細美武士

細美武士『Hedgehog Diaries』

【細美武士】「(ハイ)エイタスのツアー、めっちゃ楽しみだわー!」

そうねえ、エイタスのツアーめっちゃ楽しみだわー。あのー、新譜ツアーほんとに久しぶりなんで、楽しみにしていてください。いい日になると思うよ。俺もやってやるぜ!ライブで会えるのを楽しみにしてます。
細美武士『Hedgehog Diaries』

【細美武士】『LONESOME』(ELLEGARDEN)ができた当時を振り返る。

19歳の自分、あの時の自分は大好きだよ、今の俺よりすごい強いところもたくさんあるから、あいつのことは大好きだし。でも大事なのはあいつが今の俺を見て、「お、いいじゃん!頑張ってんじゃん!」って言ってくれるかな?って思った時に、言ってくれそうだな、って思ってるから、まあなんとかやれてるんだろうなと思うんだけど。
細美武士『Hedgehog Diaries』

【細美武士】バンドの掛け持ちが「楽しみは3倍・辛さは3倍ではない」理由とは?

3つやってみてわかった、楽しいことは3倍だけど、辛いことは3倍にはならないんだよね。辛いって思うのは曲を作ったり作詞すること。もちろん最終的には楽しいけど、良い曲出来たら。だけど年に3バンドでアルバムは出さないじゃん?だから過酷な部分っていうのは実は全然増えてなくて。
細美武士『Hedgehog Diaries』

【細美武士】ELLEGARDEN・宮古島ロックフェスでの決意を語る。

で、どっかで俺はダメだから、俺は出来ないから、って思ってたのが、その光景を観た時に、これはそんなこと言ってる場合じゃねえぞ、と。この光景に応えるには、うーん、出来なくてもいいから、少なくとも俺はね、こいつらにこう思ってもらえる人間なんだ、ってことを信じてやっていこうと思います。
2019.06.06
細美武士『Hedgehog Diaries』

【細美武士】ELLEGARDEN『風の日』の作詞秘話を語る。

ペットのハムスターが、死んじゃったんですよ。その時はほんとに声を上げて泣いて。で、目を腫らしてスタジオに行って「こんな日に歌詞なんか書けるか、ボケ!」って思いながら、ノートに殴りつけるように書いた歌詞が『風の日』だったんですね。だからその曲で「勇気をもらえた」とか言ってくれると、そのハムスターに報告できるなあ、っていう気がしますね。
『月刊・細美武士』

【the HIATUS】作曲の一番の思いは「柏倉隆史と伊澤一葉の喜ぶ顔が見たい」ってこと。

あの、めちゃめちゃいい曲っていうかメロディを作ってあっちの部屋に「出来たよ」って言って持っていって、ぽんっと聴かして、2人(柏倉隆史・伊澤一葉)が「めっちゃいいじゃん!」って、なんかその顔見たい、みたいな(笑)のがねえ、俺の曲の一番の、まあそれが思いなのかなあ、もしかしたら、はい、そんな感じですね。
音楽・コラム

the HIATUSのチケット代に改めて思いました、「細美武士は尊い」と。

細美バンドのライブは、バカ正直に申し込むと基本的に取れない時のほうが多いだろう。でも、なんで我慢できるかって言ったら、こういうところなんですよ。チケット代一つでこれだけ語れてしまうほどその値段設定には理由があって信念があって。俺はそういうところに惚れてるんです。
細美武士『Hedgehog Diaries』

【細美武士】「細美さんの言うことは絶対(byホルモン)」について語る!

SWEET LOVE SHOWERで…あのー、ホルモンのライブを袖で観てたらいきなりね、「あ、細美さんが観てる!」って言って、いきなりこう、「今日は『麺カタこってり』やったー!じゃなくて、『細美さんの言うことは、絶対!』でいこう」っていう話になって。「だめ!やめてくれやめてくれ!」と思ったまんま、そうなっちゃったんですけど。
2019.05.23
細美武士『Hedgehog Diaries』

【細美武士】「the HIATUSの新譜はサウンドデザインがすげえ変わる」らしい。

でもね、曲は、サウンドも結構新しいことにチャレンジしてて、うん、サウンドデザインはすげえ変わる、今までと、うん、「ついに、ハイエイタス、引き算を覚えたか!」みたいなサウンドになってると思います。お楽しみに。曲の内容はすげえ自信あるので、それもお楽しみに。歌詞はね…まだわかんないです。
細美武士『Hedgehog Diaries』

【細美武士】湯河原温泉歌謡祭でベロベロになり客に暴言!(笑)

湯河原温泉歌謡祭、裸足で千鳥足の細美おばあちゃんが支えられながらこちらに向かって(爆笑)「死ねー!!!」と言って吐き捨てて去っていった姿が(爆笑)私は平成最後の最高の思い出です。令和もどうぞ宜しくお願いします。
スポンサーリンク