【京都大作戦】dustboxが『ヒトリセカイ』を!顧客満足度最高でしょ

イベント
スポンサーリンク

京都大作戦、今年も参戦できずにツイッターのタイムラインを眺めておりました。

そしたら、なんとdustbox10-FEETの『ヒトリセカイ』をカバーしたとの情報が入ってきました。

スポンサーリンク

TAKUMAのツイートがきっかけ?

京都大作戦のセトリにおいてこのやり取りが影響したことは間違いないでしょう。

ちなみにTLから流れてきたセトリがこちら。

  1. Jupiter
  2. Riot
  3. Try My Luck
  4. Dive
  5. I remember you
  6. Sun which never sets
  7. Hurdle Race
  8. Neo Chaves 400
  9. Here Comes A Miracle
  10. ヒトリセカイ

dustboxと10-FEETの絆は強い。

10年連続出場って伊達じゃないですよね。

もちろん大作戦前だったので営業ツイートだった可能性はありますが、当日のセトリにそれを反映させてくるあたり、そのやり取りを見てた我々ファン思いでもありますよね。

彼らはメジャーでトライした日本語詞をインディーズに戻った時に改めて封印してる。

【考察】dustboxから考える、サラリーマンとフリーの違い
先日、dustboxのSUGAがツイッターでこんなこと言ってた。 うーん、なかなか深いこと言ってる。 当時彼らはメジャーで無理やり日本語の歌歌わされてた。 ちなみにこんなんですよ。 今...

その彼らが10-FEETの『ヒトリセカイ』を、しかもワンフレーズだけでなくフルコーラスやるとは驚きです。

これは生で聴きたかったなー。

おそらくこの経緯を知っていたファンはめちゃくちゃ盛り上がったに違いない。

来年の京都大作戦出場も確定でしょう。

 

ネガティブマインドが本当に少ない

10年間もフェスをやり続けてるということで、ファンももう成熟してるんでしょう。

雨が降ったら地面がぬかるんで田んぼになる。その準備もみんなしっかりとやってきてるはず。

その後公共機関に乗ることも考えて、履物の替えも持ってきてるファンも多いでしょう。

SATANIC CARNIVALのときも思ったけど、ダイバーが多いフェスって自ずと助け合いの精神が芽生えててる気がします。

【SATANIC CARNIVAL'17】ファンとバンドが相思相愛の空間。WANIMAとHAWAIIAN6を中心に考察。
SATANIC CARNIVAL'17、2日目参戦できました。 到着したのが大幅に遅れたということもあり、ちゃんと観たバンドはHAWAIIAN6とWANIMAのみ。 なのでライブレポってほどではありませんがサラッと書きます。 ...

なぜなら狭い空間でモッシュ・ダイブが繰り広げられる空間で、怪我しないためにはどうしたらいいのかみんなわかってるから。

10-FEETの持ってる持ち前の明るさ、ポジティブさ、そして優しさ。

ゴミはゴミ箱に捨てる。困ってる人がいたら助ける。落とし物は届ける。

ここまでフェスが乱立する昨今、当たり前のことを当たり前にできてるフェスでないと生き残っていけないんだと思います。

出演バンドが発表される前にチケットが売れていくフェスは少ない。

でも、パンク・ラウドが好きな人なら京都大作戦とサタニック・カーニバルには参加したいと思うはずです。

サタニックしか知らないけど、京都大作戦にはきっと多幸感に溢れる素晴らしい空間が広がってるんでしょうね。

来年も…行けないかな…

コメント