【ELLEGARDEN】2011年に復活した時のハイスタファンの気持ちがやっとわかった気がするのだ!

【ELLEGARDEN】2011年に復活した時のハイスタファンの気持ちがやっとわかった気がするのだ!

どうも、パンク大好きデミさん(@Takenoco0803)です。

えー、ライブ行ってもないのにエルレロスです。10年待ってようやく復活して3回ライブをやってその後の予定は全く未定のまま各々の活動に戻る、あの4人組がいなくなるのが寂しいです。

実際観てないので妄想でしかないんだけど、エルレの今後のことを含めて色んなことを考えました。早く観たい思いしかないんだけど、そんな簡単にいくかと言えばそんなこともなさそうですね…



バンドって色々

世の中の色んなバンドが活動休止やら解散やらするんだが、今なおオリジナルメンバーで活動を継続してるバンドってそれだけで凄いことなんだなって改めて思う。例えば人間性も素晴らしい10-FEET。他にも売れてても売れてなくても凄いバンドがたくさんいる。まさに、継続は力なり、なんだろう。

メンバーチェンジを経ても活動を止めないバンドもいる。それもまた凄いことだと思う。俺が大好きなdustboxOVER ARM THROWHAWAIIAN6もライブの頻度はともかく今も音を鳴らしてくれている。

そして、何もアナウンスがなく、事実上の活動休止ってバンドもいる。もちろんそのことをアナウンスする義務はないのでそれはそれで仕方がない。とにかくバンドも長く活動していくと色んなことがある。

 

ファンも同じ

そしてそれはファンだって同じだ。前は好きだったのに今は全く聴かなくなったバンドがいるとしたら、それはそのバンドのファン活動の休止なのだ。バンド側からしたら、なんでお前は俺達の曲を聴いてくれなくなったんだ?どうしてライブに来てくれなくなったんだ?っていうことなのである。

好きだったバンドの活動が止まる。それは人間同士がバンドを組んでる以上きっと仕方のないことなのだ。ファンの熱量が高まってる時に突然の活動休止を発表する。だからこそ悲しかったし、まるでこの世の終わりかのような絶望感を味わったのだ。

結局最後は自分のために、活動を継続するのか止めるのかを判断するんだと思う。そして復活もそうだ。ファンのためにっていうのはおそらく建前で、きっと自分や自分たちのために復活したんだ。ファンのためにって思うんなら活動休止や解散はしない。ファンが悲しむから。だから最後は自分のためだ。ファンのためではない。



復活は自分たちのため?ファンのため?

今回のエルレの復活に対して色んなことを考えた。ファンのために復活を決めたのか、ワンオクのためか、それとも…

2年前からZOZOマリンスタジアムを押さえてた、そう細美武士はMCをしたらしい。ということは、スタジアムを押さえるその瞬間からエルレのメンバー4人は再結成に動いていたということになる。そう考えると、彼らは本当に自分たちのためだけに再結成したのか少し疑問に思うのだ。

【ELLEGARDEN】細美武士がやりたがらない理由とは?

9月7日に更新してくれてたブログ。その熱量が一昨年より去年のほうが下がってる気がしたので今はやりたくないのでは?なんて俺は書いてましたが、去年の時点で彼らはすでにエルレ再結成に動いていたことになる。そこで導かれる現時点で推測される答えは10年という節目で復活ということになるのかもしれないが、やはり細美武士という人間を知れば知るほど自分のためだけに復活したという答えは出しにくい。だってthe HIATUSMONOEYESLOW-ATUS(TOSHI-LOWとのユニット)もソロでの弾き語りも、彼の活動はきっと充実してたと思うから。この復活すべてがファンのために行ったこと、とまで言い切るのは違うと思うが、毎年ブログを更新する細美武士は、常にファンのことが頭にあった、それは間違いない。それってやはりすごく嬉しいことだ。

 

掛け持ちは大変だ

その細美武士の今後の活動はどうなっていくのか。他のメンバーも個々の活動を掛け持ちしているが、現時点で細美さんが一番沢山のわらじを履いていると思われる。その彼が、原点であり、現時点で一番人気がありライブを求められているELLEGARDENとどう向き合っていくのか。ハイエイタスもモノアイズもエルレも、聴けば聴くほど違うものに聴こえるし、もちろん本人の中で住み分けはできてるだろう。でも、エルレが止まらなければハイエイタスもモノアイズも誕生しなかった。原点である偉大なバンドとの両立って大変だろうと思う。

俺はHi-STANDARDも愛してやまないバンドなんだが、ハイスタが止まらなかったらKen BandKen Yokoyama)もNAMBA69もないのである。ハイスタだけが好きな人がいるように、エルレしか好きじゃない人もいる。その人達からしたら復活したんだからそのバンドだけやってくれって思うし、次はいつなんだって思うはずだ。実際各バンドのファンの数の分母からしたらそういう人が多いのは間違いない。

復活前にやってた偉大なバンドを継続していく作業っていうのは並大抵のことではない。エルレをやってる間はthe HIATUSMONOEYESNothing’s Carved In StoneMAYKIDZも(MEANINGは脱退することになったと発表があった)THE PREDATORSも止まるのだ。各々のバンドのメンバーはまたその各々でバンドを掛け持ちしてる場合があるのだが、もちろん止まっている間も生活するための収入が必要だ。バンド内での力関係や経済格差も実際生じると思うので、またそこで色々あるんでしょう。

妄想は無限大にできるのだが、実際はどうなんだろう。今はエルレの4人は4人共ライブが楽しかったのは間違いないんだろうけど。俺はというとエルレも好きだけどMONOEYESも大好きだから(the HIATUSは勉強中(笑))チケットが取れればどっちでもいいかな。エルレの4人は特別だけど、非日常な感じもするし、でもその非日常が日常だった時もあったなんて、もう信じられないし思い出せないほど10年は長かったかな。エルレを聴かなかった時期もあったし。

2011年のAIR JAMHi-STANDARDが復活した。俺はハイスタはKen Bandから遡って聴き始めたからその時の衝撃はよくわからなかったけど、今回のエルレ復活でその時のハイスタファンの気持が初めてわかったような気がしたな。

Hi-STANDARDELLEGARDENも色んな奇跡が重なって存在してるんだよね。うん、その幸せは噛み締めたいし忘れないようにしようと思う。



バンドカテゴリの最新記事