MONOEYES

細美武士『Hedgehog Diaries』

【細美武士】『LONESOME』(ELLEGARDEN)ができた当時を振り返る。

19歳の自分、あの時の自分は大好きだよ、今の俺よりすごい強いところもたくさんあるから、あいつのことは大好きだし。でも大事なのはあいつが今の俺を見て、「お、いいじゃん!頑張ってんじゃん!」って言ってくれるかな?って思った時に、言ってくれそうだな、って思ってるから、まあなんとかやれてるんだろうなと思うんだけど。
細美武士『Hedgehog Diaries』

【細美武士】バンドの掛け持ちが「楽しみは3倍・辛さは3倍ではない」理由とは?

3つやってみてわかった、楽しいことは3倍だけど、辛いことは3倍にはならないんだよね。辛いって思うのは曲を作ったり作詞すること。もちろん最終的には楽しいけど、良い曲出来たら。だけど年に3バンドでアルバムは出さないじゃん?だから過酷な部分っていうのは実は全然増えてなくて。
細美武士『Hedgehog Diaries』

【細美武士】ELLEGARDEN・宮古島ロックフェスでの決意を語る。

で、どっかで俺はダメだから、俺は出来ないから、って思ってたのが、その光景を観た時に、これはそんなこと言ってる場合じゃねえぞ、と。この光景に応えるには、うーん、出来なくてもいいから、少なくとも俺はね、こいつらにこう思ってもらえる人間なんだ、ってことを信じてやっていこうと思います。
2019.06.06
細美武士『Hedgehog Diaries』

【細美武士】ELLEGARDEN『風の日』の作詞秘話を語る。

ペットのハムスターが、死んじゃったんですよ。その時はほんとに声を上げて泣いて。で、目を腫らしてスタジオに行って「こんな日に歌詞なんか書けるか、ボケ!」って思いながら、ノートに殴りつけるように書いた歌詞が『風の日』だったんですね。だからその曲で「勇気をもらえた」とか言ってくれると、そのハムスターに報告できるなあ、っていう気がしますね。
音楽・コラム

the HIATUSのチケット代に改めて思いました、「細美武士は尊い」と。

細美バンドのライブは、バカ正直に申し込むと基本的に取れない時のほうが多いだろう。でも、なんで我慢できるかって言ったら、こういうところなんですよ。チケット代一つでこれだけ語れてしまうほどその値段設定には理由があって信念があって。俺はそういうところに惚れてるんです。
細美武士『Hedgehog Diaries』

【細美武士】the HIATUSの楽曲制作における作詞の苦悩を語る。

あー、作詞かー!(爆笑)もうね、いや、出来たときはほんとに嬉しいし、まあなんだかんだ言いながら作るのは好きなことは間違いないんだけど。じゃあ作詞に向かっている時、机に向かってるときがウキウキワクワクしてほんとに1分1秒が楽しいか?って言ったらそんなことは全く無いわけで。
細美武士『Hedgehog Diaries』

【細美武士】ハイエイタス・MONOEYESメンバーとの花見を語る!

新しく、これから仲間となる人達がバースデイケーキを出してくれたことが嬉しくて。このね、今食ってるあんま美味しくないこれのありがたさっていうか、これを忘れちゃうようだとお前はまた仲間を失うことになるぞ、って自分に言い聞かせてたのを思い出すんだよね。
2019.04.08
細美武士『Hedgehog Diaries』

【細美武士】ALLiSTERで一番好きな曲は『D2』だ!

あのね、アリスターの曲、まんべんなく色んな曲のリクエストもらってて。あと、「細美さんの一番好きなアリスターの曲をかけてください」っていうのとかもあったので、『D2』を選ばせて頂きました。
2019.06.05
細美武士『Hedgehog Diaries』

【細美武士】あやうく犯罪者になるところだった(笑)って話

これは(笑)これは待てよ、と。そん時僕(細美)は、あのー、なんていうんですかねえ、一応バンドはやっていたので、たぶん、タイミングをちょっと間違えて出てしまうと逮捕された挙句、ニュースに載る、だろうな(笑)っていう。
細美武士『Hedgehog Diaries』

【細美武士】大船渡でALLiSTERとの対バンをフライング発表しちゃってた!

ALLiSTERとMONOEYESの対バン、細美さんがフライング発表してしまってたんですね(笑)後はこの一言。「かっこいいブーツを履いた俺も、VANSを履いた俺も、まだいるからな」本編最後のメールの後の、このコメントは…泣ける…。
スポンサーリンク