【GAMADASE 熊本2018】WANIMAを経由してthe LOW-ATUSで終わるタイテ発表!

イベント
スポンサーリンク

どうも、パンク大好きデミさん(@Takenoco0803)です。

4/14・15に行われる震災復興イベント「GAMADASE KUMOMOTO 2018」のタイムテーブルが発表になりました。

いよいよ来週ですからね。行けないのにとても楽しみにしております。

今回注目したのはthe LOW-ATUSと地元出身の英雄・WANIMAの位置です。

改めてタイムテーブルを紹介します。



スポンサーリンク

タイテ

DAY1 4/14(土)

引用:GAMADASE KUMAMOTO 2018 DAY1

DAY2 4/15(日)

引用:GAMADASE KUMAMOTO 2018 DAY2



2日目の最後はthe LOW-ATUS!

一応タイムテーブルを添付しておいたが、見辛い人はHPを参照してください。

タイムテーブルをよく見ると、メインのGAMADASE STAGEのGAMADASE SPECIAL SESSIONがフィナーレと書いてある。

しかし、よく見ると2日目の最後は屋外復興ステージのthe LOW-ATUSが最後になりそう。

真のフィナーレはTOSHI-LOW(BRAHMAN)細美武士(MONOEYES・the HIATUS)の『満月の夕』。


梵唄 -bonbai- (初回限定盤)(CD+DVD)

そんな画も浮かんでくるのだ。

この2人がいたからトーキョー・タナカの存在がある。

この2人が先に道を作ってくれてたからトーキョー・タナカが思い切り動けてる。

【南阿蘇大復興祭】TOSHI-LOWと細美武士の言葉をみんなにも聞いてほしい。
どうも、パンク大好きデミさん(@Takenoco0803)です。 ここ数日、小室哲哉と文春について世間を騒がせております。 しかし、その裏で1/21(日)にもっと重要な、知っていなければいけないイベントがひっそりと行われていたこ...

そんなタナカの二人に対する思いに、トシローと細美がアコースティックで応えるエンディング。

想像するだけで涙が出てきそうである。

メインステージで迎えるエンディングも素晴らしいものになるはずだ。

でも、1日目も行かれた人はthe LOW-ATUSでこのイベントを締めても良いと思います。



WANIMAもいい位置

ちなみに2日目のメインステージの順番は、マンウィズのあとに、東北ライブハウス大作戦バンド、福島出身のサンボマスター、熊本出身のWANIMA、大御所和田アキ子、そしてGAMADASE SPECIAL SESSIONとなっている。

この順番にも、ゲストバンドへのリスペクトが詰まってる。

東北ライブハウス大作戦バンドは名前の通り、東日本大震災を契機に立ち上がったプロジェクト。

東北LIVE HOUSE大作戦

サンボマスターは福島出身の3ピースバンドで、ボーカルの山口隆は震災後、猪苗代湖ズを結成して支援活動を継続して行っている。

そして熊本出身のWANIMAだ。

今や国民的人気のバンドとなった彼らをあえて無料の日にぶつける意味。

それは地元のヒーローを地元の人に見てもらうこと、それにほかならない。

本来熊本出身の彼らが主導して行ってもいい復興支援イベントである。

色んな事情があってMAN WITH A MISSIONが主催となってはいるが、彼らの地元に対する思いはタナカもわかっているはずだ。

人気がある故に、チケットの販売終了後に出演をアナウンスせざるを得ない状況である。

当日はMCも含めて笑いと涙に溢れた気持ちのこもったライブをしてくれるんではないだろうか。

WANIMA-1106 (OFFICIAL VIDEO)


Can Not Behaved!!

1106』はKENTAの今は亡き祖父に捧げる曲である。

当日は地震で亡くなられた方の為にこの曲を歌ってほしいと思う。



フェスではなく復興支援イベント

駐車場が少なかったり、ツアーバスが申し込みが少なくて廃止する路線があったり色々あります。

でも、このイベントはフェスではなく、復興支援イベントです。

心無い批判を運営にするのではなく、不便を楽しむくらいの心意気で宜しくお願いします。

参加される方は、行きたくても行けない人の分まで楽しんでほしいと思います!



コメント