点は強くなろうと思うとなるべくない方がいいよなあ、とは思うんだよね。

 

でもそういう嫌な記憶って、やっぱりねえ、簡単には乗り越えらんないですよ。

 

時間がかかるから、今は聴かなくていい。

 

Keeper Of The Flame』、全然聴かなくていい。

 

でいつかその、何か嫌だった出来事の記憶と自分が向き合う勇気が出て、覚悟が出来て、強さを手に入れて、また傷が癒えた時に向き合って。

 

で、「ああ」って思える自分の、一つの何気ない記憶になったらまた聴いて。

 

それまでは今年、たぶん、多分出るんだけど、出るハイエイタスの新譜聴いといて。

 

っていう感じで(笑)、なんか最後すげえ宣伝みたいになったけどそういうつもりじゃないです。

 

えーっと、そういう感じで、来週の放送はちょっとどうなるか、またHPとかで確認してもらうと嬉しいです。

 

それじゃあ皆さんまた来週、さようなら。

 

細美武士 生放送と収録のテンションの違いを語る

はい、今週も始まりました、FAKE TALES OF CHIBA Zのコーナーです。

 

えっとー、今週収録だったんだけどさ、まあ毎週聴いてくれてる人には、先週の生放送の後で録ってるわけじゃん?ものすごいテンションの違いを感じてると思うの(笑)。

 

なんか生放送、結構真面目だったな、って思って。

 

でもさ、こう、なんで収録の時だとこんなはっちゃけた感じになるのかなと思ったんだけど、多分生放送で今みんなリアルタイムで聴いてるって思った時にさ、エイペックスとかパブジーの話をこう、延々としちゃったりしてる最中に自分の中で、「これ、全然わかんねえよ、その話」ってめっちゃ思われてるかもな、みたいな気持ちになっちゃうんだろうな、って思う。

 

ちょっと予防線を張ってるんだろうなって思います(笑)。

 

あとは、1週間作詞が続いてたんで、もう、「あと1時間だけ頑張ってから寝よう」みたいなふうにして、毎日1時間寝る時間がどんどん倒れていっちゃって。

 

なんていうの、日が昇ってから寝る、みたいになっちゃってたのが、今日からレコーディングで昼型にゴキッて戻ったわけ。

 

だから一日中フワフワ、プールの中にいるみたいな、目がはっきり開かないな、みたいな感じで、レコーディングをやってラジオの生やって収録やって、「よっしゃ、これで、言い方悪いけど今日の仕事終わるぞ!」みたいなハッピー感もあるんでしょうね、きっとね、はい(笑)。

 

ということで、たくさん素敵なメールどうもありがとうございました。

 

来週もみんなのメールを読むのを楽しみにしてます。

 

それじゃあ皆さんまた来週、さようなら。

コメント