松原裕さん、あなたが愛したバンドマンとライブハウスを愛し続けます。

音楽・コラム
デミさん
デミさん

どうもパンク大好きデミさんです。

Twitter:@Takenoco0803

Instagram:@demisansan

プロフィール:デミさんはこんな人

 

太陽と虎松原裕さんが亡くなってしまった。

39歳だった。

 

 

俺はチャリティイベント・COMING KOBEも行ったことがないし、もちろんお会いしたこともない。

 

どちらかと言えば癌になってから知ったことのほうが多い。

 

自分が好きなバンドマンが松原さんと関わりが深くて、この人はどういう人なんだろうって思ったのがきっかけだった気がする。

 

そういう意味では関東の人間よりも関西の人間のほうが馴染み深いかもしれない。

スポンサーリンク

松原裕といえばHi-STANDARDとROTTENGRAFFTY

俺の中で松原さんといえばまずはカミコベ2017

 

そう、2017年は、Hi-STANDARDがサプライズ出演した時だ。

 

参照:

【Hi-STANDARD】カミコベにゲリラ出演。3人組らしい理由とは?
5/7(日)、カミコベ(にHi-STANDARDが出演した。 いやー驚いた。今年一番の衝撃だったかも。 確かにNAMBA69もKen Yokoyamaも出てたけどさ。 ちなみにセトリはこちら。 1.My Heart Fe...

 

スペシャだったかなあ、ハイスタを呼び込む時の松原さんの涙をよく覚えている。

 

ANOTHER STARTING LINE』を聴いて、松原さんの体の調子が良くなったっていう話が本当に大好きだった。

 

そして、ROTTENGRAFFTYだ。

2018年10月の日本武道館公演では、松原さんへの感謝の言葉を述べたKAZUOMIの姿を思い出す。

 

参照:

【ロットングラフティー 武道館】ファン歴半年が書いた、熱量満載のライブレポ!
どうも、パンク大好きデミさん(@Takenoco0803)です。 2018年10月3日(水)、「ROTTENGRAFFTY PLAY ALL AROUND JAPAN TOUR 2018 in 日本武道館」行って参りました。 ...

 

辛い時でもユーモアを忘れなかった松原さん。

それはブログを読んでもらえばよく分かる。

 

でもTwitterに『松原裕の病状記録アカウント』っていうのがあって、最近すごく辛そうだったので密かに毎日気にしてた。

 

その、最後のツイートがこれだ。

 

朝だ!!

相変わらず毎時間目覚めて吸入して痰を出して、でもほとんど出なくて苦しいまま。

なんでずっと喘鳴が鳴り止まないのかが不思議。

何がどうなって音が鳴るのだろう。

昨晩主治医に電話して肺炎治療の抗生剤を飲んでみた。

どうかこれが効いて欲しい。

5:55 2019/04/03

 

松原さんらしく、最後まで生きようとしてた。

 

今日の夕方から、フォローしてるバンドマンやカメラマンが相次いでほのめかすようなツイートをし始めてたから覚悟してました。

 

 

朝7時に神戸にいたと思われるカメラマンの石井麻木さん。

 

何時に亡くなられたかは発表になっていないが、麻木さんは間に合ったのだろうか。

間に合ってくれてたらいいなあ。

 

松原裕を慕ってたバンドマンを追いかけよう

松原さんがどれほど偉大だったのか、それは亡くなられた後のタイムラインを見ればよく分かる。

 

あのコメントの数を見れば、松原さんがどれほど多くのバンドマンに愛されてきたのかよくわかる。

 

きっとバンドマン一人ひとりに松原さんとのエピソードが残ってるんだろう。

 

そして、これからそんな話はもっともっと出てくるんだろう。

 

人はどうしたら松原さんみたいに愛される生き方ができるのだろうか。

 

それを知りたいのなら、彼のことを敬愛してたバンドマンを今後も追いかけたらいい

 

きっとそのうちわかると思うのだ。

 

その意思はバンドマンたちに確実に引き継がれてる、彼に恥をかかせないように。

 

その中でも俺はROTTENGRAFFTYに注目してほしいと思ってます。

 

彼らは無所属の時松原さんの事務所に拾われた。

そしてその結果、先に述べたとおり日本武道館でライブが出来るくらいまで成長したのだ。

 

そして今日4月4日、奇しくも松原さんの命日から20周年ツアーが再開する。

 

まずは彼らの動向を注目してほしい。

ライブも観てほしい。

 

松原裕の申し子が今後どうなるのか、俺はそれに注目していきたい。

きっと期待を裏切らないはずです。

 

改めて…

松原裕さん、心よりご冥福をお祈りいたします。

あなたを愛したバンドマンを、そしてライブハウスを俺は愛し続けます。

 

本当によく頑張ったと思います。

今は安らかに眠ってほしい。

ありがとうございました。

コメント