【NO NUKES 2017】リスクを負ってでも守りたいものはありますか?

イベント
スポンサーリンク

3月18・19日。

2年ぶりの『NO NUKES 2017』が行われた。

【完全レポ】Gotch、麗蘭、UA、斉藤和義、ACIDMANが参加! 坂本龍一オーガナイズ「NO NUKES」1日目を観た-rockinon.com|https://rockinon.com/news/detail/158026

2012・2013・2014・2015に続いて5回目の開催である。

今年の参加アーティストはこんな感じ。

 

スポンサーリンク

3月17日

  • ACIDMAN
  • UA+坂本龍一
  • Gotch(ASIAN KUNG-FU GENERATION)
  • 斉藤和義
  • 麗蘭

3月18日

  • ASIAN KUNG-FU GENERATION
  • いとうせいこうwithオータコージ、ZAK
  • 水曜日のカンパネラ
  • NAMBA69
  • the HIATUS
  • BRAHMAN

 

坂本龍一がオーガナイザーのこのイベント。

2014は中咽頭癌の治療により参加してない。

ほかに皆勤賞のアーティストは、ACIDMAN斉藤和義BRAHMAN細美武士(the HIATUS,MONOEYES)

さんは2012年に一度、難波さんもソロとNAMBA69で3回参加してる(1回は喉の不調でキャンセル)。

 

音楽と政治の関連性

これ、ずっと議論されてる問題。

2016のフジロックでSEALDsの奥田愛基氏の出演が決まったときにネット上では賛否両論あった。

いわゆる、音楽に政治を持ち込むなってやつだ。

これはね、もう終わりのない議論だと思うんだよ。

海外ではアーティストが政治的な発言をするのは当たり前?

よく言われるけど、ここは日本だし比較の対象にはならない。

日本では色がつくのを嫌う。

それはおそらくアーティスト本人よりも所属事務所やレコード会社が。

未来において何かしらの障害になりえる可能性があるならやらせない。

それはアーティストだけではなく一般のわれわれも同じこと。

身の周りに、

「俺反原発だから」

とか、

「安倍政治を許さない」

とか声高に発言してる人いないでしょ、たぶん。

日本ってそういう国だからね、仕方ないって俺も思ってた。

俺も子供が生まれる前はそう思ってた。

 

子供が大きくなったときに日本はどうなってるのか

独身の時はそんなこと考えもしなかった。

3.11前はそんなこと考えもしなかった。

福島の原発があんなことになる前はそんなこと考えもしなかった。

うちの子供は震災後に生まれたんだけど、考えれば考えるほど不安になることが最近多い。

あんなに危ない原発を、あんなにとんでもない事故を起こした原発を推進しようとする政府に疑問を持ってきた。

それだけじゃない、安保法も改正され、テロ等準備罪法案もまた然り。

とびきりきな臭くなってきたよね、安倍さん。

子供が成長したときにどうなっちゃうのかなって正直恐ろしい。

政治について考えるって当事者にならないとできないことだから、一概にもっと投票に行こうよって単純な話じゃない。

ホント難しいよね。

 

リスクがあるのにそれでも参加する意義って?

表立って原発反対って言える強さってなんだろってこのイベントがあるたびに考える。

被災地支援活動と根本的に違うところはリスクがあるかないかだと思う。

かたや無条件に賞賛される行為で、かたや色がつく可能性がある行為だからね。

そのリスクを取ってまでイベントに参加する思いの強さを参加者に感じます。

既婚者の難波さんやTOSHI-LOWはともかく、独身なのに細美さんは凄い。

その当事者意識がホント素晴らしい。

なにがそこまで細美さんを駆り立てるのかねっていつも思う。

写真展行ったけど、ホント頭が下がるよね。

涙流しました!【石井麻木写真展】と被災地を忘れない【細美武士】
全労済ホールスペースゼロで開催中の石井麻木さんの写真展に行ってきた。 いやー、凄かった。そして泣いた。 いろんなアーティストの写真見れたなー。 覚えてるだけでも、 BRAHMAN(とくにTOSHI-LOW) M...

ツイッターで見た発言。

「原発が良いか悪いかは人それぞれ違うから今日参加して自分で考えて欲しい。」

 

「これ言ったら身も蓋もないんだけど、俺争い事は多くて強い方じゃなくて、数が少なくて弱い方に付くんだよね。

なぜならそいつらの言ってる事が正しいこと多いから。まあ争い事は無い方がいいと思うけど。

俺とかTOSHI-LOWとか争い事好きだからさ(笑)」

数が少なくて弱いほうが言ってることが正しいこと多い。

ホントそう思うなー。

細美さんの言うように、みんな自分で考えてほしい。

好きなアーティストが発信してることなら、自然と考えるきっかけになるよね。

リスクを取ってまでも発信できる強さ、なかなかできることではないけど少しづつでもやって生きたい。

改めてそう思った。

2019年は絶対に参加したい。

コメント