【HEY-SMITH・ヘイスミス】キュートな見た目とがっつりタトゥー、かなすの4つの魅力とは?

バンド
スポンサーリンク

どうも、パンク大好きデミさんです。

近頃HEY-SMITHの評価がうなぎ登りである。あ、俺の中でね。

でもファンがぐっと増えて動員力がうなぎ登りな気がするのはきっと俺だけじゃないはず。

振り返るとその快進撃は、メンバーチェンジ後初のアルバム『Stop The War』から始まった。

HEY-SMITH – Stop The War (Official Video)


STOP THE WAR(初回限定盤)(DVD付)
:名盤中の名盤。『Dandadan』『Don’t Worry my Friend』『Summer Breeze』収録アルバム!

猪狩:その頃はHEY-SMITHを終わりにしようと思ってました。HEY-SMITHは最初に始めた5人でしかできないと思ってたから、もし誰か1人でも変わるのやったら、もうそれは違うバンドかなと思ってて。

引用:http://natalie.mu/music/pp/hey-smith04

2人抜けて3人加入。しかもボーカルの交代という難しさを難なく乗り切ったのが大きかった。

主要な活躍を挙げてみる。

  • 3年ぶりのアルバム『STOP THE WAR』オリコン総合チャート8位を獲得
  • STOP THE WAR TOURを6月1日から12月3日まで半年にわたり47都道府県62公演行う
  • ツアーファイナルは、大阪府民共済スーパーアリーナ。バンド史上初のワンマン
  • AIR JAM2016出演
  • SATANIC CARNIVAL2017で初のヘッドライナー
  • OSAKA HAZIKETEMAZARE FESTIVAL 2017を主催(2014から4回目)
  • Hi-STANDARDのツアーゲスト(朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター)

絶好調ではないか。

今年のSATANIC CARNIVALでちら見したけど、SATAN STAGEパンパンだったのを思い出します。

【SATANIC CARNIVAL'17】ファンとバンドが相思相愛の空間。WANIMAとHAWAIIAN6を中心に考察。
SATANIC CARNIVAL'17、2日目参戦できました。 到着したのが大幅に遅れたということもあり、ちゃんと観たバンドはHAWAIIAN6とWANIMAのみ。 なのでライブレポってほどではありませんがサラッと書きます。 ...

なんでこんな人気出たのかちょっと考えてみたんだけど、結論は一つしか無かった。

小柄な体でトランペットを振り回してる、紅一点かなす(Trb)の存在である。

 

スポンサーリンク

かなすとは?

KEMURIが師匠の純正品

ちなみにかなすがどんな子かプロフィールを探したんだけど、Wikipediaにもほぼ情報がなくて。

なので詳しくは本人のブログ、『かなす坊やのブログ』第1回で。

始めて半年後くらいに奇跡的にライブハウスでKEMURIでトロンボーン吹いていた増井朗人さんと出会いすぐさま弟子入り。

KEMURIから入ってるってもう取っ掛かりから純正のスカパンク女子なんですねー。

ちなみにKEMURIってこんな感じです。

KEMURI「サラバ アタエラレン」MUSIC VIDEO


FREEDOMOSH

KEMURIの人に教えてもらってHEY-SMITHに加入って、運命的だよね。

自分で入りたいって言ったのもわかります。

まさに入るべくして入ったと言っても過言ではない。

ちなみに10年以上前からかなすのことを知ってるって猪狩が答えてたから、歳は30前後ってことになります。



激しいライブパフォーマンス

ライブ観たことある人はわかると思うんだけど、まあ凄いのよ。

ヘドバンはするし、ジャンプはするし、トロンボーン長くしてぶんぶん振り回すし。

俺、最初男かと思ってたからね。

なんか派手な服着た小さいおっさんおるなって本気で思ってたから。

そんな勘違いをしてしまうほど男顔負けのプレイをしちゃうんですよ、彼女。

HEY-SMITH – Dandadan (Official Video)


STOP THE WAR(初回限定盤)(DVD付)

1:35あたりからのかなすちゃん見てくださいよ。ゴリゴリのヘドバンかましてますよー。



キュートな見た目とがっつりタトゥー

激しいライブパフォーマンスとは裏腹に、SNSに載せる写真は結構女子力高いんですよ。

ライブの時に着てる衣装もそうだけど髪型も髪の色も個性的で、真似したいと思う女子が多いはずである。

なのに…ごりっごりのタトゥーが両腕に入ってる。

たまんないですよねー、もうそのギャップにおっさん完全にやられてます。

しかも彼女のタトゥーはちょっと変わってる。

例えば、これ。『狸と八咫烏』

『蛙なのか達磨なのかわからんやつ』

他にもたくさんあるんだけど、男が入れるタトゥーとはまるでテイストが違うものを彫ってる。

ここら辺に、従来のタトゥーの概念を覆す彼女のポップセンスを感じる。

体型は…幼児体型というかぽっちゃりとしてるというかなんとも言えないんだけど、そこもまた少年みたいで可愛いポイントですね。

ちなみに彼女がライブで着用してる個性的な洋服は、

ROLLING CRADLE(ローリングクレイドル)』のもの。

WEB STORE(通販)|ROLLING CRADLE(ローリングクレイドル・ロリクレ)

直営は渋谷の路面店のみだが、卸で各地のセレクトショップに入ってるみたいなんで、気になる方はチェックしてみてはいかが。



酒もバンバン飲む

LIVE! BEER TALK/見逃し配信<7/20放送 HEY-SMITH & dustbox>

HEY-SMITH(猪狩・満・かなす)とdustbox(SUGA・JOJI)が酒を飲みながらダラダラ語り合う番組なんだけど、かなすちゃんガンガン酒飲んでます(笑)

ケタケタ笑うかなすちゃんと、猪狩の性格の悪さと、満のヘラヘラした感じが面白いですよ。

あとSUGAちゃんが飲めない酒をガンガン飲んじゃって、次の日全く覚えてないっていう(笑)

1.30.00からはぜひ見て欲しい。

dustboxがハイスタの対バンに呼ばれてないってブツブツ言ってるのが最高です。

【04 Limited Sazabys】はWANIMAに続く存在になる!?from HERE vol.2ライブレポ!
7/14、豊洲PITで行われたfrom HERE vol.2に行って参りました。 出演バンドは、 SHANK dustbox Nothing's Carved In Stone 04 Limited...

酒飲みながら見ると楽しい動画です。



パンク界のポップアイコンに

かなすが入る前のヘイスミもかっこよかったんだけど、彼女が入ってからバンドとして一段上に言った気がするのだ。

それは単純にトロンボーンの音がプラスされただけではなく、編成に女子が加わったことによる違和感だったり化学反応だと思うのである。

しかもその女子は小柄で衣装も髪型もポップで可愛いのに、ライブになると激しくトロンボーンを振り回し、ぶんぶんヘドバンをかますという二面性を持つ。

彼女に憧れてスカパンクをやりたいっていう女の子は絶対増えてると思うし、実際フェスではヘイスミ女子は増殖してるはず。

その流れでライブハウスに来る人も増えてるし、いまHEY-SMITHのチケットは入手困難になってきてる。

その人気の一翼を担ってるのが、ポップアイコンとしてのかなすという存在だと思うのだ。

こちらにも書いてます:アパレル歴16年が選ぶ、アラサーのお洒落なバンドマンはこの5人だ!

中身はただのパンクスなんだけどね、しかもかなりゴリゴリの。

コメント