【GAMADASE 熊本 2018】DAY2 第一弾出演者発表。ええ声の人ばかり集まったで!

【GAMADASE 熊本 2018】DAY2 第一弾出演者発表。ええ声の人ばかり集まったで!

どうも、パンク大好きデミさんです。

GAMADASE KUMAMOTO 2018、2日目4月15日(日)の出演者第一弾が発表となりました。その数総勢11組です。

無料の2日目がどんな人が出るのか注目してましたが、思ったよりもバラエティに富んでて驚きました。



 

DAY1 4/14(土)

GAMADASE STAGE

BRAHMAN

マキシマム ザ ホルモン

四星球


鋼鉄の段ボーラーまさゆき e.p. (完全限定生産盤)

SHANK

KEYTALK


【早期購入特典あり】ロトカ・ヴォルテラ(完全生産限定盤)(オリジナルラバーバンド付)(ツアーチケット先行抽選予約シリアルナンバー付)

これに主催者のMAN WITH A MISSIONを加えた6組となる。

SHANKの紹介のところ、WANIMAが出てくる前は九州代表だった、って件、一番笑いましたけどね。たしかにWANIMAは熊本代表からあっという間に日本代表になってしまいましたからね…。

っていうかWANIMAは出ないんですかねー。これだけの人気バンドとなると、出たくても出れないのでしょうか。出れないのは本人たちが一番悔しいのかもしれない。

ちなみにKEYTALKのところに書かれてる、PROJECT FAMILYとは、九州各地でのライブイベント開催・福岡市内でのライブイベントの企画や制作を行うイベンターのこと。

【HEY-SMITH】猪狩、誰も得しない九州ライブハウス事情を嘆く!

わかりやすく言うと、ここに書かれてる某系列グループ以外のイベントを企画してる会社で、毎年福岡で行われてる野外フェス・TRIANGLEを主催しております(トーキョー・タナカは2017年DJとして参加)。今年も開催が決定しており、パンク好きにはたまらないメンツが揃います。

PROJECT FAMILY



 

DAY2 4/15(日)

GAMADASE STAGE

サンボマスター

東北ライブハウス大作戦バンド

これに前日と同じく主催者MAN WITH A MISSIONを加えた3組が発表になっている。

サンボマスターは福島県出身の3ピースバンド。


I love you & I need you
ふくしま[Tower Record 限定]

ボーカル山口隆は、チャリティバンド『猪苗代湖ズ』のメンバーでもある。

東北ライブハウス大作戦バンド。今回の編成は、

  • 細美武士(the Hiatus/MONOEYES)
  • ホリエアツシ(ストレイテナー/ent)
  • RONZI(BRAHMAN/OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND)
  • YOH(ORANGE RANGE) and more…

となっている。絶対出てくれると思っていたが、細美武士の登場は嬉しい。他にもゲストが増えると思うので期待したい。

2017年、中津川 THE SOLAR BUDOKANに登場したときの記事のリンクを貼っておきます。

【速レポ】<中津川ソーラー>東北ライブハウス大作戦ステージ、「絶対に無駄にしないから。またやろうぜ!」

ASO STAGE

【キッズ】1部 しまじろうステージ/谷本賢一郎

【演 歌】 2部 美川憲一/知里/松尾雄史

熊本に近かったらうちも家族でしまじろうと美川さんに会いに行きたかったのに残念です…。小さい子供が喜ぶこと間違いない1部と、中高年の方が喜ぶこと間違いない2部となってます。無料の日にいろんな世代のお客さんがグランメッセ熊本に駆けつけてほしいです。

屋外復興ステージ

the LOW-ATUS(細美武士・TOSHI-LOW)

復興支援チャリティと云えばこの二人。1月にも南阿蘇大復興祭に二人で来てる。

片平里菜もこのあと発表になるかもしれない。G-FREAK FACTORYも来るかもしれない。そして、被災した東海大学の学生や被災地の方も招待されるはずだ。

若旦那

若旦那とチャリティというものがなかなか結びつかなかったのだが、震災直後からチャリティソングを作ったりと支援活動を継続してやってくれていた。2016年には「忘れない3.11」というイベントにも参加。(主催のMINMIとは離婚してしまったが…)

MINMI、若旦那らが東北への思いを熱唱「この日を語り継ぐ」

 

 

半崎美子

俺は彼女のことを知らなかった。「ショッピングモールの女王」と称される理由は、17年間もそこで歌い続けてきたことを。


うた弁

ショッピングモールでサイン会をやっていると、普段まったくCDを買ったことがないとか、60年生きていて初めてCDを買いましたっていう方がすごく多いんですよね。だからどちらかというと、普段からよくCDを買っている音楽好きじゃない層の方たちにも届いていたことによって広がりが出たんじゃないかな?という風に思います。

半崎美子、ショッピングモールで歌い続ける理由

この声はきっと被災地熊本で響く。俺は一度聴いただけで涙が出そうになった。他の曲も何曲か聴いてみたけど、今回の出演者の中で一番の注目かもしれない。家の近くのショッピングモール来てほしい。



 

一日目と二日目で趣の変わるイベント

無料で聴けるアーティストとしては、第一弾なのに質量ともにものすごく豪華である。そして、老若男女すべての人が楽しめるようなアーティストを呼んでるところに、このイベントがフェスではなく復興支援イベントだということが伺わせる。1日目と2日目はまるで意味合いが違うのだ。そのことを第一弾発表で強く感じた。

普段聴けるバンドや聴いたことのあるバンドに足を運ぶ。もちろんそれも楽しみ方の一つである。が、逆に普段全く馴染みのない音楽に触れたりしても面白いかもしれない。

俺も普段はパンクしか聴かないけど、このイベントについて調べることによって半崎美子の歌声に出会った。全く下調べしないで楽しむも良し。逆に下調べして実際にその人の生歌に触れるのも良し。

このイベントに俺が参加するとしたら、the LOW-ATUS東北ライブハウス大作戦バンド半崎美子。一度聴いてみたいものである。



イベントカテゴリの最新記事