【PIZZA OF DEATH】インディーズの現場に若者はいる?

バンド
スポンサーリンク

ハイスター!

当たったー!

外れたー!

って日でしたが、みなさんいかがお過ごしですか?

俺は結局PITPRESSの登録ができなくて蚊帳の外です…

で、今日はみんな大好きお金の話をしようかと。

cinra.netっていう、サイトがあって。

CINRA.NET
カルチャーは、とまらない、とめられない。 音楽、アート・デザイン、映画、演劇、ダンス…CINRA(シンラ)が提供するカルチャーニュースサイト

音楽とか映画とか本のとかカルチャー全般を紹介するサイトで、俺けっこう好きなんです。

今朝、ASIAN KUNG-FU GENERATIONGotchがこのページを紹介してくれた。

非常に面白かったんです。

ふたりともアーティストであり経営者でもある立場から、音楽の値段について語ってて。

 

スポンサーリンク

食べていくために音楽を売るということ

この記事で面白かったのは、この会話の部分。

曽我部:何枚くらいのセールスをキープすれば食っていけるのかって、自分たちでバンド運営してる人ならみんな考えると思うんだけど、LOSTAGEのいまのやり方だと、5000~6000枚売れれば、余裕で全員食えるよね? バイトもせず、赤貧じゃなく、家族がいてもちゃんと暮らせる。

五味:もうちょっと具体的に「これくらい売って、お金をこれくらい集めて、次の制作にいくら回して、自分たちの暮らしにいくら回す」とか、そういうことをちゃんと考えると、僕らは10万枚とかって数字は必要ないんです。

具体的な5000〜6000枚って枚数は例え話だとしても、非常に面白いんです。

ちなみにLOSTAGEの新しいアルバムは税込み2,600円。

5000✕2,600=13,000,000

単純に1300万円です。

できるだけ人の手を借りずにCDを売り上げようとすれば、この1300万円を少ない人間で手にすることができるんです。

もちろんこの1300万円は粗利だから、そこからかかった経費や税金も払って残ったお金が純利なわけです。

最後に残る金額がどれくらいかはともかく、食べていくには十分な金額が残るっていうのはそういうことです。

だから彼らからしたらこの売り方ならば売り過ぎたら手が回らなくなる。

夢がないかもしれないけど、10万枚も必要が無いっていうのはそういう意味なんです。

考えてみてください。

例えばHi-STANDARDがインディーズレーベルでCDを100万枚売ったっていう事実を。

http://deminoco.com/histandard


メイキング・ザ・ロード

10,000,000✕2,300=23,000,000,000

2,300億円です。

ここに関わる人間が少ないってことは、まあ色々とおかしくなりますよね。

のちに難波章浩横山健は金で揉めました。

[ULTRA BRAiN] 難波がPIZZA OF DEATHに警告 - 音楽ナタリー
Hi-STANDARDのボーカル&ベースを担当し、現在ULTRA BRAiNやTYÜNKとして活動中の難波章浩が、横山健主宰の「PIZZA OF DEATH RECORDS」に対する警告文を自身のサイトに掲載した。

把握できる範囲で音楽活動をする。

現実的でつまらないって思う人はいるかもしれないけど、食べていくってそういうことだからね。

売れてほしいけど売れてほしくない。インディーズってそんなとこ。
石井恵梨子さんって音楽ライターさんがいる。 この方、ピザオブデスのサイトで連載をお持ちで、とても素敵な文章書く方なんです。 Ken Yokoyamaのライブレポはもちろんのこと、最近ではマキシマム ザ ホルモンのレポが良かった。...

前にも書いたけど、みんながメジャーでやれるわけではないし、やれる範囲でどう続けていくかを模索した中で編み出した手法なわけです。

かたやサニーデイ・サービスは配信のみのリリースという真逆のスタンスを取ってるわけで。

CDが売れなくなった代わりに色んなやり方を選択する自由が与えられたということは、悪いことではないかもしれない。

カネを払わないで、違法アプリとかYouTubeでただで音楽を聴くことだけしかしない人はどうしても納得いかないけどね。

 

そこに若い人間はいるのか?

インディーズレーベルで一番有名なPIZZA OF DEATHですら2014年の時点で社員は6名。

横山健が語るレーベル運営のリアル ピザオブデスはなぜ100%利益優先にならないのか 
横山健、初のドキュメンタリーフィルム『横山健―疾風勁草編―』にまつわるインタビュー後編。前編【横山健が語る、2014年に表現活動を行う意味「俺は色んなことを考えるための入り口になりたい」】では、横山自身の映画に対する感想や、音楽以外の表現活動の意義、現在抱えている問題意識などについて語った。 後編で…

3年後の今年が100名になってるとも考えにくいので、おそらく今も大きくは変わってないと思う。

稼ぎ頭のWANIMAがいなくなったので今後はどうなるか分からないけど、潤ったお金で社員を倍増させて大勝負に出る!という時代ではないので今後どうなるかは不透明ですよね。

【WANIMA】メジャー移籍と横山健の例の事件との相関関係とは?
2017年3月19日、埼玉スーパーアリーナでワンマン公演を行ったWANIMA。 そこで発表になった新曲発表とレーベル移籍。 一抹の寂しさはあったもののそこまで驚かなかった。 なぜか? 2016年の時点...

少ない経費で売上を上げる。

その中でいかに利益を取っていくか。

インディーズレーベルにとって、今はそんな時代です。

元社員のインタビューのインタビューを読むと色々わかってくるんだけど、社員が少ないということは基本的に一人一人にかかってくる負担は大きくなる。

阿刀 “DA” 大志:社長として、彼が最も素晴らしいのはスタッフをとことん信じるところ。これを「信じて任せるの精神」と呼んでいるのだけど、彼は一度任せた仕事に対してほぼ口を挟まないスタッフのやりたいようにやらせてくれる。その分、スタッフ一人ひとりにのしかかる責任は甚大になるのだけど、それ以上にモチベーションにつながる。

引用:http://realsound.jp/2014/09/post-1250.html/amp

それを「任せる」という言葉で片付けるのは簡単だけど、実際には大変だと思うんです。

残業代だの過労死だの色々うるさくなってる昨今、おそらくあちら側の企業とは違うわけです、インディーズレーベルは。

CD以外ではライブの売り上げもそう。

例えばSATNIC CARNIVAL。

【SATANIC CARNIVAL'17】ファンとバンドが相思相愛の空間。WANIMAとHAWAIIAN6を中心に考察。
SATANIC CARNIVAL'17、2日目参戦できました。 到着したのが大幅に遅れたということもあり、ちゃんと観たバンドはHAWAIIAN6とWANIMAのみ。 なのでライブレポってほどではありませんがサラッと書きます。 ...

彼らはKen Yokoyamaの名前を借りずに、一から手作りしてきた。

I.S.O:幕張メッセの担当者に直接お会いしに行って、「会場を貸してください」とお願いするところから始まり、プレイガイドに「チケットを売ってください」と交渉する。ステージ、音響、照明業者への発注からスタッフ集めまで、全て僕が仕切ってやっています。

引用:https://www.cinra.net/interview/201504-sataniccarnival

インディーズレーベルとしてのノウハウとシーンを引っ張っていく自負があるからできることであって、 LOSTAGEのTHROAT RECORDSのようにそこまでできない、もしくはやらないレーベルも数多く存在します。

それでいいと思うんです。

ただ、若い人間がいるのかは疑問なんですよね、インディーズに。

経験のある即戦力しか働く場がなく、意欲ある若い人間が働く場が無いとしたら…

もしくはそこに若者を雇用できる余地が残されてないとしたら…

そこら辺は不透明ですね。

昔と違って夢がなくなってますからね、音楽業界も。

コメント