【ELLEGARDEN】復活の前に聴くべき中期の名盤「Pepperoni Quattro」!

CDレビュー
スポンサーリンク

どうも、パンク大好きデミさんです。

ELLEGARDENの活動が止まって来年で10年。

【ELLEGARDEN】エルレ復活は2018年?
ELLEGARDENについての記事をずっと書きたくて何度もトライしてたんだけど、結果書けなくて今に至ってしまった。 細美武士についての記事は以前書いてみたけど、音楽のことを書いたわけではない。 活動が停止して9年。 ...

インディーズでありながらここまで成功したパンクバンドは90年代のHi-STANDARD、そして2000年代のELLEGARDENをおいて他にない。(MONGOL800は「Messege」でインディーズ記録となる280万枚を売り上げているが、シーンへの貢献度その他含めて今回は外しました)

節目の2018年を迎える前に、これまでの彼らの歩みをもう一度振り返ってみることにした。

MONOEYESthe HIATUS細美武士しか知らない人は予習を。

すでに知ってる人は改めて復習を。

なお、MVについてはYou Tubeにはある。

が、公式のものかどうかが少し疑問なので今回は載せない。

ちなみに「ELLEGARDEN GROWING UP」で検索すると出てきます。

あとは、無許可の動画はバンバン上がってるので気になる方は見て。とは言わない。

チラ見でもしてください。



スポンサーリンク

ELLEGARDENとは?

あらためてメンバーの紹介をする。

 

・細美武士(ボーカル・ギター) 1973年2月22日生まれ 44歳 

the HIATUSMONOEYES

【MONOEYES】2ndアルバム発売。細美とスコットの抜群な相性!
7/5、MONOEYESの2ndアルバム『Dim The Lights』が発売になった。 前日にフラゲすることもなく、いつものように発売日当日ダウンロードいたしました。 全曲レビューなんて、そんなプロのライターさんのようなことは...

・生形真一(ギター・コーラス) 1976年9月30日生まれ 41歳 ELLEGARDENのリーダー

Nothing’s Carved In Stone

【Nothing's Carved In Stone】人もバンドも完璧すぎると近寄りがたくなる!
Nothing's Carved In Stone、5/21に日比谷野音で2年連続ワンマン決定。 野音、雰囲気いいよね。 夕方日が落ち始めて暗くなっていく過程で聴くNCISは間違いない。 HP先行でチケット...

・高田雄一(ベース・コーラス) 1976年7月23日生まれ 41歳 現MEANING

・高橋宏貴(ドラム・コーラス) 1974年10月29日生まれ 42歳 現THE PREDATORS

 

の4人組。

名前の由来は「ELLE」と「GARDEN」の二つの単語の語呂合わせ。ドラムの高橋が決めた。

レーベルはインディーズのDynamord Label

 

個人的No.1アルバムは「Pepperoni Quattro」!

  1. Supernova
  2. スターフィッシュ
  3. Make A Wish
  4. Addicted
  5. バタフライ
  6. My Bloody Holiday
  7. Pizza Man
  8. ロストワールド
  9. Perfect Days
  10. Good Morning Kids


Pepperoni Quattro

個人的には3rd Full Album「Pepperoni Quattro」が一番聴き込んだアルバムであり、ELLEGARDEN史上最高のアルバムだと思っている。

何より始まりの『Supernova』がいい。

それも、ライブでよくやってた最初にゆっくりと歌い出すバージョンの方。

その後、「行こうぜ、○○!」と叫ぶ細美武士(○○は場所)。

もうあの映像を見るたびにウルッときてしまう。

今でも俺の中でエルレのNo.1ソングは『Supernova』だと思ってます。

その他にも、

  • スターフィッシュ』のサビ終わりの「とか!」のところ。
  • Make A Wish』のイントロでお客さんと合唱するところ。その後の緩急の付け方も秀逸。
  • Pizza Man』の「Pepperoni Quattro!」でお客さんに歌わせるところ。

このアルバムがいいところを挙げていくとキリがないくらい。

活動休止するバンドの大抵がそうなのだが、前期・中期・後期に分けると、活動中期の作品が一番輝いてるように思える。

それは、初期の荒削りな角が取れて技術やライブパフォーマンスも向上してる、その結果として売れた作品が多いから。

そして売れ始めてる精神的な充実感も相まって、バンドの空気感も前向きなものだから。

活動後期の悲壮感や、以前の作品を越えようとする新たな・少し無理をしたチャレンジもない。

中期に名盤が多いのはそのためである。

バンド後期の切なさや儚さも美しいが、中期の充実感にはかなわない。

セールス的には後期のほうが上でも、中期のポジティブさは何者にも代えがたい。

でも、こういうのって終わりが見えてから初めて気づくもので、活動してるときっていうのはなかなかわからない。

わかったらつまらないし。

まあ終わり方にもよるんだけどね。

ハイスタみたいに突然の活動休止だとまた違うし、エルレは作風を変えながら後期も新しいファン層も獲得してたはず。

ただ止まってから振り返ってみると…ってことです。

俺みたいに中期のパンク寄りの曲が好きな人もいれば、後期のロック寄りの曲が好きな人もいる。

ANGRY FIST』が好きな人もいれば、『MAKING THE ROAD』のほうが好きな人もいるってこと。

直接の理由とされるバンドメンバーのモチベーションの違いは、これは本人達にしかわからないからね。



その他の過去の作品

その他の作品も軽く紹介しておく。

 

自主制作盤「Stupid」2000.05.06

  1. The End Of The World
  2. Lonesome
  3. Stupid
  4. Can You Feel Like I Do
  5. Middle Of Nowhere
  6. 指輪

2000年5月のワンマンライブにて手売り販売を行った自主制作CD。

6曲目の指輪のアレンジが違っているらしい。

全6曲入り。ちなみに俺は一度も聴いたことはない。

 

1st Mini Album「ELLEGARDEN」2001.05.23

  1. The End Of The World
  2. Stupid
  3. Punk
  4. ナイフ


ELLEGARDEN

自主制作盤の再録が2曲入ってる記念すべきファーストシングル。

The End Of The World』は、前半は英語、後半は日本語を織り交ぜてる曲である。

イントロのリフが印象的なスローナンバーで、邦楽というよりも完全に洋楽っぽい。

 

1st Single「Bare foot」2001.10.12

  1. Bare Foot
  2. Raindrops
  3. A Thousand Smiles


Bare Foot

ベスト盤にも収録されてる『Bare Foot』。

金髪でロン毛の細美武士なんて今の姿からは想像できないが、20代のバンドマンなんてみんな金髪ですよね(笑)

ライブでは定番曲ではないが初期の名曲である。

 

2nd Single「指輪」2002.02.20

  1. 指輪
  2. 45
  3. Don’t trust anyway but us


指輪

『指輪』は日本語詞のバラード。切ない失恋の曲である。

なんか細美さんは今より日本語の歌が上手い気がする。

後期では殆どやらなかった曲である。

 

1st Full Album「DON’T TRUST ANYONE BUT US」2002.04.03

  1. My Favorite Song
  2. サンタクロース
  3. Can You Feel Like I Do
  4. Bare Foot
  5. 指輪
  6. 45
  7. 風の日
  8. Middle Of Nowhere
  9. Lonesome
  10. Sliding Door
  11. The End Of The World


DON’T TRUST ANYONE BUT US

My Favorite Song』のウブさんのリフも強烈にかっこいいのだが、このアルバムの中では『風の日』を挙げたい。

雨の日には濡れて 晴れた日には乾いて

寒い日には震えてるのは当たり前だろ

次の日には忘れて 風の日には飛ぼうとしてみる

そんなもんさ

当たり前のことを当たり前に詞にしてる曲です。

今でも気持ちが沈んだりするときには、ヘッドホンで爆音で聴きます。

 

2nd Mini Album「My Own Destruction」2002.10.06

  1. (Can’t Remember) How We Used To Be
  2. Under Control
  3. 右手
  4. Mouse Molding
  5. Jamie
  6. おやすみ


My Own Destruction

赤裸々な歌詞の『(Can’t Remember) How We Used To Be』。

ほらやれるものなら、僕を壊してみてごらんよ

死んでも僕はきみを愛したりはしないから

愛したときもあったけれど、これからはないんだ

ほらやれるものなら、壊してみてごらんよ

きみには興味がないんだ

以前はどんなふうに接していたかなんてことも、覚えていないよ

今ではもう決して書かない歌詞。でも、こういう赤裸々な歌詞をさらりと乗っけれるのが英詞の良さだよね。

 

2nd Full Album「BRING YOUR BOARD!!」2003.07.02

  1. Surfrider Association
  2. No.13
  3. ジターバグ
  4. A Song For James
  5. Wannabies
  6. Insane
  7. My Friend Is Falling Down
  8. Dancing In A Circle
  9. Cuomo
  10. 金星
  11. So Sad

金星』『No.13』が有名どころでしょうか。

このアルバムはあまり聴かなかったなー。

悪いとかでなく好みの問題。

 

3rd Single「ジターバグ」2003.11.12

  1. ジターバグ
  2. New Year’s Day
  3. Cakes And Ale And Everlasting Laugh
  4. ボーナストラック:サンタクロース (LIVE@2003.9.20 SHIBUYA CLUB QUATTRO)


ジターバグ

名曲『ジターバグ』。その意味はすごく神経質な人。

この曲はエルレの日本語詞の曲の中でも珠玉の出来である。

アップテンポの激しい曲に優しい歌詞。

エルレをメロコアと評するのは無理があるのだが、定義で言うとメロディックハードコアの王道のような曲である。

殆どのライブでやってた大定番の曲である。

 

4th Single「Missing」2004.11.03

  1. Missing
  2. TV Maniacs
  3. The Autumn Song


Missing

Missing』も名曲。でも色々と推測したくなる歌詞です。

そもそもMissingの意味が行方不明って意味で、俺達は行方不明?さまよってる?ってことだと思うのだが、なかなか意味深である。

間違って少し失って

さまよっては君に出会って

笑ったこと思い出して

We’re Missing We’re Missing We’re Missing

初めて聴いた時、「Missing」の細美の発音が良すぎて、全く聞き取れなかったというほろ苦い思い出が。

 

4th Full Album「RIOT ON THE GRILL」2005.04.20

  1. Red Hot
  2. モンスター
  3. Snake Fighting
  4. Marry Me
  5. Missing
  6. Bored Of Everything
  7. TV Maniacs
  8. I Hate It
  9. BBQ Riot Song


RIOT ON THE GRILL

このアルバムも「Pepperoni Quattro」と並んで名盤に挙げられる。

Red Hot』のポップさ、『モンスター』の疾走感、『Marry Me』の直接的な歌詞、『』の世界観。

このアルバムも程よくパンクでバランスがいいんですよね。

 

5th Single「Space Sonic」2005.12.07

  1. Space Sonic
  2. Stereoman
  3. Mr.Feather


Space Sonic

このシングルからロック色が強くなっていく。

この曲のMVは女装してるくせに曲が男前って言うギャップが最高でした。

 

6th Single「Salamander」2006.08.09

  1. Salamander
  2. Lately
  3. Alternative Plans


Salamander

ウブさんが好きそうな感じですね。

ナッシングスがやりそうなロック色の強いシングル。

 

5th Full Album「ELEVEN FIRE CRACKERS」2006.11.08

  1. Opening 
  2. Fire Cracker
  3. Space Sonic
  4. Acropolis
  5. Winter
  6. Gunpowder Valentine
  7. アッシュ
  8. Salamander
  9. 高架線
  10. Alternative Plans
  11. Marie


ELEVEN FIRE CRACKERS

再三言ってるけど、後期のエルレはパンク色が薄くなり、ロック色が濃くなっていく。

Fire Cracker』も『Space Sonic』も『Salamander』も全てそう。

個人的な好みでは後期の作品はかっこいいのだが好みではない。

その後の活動休止への流れは音楽性の変化と無関係ではないと思ってる。

 

Best Album「ELLEGARDEN BEST 1999-2008」2008.07.02

  1. My Favorite Song
  2. 風の日
  3. Middle Of Nowhere
  4. (Can’t Remember) How We Used To Be
  5. ジターバグ
  6. 金星
  7. So Sad
  8. Supernova
  9. スターフィッシュ
  10. Make A Wish
  11. Pizza Man
  12. Red Hot
  13. Marry Me
  14. Missing
  15. The Autumn Song
  16. Fire Cracker
  17. Space Sonic
  18. Salamander
  19. Mr.Feather
  20. 高架線


ELLEGARDEN BEST(1999~2008)

とりあえずこのベストを聴けばエルレガーデンの大枠はつかめると思う。

 

いざ2018年

今年の9月7日。

細美武士は毎年この日に律儀にブログを更新してくれるが、ちょっと様子が違ったので記事を書いた。

【ELLEGARDEN】細美武士がやりたがらない理由とは?
どうも、パンク大好きデミさんです。 ELLEGARDENが止まってから9回目の9月7日を迎えた。 今年も細美武士はブログを更新した。 ELLEGARDENの活動休止から9回目の9月7日を、今年は東北ライブハウス大作戦のハコ、K...

止まってるバンドを再び動かすのって凄くパワーが要る作業だと思う。

10月までMONOEYESのツアー、11月からはthe HIATUSのツアー、そして12月にはビルボードやブルーノートでのライブ、年末にはカウントダウンジャパン。

まあ多忙なのである、細美武士は。

モノアイズのツアーでは来年は曲作りはしないけどライブはすると宣言した。

MONOEYES/新木場スタジオコースト-rockinon.com|https://rockinon.com/live/detail/168338

どこでどうエルレを動かしてくるか。

はたまた全く動かないのか。

毎年細美武士がエルレについて言及する限り、いつかはやるのだろう。

細美武士は必ず期待に答えてくれる、そんな男です。

そして仮に来年やらないとしても、作品は色褪せない。

ELLEGARDENの若さあふれるきらきらした楽曲たちは、ずっと4人を待ってる。

そんな気がします。



コメント

  1. むう より:

    ユーチューブにエルレのレーベルが上げてる公式MVとライブ映像ありますよ

    • takenoco0803 より:

      コメント有難うございます。
      HPにはエルレの動画が出てなかったので今回は載せるのをやめておきました。
      おそらく本物だとは思うのですが、更新が2017年となってたのが少し気になったので…

  2. 鼻糞一発 より:

    インディーズで1番成功したバンドは(知名度、売上ともに)モンパチです。
    ハイスタもエルレもメロコアだと思ってます。
    条件縛りが無かったので気になりました。。

    • takenoco0803 より:

      コメント有難うございます。
      モンパチを完全に失念しておりました…
      加筆修正しました。