【WANIMA】『CHARM』はPIZZAへの感謝と惜別の曲だ!

【WANIMA】『CHARM』はPIZZAへの感謝と惜別の曲だ!

WANIMAの新曲『CHARM』の先行配信が4/24よりスタートした。

歌詞はこちら。

http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=k-170417-001

もちろんダウンロードして聴いたんだけど、なかなか凄い曲で度肝を抜かれましたよ。

特に歌詞が凄い。

これは聴き手によって捉え方変わるだろうなと。

まずはこちらの捉え方。



文字通りの新生活応援ソング

期待通りの曲というか、いい意味でものすごくWANIMAらしいド直球の曲である。

ちょうど4月の新生活シーズンで一生懸命頑張ってる人は強烈に響く曲だと思う。

環境の変化ってうのはものすごくストレスになる。

場所の変化、人の変化、内容の変化。

そのどれもが微妙に重なり合って5月病へと繋がっていくのである。

5月にゴールデンウィークが無ければ離職率も減るのではないかというのはまた別の話。

だが、そんな心の不安感をWANIMAの楽曲に救われてる人はもう絶対聴いてほしい。

先行ダウンロードの前4/11にオールナイトニッポンで流れてるので聴いてる人もいると思うけど、この曲ホントいいから!

社会人生活を15年以上してるおっさんも、涙出そうになる泣きのメロディは健在。

そして、歌ってる姿をyoutubeやライブで一度でも見たことがある人なら分かると思う。

KENTAの表情がもうたまらんですよ。

くしゃくしゃの笑顔かと思ったら今にも泣きそうな切ない表情で歌ったり。

WANIMAの楽曲はただ聴くだけでも響くんだけど、KENTAの顔を見ながら聴くとさらにグッと来る。

もはやKENTAの表情が最高のスパイスになってる。

だから実際にそれを体感できるライブの動員が右肩上がりなんでしょう。

この曲はどんな顔で歌うんだろう。

それを想像するだけで泣けてきますね。

またライブで聴きたい曲が増えてしまった。

そしてもうひとつの捉え方。

 

PIZZA OF DEATHへの思い

俺なんかはもうこっちでしか捉えることができなかった。

育ててくれたPIZZA OF DEATHへの感謝に溢れてるんだよ、歌詞が。

それも最初にこんなフレーズぶっこみやがってさ。

憧れぶら下げて走り続けて

心配なんかいらない さよなら ありがとう

フレーフレー 探し続けて

行き先なんて知らない まだ見ぬ始まりを

彼らが決めたメジャーレーベルへの移籍は決して簡単に決めたものではないと思った。

文字通り憧れてたピザからの卒業は本人たちの思いとは別のところだったのかもしれない。

【WANIMA】メジャー移籍と横山健のあの事件の相関関係…

しかし、本人たちの思いとは裏腹に大きくなるWANIMAの商業的価値。

90年代最後のHi-STANDARDも同じような感じだった気がする。

あの時はバンドの成長に本人たちの心が追いついていかない状況だった。

バンドの雰囲気はおかしくなり始め、横山健が体調を壊して時は止まってしまった。

復活するまで11年かかってしまった。

そんな教訓もピザとWANIMAは生かしたのだろう。

思えば歴史を紐解いていくと、小さなインディーズレーベルでは有り余る才能だった。

【WANIMA】歴史を振り返ったら、やっぱり化け物だった!

でもその背景にある思いをこんな形で楽曲に載せられると、メジャーに行っても応援せざるを得ない。

ピザに所属した当初から応援してくれたファンに対して、メジャー移籍のシングル一発目できちんと感謝の気持ちを伝えるなんて、どこまで泣かせるんだこいつら。

満たされないまま時は流れ どんな言葉並べても不安定

建前や嘘にも慣れて 偽者が個々に立ってる

山積みの仕事放り投げ 出会い別れすれ違いまたね

まだやれるまだまだやれる

ひたむきなその姿 未来花咲く ありのままで

ありのままでいるために、環境を変え次のステージに向かう決断をしたWANIMA。

先日行ってきたソイルのライブで聞いた言葉。

『変わらないでいるために変わる』

バンドは生き物!変わらないために変わることの難しさ!【SOIL & “PIMP”SESSIONS】

まさにそんな選択をした3人組。

とりあえず移籍一発目の楽曲ではメロディや曲調は大きく変えることはなかった。

今後新しいことにチャレンジしていくだろうけど、根っこの部分は変わらないでいてほしい。

早く他の曲も聴きたい。


【Amazon.co.jp限定】Gotta Go!!(WANIMAオリジナルステッカー(amazon Ver.)付き)



 

CDレビューカテゴリの最新記事