ライブハウスでダイバーにビビって前に行けない人の楽しみ方!

バンド
スポンサーリンク

昨日(3/7)の仙台MACANAでのライブ、『Cherry Blossoms』『Soul Survivors』やったんだー。

表情とかどうだったのかな。セトリ見る限りでは通常営業になってきてるみたい。

Ken Yokoyama @ 仙台MACANA (宮城県) (2017.03.07) | ライブ・セットリスト情報サービス【 LiveFans (ライブファンズ) 】
Ken Yokoyama @ 仙台MACANA (宮城県) (2017.03.07)のセットリスト(セトリ)や日程、会場、ライブ会場の客層の統計などライブがもっと楽しくなる情報が満載です。

昨日は10-FEETマンウィズアミッションもライブやってたし、プレイリスト作るのに大忙し。

さんも復活してきてるみたいなので今日はライブハウスでのお話。

皆さんライブハウスのどこで見るのが好きですか?

俺は前列端で見ることが多い。

何で端で見なきゃいけないんだって思ったことあるの俺だけかな?

ダイバーが嫌でいつも端で見てるけど、本当は真ん中で見たい。

そんな思いを持ってる人、実は結構いるはず。

真ん中にいる人に聞いてみたい。

人が頭の上をバンバン通過されてライブに集中できるの?って。

映像で見る分には映えるんだけどね、実際参加するってなると真ん中行けないんだよな。

以前どのバンドだったか忘れたけど予備知識もなく真ん中前のほうに待機してたら、ダイバーに顔面思いっきり蹴られました。

確か流血もしたような気がする。

顔も腫れたような気がする。

それ以来真ん中の前は行ってない。

びびってるんだろって?

はい、もうトラウマです。

まあいろんな楽しみ方がライブにはあるし、真ん中には真ん中のルールがあるんでしょう。

激しい中にも助け合いがある。

バンドだけじゃなくてオーディエンスも含めて作っていくのがライブだと思ってるからそれはいいんです。

モッシュはぜんぜんいい。平面の二次元の動きだから対応できるの。

でもダイブって後ろから、しかも頭の上に人が来るじゃん?

三次元の動きだよね。俺対応できる自信ない。

すごいよね、みんな。

たまにパンクとは違うジャンルのライブ行くと、ダイバーいなくてステージがよく見れたりする。

それはそれで楽しいんだけど、ちょっと物足りなかったり。

ってことで今回はダイバーが苦手な人はどこで見ればいいのかを自分なりに考えてみた。

前列と中列真ん中はダイバーさんエリアなのでそこを除いて、ステージを9分割して説明する。

 

スポンサーリンク

前列右・左

俺がいつもいるのはこの辺。

ダイバーからの攻撃を受けにくく、なおかつバンドとの距離も近いこのエリア。

健さんの場合はマイクスタンド左右にあるから来てくれればすごく近くで見れる。

モッシュはきつめだけど、ライブを体感できる人気のエリアです。

しかし、年末のPIZZA OF DEATH BOXはこのエリアもダイバーがいて、さらに端に追いやられた…。

PIZZA OF DEATH pre “PIZZA OF DEATH BOX 2016” LIVE REPORT!
PIZZA OF DEATH pre “PIZZA OF DEATH BOX 2016” LIVE REPORT!

SAND

SAND -OFF THE TABLE(OFFICIAL VIDEO)


DEATH TO SHEEPLE

 

BBQ CHICKENS

BBQ CHICKENS「Official Bootleg」未収録映像


Broken Bubbles

ステージからみんな跳びまくってた。楽しかったけど。

あと、このエリアはスピーカーに近いので耳がやられます。

去年からライブ用の耳栓し始めたんで平気になったけど、危険なエリアでもあるよね。

耳の機能は磨り減ってく一方って聞いたことあるから注意が必要です。

いきなり突発性難聴になる可能性もあるから怖いよね。

音波によって傷つくのは、内耳の蝸牛にある「有毛細胞」という感覚神経です。有毛細胞は音を感知、つまり入力する役割を持っています。この有毛細胞が死ぬと、音の入力ができなくなります。そして、有毛細胞は代謝しません。つまり、ほとんど自己修復しないのです。傷ついて死んでしまったら終わりです。すなわち「聞こえなくなる」のです。この状態が音響性外傷による難聴です。

ライブ後の耳鳴り・音こもりを甘く見てはいけない!【音響外傷】【急性音響性難聴】 - NAVER まとめ
ライブ後の耳鳴り・音こもりを甘く見てはいけない!【音響外傷】【急性音響性難聴】のまとめ

↑うまいことまとめられてるから読んでおいて損はない。

 

中列右左

このエリアはモッシュする人としない人が混在するエリア。

中列真ん中はダイバーの出発点となるエリアなので気をつけないといけないけど、モッシュの境目を見極められれば視界はとってもクリアでお勧めです。

大き目のハコにはたいてい傾斜がついてるので女性でも見やすい。

前列に比べて音圧も控えめなので体に優しいエリアとなっております。

 

後方右中左(2階)

ここのエリアは開演ぎりぎりに来て終わった後もさっと帰る人結構おります。

かばんを持ったままで、ロッカーに荷物を預けない人も多いエリア。

玄人がたくさんいるとこですね。

自分は物足りないけど、純粋にライブを楽しむならここもあり。

 

何事も若いうちに経験しとかないとね


Four

2009年以来健さん久々に出たけど、そん時なら真ん中行けたかな。

Ken Yokoyama | ele-king
Ken Yokoyama。Four。 90年代後半以降の日本のラウド・ロック・シーンに最も大きな影響を与えていると思われる人物が、ロックのあり方を正面からはっきりと問う作品を発表した。その人物とは、活動休止中のハイ・スタンダードのギタリ…

あの時は結構叩く人もいたような気がする。

禁止されてる行為を観客煽ってやらせてどうすんだみたいな。

今年のJAPAN JAMにも出るから健さんの中にはもやもやはもうないんだろうけど、

去年のRIJに出るって発表があったときは話題になったよね。

はー、もっと若い頃に経験値積んでおけば良かったな。

そうすれば、前方真ん中にいても怪我もせずダイバーをものともせず楽しめたのかなー。

今回こそは行ってみようって思うんだけど、なかなか行けない…

来年40だし、怪我したら仕事に差し支えるな…

とか余計なこと考えずにライブ楽しみたい草食系パンクスなのでした。

コメント