【MONOEYES】対バンツアー発表。有料会員制と電子チケットの導入を!

【MONOEYES】対バンツアー発表。有料会員制と電子チケットの導入を!

どうも、パンク大好きデミさんです。

MONOEYESが、5月から7月にかけて対バンツアー<Mexican Standoff Tour 2018>を開催する。

この「Mexican Standoff」の意味はこうだ。

互いに武器を向け合ったまま誰も動けない状態、三すくみ、にらみ合いのこう着状態◆複数(特に3以上)の当事者が相互に武器を向け合い、それぞれが「自分が攻撃を開始すれば、自分も攻撃されて助からない。かといって、武器を引っ込めればすかさず攻撃される」と考えるため、誰も身動きが取れない状態。

引用:Mexican standoff 英訳

まあガチってことです。それは対バン相手を見れば明らかである。なんせ凄まじいメンツを揃えてきたから。



 

Mexican Standoff Tour 2018概要

わかりやすいようにキャパを載せておきました。

  • 5月1日(火)千葉LOOK(キャパ200) w/アルカラ
  • 5月7日(月)Zepp Sapporo(2,009) w / HAWAIIAN6
  • 5月13日(日)徳島 club GRINDHOUSE(250) w / G-FREAK FACTORY
  • 5月15日(火)松山 WstudioRED(450) w / TOTALFAT
  • 5月17日(木)Zepp Osaka Bayside(2,801) w / ASIAN KUNG-FU GENERATION
  • 5月18日(金)Zepp Osaka Bayside(2,801) w / HEY-SMITH
  • 5月21日(月)Zepp Nagoya(1,792) w / マキシマム ザ ホルモン
  • 5月22日(火)Zepp Nagoya(1,792) w / Dragon Ash
  • 5月28日(月)広島クラブクアトロ(700) w / ROTTENGRAFFTY
  • 5月29日(火)米子 laughs(350) w / GOOD4NOTHING
  • 5月31日(木)福井 CHOP(250) w / GOOD4NOTHING
  • 6月6日(水)福岡 BEAT STATION(400) w / キュウソネコカミ
  • 6月7日(木)福岡 BEAT STATION(400) w / キュウソネコカミ
  • 6月9日(土)佐賀 GEILS(350) w / Xmas Eileen
  • 6月12日(火)熊本 Django(300) w / Xmas Eileen
  • 6月15日(金)仙台 GIGS(1,500) w / androp
  • 6月19日(火)新木場 STUDIO COAST(2,402) w / MAN WITH A MISSION
  • 6月20日(水)新木場 STUDIO COAST(2,402) w / BRAHMAN
  • 6月26日(火)郡山 HIPSHOT JAPAN(500) w / locofrank
  • 6月28日(木)KLUB COUNTER ACTION 宮古(250) w / locofrank
  • 7月3日(火)石巻 BLUE RESISTANCE(200) w / LOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERS
  • 7月5日(木)大船渡 KESEN ROCK FREAKS(100) w / LOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERS
  • 7月6日(金)山形ミュージック昭和 Session(250) w / LOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERS



 

有料会員制・電子チケット導入を!

全19箇所23公演。

狭いハコでも大きなハコでもかなりの激戦になることが予想される。MONOEYESの人気なら対バンがどこかなんてことは全く関係ない。

大都市は単純に申し込む人が多いだろうし、地方都市は人口が少なくてもキャパが小さい。

前回のツアーの時と同様に何箇所も申し込む人はいるだろうし、余ったチケットがファンの中でグルグル回る現象も予想がつく。

【MONOEYES】ファンに平等にチケットが行き渡ると嬉しいなあ

前も書いたかもしれないけど、せめて地方の狭いハコでは地元の人優先にしてほしいなぁ。遠征できない人もいるわけで。

チケキャンが無くなっても他の転売サイトは存続してる。だからまたそのチケットがそこに流れていくことは容易に想像がつく。

ファンクラブを持たない美学を彼らは持ってる。

今回のチケット代はいつもより高いがそれでも¥3,600である。(ちなみにDragon Ashの2017年のツアーのチケ代は¥6,300)

Dragon Ashが高いわけではなく(少し高いと思うが…)細美バンドが安すぎるのだ。その頑固さは今に始まったことではなくてELLEGARDENの頃からずっとである。今回も福岡はキャパがでかい某系列ライブハウスではなく、キャパ400のBEAT STATIONだし。

【HEY-SMITH】猪狩、誰も得しない九州ライブハウス事情を嘆く!

変えない美学は大いにわかりますが、時代とともに変化しなければいけないこともあると思います。

ファン思いの細美武士だからこそ、転売対策をもう少し考えてくれないでしょうかね。紙チケットよりセキュリティが強化できる電子チケットなら、改善できることありそうなんですけどね。

なんせ当たる気がしないんですよ、イープラス。

とりあえず希望してるのは有料会員制と電子チケットの導入。細美武士さん、自分の人気を過小評価し過ぎかと…。

この2つを導入してもチケット当たらないんだったら俺は納得するんだけど。

 

追伸)電子チケットの導入されました!その分チケット代が上がったのかもしれない。

 



バンドカテゴリの最新記事