TAKUMAのおかげで【ROTTENGRAFFTY】が聴けるようになった!

TAKUMAのおかげで【ROTTENGRAFFTY】が聴けるようになった!

近年よく聞く音楽のジャンルがパンク・ロックなわけなんだけど、そのパンクの中にも色々なジャンルがあって、それこそメロコアからラウドからメタルから多種多様なわけです。

このメロコアってジャンルの代表格が言わずと知れたHi-STANDARDです。

Hi-STANDARDアリーナ完売!今彼らを観るべき3つの理由。

俺がメロコアを本格的に聴き出したのって震災後だから6年くらいしか経ってない。

だからこのジャンルに関して言うならば伸びしろが凄いんです(笑)



 

アルバムを1枚通して聴けるということ

俺の音楽歴はちょっと変わってると思う。

ロックのジャンルで言うならば、こうである。

 

THE MICHELLE GUN ELEPHANT

ELLEGARDEN

Ken Yokoyama

Hi-STANDARD

 

ここに枝葉は付くのだが、基本的な軸となるバンドはこんな感じである。

お気づきの方はいると思いますが、パンクでもライトめのしか聴いてこなかった、というか受け付けなかった。

ラウドとかメタルとかデスボイス多めのハードめのパンクが苦手だったんです。

10-FEETにハマるまでは。

【10−FEET】『Fin』って活動休止を示唆してないよね?

TAKUMAのダミ声が攻略できてから、俺はようやく次の段階に入れた。

マキシマム ザ ホルモンROTTENGRAFFTYを聴けるようになったのだ。

何をいまさらと思う人はいると思う。

違うのである。

ピンポイントでは俺も聴けたのだ。

例えばフェスでやるような主要な曲。

ロットンで言えばこの曲。

大名曲『金色グラフティー


GOLD

ここらの曲は以前から知ってたしもちろん好きだったし、今でもよく聴く。

今日は6/10、ロットンの日なんでそれこそ爆音で朝からリピートしてた。

俺が言う聴けたというのは、アルバム1枚を最初から最後までストレスなく聴けるようになったということなのである。

デスボイスも攻略できるとは思ってなかったので素直に嬉しい。

ロットンは歌詞も日本語だし、曲調もラウドからダンスロックまで様々なのでファンの皆さんからしたら初心者向けなのかもしれませんが、ちょっと違う領域に入ってきた気がしてます。

京都アツいっすねー。テンフィもロットンも曲だけでなくMCが素晴らしい。めちゃくちゃいいこと言う。

テンフィもロットンも、そして俺がちょくちょく推してるtricotも出身は京都です。

【tricot】3rdアルバム発売。立派な変態バンド日本代表です!

子持ちのパパが京都大作戦に遠征するにはどうしたらいいんでしょうか。

誰か教えてくださいー。



 

チケット衝動買い

とりあえず7月のSHADOWSのTSUTAYA O-EASTのライブで、ロットンがゲストで出るのでチケット買っちゃいました。


illuminate

FACTだし気になってたバンド。

1300人も入るハコだけど、今年のサタニックではこの両バンド観れないんで楽しみですね。

ロットンはゲストだから曲数は少ないと思うけど、とりあえずチケット衝動買い。

もちろん整番は4桁だったけどそこは気にしてない。

ちなみにもう一つ出るバンドはENDZWECK


tender is the night

この、ゴリゴリのデスボイスを攻略できるかね…

正直自信ない…



バンドカテゴリの最新記事