【VIVA LA ROCK】痴漢逮捕!今後も取り締まり続けるのか?

【VIVA LA ROCK】痴漢逮捕!今後も取り締まり続けるのか?

5/5、埼玉スーパーアリーナで開催してたVIVA LA ROCKで痴漢してた男が現行犯逮捕された。

逮捕容疑は同日午後6時半ごろ、コンサート中に10代女性のズボンに手を差し込んで体を触ろうとしたとしている。女性は宮本容疑者の腕をつかみ、男性警備員を通じて同署に通報した。

(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170505-00000541-san-soci)

UVER WORLDDragon Ashの名前を出した産経の記事に、主催者側が抗議する文面を発表するというおまけまでついてしまった。

同時に、今回、産経新聞にて特定のバンド名を表記した形で報道が為されておりますが、
報道されているバンドにも彼らのスタッフにも一切の落ち度はありません。
今回、このような形で報道が為されたことに関しては甚だ遺憾でありますし、強く抗議いたします。(http://vivalarock.jp/2017/about/statement.html)

記事に書いてあった18時半頃という時間から推測するに、UVER WORLD、打首獄門同好会、そしてDJダイノジBIGMAMAあたりで起きた事件なのかと思っていた。

が、呟いたのは10-FEETのTAKUMA。

テンフィのライブ中に痴漢をした犯人が実際に逮捕されたのが18時半頃?

その辺はよう分からんが、主催者側の抗議があったということはウーバーとドラゴンアッシュの時ではないってことでしょうか。



痴漢は犯罪

ライブ中の痴漢行為ってホントに悪質なことは以前書いた。

【ライブハウス】で痴漢する奴はどうしようもないクズ!

ついにこの日が来たというか、ようやくこの日が来たというか。

記事によると今回は被害者の女性が犯人を警備員に突き出したらしいが、本当に勇気のある行為だったなと思います。

この女性はもしかしたら以前も痴漢被害にあわれてた方で、今回意を決して犯人の腕をつかんだのかもしれない。

怖かったと思いますよ、実際。

何されるか分からないじゃないですか、相手は男だし。

女性が犯人の腕を確保したと同時に、周りの善意ある男性陣が動いた。そう信じたい。

こういう報道があると痴漢行為が減る可能性もあるし、今後女性も男性も対応する心構えができるようになる。

自分の身は自分で守らなければいけないのだが、周りの助けがないと女性は声を上げられない。

新聞報道が先に出て、主催者側も痴漢があったことを認めたのか、それとも新聞報道がなかったら主催者側は発表しなかったのか。

ここは非常に難しいところではあるが、タクマの呟きは新聞報道が出た直後なので主催者側はいずれ発表する予定だったと思う。

ライブ中のダイブ・モッシュ問題と痴漢行為についてはライブがあるたびにネット上に見かける。

ダイブ・モッシュ問題は、ライブに行く人間のルールとモラルによるものだった。

だからすぐに解決できる問題でもなく、今後もなんかあればまた議論されるであろう。

【ダイブモッシュ】する人もしない人も考えよう。本当に禁止になる前に。

しかし痴漢行為は犯罪である。

世の中の性犯罪がなくならないように、ライブ中の痴漢行為はなくならない可能性が高い。

しかし減らすことはできると思う。

主催者・アーティスト側からこのような発表をするのは本当に悲しいことではあるが、犯罪が起きたのだから仕方がない。

やったら捕まる。

至極当たり前のことを分からせなければいけないのは本当にくだらないことである。

しかし、痴漢行為を働くような変態野郎のためにこちらから泣き寝入りする必要はない。

痴漢をされた女性が声を上げやすいような環境作りをするのは、男の仕事である。

 

誰もがライブを楽しめなくなる前に

セキュリティを増やしても、暗い中で行われる痴漢行為は取り締まることは難しい。

だからこそ痴漢行為があったらバンバン報道しなければならないし、犯罪行為が行われたのだからそれは仕方ないと思う。

でも、そんな事件が続くと女性はライブハウスから足が遠のくよね。

アーティスト側も女性限定・男性限定ライブを作るなど対応を迫られるであろうし、それがなくても男女でエリア分けしなければいけなくなるかもしれない。

結果どうなるか。

アーティストもファンも主催者側も誰もライブも楽しめなくなる。

ここの部分はダイブ・モッシュ問題と似てなくはない。

根絶させなければいけない痴漢問題と、議論し続けて答えを自分たちで出さなければいけないダイブ・モッシュ問題。

似て非なる問題が、結果的にライブなくなってしまうかもしれないという点においては一致してしまう。

両者ともそれだけ根が深い問題ってことである。

今回の報道が、ライブにおける痴漢行為の根絶に向けて第一歩になると信じたい。



イベントカテゴリの最新記事