馬鹿に伝えたい、ステージにペットボトルを投げたり水撒きをしてはいけない理由!

ライブハウス
スポンサーリンク

どうも、パンク大好きデミさん(@Takenoco0803)です。

3/1(木)、新木場で行われたSiMのライブ中に、観客からまたもやペットボトルが投げ込まれたようである。

追記2.)6/5、苫小牧でのKen Yokoyamaのライブでも水撒き行為あり。30分中断。その後再開

追記1.)3/27、F.A.D.YOKOHAMAでのDizzy Sunfistのライブでも水撒き行為があったらしい

SiMといえば思い出されるのが去年のDEAD POP FESTIVAL

【DPF】ペットボトルは凶器だ!バンドがフェスを主催するリスクを考えろ!
7/1・2、神奈川県東扇島東公園特設会場にてDEAD POP FESTIVALが行われた。 そこで、またもやと言っていいかもしれない、ペットボトルをステージに向かって投げ入れる行為があったみたいです。 当日は参加してないのでTw...

この時MAHは他のバンドのステージ中に起きたことに対して注意喚起をしたのだが、今回は自分のバンドの時。曲が終わった後話した内容は、以下の通りだった。(意訳)

ペットボトルはステージに投げるな。本当に殺すよ?ゴミはゴミ箱に捨ててまた戻ってこい。機材にかかって壊れたらどうするんだ?本当にやめてくれ。

前は主に凶器としてのペットボトルについて書いた記事だったのだが、今回はもう一つの側面について書いてみようと思う。

機材に水がかかったらどうなるのか?その危険性についてである。



スポンサーリンク

電気と水の危険性

水は電気を非常によく通す性質を持っている。なので手が濡れてるときなどは、基本的にはコンセントに触れないほうがいいとされている。

その理論だけでも、電気が通った機材がたくさんあるステージにペットボトルを投げ込むことに、バンド側がナーバスになる理由がわかる。

山田かまちというギタリストはエレキギターを演奏中、自分の汗で感電死したと言われている(享年17歳)。

早熟の天才・山田かまちの感電死事故について

亡くなったのが1977年なので、今ほど機材の安全性が確立されていなかった可能性もある。改造アンプを使ってたなど謎に包まれてる部分はあるが、電気と水の相性が良くないことは事実である。

野外フェスで雨の中演奏することもあるが、あれは雨対策をキチンと行った上で演奏している。しかしライブハウスはそうではない。機材が水に濡れる想定などしていない。だからこそ危険なのである。



高価な機材

プロが使う機材ってどれくらいの値段だか皆さん知ってるだろうか。

新宿のACBホールというライブハウスのHPに、機材リストが書いてある。そこで記載されている機材の値段を調べてみた。

  • メインスピーカー Master Blaster×3 一つ¥600,000〜¥1,200,000(種類特定できず)
  • ギターアンプセット Marshall ¥270,000
  • ベースアンプ Ampeg ¥180,000

他にもたくさんの機材がステージ上にあるが、プロ仕様の機材なので一つ一つの単価が高いだろう。その全ての値段を足したらきっとものすごい金額になるはずだ。

それに加えて楽器の値段もある。例えば、SiMSHOW-HATE(gt.)のシグネチャーモデルは¥150,000。彼が実際使ってるものは、それよりも高いはずである。

もしステージ上にペットボトルを投げ込み、その結果機材や楽器が故障したらかなりの額を請求されることが予想されます。それだけでなくライブそのものが中断になったとしたら、運営を妨げたということで損害賠償を請求されるということも考えられる。



それでもあなたはやりますか?

さあどうします?

バンドはペットボトルが投げ込まれるたびに注意喚起のMCをします、言いたくもないのに。それを聞く俺たちも今まで盛り上がってたテンションが下がる。

何度も経験があります。はっきり言って白ける。まさにライブの勢いに水を差す行為だ。

そしてペットボトルは当たったら怪我する可能性があります。機材に水がかかったら多額の損害賠償を請求されるでしょう。

それでもステージにペットボトルを投げ込む理由が俺にはわかりません。

飲み終わったペットボトルが邪魔だからですか?

テンション上がると物を投げる癖があるんですか?

それともバンドの演奏になにか不満があるんですか?

あなたが投げ込んだペットボトルのお陰で会場の雰囲気が悪くなる。はっきり言って迷惑なんだよ。

誰一人幸せにならない行為をすることに何の意味があるんだよ。



コメント