【tricot】3rdアルバム発売。立派な変態バンド日本代表です!

【tricot】3rdアルバム発売。立派な変態バンド日本代表です!

WANIMAの『Gotta Go!!』の発売日にニューアルバム発売をぶつけたtricot

もう震えました、インディーズ魂感じました。

結果は言うまでもないんだけど、それはこの際いいんじゃないでしょうか。

tricot、通算3枚目のアルバム『3』です。

【tricot】って知ってる?変拍子のド変態なガールズバンドだよ!

ブログをやり始めたときに書いた記事なんで、まあまあ拙いんですが…一応載せときます。

このアルバム、もちろんゲットして全曲聴きました。

感想は…うーん、更に自由になってるって感じでしょうか。

何曲か感想を述べてみようかと。

 

TOKYO VAMPIRE HOTEL

ついにタイアップしてます。

園子温監督のドラマの主題歌に抜擢なんて、数年前には夢にも思いませんでしたね。

このアルバムの中ではオーソドックスな部類に入る。

タイアップって言われると何となく分かるような、tricotにしてはクセのない分かり易い楽曲です。

このアルバムの中では入門編というか。疾走感があってライブでも盛り上がりそう。

 

『18,19』

このアルバムの中で一番の変態曲は、もう間違いないでしょう、『18,19』で。

YouTubeに上がってないので載せれないんだけど、この曲は一度聴いただけでは難解過ぎる。

転調も物凄く多いし、どうやって演奏してるのか正直わからんくらい。

メンバーは前からやってるからこれくらい普通なんだろうけど、頭かち割ってどんな線でつながってるのか見てみたい。

正直いい曲なのかもよくわからない。

でも、音楽好きなら演奏スキルの高さがわかると思う。

強いて言うなら、凄い曲。

最後のコーラスが強烈にエモい。生で聴きたい。

 

『ポークジンジャー』

このアルバムの中盤に位置してる曲。

公開されたのは2015年の10月なので結構前ですね。

去年の6月の赤坂BLITZワンマンのオープニング曲だったんだけど、ダイバー飛んでたねー初っ端から。

この曲は聴けば聴くほどよく作り込まれてる。

Aメロからサビへと盛り上がっていく流れが秀逸です。

ボーカルやコーラスも全体的に浮遊感があってふわふわしてるんだけど、サビになると急に激しくなるんです。

思わずモッシュ・ダイブをしてしまう、そんな曲です。

初期の作品と比べると今のtricotは激しさは失われつつあるけど、緩急の付け方が本当にうまくなってる。

このことはアルバム全体に言えるけど、その中でもこの曲が代表曲になると思います。

 

インディーズでいることを楽しんでる

今回発売のアルバムは歌詞カードもないシンプルなデザインの安価なものと、逆にこのアルバムをわざわざメンバーが選んだ3枚に分けて作ったデラックス版がある。

値段は1,500円と5,000円くらい。

俺も普段はダウンロードでしか曲を買わないし、何もいらないから安い方がいいって気持ちもわかる。

逆にこだわってる人なんかは普通のより初回限定盤を買うしね。

あと、このアルバムは日英米同時発売なんです。

YouTubeのコメ欄見るとわかるんだけど、日本語より英語の書き込みのほうが多いんです。

日本よりも海外の方がメロディにクセがないから、逆にtricotのようにクセしかないバンドは珍しいんだと思う。

今回のレコ初ツアーは日本の各都市を回る間にヨーロッパツアーが挟まれてる。

そういう意味ではONE OK ROCKと変わりない(猛爆)。

tricotはメジャーに行くタイミングなんて今までたくさんあったと思う。

実際、tricotより売れてないメジャーのバンドなんてたくさんあるし。

その道をあえて選択してないバンドだと思います。

まあノリにくい変な曲ばっかり作ってるからメジャーでの売り方は大変だと思うけど。

1stアルバムでドラムが抜け、2ndは打ち込みと5人のドラマーと共作。

そして今回の3rdは基本一人のサポートドラマーと作ってる。

まあやりたい放題やってるのが彼女らの良さなんで、この自由さを奪われるフィールドは選択しないってことでしょう。

過去ライブには3回行ってるけど、毎回面白いライブしてくれるんです。

2014年、下北のシェルターでやった男祭りは汗臭かった。

http://music.emtg.jp/liveReport/20140804245e54659

2015年、憧れのZEPPダイバーシティは完売しなかったけど多幸感に溢れてた。

http://ro69.jp/live/detail/122850

2016年、赤坂BLITZは5人のドラマー勢揃いの一夜限りのプレミアムな空間だった。

http://natalie.mu/music/news/192007


KABUKU TOUR 2016 FINAL at AKASAKA BLITZ [DVD]

tricotの曲って変だから、楽器かじってる人はトライしたくなるみたいで色んな人が動画上げてるんです。

そしたら今度はメンバーが個々に新曲を演奏する目コピ動画なる斬新な企画やってた。

こういうのを見ちゃうと、ずっとインディーズでやってくれ!って思っちゃう。

売れて欲しい気持ちがあってこういうの書いてるくせに、売れてほしくない自分もいて。

だってチケット取れなくなっちゃうし…

いつまでも自分の手元に置いといてニヤニヤしたくなるんです。

そんな愛おしいバンド、日本が世界に誇る変拍子変態バンド、tricotさんでした。


3

レンタルでいいからみんなに聴いて欲しいなー。無料で歌詞カードDLできるからね。

気になったらライブ行ってね。

詳細はHPで。http://tricot.tv/

CDレビューカテゴリの最新記事