デミロック

パンクロックを中心に、音楽関連のあれこれを辛口に近い中辛で書き殴ってます。

デミロックとは

【横山健】新ドラマーEijiは「えっくん」って呼ぼう!

ハイスタ・コラム
スポンサーリンク

どうも、パンク大好きデミさん(@Takenoco0803@demisansan)です。

Ken Yokoyamaの新ドラマーが決まりました。

いや、決まってたので発表になりました。

 

前ドラマー、Matchanの最後のライブが12月6日(月)。

新ドラマーの発表が翌日の12月7日(火)。

このスピード感が横山健らしいよね。

Twitter

立ち止まってるわけにはいかないからね。

健さんにはがんがんいってほしいわ。

スポンサーリンク

新ドラマーはEiji!

元FACTのEijiっていうのは驚きましたね。

相性は「えっくん」らしい。ご本人がリプしてた。

 

FACTってバンドのこと知らない人もいると思うのでサラッとご紹介。

1999年に結成された日本のハードコア・ロック・バンド。

当初から国内外のアーティストとライヴで共演、ハードコアにダンスやエレクトロニカといった要素を加えたクロスオーヴァー的なスタイルを身につける。

2009年にアルバム『FACT』でメジャー・デビュー。

メンバー全員がヴォーカルをとるスタイルが特色で、2012年には英国人ギタリストのAdamを迎え入れトリプル・ギターの6人体制に。

2015年3月、6thフル・アルバム『KTHEAT』をリリース。

結成から15年を超えてもなお、絶えずサウンドに革新性を持たせながら活動していたが、2015年4月に年内での解散を発表。

引用https://rockinon.com/artist/5152

FACT – a fact of life (Music Video)


FACT

まあこの曲を外す訳にはいかないよね。『 a fact of life 』。

俺の中でFACTといえばこの曲。

この曲の最後のドラム、バスドラムを小刻みに猛烈な勢いで踏んでるドラマーがEijiです。

 

エレクトロ・ラウド・ハードコア、ジャンル分けするのが難しいバンドだったよね。

面白えなあ、Ken Bandに新しい風を運んでくれそうな気がするわ。

 

前作、『Sentimental Trash』で、グレッチというセミアコのギターと出会ったことによって化学反応を起こした横山健

 

7月にJoy Oppositesを辞めてたえっくんはもうすでにKen Bandと練習もしてたらしいし、なんか面白いことが起きそうだよね。



ハイスタとの関係性

って思ったらベースのJun Grayがこんなツイートしてた。

まあそうだよね。

えっくんが入ったからって曲調が大きく替わることは流石にないでしょ。

 

でも、健さんがバンドメンバーに求めてる1/4を担う覚悟があるってことだ、えっくんは。(マッチャンは担えなかった)

【Ken Yokoyama】ドラム・Matchan脱退!なんかこうなるような気もしてた…
どうも、パンク大好きデミさん(@Takenoco0803)です。えーっと、びっくりしました。Ken Yokoyama(Ken Band)のドラマー、Matchanこと松浦英治が脱退することが、9月21日 21時頃発表になりました。あ...

 

そのうち面白いことになりそうだよね。

引き出しが多そうだし、誤解を恐れずに言えば、おそらくマッチャンより上手いし場数も踏んでる。

 

そして俺が新ドラマーに興奮するのはFACTも海外を舞台に活動してたってことだ、Hi-STANDARDと同じように。

引用話題の逆輸入バンドFACT、イギリスの大型フェスで日本人初の快挙

SATANIC CARNIVAL ’15では大トリも務めてる。

(ブッキングにさんは関与してないらしいが)

 

FACTの3人がやってるSHADOWSも今年ハイスタと対バンしてるし、何かと縁があるんですよね。

 

もうそんな背景も考えたらえっくんには期待せずにはいられない。

 

と思ったら、新体制一発目のライブも発表になった。

デビュー戦は1月14日(月・祝)札幌『NO MATTER LIVE』!

 

いいですねー、道民の方々。

2018年は大きい地震もあって大変だったと思うけど、年の始まりにPunk Rockを存分に喰らってください!

きっと2019年はいい年になると思います。

 

早くツアーやってくれー、Ken Band

コメント