【10-FEET/京都大作戦】人に愛されたいならまずこちらから愛そうぜ!

イベント
スポンサーリンク

京都大作戦の第一次HP先行の当落が昨日(3/28)の12時に出たみたい。

フォロワーさんの悲喜共々を覗き見させてもらいまして、ただただ羨ましいと袖を噛んでおりました。

バンド結成20周年で京都大作戦開催10周年の今年は3日間開催。

7/7・8・9ですね。

HP:http://kyoto-daisakusen.kyoto/17/

なんか平日を絡めての3日間開催とか、FUJI ROCKみたい。

ちなみに今年のフジは7/28・29・30です。

小沢健二が出るとか気になるよね。

流動体について

HP:http://www.fujirockfestival.com/

フジのことはまた書くとして、今日は京都大作戦の話。

なんせ最近TAKUMAのこと好きになったおっさんなんでね。

【10-FEET】TAKUMAを最近好きになった大馬鹿野郎の話
最近まで10-FEETが好きじゃなかった。とくにTAKUMAの声が。 これは生理的なものだし、今後も変わることないって思ってた。 例えば高音巻き舌ボーカルのクリープハイプ、尾崎世界観。 収録アルバムはこちら:待ちくたび...

 

スポンサーリンク

開催のきっかけ

どうしてやろうとしたんだろ。

と思って調べたら、2007のHPにこう書いてあった。

京都大作戦は、京都出身のアーティスト10-FEETの、 地元京都をもっと盛り上げたいという思いで企画された野外フェスティバルです。(http://www.sound-c.co.jp/kyotodai/07/pc/about.html)

この年は3連休でなおかつ祇園祭と被ってるので、合わせて京都を楽しんでほしいって彼らの優しさがにじみ出てる。

でも、その根底にはこんな思いがあったでしょ。

AIR JAMは僕らの憧れというか、もう全くの別モノの世界だと思っていたので、そのフェスに出演できるなんて、思ってもみなかったので、感動、感無量です。(AIR JAM2011)

ハイスタがなくてもー!バンドはあったかもしれないけどー!ハイスタがなかったらー!10-FEETはなかったー!(AIR JAM2012)

Hi-STANDARDがおらへんかったら、俺らは『京都大作戦』もやってませんでした! 衝撃をありがとう!(AIR JAM2016)

Hi-STANDARDがエアジャムをやってなかったら10-FEETも京都大作戦をやってないのは間違いない。

ハイスタ・10-FEET・WANIMA。

日本メロコア界のBIG3を形成する10-FEETが今いるのはハイスタのおかげである。

改めてハイスタの偉大さが分かるエピソードですね。

【Hi-STANDARD】名古屋公演のまとめと転売チケット撲滅への本気度
どうも、パンク大好きデミさんです。 10月28日、名古屋日本ガイシホールで行われたHi-STANDARDのライ…

ちなみに開催発表の時は京都初の野外フェスとして話題に上ってる。

これまでも個性に富んだ音楽を生み出してきた京都だが、今回のような野外フェスティバルが開催されるのは初の試み。日本三大祭の祇園祭りと同時期の3連休に開催されるという事もあり、祇園祭りや寺院等の京都の伝統的な文化も堪能できそうだ。(http://tower.jp/article/news/2007/04/18/100009632)

 

開催中止が糧となった

でも、台風でダメだったんだよね。

さぞ無念であっただろうコメントも残ってる。

みなさんの協力により天候以外は全て準備出来ていたのです。
ずっとずっとずっと、みんなで楽しみにしていた京都大作戦だったんです。
それが今回、僕達ではどうにもできない台風という力によって中止になってしまった事は本当に悔しいです。
天候の回復を祈り、最善の努力を尽くしてきましたが安全面等、協議した結果中止という決断に至りました。(http://www.sound-c.co.jp/kyotodai/07/pc/)

ここでの挫折が翌年以降のフェス運営の糧になった。

それは10-FEETだけじゃなくて出演者もそうだ。

京都大作戦2008 DVDのドキュメンタリー

この映像を見れば分かるけど、主催者もそして出演者もみんなこの日が来るのを楽しみにしてた。

最後の打ち上げで細美さんが言ってるけど、この世代のバンドがフェスを主催したのは初なのである。

みんな成功させたい思いがあり、前年の中止を経てさらにその思いは強くなった。

それは参戦したファンも一緒だった。

だからこそライブも盛り上がり、今年まで続くみんなが笑顔になれるフェスへと成長できたのであろう。

 

愛されてるのは愛してるから

先に述べたとおり、10-FEETは多くのバンドマンから愛されてる。

たくさんのファンに愛されてる。

それってあの3人がみんなを同じように愛してるからだよね。

人から愛されるにはまず自分から愛さなければいけない。

どんな人間にも愛すべきところがあって、まずそういういい部分を見ていかないといけない。

これってなかなかできないんだけど、彼らはそういうことが自然にできるのかなと。

だから先輩に愛され、後輩から慕われるんだろう。

今まで開催してなかった京都でのフェスを勇気を持って実行に移したこと。

そして2007年は開催できなかったけど、行政への働きかけなど困難な仕事に懸命に取り組んだこと。

仲間のバンドへのアプローチ、そして中止に伴うアフターフォロー。

その根底には他者への愛がある。

そうやって全てのことに誠実に取り組んできた結果、10年も続いてきたんだろうね。

今書いてることは想像でしかない。

京都大作戦に参加した人の満足度はすこぶる高いみたい。

日本にはフェスがたくさんできたけど、京都大作戦は個人的には特別な感じがする。

ネーミングにも彼らの人柄が表れてるし、観客も含めみんなで作り上げてるフェスなんでしょう。

参加アーティストの発表はまだないけど楽しみですね。

俺がこのフェスを体感できる日はいつ来るのかな…

あー10-FEETに愛されたい!

コメント