【Hi-STANDARD】松原 裕のために涙したハイスタと運営側の神対応!

【Hi-STANDARD】松原 裕のために涙したハイスタと運営側の神対応!

どうも、パンク大好きデミさんです。

11/25(土)・26(日)大阪城ホールでHi-STANDARDのライブが行われました。

25日のゲストは10-FEET。そして26日はMAN WITH A MISSION

両バンドともAIR JAM2016に出てる、いわゆるハイスタ世代のバンドです。

そのライブをおさらいしてみます。


セトリはこちら

【Hi-STANDARD】THE GIFT TOUR 2017 全会場セトリ一覧!

 

11/25(土)

10-FEET

まずは25(土)から。

TAKUMAがえぐいと評したハイスタとの対バン。

しかしセトリを見てもらうとわかるように、10-FEETの最後の曲はHi-STANDARDの『STAY GOLD

どっちもえぐいと思うのは俺だけだろうか。

「これで最後の曲です!」→その向こうへ

「あーあと4分あるわー」→STAY GOLD

てな流れですからね。

2013年京都大作戦でも披露した伝説のSTAY GOLD。

詳しくはTAKUMAのブログを参照しときますのでご一読を。

京都大作戦2013の一生の想い出

 

Hi-STANDARD

View this post on Instagram

【 Hi-Standard “The Gift tour 2017”】@ Osaka Jo Hall, Osaka ライブ直後の大阪城ホールのステージ上での写真。 極上の空間。 ハイスタ18年ぶりの関西でのライブ、「 お、お前ら、ま、待たせたずらね!」ってつもりで28曲( だったかな?とにかくたくさんw)喰らわせてやったよ。 尊敬する10-FEET。愛されるべき連中。 River で始まり Stay Gold でしめやがった。どこまでハイスタをやっつける気で来てるんずらか? だから楽屋でオレが全員やっつけておいたよ(楽屋でねwww) Photo by teppei kishida #thegifttour2017 #10feet #histandard #ハイスタ #kenyokoyama #横山健 #pizzaofdeath

A post shared by 横山健 Official instagram (@kenyokoyamaofficial) on

この日のライブでは『CATCH A WAVE』が初めて披露された。

2000年のAIR JAM以降活動が止まったハイスタにとって、この曲はおそらくライブで演奏したのは初めてであろう。

そして『Happy Xmas(War Is Over)』。

11月なのにこの曲が披露されるとは正直驚いた。

次の日の大阪もそうだが、今までのセトリでは見られなかった曲がちょくちょく登場するのは嬉しいですよね。

「健くん、ハイスタやってくれてありがとね!」

「俺ら色々あったからね笑」

「人生最高じゃね?みんなも“コイツとはもう会うことねーのかな?”ってヤツに連絡してみ?おじさんになるのも悪くねーよ。」

なんてやり取りがあったり、テンフィがSTAY GOLDやったから俺達はやらないって言ってみてブーイング煽ったり。

でも難波さんが言ってる通り、健さんが首を縦に振らなかったらハイスタの復活はなかったと思います。

震災が起こる前の2011年までKen Yokoyamaとしてしっかりと地位を築いてきたのは確かです。

そして一方の難波章浩はというと、はっきり言ってもがいてた。

横山健への劣等感を払拭した難波章浩。NAMBA69の快進撃が始まる!

ここで言いたいのはどっちがいいとか悪いではなくて、難波さんの口から健さんに向かって素直にその言葉が出てくるという、今現在の二人の関係性なのである。

今二人はお互いに心の底からリスペクトしあっているんだろう。そんなことを思ったのである。

 

11/26(日)

MAN WITH A MISSION

今日僕達はこの曲をやりにきました。この曲だけをやりにきたと言っても過言ではありません。この曲に今日僕たちの全てを込めてやります。なのでみなさん、今日のセトリには1997とだけ書いてください。ハイスタへの感謝の気持ちをこの曲に込めて捧げます!

1997』という曲はみんな知っているだろう。

AIR JAM97に観客として見に来ていた己のことを歌った曲である。

97はAIR JAMの一回目。

設定は別として、彼らが多感な時期に会場に足を運びどれほど大きな衝撃を受けたことであろう。

TOKYO TANAKAのダイバーを思い切り振り払うその姿に、彼らのこの対バンに挑む気持ちを感じずにはいられませんでした。


Hi-STANDARD

View this post on Instagram

【Hi-Standard “The Gift tour 2017”】@ Osaka Jo Hall この2バンドのバンドフォトはすでにネット上で散見されますが、じゃあオレは別バージョン投下です。 ……違いはただオレがマンウィズをモフモフしてるだけなんですが。 大阪2デイズ、濃かった。 1日目の10-Feet も2日目の Man With A Mission も、ハイスタへの敬意を表しながらガチでやりやがるけど、少しは手加減しろよ……なんて思わないずらよ! それならオレ達も、感謝と尊敬の心でとんでもないもので返り討ちにあわせる。 観に来てくれる皆さんだって、それを楽しみにしてるんだと思うんだよな。 悪いずらね、マンウィズ。ハイスタは世界一のロックンロールバンドだから手強かった(はず)ずらね。 フェスでちょっと一緒にやりましたじゃなく、こういうガチンコ2マン(オレの気持ち的には)だと、お互いにとって味わいも、得るものも違う。絶対に違う。 観に来てくれた人の心の中に残るものだってきっと違うはず。絶対に違う。 アツい経験をさせてもらってるぜ。 Photo by teppei kishida #thegifttour2017 #manwithamission #histandard #ハイスタ #kenyokoyama #横山健 #pizzaofdeath

A post shared by 横山健 Official instagram (@kenyokoyamaofficial) on

この日の主役は松原裕さんでしょうか。

今年の5月、ガンの手術を乗り越えた松原さんが主催するチャリティイベント、カミコベでハイスタは演奏したのは記憶にあたらしいところ。

【Hi-STANDARD】カミコベにゲリラ出演。3人組らしい理由とは?

この日は舞台袖で見てた松原さんをステージ中央へ呼びました。

三日前に肺炎治って主治医にハイスタ間に合うって言われたって。

メンバーが絶対治るからって言ってから演った曲は『ANOTHER STARTING LINE』。

難波さん泣いちゃって途中歌えず、その間は健さんがフォロー。

終わってから健さんはそう言うところ昔と変わってないねって言ったそうです。

難波さんってMCも下手で生き方も下手だけど、とても暖かいんですよね。

病は気からという言葉がある通り、ハイスタに生きる力をもらってる松原さん。

良くなることを祈ってます。いや、きっと良くなります。

 

運営さんありがとう

最後に偶然かもしれませんがとても嬉しかったので。

大阪初日の午前中、小さい子供を持つ親として引っかかってたことがあったのでこんなツイートをしたんです(誤字があるのはご愛嬌)。

そしたらその2時間後のことでした。

まさかの運営サイドからこんなツイートが届いたんです!

一応運営さんの過去のツイートや、注意事項には子供の耳をカバーすることが書かれてなかったんで呟いたんですが…これには驚きましたね。

まさに神対応ですよね。

新潟の痴漢事件の後も、この件についてはアナウンスしてくれてるみたいだし、ここらへんの対応の速さは本当に素晴らしいです。

【Hi-STANDARD】熱狂の新潟凱旋ライブと、それに水を差す痴漢行為

これこそハイスタが長年培ってきたDIY精神なのかなと思います。

一つ一つのライブのあとに見つかる課題を解決しようとするスピード感、これこそハイスタなんです。

アリーナ席のブロック分けも、他のバンドのライブよりも大きくとってくれてるという話も聞きます。

やれることは全て自分でやってきたからこそ、ファンのためになることは妥協せずに全てやってくれてますよね。

ファンと演者の距離の近さを改めて感じた出来事になりました。

爆音から子供の耳を守れるのは親だけです。

ファミリー席を設けるなら、そこからさらに一歩踏み込んだ施策をと思っていたところにこのアナウンス。

親のエゴで連れて行くのなら最低限親は考えなきゃいけないですよね。

そのきっかけにしてほしいなと思います。

ハイスタンダード、そして運営スタッフ、改めて有難うございました。


バンドカテゴリの最新記事