横山健愛用の【VANS】魅力はスニーカーだけではない!

ファッション
スポンサーリンク

どうも、パンク大好きデミさんです。

数年前からストリートファッションがまた脚光を浴びてますよね。

道(ストリート)by横山健

その流れで、BEAMSFREAKS STOREなどのセレクトショップがDickiesとコラボしたり、Dickies自体がショップを出したりしてるのは前に紹介しました。

30・40代のための【Dickies】「874」着こなし講座!
どうも、パンク大好きデミさんです。 数年前からセレクトショップでも別注したりと人気のDickies。 気付いたら直営ショップも色んな所に出来始めてますね。 ディッキーズ公式オンラインショップ その出店先も、ルミネやら...

俺は最近VANSのスニーカーしか履いてないのですが、皆さん、VANSにはスニーカー以外にアパレルラインがあることを知ってますか?

オシャレな人ならもちろん知ってることですが意外と知られてなさそうなので、今回は改めて偉大なストリートブランド、VANSについて紹介していきます。

THIS IS OFF THE WALL

公式には詳しく載ってますが、とりあえずその歴史とモデルをさらっと。



スポンサーリンク

主要な5モデル

AUTHENTIC(オーセンティック)

1966年に発表されたのがこちら、AUTHENTIC(オーセンティック)。この形が一番好きで、黒・紺・グレーを所有。

ただし脱げやすいのでライブハウスには不向き。

ERA(エラ)

1976年、ERA(エラ)発表。

この配色が一番の好みだったのでこの画像を添付しました。

履き口にパットが入ってるのがオーセンティックとの大きな違い。

リアルスケーターのためにさらにアップデートされた逸品である。

これも脱げやすいのでライブハウスには不向き。

この年には有名なロゴマークも発表になってる。

ちなみにこの「OFF THE WALL」は、「変な奴ら」という意味だそうだ。

OLD SKOOL(オールドスクール)

1978年発表。近年で一番の人気モデルですね。

上下黒のコーディネートの足元にこんな色のオールドスクールを合わせたらかわいい。

着脱がしづらいのだがそれが逆に脱げにくいということで一番ライブに向いてる。

ちなみに俺は赤のチェッカーフラッグと黒を所有。

Hi-STANDARD横山健愛用のモデルである。

Classic Slip-On(クラシックスリッポン)

同じ頃発表されたのがスリッポン

このチェッカーフラッグ柄は永遠の定番ですね。

コーディネートの外しとして重宝しております。

おわかりの通り着脱が容易のため、ライブハウスには不向きなモデルです。

Sk8-Hi(スケハイ)

そしてこのスケハイも同じ頃に誕生。

以前この紺を持ってたんだけど履きにくいので手放しました。

コンバースのチャックテイラー(ハイカット)と同じで履きにくいけど、紐をきゅっと結んではいたほうが絶対かわいいモデルです。

女子がロングスカートとかワイドパンツとかと合わせると素敵ですよね。

もともとは足首を守る仕様など、本格的なスケシューです。

履きにくいけど足首守ってくれるから意外とライブハウス向きかなあ。



Vans Warped Tour

スケートボード以外にサーフィン・スノーボード・BMXと幅広いエクストリームスポーツをスポンサードしてますが、その中で無視できないのが音楽との関連性。

ワープド・ツアー(Warped Tour)とは、アメリカで毎年6月~8月辺りに開催されている、アメリカ最大級のロック/エクストリームスポーツの祭典である。

まさにAIR JAMをイメージしてくれるとわかりやすい。

VANSは1995年にWarped Tourのスポンサーになり、2001年には買収する。

そのワープド・ツアー、今年2018年で終りを迎えることが発表になった。

Vans Warped Tour2018年が最後になることを発表

そして日本での開催が3/31・4/1になることが発表になった。

Warped Tour Japan開催決定KORNLIMP BIZKIT・PROPHETS OF RAGEの出演も同時に発表となった。

これは見に行きたい!

特に観たいのは、PROPHETS OF RAGEですね。

Rage Against The Machineトム・モレロが率いるスーパーグループです。

Prophets of Rage – Unfuck The World (Music Video)


プロフェッツ・オブ・レイジ

どんなグループかは、こちらのインタビューがわかりやすいので貼っておきます。

プロフェッツ・オブ・レイジ結成の内幕に迫る

しかしこのフェスが終わると聞いて、一時代の終焉を感じましたね…。非常に寂しいです。

最後にこのワープド・ツアーに過去に参加したことのある日本のバンドを挙げておきます。

開催23年間で日本のバンドは6バンドのみ。

立とうと思ってもなかなか立てない舞台なのがよくわかります。

横山健が今でもDickiesを身にまとい、VANSを履いてパンクロックを奏でるってすごくないですか?

まさにストリートカルチャーのカリスマだと思います。



VANSアパレル

オリジナル

今現在日本では直営店舗が3つ。

  • VANS ダイバーシティ東京プラザ店
  • VANS 名古屋パルコ店
  • VANS キャナルシティ店(福岡)

それ以外にも卸しで展開してる店はあるが、その中でもいちばん身近なのはムラサキスポーツだろう。

どちらかと言うとベーシックなものが多いので合わせやすいと思う。

が、あまり面白くない。

個人的に推したいのはDickiesの時もそうだったがセレクトショップ別注のもの。

ちょっと変わったのがあって、普段使いにもライブにもオススメです。

ちなみに2016A/Wで俺が買ったのはこちら。

BEAMS別注のパーカー

反転したプリントが特徴の、通称「裏VANS」と呼ばれるパーカー。

CIAOPANIC別注のロンT

CIAOPANIC(チャオパニック)別注のロンT。

パーカーもロンTもLサイズで大きめにゆるっと着ております。

バランスをとるためにパンツは細身で合わせることが多いけど、Dickies「874」みたいに太いパンツに合わせて年甲斐もなくストリート感を出したりすることも。

もう品切れなんで画像だけですいません。

2017S/Sは現在FREAKS STOREのみ

そしてこの春夏でおすすめのアイテムを紹介しておきます。

現時点で揃ってるのはFREAKS STOREのみでした。

別注カタカナロゴ ロングスリーブT

VANS×FREAK’S STORE(ヴァンズ×フリークスストア)

 【フリークスストアEXCLUSIVEアイテム】

先シーズン大好評だったVANS×FREAK’S STOREのコラボシリーズ続編です。

今シーズンは胸元に大胆にもカタカナで「ヴァンズ」 意標を突くデザインは目立つこと間違いなしです。
王道スケータースタイルでキメるも良し、タックインでこなれた雰囲気に格上げするも良しな一着は 何かと出番の多い事でしょう。

サイズはM・L・XLの3サイズ。

カラーはホワイト・ブラックの2色。

¥7,344也。

 別注リバースロゴ 袖プリント クルーネックスウェット

VANSに別注をかけたトレーナーは ブランドアイコンを逆さロゴ刺繍で表現したデザインです。
シンプルながらロゴ刺繍の存在感は言わずもがな。
サイズ感はオーバーサイズ気味にワンサイズアップで 着用するのがお勧めです。
袖プリントのOFF THE WALLも ストリート感を確かなものに演出しています。
一枚でスタイリングがしっかり決まる頼りがいのあるデザインです。

サイズはS・M・L・XLの4サイズ。

カラーはホワイトとブラックの2色。

¥9,990也。



オシャレなバンドマンが好きだ

以上、VANSというブランドを紹介してきた。

このブランドのスニーカーだけではない魅力をわかっていただけたであろうか。

その気になれば全身VANSでいけるのだが、それだと野暮ったいですよね。

ストリートファッションを着こなすバンドマンで今イメージしやすいのは、04 Limited SazabysGENくん。

うん、めちゃくちゃオシャレだ。

トップスのサイズ感といいボトムがチェック柄で可愛さもプラスされてる。

女子はたまらないよね。

GENくんみたいに華奢じゃなくても、体型が崩れてる30代40代でも、オーバーサイズを選んでもらえば洒落感は出ます。

例えばdustboxJOJIOVER ARM THROWKIKU

View this post on Instagram

OATありがとう。 音源早くね! #overarmthrow #dustbox

A post shared by JOJI (@jojisatoudustbox) on

二人も年相応に体は丸みを帯びてるけど、着こなしやサイズ感がすごくオシャレ。

ダストもOATも、好きなのは曲だけじゃないんだよね。それはハイスタの健さんもそう。

楽曲の良さだけじゃなくて、着こなしや洋服のセンスも無いよりはあったほうがいいよね。

SHANK庵原将平よ…頑張ろうぜ!



コメント