【Hi-STANDARD】熱狂の新潟凱旋ライブと、それに水を差す痴漢行為

【Hi-STANDARD】熱狂の新潟凱旋ライブと、それに水を差す痴漢行為

どうも、パンク大好きデミさんです。

11月4日(土)、新潟・朱鷺メッセで行われたHi-STANDARDのライブ。

朱鷺メッセ

座席指定なしのオールスタンディング、そのキャパは10,000。

ボーカル・難波章浩の地元新潟での凱旋ライブということで大変な盛り上がりを見せました。

今回は、そのライブについて色々と書いてみました。



セトリはこちら

【Hi-STANDARD】THE GIFT TOUR 2017 全会場セトリ一覧!

 

HEY-SMITH

今のところ、渋谷・名古屋・南相馬とすべての会場に足を運んでるギター・ボーカルの猪狩。

それだけでもハイスタへの熱い思いが伝わってきます。

この日のライブでも、熱いMCをしてくれました。

 

  • 「ハイスタの前にさ、俺たちが奏でるPunk Rockを喰らってくれ」
  • 「俺たちは今伝説の中にいるぞ。お前らのハイスタを見たかった夢と俺たちのハイスタとやりたかった夢がぶつかる最高の瞬間です!」
  • 「ほんまにハイスタ帰ってきたんだな…音楽シーンがつまらない時とか、こんなときハイスタがいてく れたらな!ってずっと思ってました。今日いるねんで?すごくない?」
  • 「凄いな!やっぱり夢って叶うんねんで!まぢで中学生の頃の自分にそのままギター弾いてれば良いことあるぞ!って言いに行きたい気分です!ほんと夢の中にいるみたいだわ!」
  • 「まぢでさあ、なんて言ったら良いかわからんわ…ほんと終わりたくないわあ…まぢで、最高のGiftをありがとう!ばいばーい!」

 

今回もフォロワーさんのツイートを参照しました。有難うございます。

HEY-SMITHも2014年にボーカルが抜けるという事件があってから、よくここまで復活しました。

【HEY-SMITH】キュートなパンクス、かなすの4つの魅力!

本人らは多くを語らなかったけど、色々あっただろう。

猪狩は当初バンドをやめようとしてたんだけど、その時に止めたのは横山健だったという。

バンドを続けてく難しさもよくわかってる中で、AIR JAM 2016に続いてのハイスタとの共演は、もう完全にパンクバンドとして認められている証である。

11月18日の真駒内でのライブには、横浜BAY HALLでのライブが入ってるので参戦できないが、翌日の札幌には行ったりして…

 

Hi-STANDARD

Hi-STANDARD ”THE GIFT TOUR 2017” at 新潟 朱鷺メッセ 2017/11/4 photo by @teppeikishida ① #ハイスタ #thegifttour2017

A post shared by 難波 章浩 (@akihironamba) on

 

  • 難波「身体がいちいちぶっかったくらいで喧嘩してんなよ! こら!」からの一曲目
  • 難波「ほんとね、昔の曲と今の曲を交互にやるのってハンパねえことなのよ!ほんと!」 ツネ「ハンパねえ!」 横山「もんげー!」
  • 横山「ナンちゃんがチビッコって言ったらパンクロックって言ってくれるかい?」 難波「チビッコー」 会場中にチビッコ達の「パンクローック」が響いた
  • 難波さんの「まじアルビ一回J2落ちてみろよ!」と喝からの「負けんなよ!届けようぜ!」でCan’t Help Falling In Love。 J2時代から続いてるアルビの選手入場チャントです。※Jリーグのアルビレックス新潟のことです
  • 難波長男「Hello My Juniorが 一番好き!!父さんあれは僕たちのことを歌ってるの?」 難波「う、うん!笑」 難波「でもね、あれはお○ん ○んの歌でもあるんだよ!笑」 という会話がご家庭であったそう。長男、ステージのマイクで「がっかりしました!笑」
  • 横山「俺たちはパンクロックをやるけど、世の中を変えるのはさパンクロックを受け取った君たちだぜ?」 難波さん「そうだよ!ロックンロ ールに力を貰ったやつが変えるんだよね!誰しも授かったGiftがある!それに気付け!」

  • 難波「新潟県の消防法は他の県よりもハードルが高くて、これを更に三分割くらいのブロックの小ささだったのよ!せっかく友達と来てさ、一緒のブロックで楽しみたかったと思うよ?!ごめんね。 でも、このブロックで色んな世代 の人とごっちゃになって、自由にやろうぜ!」

 

ジャックさん、分かりやすかったんでツイートをそのまま載せさせて頂きました。

この件については相当掛け合ったと思います、行政に。

アリーナのみの朱鷺メッセでライブハウスのような空間にいかに近づけるか、ハイスタは尽力したはずです。

そして難波さんのお子さんがステージに上がっての『Hello My Junior』やちびっことの掛け合い。

ものすごくピースフルな空間がそこにあったんです。

横山健も、この日の新潟でのライブについてこう語ってました。

【Hi-Standard “The Gift tour 2017”】@ Toki Messe, Niigata ツイッターにも書いたけど、このツアー、なんだかすごいぞ。なにがすごいかは良くわかんないけど、とにかくすごい。 「今のハイスタ」を無理なく背伸びせず等身大で観せれてることが嬉しいし、皆さんがそれをキャッチしてくれているのも伝わってきて嬉しい。 それに……「今のハイスタのツアーがすごい」って自分で思えるのが嬉しい。 自分の手応えほどウソのないもんはないからね。 だから、他にもキメてる写真とかいっぱいあるんだけど、嬉しそうにギター弾いてるのを載っけるずら!(犬がギター弾いてるみたいだけど横山犬じゃありません、横山健です) まぁでも次はわかんない、余裕ぶっこいたら全てオシマイ。甘いこと考えてないよ。 でもロックンロールだからまるで堅くも考えてない。 Photo by teppei kishida #thegifttour2017 #gibson #es355 #ubu #histandard #ハイスタ #kenyokoyama #横山健 #pizzaofdeath

A post shared by 横山健 Official instagram (@kenyokoyamaofficial) on

本人がここまで手応えを感じてるんだから、相当の盛り上がってたんでしょうねー。

でも、同時に悲しい出来事も起きてたんです。

 

ごみ問題と痴漢行為…

渋谷、名古屋、そして南相馬でもゴミの放置はあったのかもしれません。

でも、今回の朱鷺メッセは難波さんの地元新潟。

並々ならぬ気合が入ってたはずです。

ゴミに関しては、トイレにたくさんあったと言ってる人はいたがどうだったのだろうか。

比較的キレイだったとの声もあったしそこまでひどくはなかったのかな。

これに関してはどの会場でも当たり前。ゴミはゴミ箱に、もしくは持ち帰る。

これからも徹底していきたいところである。

そして問題はもう一つ。

痴漢行為があったとの話である。

自分のフォロワーさんでもいました。

他にもセキュリティに引き渡したと証言してる人や、逃げられたと言ってる人…

一体何人の痴漢がいたのか、何件の被害があったのか。

思い起こせば今年のGWのVIVA LA ROCK。

このフェスではついに逮捕者が出た。

【VIVA LA ROCK】痴漢逮捕!今後も取り締まり続けるのか?

もうどの会場でもいるのかもしれない。

小さいライブハウスから大きなアリーナでのライブでも。

今回は10,000人も集まったからたまたまその被害を訴える人がいただけで、小さい会場では日常茶飯事なのかもしれない。

もう痴漢行為は当たり前になってるのか?

モッシュピットに来る以上、痴漢されるのは覚悟しなければいけないのか?

俺はハイスタのファンにはそんなやついないって心のどこかで思ってた。

18年ぶりのツアーなのに、ハイスタのTシャツ着てそんなことするやついるわけがないって思ってた。

でも現実にはやはりいたのである。その事実がまだ受け入れられないです、正直。

モッシュ・クラウドサーフは、体がぶつかるので結果的に触ってしまうことがあるかもしれない。

でも、モッシュピットに来る女性はその行為に慣れている場合が多いと思ってます。

だから、「無意識に触ってしまった」のと「意識的に触りにきた」ことを判別することができるはずです。

今回、痴漢の報告が複数なされたということは、確実にそいつの意志で意図的に触りにきたということです。

何なんでしょう、正直本当に意味がわからない。

ライブの演者は誰でもいいのか?それとも、好きなバンドの演奏中に痴漢してる自分に興奮するのか?

己の性的欲求を満たしたいなら風俗に行けばいい。

痴漢させてくれる場所にお金を払って行けばいい。

風俗なら犯罪にならないが、公の場所でそれをやったら犯罪である。

それでも抑えられないのだから、もう病気である、きっと。

なかなか特定されにくいから厄介なのだろうが、どうしたら撲滅できるのか。

「好きなバンドを見に行きたい、前で見たい。でも痴漢されたら嫌だから後ろで見よう。」

女性は泣き寝入りしなければいけないのか。

結局この世は男尊女卑なのだろうか。

敬愛する音楽ブロガー、ロッキンライフさんの記事を載せておきます。

痴漢対策の為、ポルノ超特急あたりで「女性専用モッシュピット」を作るという未来提起!

たまに企画で、女子限定・男子限定ライブを演るバンドがありますよね。

女性専用モッシュピットと性別限定ライブ。

これがもし当たり前の時代がやってきたら…いや、本当にその日が来るかもしれないが、逆に女性からしたら喜ばしいことかもしれない。

ただ…それで本当にいいのだろうか。

不特定多数の人が乗る満員電車と、同じ趣味嗜好の人が集まるライブハウスで同じことを採用していいのか。

この問題は、第一に守られるべき女性の意見を尊重すべきだと思う。

だから、それが望まれるならやるべきなのかもしれない。

情けねえ。本当に情けねえ。

男としてこういうクズがライブに来ること自体、本当に怒りを覚えます。

男として、被害に遭われた女性には申し訳ないと言いたい。



バンドカテゴリの最新記事