入手困難なチケットの入手は、結局お友達を増やさないとダメみたい。

音楽・コラム
デミさん
デミさん

どうも、パンク大好きデミさんです。

Twitter:@Takenoco0803

Instagram:@demisansan

プロフィール:デミさんとはこんな人

 

ここ数日もやもやしてるんで言葉にしようかなと思いまして。

 

俺は思うんです。

チケットを取るのにも暗黙のルールがありますよね。

 

発売前から不特定多数に声をかけるってダメですよね。

 

みんな俺みたいに馬鹿正直ではないんだろうなあ。

って思って悲しくなってます。

 

くだらないこと書いてますが、最後まで読んでいただけると幸いです。

スポンサーリンク

横山健が言うように全会場キャパが小さい

Ken Yokoyamaの今回のツアー、『New Age Tour』のチケットが入手困難になっている。

 

最近はSATANIC ENT. 会員先行(有料会員制である)で取れた割合が高かったのだろうか。

 

今回のツアーは、みんななりふり構わずチケットを手に入れようとしてるのが垣間見える。

 

3月末からの「New Age ツアー」、チケットが争奪戦だと聞いた。

オレのところにも何通も泣きのメールが入った。

「ツイッター覗いてくださいよ!」と怒り混じりのものもあった。

見るとまぁ確かに。

えっくんとの初ツアーにしてはサイズが小さかったのだろうか。

引用:『横山健の別に危なくないコラム』Vol.102

 

こう横山健も言うように、今回のツアーは期待度とキャパが見合ってないのかもしれない。

 

  • 3/26(火)盛岡Club Change WAVE350
  • 3/27(水)仙台RENSA700
  • 3/29(金)いわき club SONIC250
  • 3/30(土)つくば PARKDINER300
  • 4/2(火)恵比寿 Liquid Room1,000人(参照:Live Fans

 

この5箇所に関してはもう既にチケットは完売している。

 

今までのさんのツアーからしたらキャパは狭めなので、まあ仕方ない。(ここまで取れないとは思わなかったが)

 

そんな中2月27日、追加のツアー発表があった。

発表されたのは4箇所。

 

  • 4/24(水)名古屋 CLUB QUATTRO500
  • 4/25(木)京都 MUSE350
  • 4/27(土)高松 MONSTER500
  • 4/28(日)和歌山 SHELTER300人(参照:Live Fans

 

こちらもキャパは小さめ。

おそらくチケットは完売するだろうし、また争奪戦になるのは間違いない。

 

だからってねえ…

やっていいことと悪いことがあると思いますよ、俺は。



横山健ファンに優劣はない

ここで、あえて横山健の言葉を引用する。

しかしこれは今の時期だけだ。

じきにチケットは取りやすくなる。

新メンバーが加入して最初のツアーを観たいという心理は理解できる。

でもオレ達は今年はツアーをバンバンやる。

そして恐らくしばらくの間は、ライブのたびにバンドは良くなっていくだろう。

だから焦らなくても良いのではとも思う。

引用:『横山健の別に危なくないコラム』Vol.102

 

またやるのだ。

そう横山健は言っているのだ。

なのにだ、露骨にチケット購入のお手伝いを募集してる人がいた。

 

よくバンドと同じように何箇所も回るファンの方いるじゃないですか?

 

俺はそういう人はすごいとは思うけど、だからって偉いとは思わない。

 

だってチケット一枚は同じ一枚だ。

しかもその一枚は、地元のその場所しか行けない人も狙ってた、貴重な一枚かもしれないから。

 

横山健が今年はツアーをバンバンやるから焦るなと発表した。

 

その直後に発表されたツアーでお手伝いの声掛けをする。

 

これっていったい何なんですかって俺は思う。

 

百歩譲ってそういうことやるなら(というかいつもやってるのかもね)人目に触れないところでやってほしい。

 

まして、SATANIC ENT. 会員先行の段階で協力者を募集するってどうなんですか?

 

手を挙げてる人にも言いたい。

あなたは人の手伝いをするためにわざわざ有料会員になってるんですか?

 

綺麗事かもしれないけど、横山健の意向を汲んだファンならそういうことをしない。

 

何箇所も行くファンと1箇所しか行けないファン、そこに優劣なんてないだろ。

 

そこにあるのはみんな同じように、ただKen Yokoyamaを見たいだけなのに。



行かないのに申し込んで余計倍率を上げる

本来、Ken Yokoyamaならもっと大きな会場を埋めることができる。

 

でも今のところ、あえて小さいハコでやることに今回のツアーの意味があるように思えるのだ。

 

去年の年末の新木場、今回のコラムでさんが言ってたように俺には不完全燃焼に見えた。

 

アンコール事件もあったしね。

参照:

【横山健】予定調和のアンコールなら次のライブから要らない!
2018年12月6日、Ken Yokoyamaのライブを観に新木場STUDIO COASTまで行ってきました。ああいうアンコールだったらもうKen Yokoyamaクラスのバンドは出るべきではない。アンコールありきのライブって何なの?

 

だからこそ狭いハコにこだわってる今回のツアーは気合が入ってるはずだ。

 

観たい人も多いのもわかる。

でも、始まる前からおおっぴらにそういうことをする神経が俺にはわからない。

何でもありですか?

 

そして、手伝います、って言ってる人の神経もわからない。

行かないのに手伝うってなんですか?

 

もう一度言うけど、そこにしか申し込めない、そこにしか行けない人の気持ちを考えたことありますか?

 

見てるやつは見てる。

いや、見たくなくても目にしてしまうのだ。

 

俺はムカついた。

そして悲しくなった。

 

さんに限らず、狭いハコで倍率が高そうなライブの度に目にするこの現象。

 

この行為が余計にチケット倍率を高めてるのにそれに気づいてない。

いや、気づかないふりをしている。

 

裏でやってほしいなあ、そういうことは。

わからないところでやってください。

やるなって言ってもやるんだろうから、今後は見えないところでやってくださいよ。

 

先行全部外れて、結果的に誰かにチケット譲ってもらって行けるようになった、っていうならまだわかる。

 

でも、大多数の人は普通に申し込んでる

 

え?違うの?

もしかしてそう思ってるのは俺だけなの?

 

だとしたらもはや普通に申し込むのが馬鹿らしくなってきますなあ。

 

コラムで横山健は転売屋を例に出してたけど、定価でやり取りすればいいってもんじゃない。

 

こういうのって馬鹿正直に申し込んでる人間からしたらやってられないですよ。

 

入手困難なチケット取りたいならお友達増やさないとダメなの?

 

馬鹿らしいけど、そういうことなんでしょうなあ。

馬鹿らしいけど。

すげえ馬鹿らしいけど。

コメント

  1. まゆ より:

    いつも拝見しております!
    私もあらゆる先行を申し込みまくり外れて行けなかったライブなんていくつもあります。だからといって複数に協力を依頼するのは何だかこう、そこまでやってもらってまで行くものなのかな?と思ってしまいます。私は小心者なのでそんなSNSでしかやり取りのない人達に頼むことが図々しいのでは?と思ってます。(あくまで自分は笑。)頭数多い方が単純に当選確率は上がる。おっしゃる通りその陰で普通に申し込んで外れる人がいる。その直後、「重複したので譲ります。」なんて見かけると、なんでこの人(たち)には当たるんだぁー!とモヤモヤします。

    何回行くのも自由ですが、一回のライブにかけるアーティストの想いをくみ取れば、その一回でも十分価値があると思うんですがね。

    • takenoco0803 より:

      まゆさん、コメントありがとうございます。
      自分もあまり人に頼った経験がないです。
      人に頼ればチケットを手に入れる可能性は高くなるのは明白ですが、だからといってそれをしない人は小心者というわけではないと思いますよ。
      だって、その分弊害がありますから。
      自分もずっともやもやしてたのでこういう記事を書きましたが、だからといって今後この問題が解決するとは思えません。
      でも、せめて裏でやれ!ということだけは言いたかったです。
      また覗きに来てください。
      ありがとうございます。